相撲節会

(一般)
すまひのせちえ

相撲節会とは、奈良・平安時代にかけて行われた宮中の年中行事。
射礼、騎射とともに三度節と呼ばれた。
奈良時代の天平年間になると、毎年7月7日の七夕の節会と一体化して、近衛府、兵衛府の官人(武官)と、諸国から貢進された相撲人たちの間で宮中相撲が行われるようになった。
現存する相撲節会の最古の記録は、「宮中行事秘事」などに伝えられる聖武天皇の726年(神亀3年)である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ