鉛温泉

鉛温泉

(地理)
なまりおんせん

岩手県花巻市にある温泉。花巻温泉郷内南側、花巻南温泉峡のひとつ。

泉質

単純温泉・アルカリ性単純高温泉。源泉掛け流し。

エピソード

  • 600年ほど前、一匹の白猿が、カツラの木の根元から湧いている泉で手足の傷を癒しているのを見て温泉を発見した。*1
  • 田宮虎彦の小説「銀心中」に出てくる「銀温泉」のモデル。当小説は1ヶ月ほどこの地に逗留して執筆したものである。
  • 宮沢賢治もよく訪れていた。

旅館

藤三旅館」の一軒宿。旅館部と自炊部がある。歴史ある趣の建物である。

風呂

立って入る湯船「白猿の湯」が有名。(混浴、女性専用時間あり。)その他数種の風呂がある。

館内

白猿の湯」脇、自炊部側の通路に売店がある。

ネットの話題: 鉛温泉

人気

新着

新着ブログ: 鉛温泉