巌流島の戦い

(社会)
がんりゅうじまのたたかい

巌流島の戦い(がんりゅうじまのたたかい)

巌流島は山口県下関市・彦島の東方にある船島の異称。

1612年、佐々木小次郎が宮本武蔵に決闘で敗れた所として有名である。(ニ天記)によると、試合時間に2時間ほど遅れた武蔵は舟の櫓を削って木刀を作り、長刀使いの小次郎と試合し、上から木刀を振り下ろし小次郎の頭を打ち勝利した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ