Objective-C

(コンピュータ)
おぶじぇくてぃぶしー

プログラミング言語の一。

オブジェクト指向プログラミングを可能にしたシンプルな言語。当初、SmalltalkコードをCコンパイラに通すためのトランスレータとして開発された。ANSI Cとの互換性を持っている。最近は同様にオブジェクト指向プログラミングが可能なマルチパラダイム言語であるC++に駆逐されてしまい、ほとんど見る事がなくなった。が、実はC++よりこちらの方が先に出来た言語である。


C言語のコードに特殊な書式でObjective-Cを被せた構文を持つ。そのため、C言語の知識が役に立つ。C++を使用することが可能で、これをObjective-C++と呼ぶ。


NeXTが開発言語として採用していた。
現在はMac OS Xでプログラムを組むときの標準言語として有名である。また、WebObjectsにも採用されていた(現在はJavaに移行している)。


拡張子は「.m」。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ