Hatena Blog Tags

藤原定家

(読書)
ふじわらのさだいえ

鎌倉時代前期〜中期の歌人。京極中納言と号する。
応保二(1162)年生、仁治二(1241)年卒去。
父は藤原俊成、母は美福門院加賀。同母兄には藤原成家、同母姉には八条院三条、高松院新大納言(祗王御前)、八条院按察(朱雀尼上)、八条院中納言(建御前・建寿御前)、前斎院大納言(龍寿御前)らがいる。また、寂蓮は従兄にあたる。
二十歳頃から父の教えに従って本格的に詠作をはじめ、九条良経らの庇護のもと新風和歌を開拓。「正治初度百首」では後鳥羽上皇から高く評価され、院の歌壇の中心的歌人となり活躍。『新古今和歌集』撰者の一人ともなった。
しかし、承久二(1220)年に後鳥羽上皇の怒りを受けて閉門となり、そのまま承久の乱を迎えた。乱後の嘉禎元(1235)年に『新撰和歌集』を単独撰進。
天福元(1233)年に出家し、法名は明静。
晩年には古典研究や書写校勘ら努め、多くの功績を残した。
自撰歌集『拾遺愚草』、歌論書『近代秀歌』『毎月抄』、日記『明月記』のほか、『詠歌大観』『顕註密勘』など。
「ふじわらのていか」とも訓む。

来ぬ人をまつほの浦の夕凪に焼くや藻塩の身も焦がれつつ
百人一首 97/新勅撰和歌集 巻十三 恋三 851

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

木の芽・芽ぶくを詠んだ短歌1  鎌倉妙法寺の庭の花は紅白の梅,水仙,椿.まだ冬ですが,紫陽花や楓は,木の芽が膨らんできていました. 霞たち木(こ)の芽もはるの雪ふれば花なき里も花ぞ散りける 紀貫之  落葉松(からまつ)の萌黄(もえぎ)の芽ぶきけぶりつつ日はたけなはとなりにけるかも 島木赤彦  沙羅双樹芽ぶかんとする山のうへに一日(ひとひ)を居りていにしへおもほゆ 斎藤茂吉  曙のもののしめりの深ければ芽ぶける木々の立ちて静けき 若山牧水

一昨日は,安国論寺の次に,お隣の妙法寺にも参拝していきました. 境内の咲いている花は,安国論寺とほぼ同じ種類. 紅白の梅. 水仙. 椿. 雰囲気のある庭と仁王門. 仁王門の後が,苔階段.いつ見ても,心洗われます. 冬の境内ですが,紫陽花や楓は,木の芽が膨らんできていました. 木の芽・芽ぶくを詠んだ短歌1 (古今短歌歳時記より) 霞たち木(こ)の芽もはるの雪ふれば花なき里も花ぞ散りける 紀貫之 古今集 朝日さす峯のつづきは芽ぐめどもまだ霜深し谷の陰草 崇徳院 新古今集 飛火野はまだふる年の雪まよりめぐむ若菜ぞ春いそぎける 藤原定家 拾遺愚草 落葉松(からまつ)の萌黄(もえぎ)の芽ぶきけぶりつつ日…