運動療法

(一般)
うんどうりょうほう

食事療法、薬物療法と並んで生活習慣病の有効な治療法のひとつ。動脈硬化の予防、老化防止、血糖値が下がるなど糖尿病症状の改善などの効果がある。食事療法と並行して行うとより効果的である。

運動療法の効果一例

  • 血糖を下げる
  • 体重を減らす
  • 心臓や肺の働きを強化する
  • 血圧を下げる
  • 足腰など下肢の筋力を強くして、老化を予防する
  • 血液の循環をよくする効果
  • ストレス解消など気分転換
  • 体力がついて動きが楽になるため、日常生活が快適になる

ただし足腰の関節に疾患があったり、心肺に重い病気がある人などは控えたほうが良い。効果的に運動療法を行うには、メディカルチェックを受け、医師の指示に従うこと。
http://www.dm-net.co.jp/seminar/03_1/

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ