郭源治

(スポーツ)
かくげんじ

80〜90年代のプロ野球選手。日本名「佳久源治」。
1956年10月5日生まれ。台湾台東市出身。ポジションは投手、右投右打。
現役時代は1983年から4年連続で2桁勝利。1987年にリリーフ投手に転向し、翌年のセ・リーグ優勝に貢献。1989年に日本帰化。
1994年には100勝100セーブ記録達成*1。1996年に日本球界引退。
1997年、ナゴヤドーム柿落しのゲームで引退試合を行い、イチローを外野フライに打ち取る。同年に台湾プロ野球復帰し翌1998年には11試合連続勝利の台湾プロ野球タイ記録達成。 1999年に台湾代表チームに最年長で選ばれ、五輪アジア予選大会に出場。同年、台湾球界引退。
背番号33番は台湾代表チームの永久欠番。
台湾では「二郭一荘」と呼ばれ、郭泰源荘勝雄と並ぶ国民的英雄である。
現在は、名古屋市で台湾小皿料理「郭源治 台南担仔麺」を経営。
マスターズリーグ、名古屋エイティディザーズの選手としても活躍。

経歴

年度 所属 背番号 備考
1973〜1975 華興高校 -
1976〜1979 台湾輔仁大学 - 1980、81年途中まで台湾陸軍で兵役
1981.?〜1996 中日ドラゴンズ 12→30→33
1997 統一ライオンズ
1998〜1999 中信ホエールズ

タイトル

  • MVP(1988)
  • 最優秀救援投手(1987・1988)
  • 最優秀防御率(1994)

*1:プロ野球史上6人

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ