王政復古の大号令

(社会)
おうせいふっこのだいごうれい

王政復古王政復古のクーデターとも。
幕末は1867年(慶応3年)12月9日(新暦1868年1月3日)*1に薩摩藩ほかが起こしたクーデター。また、その際に朝廷から発せられた、幕府と摂関制度を廃し、総裁、議定、参与の三職を設置するとする文書のこと。
大政奉還では表面上は徳川慶喜が将軍職を辞して政権を手放すも摂政らに根回しを行っており、当初は新政府は旧幕府主導のものになると予想されていた。しかしこのクーデターによって新政府の顔ぶれは一新された。

朝廷では討幕派と穏健派とで話し合いが行われるも討幕派が押し切り、日本は戊辰戦争へと突入する。


実は慶喜はこのクーデターを事前に知らせれていたのだが黙認している。理由は不明。

*1:1872年(明治5年)までは天保暦が使われていたのだが、新暦換算年で言われることもありややこしい。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ