The Specials

(音楽)
すぺしゃるず

 イギリスで第二次パンク・ブームが巻き起こり、SKAが忘れ去られようとしていた時、スペシャルズが登場した。過去のジャマイカと現在のイギリスのサウンドをブレンドし、往年のルード・ボーイ・テイストを復活させた。それは従来のSKAを刷新するべく、ホーン・セクションとユーモラスな要素を継承しながらも演奏スピードを上げた。また、グループの多民族性は革新的であり、それにちなんで<2-トーン>レーベルを設立。イギリスでSKAが流行するとアメリカでもカルト的人気が出始めた。そして同時期レーベルはマッドネスバッド・マナーズといったスカ・バンドと契約を交わす。これらのバンドはしばらくイギリスの若者に人気を博し、チャートを独占した。ブームは80年代前半には下火となり、スペシャルズも異なるバンドに分裂したが、彼らが作り上げたジャンルのお陰で今日のグウィン・ステファニ(ノー・ダウト)とマーク・マックグレイス(シュガー・レイ)が存在すると言える。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ