宮柊二

(読書)
みやしゅうじ

歌人。
1912年8月23日、新潟県生まれ。
北原白秋の秘書を勤めた後、富士製鉄所に入社。
1946年11月、第1歌集『群鶏』を刊行。
1953年3月、歌誌『コスモス』創刊。
1983年11月、日本芸術院会員となる。
1986年12月11日、急性心不全で死去。
歌人の近藤芳美は、宮が他界したとき、その作風について次のように評している。
「自分の内面を見つめ、人間の孤独をうたい続けた」

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ