青ヶ島村

(地理)
あおがしまむら

東京都青ヶ島村は、東京都八丈支庁に属し、伊豆諸島南部にある地方公共団体。
1940年4月1日、村制施行。
青ヶ島全域を村域とし、面積は5.96km²、人口は145人*1で、日本で最も人口の少ない地方公共団体である。
村内に字や番地は存在せず、全域が「東京都青ヶ島村無番地」である。

地勢

東京の南358km、八丈島から68kmの洋上、伊豆諸島最南端に位置し、島全体が黒潮暖流の流れに包まれている。

気候

年間平均気温では宮崎県よりもいくらか高く、一年を通じて10〜25℃と温暖な気候。ただ、青ヶ島の集落がいずれも標高250m以上にあるため、いったん島に上がれば八丈島などほかの島々よりやや涼しく感じられる。そのほか、湿度が年間平均85%と伊豆諸島のなかで特別高いことが、青ヶ島の気象を特徴づけている。
春特有の嵐や梅雨、秋の台風には注意が必要。

*1:2017年4月1日現在

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ