日和山

日和山

(地理)
ひよりやま

江戸時代に船乗りが船を出すかどうかの適否を判断するために利用した山。日本各地に存在する。


最も有名な「日和山」は、仙台市宮城野区にある「日和山」。
国土地理院の地形図に載っている山としては、大阪市の天保山(4.53m)に次いで2番目の低さ。
標高は6.05m。
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による津波の直撃を受け消滅したとされていたが、国土地理院が改めて被災地沿岸の地形を測量し、3mの「山」と確認。これまで「日本一」だった大阪市港区の天保山4.5mを下回った。

新着ブログ: 日和山