東九州自動車道

(地理)
ひがしきゅうしゅうじどうしゃどう

福岡県北九州市を起点とし、大分県、宮崎県を経由し、鹿児島県鹿児島市に至る高速道路。1999年11月27日に東九州自動車道単独区間としては初の大分米良インターチェンジと大分宮河内インターチェンジ間が開通。その後は順次開通している。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ