辻仁成

(音楽)
つじじんせい

辻仁成は、日本の作家、ミュージシャン、映画監督、演出家。
本名は「つじひとなり」で、作家活動では「つじひとなり」と読むが、歌手・映画監督の場合は「つじじんせい」と読む。
1959年10月4日生まれ、東京都南多摩郡日野町(現・日野市)出身。
成城大学経済学部中退。
1964年福岡に、1971年帯広に、1974年函館にと転居・転校を繰り返す。函館西高校卒業後上京し、1979年成城大学へ入学、メンバーチェンジしたり大学中退したりしながら「Betrad」→「QUARK」→「ECHOES」と改名し、1982年CBSソニー・SDオーディションで最優秀アーティストに選ばれる。
1985年アルバム「WELCOME TO THE LOST CHILD CLUB」でメジャーデビュー。デビュー当初はJINSEIminorTUJIと名乗っていた。7枚のオリジナルアルバムを残して1991年ECHOESを解散。
1992年にはソロアルバム、1993年には新ユニットBEAT MUSIKでの活動、2000年に一夜だけの「ECHOES」再結成、2001年にはギターの伊藤浩樹とのユニット「ECHOES OF YOUTH」での音楽活動を始めている。
1997年、『海峡の光』で第116回芥川賞を受賞。
1995年、南果歩と再婚、一子をもうけるが、2000年に離婚。
2002年6月、中山美穂と再々婚し、2004年1月に長男が誕生したが、2014年7月8日に離婚が成立した。

代表曲

  • ZOO(ECHOES)
  • GENTLE LAND(ECHOES)
  • DEAR FREINDS(ECHOES)
  • 僕達の結婚(辻仁成)
    • など。

関連キーワード

  • バンド(ユニット)
  • ボーカリスト
  • アーティスト
  • ミュージシャン
  • 作家、小説家 → 辻仁成(つじひとなり)

小説

  • ピアニシモ
  • 海峡の光

辻仁成

(読書)
つじひとなり

作家「つじひとなり」。
音楽活動の際は、「つじじんせい」と読ませている。

1959年生まれ。東京都出身。64年福岡に、71年帯広に、74年函館にと転居・転校を繰り返す。函館西高校卒業後東京へ。79年成城大学へ入学、バンドを結成。85年アルバム「WELCOME TO THE LOST CHILD CLUB」でメジャーデビュー。89年小説『ピアニシモ』で第13回すばる文学賞受賞。91年ECHOESを解散、作家生活に入る。97年『海峡の光』で第116回芥川賞受賞。2002年中山美穂とパリのシャルル・ドゴール空港で出逢い結婚。第一声が「やっと逢えたね」だったというエピソードがある。

代表作に『冷静と情熱のあいだ』『嫉妬の香り』『愛をください』『オキーフの恋人 オズワルドの追憶』など。

現在も音楽、映画など多岐に渡り活躍中。

関連キーワード

  • 作家、小説家
  • アーティスト、ミュージシャン → 辻仁成(つじじんせい)
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ