母原病

(一般)
ぼげんびょう

精神科医の久徳重盛による造語。
子供の心身の病気の原因を母親のものとするもの。
ハインツ・コフートの自己愛性人格障害に関する理論は母原病のような話だと呼ばれることがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ