雲仙市

(地理)
うんぜんし

長崎県島原半島北西部に位置する市。雲仙岳で有名。北部は有明海に面し、西部は橘湾に面している。
2005年10月12日、長崎県南高来郡愛野町・吾妻町・瑞穂町・国見町・千々石町・小浜町・南串山町が合併して誕生。
市内には、サッカーで有名な国見高校や、日本初の国立公園として知られ市名の由来ともなった雲仙天草国立公園雲仙温泉、夕日が美しい橘湾を臨む海辺の温泉地である 小浜温泉などがある 。

市町村コード: 42213-4

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ