宮城蔵王キツネ村

(動植物)
みやぎおうきつねむら

愛称はキツネ村。

宮城県白石市北西部にある、キツネの展示を中心とした民間の動物園のこと。
園内の放牧エリアには常時100頭近いキツネが放し飼いされていて直接触れ合える。

開園 1990年(平成2年)
住所 白石市福岡八宮字河原子11-3
入場料 大人:700円/子供:400円
時間 9:00〜17:00(冬季16:00)

飼われているキツネの種類

  • キタキツネ
  • ホッキョクギツネ(シャドー)
  • ホッキョクギツネ(ブルー)
  • ギンギツネ
  • プラチナキツネ
  • 十字キツネ(アカギツネ)
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ