篠田一士

(読書)
しのだはじめ

1927〜1989 翻訳家、文芸評論家。ボルヘスを日本に初紹介するなど「世界文学」の概念を日本に独力で定着させた。「二十世紀の十大小説」新潮文庫は名著。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ