計画経済

(社会)
けいかくけいざい

planned economy(英)


各種の経済活動*1が、政府によって立案された計画によって運営されている経済体制。社会主義国で多く見られた。このため単に「社会主義国の経済体制」を指す語として使われることも多い。対義語は自由経済*2
実際には(優秀な官僚団がいたとしても)経済活動すべてを事前計画でコントロールすることは不可能であり、混合経済的に民間のイニシアティブをある程度取り入れたり、私経済(闇市場)が矢鱈に発達したり、「社会主義市場経済」と名乗って計画経済を事実上放棄したり、と言ったことが行われた*3

*1:単純には生産と分配。つまりは流通とか金融とかそういう事柄全般

*2:あるいは単純に「資本主義経済」の対義語、「社会主義経済」の類義語としてもしばしば用いられていた

*3:行わずに統制を続けて崩壊する、とかも一つのパターンですが

計画経済

(一般)
けいかくけいざい

独裁者や官僚組織により統制を行われた経済体制。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ