日比谷線

日比谷線

(地理)
ひびやせん

東京地下鉄東京メトロ)の路線。北千住駅中目黒駅間 20.3km。ラインカラーは灰色。
東武鉄道の東武スカイツリーライン日光線南栗橋駅中目黒駅間で相互直通運転を実施している(東武線内普通列車)。
中目黒駅開業当初から2013年まで東急東横線と相互直通運転を行っていたため、東横線日比谷線は現在でも、同一ホームで乗換ができる構造となっている*1

2014年4月30日、2016年度から4年間をかけて、現在の18m3扉車(一部5扉車)8両編成から、20m4扉車7両編成に置き換えることを発表した。これは、ホームドアの設置、および東武鉄道における車両規格の統一を見据えてのものである。
2014年10月14日、2020年の東京オリンピック開催までに、霞ヶ関駅−神谷町駅間に新駅を設置することを発表した。

駅番号 駅名 読み 接続路線
H-01 中目黒駅 なかめぐろ 東急東横線
H-02 恵比寿駅 えびす JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン
H-03 広尾駅 ひろお -
H-04 六本木駅 ろっぽんぎ 都営大江戸線
H-05 神谷町駅 かみやちょう -
H-06 霞ケ関駅 かすみがせき 丸ノ内線、千代田線
H-07 日比谷駅 ひびや 千代田線、都営三田線
有楽町線、JR山手線、京浜東北線(以上 有楽町駅)
H-08 銀座駅 ぎんざ 銀座線、丸ノ内線
H-09 東銀座駅 ひがしぎんざ 都営浅草線
H-10 築地駅 つきじ 有楽町線(しんとみちょうえき)
H-11 八丁堀駅 はっちょうぼり JR京葉線
H-12 茅場町駅 かやばちょう 東京メトロ東西線
H-13 人形町駅 にんぎょうちょう 都営浅草線、半蔵門線(水天宮前駅)
H-14 小伝馬町駅 こでんまちょう -
H-15 秋葉原駅 あきはばら JR山手線、京浜東北線、中央・総武緩行線
つくばエクスプレス
H-16 仲御徒町駅 なかおかちまち 銀座線(上野広小路駅)、都営大江戸線(上野御徒町駅)
JR山手線、京浜東北線(御徒町駅)
H-17 上野駅 うえの 銀座線
東北新幹線・上越新幹線・長野新幹線
JR宇都宮線、高崎線、常磐快速線、山手線、京浜東北線
京成本線
H-18 入谷駅 いりや -
H-19 三ノ輪駅 みのわ -
H-20 南千住駅 みなみせんじゅ JR常磐快速線、つくばエクスプレス
H-21 北千住駅 きたせんじゅ 東武スカイツリーライン(相互直通運転)
千代田線(JR常磐緩行線)、JR常磐快速線
つくばエクスプレス

車両

3扉8両編成。03系の一部と東武20050系は両端2両ずつが5扉車となっている。

4扉7両編成。


リスト::鉄道路線

*1:なお、日比谷線車両の定期検査は、半蔵門線車両と同じく東急田園都市線沿いにある鷺沼工場で行っており、中目黒駅から東急東横線東急目黒線東急大井町線東急田園都市線を使って回送するため、現在でも線路はつながっている

ネットの話題: 日比谷線

人気

新着

新着ブログ: 日比谷線