朝倉宗滴

朝倉宗滴

(社会)
あさくらそうてき

文明9年(1477年)〜天文24年9月8日(1555年9月23日)
日本の戦国時代の武将。別名は教景。
越前の戦国大名朝倉氏の一族で、朝倉氏当主である朝倉貞景や朝倉孝景(宗淳)、朝倉義景の3代を一族の重鎮としてよく補佐し、各地を転戦して武名を轟かせた名将である。

新着ブログ: 朝倉宗滴