陳建民

()
ちんけんみん

 (1919〜1990)
 「中華の神様」「麻婆大使」とも呼ばれた、日本に四川料理を広めた第一人者。「料理の鉄人」中華の鉄人・陳建一の父。
 汁有り坦々麺や、ケチャップを使うエビチリを産み出したのも実は陳建民。直弟子は千人を越える。
 中国口調「〜あるよ」はこの人から広まったとされる。

1919年 四川省で生まれる
1952年 来日
1955年 新橋田村町に「四川飯店」オープン
1969年 六本木に四川飯店をオープン
1970年 赤坂四川飯店をオープン
1990年 没

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ