Hatena Blog Tags

新古今集

(読書)
しんこきんしゅう
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

木の芽・芽ぶくを詠んだ短歌1  鎌倉妙法寺の庭の花は紅白の梅,水仙,椿.まだ冬ですが,紫陽花や楓は,木の芽が膨らんできていました. 霞たち木(こ)の芽もはるの雪ふれば花なき里も花ぞ散りける 紀貫之  落葉松(からまつ)の萌黄(もえぎ)の芽ぶきけぶりつつ日はたけなはとなりにけるかも 島木赤彦  沙羅双樹芽ぶかんとする山のうへに一日(ひとひ)を居りていにしへおもほゆ 斎藤茂吉  曙のもののしめりの深ければ芽ぶける木々の立ちて静けき 若山牧水

一昨日は,安国論寺の次に,お隣の妙法寺にも参拝していきました. 境内の咲いている花は,安国論寺とほぼ同じ種類. 紅白の梅. 水仙. 椿. 雰囲気のある庭と仁王門. 仁王門の後が,苔階段.いつ見ても,心洗われます. 冬の境内ですが,紫陽花や楓は,木の芽が膨らんできていました. 木の芽・芽ぶくを詠んだ短歌1 (古今短歌歳時記より) 霞たち木(こ)の芽もはるの雪ふれば花なき里も花ぞ散りける 紀貫之 古今集 朝日さす峯のつづきは芽ぐめどもまだ霜深し谷の陰草 崇徳院 新古今集 飛火野はまだふる年の雪まよりめぐむ若菜ぞ春いそぎける 藤原定家 拾遺愚草 落葉松(からまつ)の萌黄(もえぎ)の芽ぶきけぶりつつ日…

梅の花を詠んだ短歌5 鎌倉光則寺まで梅を求めて.境内の梅は三分咲きと入つたところ.幹や枝には風格を感じさせる老木も. 梅の花香をかぐはしみ遠けども心もしのに君をしぞ思ふ 市原王  春の夜の闇はあやなし梅の花色こそ見えね香やはかくくる 凡河内躬恒  ひとはいさこころもしらずふるさとは花ぞ昔の香ににほいける 紀貫之  梅が香を谷ふところに吹きためて入り来む人に染めよ春風 西行  今すぎし小靴のおとも何となく身にしむ夜なり梅が香ぞする 与謝野鉄幹

今日の梅探索は,鎌倉長谷の光則寺まで.鎌倉駅西口から,大谷戸-鎌倉大仏を通る行程は,それほど苦にならない距離です. その光則寺までの道中,梅には出会わず. ストック,エリカ,サザンカ--- 光則寺の門の手前にかなり立派な臘梅.満開でした. 境内に,梅の木が何本かありましたが,全て三分咲きと入ったところ. 紅梅は一株. 白梅は,数本. 本堂に向かって右の株はとても立派な古木.幹や枝には風格を感じます. 墓地の土手には水仙が植えられていて,その上に枝を伸ばした白梅が一株. 境内には池があって,その上に枝を伸ばしているのは山茶花. 三椏(みつまた)と水仙. 丸くなって枝に止まっている鵯(ひよどり).…

梅の花を詠んだ短歌3  昨日の午後,雨がやんだ直後に,鎌倉浄明寺まで散歩.人は少なく,静かに散策でき,雨あがりで,花たちが元気に見えました. 今日降りし雪に競ひてわが宿の冬木の梅は花咲きにけり 大伴家持  降る雪に色まどはせる梅の花鶯のみやわきてしのばむ 菅原道真  わが宿の八重の紅梅咲きにけり知るも知らぬもなべて訪はなむ 源実朝  しら梅の衣(きぬ)にかをると見しまでよ君とは云はじ春の夜の夢 茅野雅子  つくづくと憂にこもる人あらむこのきさらぎの白梅の花  斎藤茂吉

昨日も今日も,鎌倉は,雨模様の日が続きました.寒くは厳しくはなかったものの. 昨日の午後,雨がやんだ直後に,鎌倉浄明寺まで散歩.とはいっても行きはバスを使いましたが. 雨のせいもあり,人は少なく,静かにお参り・散策できました. かなり以前のお寺も知っているのですが,当時に比べ本当にきれいになっています. 近くの報国寺は竹の寺として有名になって参拝客でいっぱいです,この浄妙寺にぜひ足を運んで下さい.ゆったりと鎌倉の雰囲気が味わえます. 今の時期の花は限られていますが,紅白の梅,臘梅,椿,山茶花,水仙と,今の時期の花たちはほぼ全て楽しむことができます, 雨あがりで,花たちが元気に見えました. 梅や…