椎名麟三

椎名麟三

(読書)
しいなりんぞう

作家 1911(明治44)年、兵庫県生まれ。
姫路中学を中退、大阪に出て、見習いコックなどの職を転々とした後、1928(昭和3)年、宇治川電気鉄道に入社した。
日本共産党の細胞として活動中に、1931(昭和6)年の一斉検挙で逮捕される。
1933(昭和8)年出獄してからは文学、実存哲学に傾倒し、小説を書きはじめる。1947(昭和22)年、「深夜の酒宴」を『展望』に発表して、戦後文学の代表作家となる。
やがてキリスト教に入信、独自の文学を形成した。
1973(昭和48)年3月28日没

新着ブログ: 椎名麟三