聲の形

聲の形

(マンガ)
こえのかたち

大今良時による漫画。
聴覚障害者の西宮硝子と、彼女を傷つけた少年・石田将也の再会と成長を描く物語。聴覚障害をもつ少女、周囲のいじめと差別、「かつていじめをしていた主人公」の贖罪、他者とのコミュニケーションなどをテーマとした作品。舞台は作者の出身地である岐阜県大垣市がモデルとなっている。

別冊少年マガジン(講談社)2011年2月号にオリジナル版が、週刊少年マガジン2013年12号にリメイク版が読み切りとして掲載。大きな反響があったことから、2013年8月の週刊少年マガジン36・37合併号から連載を開始した。作者の構想通り、2014年11月の週刊少年マガジン51号で連載終了。全7巻。

2014年12月、宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編1位を獲得。
2016年9月17日より、京都アニメーション制作による劇場アニメ『映画 聲の形』が公開。

掲載・連載までの経緯

  • 2008年:大今が本作を週刊少年ジャンプ編集部に投稿し、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞で受賞。だが、テーマゆえに雑誌への掲載は見送られた
  • 2010年:別冊少年マガジンにて大今が「マルドゥック・スクランブル」(原作は冲方丁)の連載を開始。好評を得たこともあり、別冊少年マガジン編集部が本作の掲載に向けて、講談社の法務部、弁護士、日本ろうあ協会と協議を重ねる
  • 2011年:別冊少年マガジン2011年2月号にオリジナル版が掲載。読み切り作品でありながら、当時連載していた「進撃の巨人」などの人気作品をおさえてアンケートで1位を獲得した
  • 2013年:週刊少年マガジン2013年12号にリメイク版が読み切りとして掲載、大きな反響を得る。その後、週刊少年マガジンにて8月に連載を開始した

ネットの話題: 聲の形

人気

新着

新着ブログ: 聲の形