赤平市

赤平市

(地理)
あかびらし

虹の映えるまち

北海道のほぼ中央、空知地方の中部に位置。イルムケップ山の裾野に広がる。

市名の由来

アイヌ語「アカピラ」(山稜のガケの意)から出たもの。

市の木・花・鳥

木=カエデ/花=菊/鳥=ヤマガラ

空知川

市の中央部を流れる。

エルム高原

温泉やオートキャンプ場、コテージなどが整備された観光。

炭鉱

かつては炭鉱のまちとして発展したが、94年の住友石炭の閉山により終焉となる。

人口

ピーク時は6万人。現在は約1万5千人。

市町村コード

01218-1

特産

旅行鞄、木彫工芸品、皮製品、塊炭飴、火文字焼(菓子)、胡蝶蘭

イベント

らんフェスタ赤平/あかびら火まつり/北海道クラシックカーフェスティバル/全国炭坑節大会

日本一

ズリ山階段(777段)

出身有名人

小林篤一(北海道農業の父)
星加ルミ子(音楽評論家)
鈴井貴之(ハイパーメディアパーソナリティ)

新着ブログ: 赤平市