ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ Twitter

July 31(Thu), 2014

f:id:Magnoliarida:20140731234738j:image f:id:Magnoliarida:20140731233408j:image Goodbye July!

クリロナ  00:07

ネイマール来日したんだね。

私は、さっき食わず嫌いに出ていたクリスチアーノ・ロナウドを見たよ。想像以上にかわいいひとでした。

f:id:Magnoliarida:20140731234625j:image f:id:Magnoliarida:20140731234626j:image f:id:Magnoliarida:20140731234627j:image 脱いでくれた。

f:id:Magnoliarida:20140731234630j:image f:id:Magnoliarida:20140731234631j:image f:id:Magnoliarida:20140731234634j:image オシャレなナフキンをしたのにスポンサーロゴが見えないからと取らされちゃったクリロナさん。ナイキじゃない憲武さんのシューズを欲しがって、ゲットしてました。そしてムーンウォーク

レアル・マドリード所属ですが、クリロナがマンUでプレーしていた2007年7月17日に浦和レッズと試合しました。ウッチー(篤人じゃないよ)が先制ゴール。浦和2―2マンチェスター・ユナイテッドという結果でした。 http://d.hatena.ne.jp/arida/20070717

ファーガソン元監督は「ロナウドは私が監督した中で最も才能に恵まれた選手だ」と賞賛していますが、レッズの試合では暢久を褒めていたんですよ。「6番の山田がクオリティの高い、非常に俊敏な選手だと思いました。また後半は8番の小野が良かったと思います。」ってね。強いチームとやると本領発揮するのが暢久でした(笑)

http://matome.naver.jp/odai/2140654996839856001

July 30(Wed), 2014

Bros.とか夕刊とか  00:23

f:id:Magnoliarida:20140731001457j:image 毎日新聞夕刊に蜷川さん(濱田元子さん)。

演出家として初心に帰らないと危ないから。いろんな環境や条件に恵まれて仕事ができるようになってきて、『ちょっとちらいなあ』というのを、やっておかなきゃいけないかなと」。「ゼロからシェークスピアを教えるような感じ。でも、商業演劇に行った時も大変だったので、それと同じことをもう一回やり直して、自分もリハビリしようかなと」「今回(オールメールの『ロミオとジュリエット』)はセットを使わず、俳優の演技と衣装、男が女をやることがどれだけ生きるか。違う冒険をやろうと思ってます」と蜷川さん。

挑戦し続ける78歳の巨匠。「今日のOK、明日のNG」←私の蜷川語録増えましたよ。

 

f:id:Magnoliarida:20140731001458j:image TVBros.、前田隆弘さんのStageBros.は『暗いところからやってくる』。「観劇後思ったのは、もしかしたらトトロを(DVDではなく!)劇場公開で見た子どもたちはこれと似たような体験をしたかもしれない…ということだった」これ、については紙面にて。「戯曲・演出・演技ともに素晴らしい芝居であったが、客の子どもたちもまた舞台を構成する重要な要素だったように思う」

前田さんも書いていらっしゃいますが、当日券狙いでもいいから見てほしい!

輝夫、世田谷区民になったんですね。画像見るとトラムの席もコの字になりそうね。https://twitter.com/kaat_kuraitokor/status/494433658107727874

f:id:Magnoliarida:20140731001459j:image せっかくTVBros.買ったので仁ちゃんも。そういえば、昨日やついさんPARCO劇場にいたのでジンジンいないかな?ってキョロキョロしちゃった。

 

f:id:Magnoliarida:20140730145148j:image 昨日28日の日経夕刊に『カッコーの巣の上で』劇評(河野孝さん)。『闘う男マクマーフィを演じるのが小栗旬。エネルギッシュで、緊張感を保持しつづける演技が芝居の重心を作り出す。対する管理体制の象徴がラチェッド婦長(神野三鈴)で、事態に冷静に対処し、じりじりとマクマーフィを追いつめていく。そのクールさが魅力だが、管理者としての冷酷な面がもっと出てもいい』

 

f:id:Magnoliarida:20140730145153j:image 『ブエノスアイレス午前零時』脚本:蓬莱竜太、演出:行定勲、出演:森田 剛・瀧本美織・橋本じゅん・千葉哲也・原田美枝子 他 http://www.parco-play.com/web/news/?id=163

f:id:Magnoliarida:20140730145155j:image ペンギンプルペイルパイルズ(PenguinPullPalePiles)#18『靴(仮)』10月8日(水)〜19日(日)http://www.penguinppp.com/topics/2014/07-000171.html

July 29(Tue), 2014

f:id:Magnoliarida:20140730144917j:image

f:id:Magnoliarida:20140730144808j:image f:id:Magnoliarida:20140730144810j:image 今朝は久しぶりにシャキーン!で「名産スパイ大作戦」がありました。再放送だけど、W杯で2回放送がなくなったので、ホントにひさしぶりでした〜。毎日見たいのに。

成河くんが、朝ドラ「マッサン」のレギュラーに  12:22

f:id:Magnoliarida:20140730144918j:image 『成河(ソンハ、33)が、9月29日スタートのNHK連続テレビ小説「マッサン」でドラマ初レギュラーを務める。』http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000273-sph-ent

成河くんは『玉山鉄二(34)演じる主人公の「マッサン」こと亀山政春が入社する鴨井商店の広報担当社員・紺野。当初はウイスキーを販売することに力を合わせるが、やがてライバル的存在となる予定』

『「物語の途中からの台本をもらうのも、毎週新しい台本が届く経験も初めて」と戸惑いもあるが、今は映像の世界の「あたりまえ」を吸収している最中。「映像では、ちょっとした表情の動きで芝居をしますが、それがすごく新鮮。自分がこれまでやってきたことと違う方向から来た人との仕事は、本当に勉強になります」と目を輝かせた。』まぁるい目が目に浮かびます〜。

『上司役を演じるのは舞台出身で、現在は映像でも大活躍する堤真一(50)。すぐ身近の“先輩”を見て「これを機に、積極的に映像にも挑戦したい」と意欲を見せた。』

堤真一さんとの共演はSP以来? 出来れば、毎日出てほしいな。1日の活力になるからね!

成河くん、おめでとうーーーーーーー! 

数日前、成河くんに偶然風姿花伝で会ったのよーーー(一列後ろにいたの)。おめでとうって言いたかったーーーー。

 

          NHKさん(総合もEテレもNHKFMも)全部大好きーーーーー。

パルコ・プロデュース『母に欲す』千秋楽★★★★★  00:20

今日は半休。 f:id:Magnoliarida:20140730144919j:image マチネはPARCO劇場へ。 

脚本・演出 :三浦大輔  ←三浦大輔さんはポツドールという劇団の主宰の方ですが、そちらは観たことがなく(多分吐くと言われ・・笑)(映画「恋の渦」は門脇麦ちゃんが出ているので観たたかったのですが、まだ)、昨年演出された『ストリッパー物語』がよかったのと池松壮亮くんを観たかったのでチケット購入。峯田和伸さんが銀杏BOYZというバンドのミュージシャンだというのも初めて知りました。

ポツドールのHPを見たら、メンバーは『母に欲す』に出演されていた米村亮太朗さんとふたりなのね。http://www.potudo-ru.com/profile/

 

f:id:Magnoliarida:20140730144938j:image f:id:Magnoliarida:20140730144937j:image お父さん役の田口トモロヲさんは植物男子ベランダーです! f:id:Magnoliarida:20140730144936j:image Z列(3列目)

  

「母に欲(ほっ)す」と言うタイトルの「欲(よく)」という文字と設定からNHKのドラマ「ガラスの家」みたいな家族崩壊の展開を想像していましたが、違ってた!良かった。とても優しくて素晴らしい作品でした。菅原兄弟が愛しい。

14時少し過ぎて幕が開き、カーテンコール1回(鳴り止まなかったけれど、2回目は出てきてくれなかった〜)で劇場を出たのが17時30分。1幕の75分がとても長く感じたので、100分の2幕大丈夫かな?と思っていましたが、全然!2幕はおもしろくて短く感じたほどです。

 

作・演出:三浦大輔、音楽:大友良英、出演:峯田和伸(銀杏BOYZ)/池松壮亮/土村芳/米村亮太朗/古澤裕介/片岡礼子/田口トモロヲ

あらすじ『菅原裕一(峯田和伸)は東京で一人暮らし。仕事もせず、ただただ怠惰な日々を送っていた。35歳になりながら、母親に無心し、その金を使って、デリヘルを呼ぶ親不孝極まりない生活だ。ある日、幼なじみの亮太(光村亮太朗)から電話が入る。「おまえの母さん死んだぞ」。裕一が弟・隆司(池松壮亮)からの電話に出なかったせいで、母親の葬式も既に終わっていた。東北の田舎の実家に帰った裕一を、なじる隆司。父の浩二(田口トモロヲ)は、「おまえ、東京に行ってもだらだらしてるだけなんだろ。だったらしばらく母さんの傍にいてあげなさい」と諭す。裕一、浩二、隆司、食卓を囲んでも、ろくな会話はなく、空しい居間にテレビの音が響くだけ…。仏壇では母親の違影が笑っている…隆司は、母親の死の欠落感を埋めるため、恋人の里美(土村芳)と結婚することを決意する。そして二ヶ月…。突然、浩二が智子(片岡礼子)という女性を家に連れて来る。浩二は、今日から、智子が二人の「母親」になることを告げる。そして、男だけの一家に、静かなさざ波が立ち始める…』http://www.whatsin.jp/feature/hahanihossu_teidan/4

 

息子たちとうまくコミュニケーションを取れない父親が、長男が滞納していた家賃を払っていたこと、ラストの母からの留守電。あの留守電のセリフは、たまにあるパターンなのに心に沁みます。その電話の声まで彼らの母親の声が全然イメージできなかったですが・・。ああ言われたことが何回もあったなぁ〜と自分のことを重ねたら感動しちゃって、もう涙ぽろぽろ (T ^ T) 涙腺が崩壊したわけですが、そのままカーテンコールになったら峯田和伸さんがボロ泣きだったので、私の涙も止まらなかったです。

 

兄ちゃんが新宿の小田急でとっさに買った「ひよ子」まんじゅう。1ヶ月ちょっと前に大阪に行った私は、大阪で会う友だち(滋賀の)へと新横浜で「ひよ子」を買ったのでした。やっぱ定番だもの。HPを見たら工場は福岡・・九州の銘菓だったなんてーーーー。と思ったら「東京 ひよ子」がありました。よかった。

 

ただ・・お台所があって、あんなに食事の場面があるのに手を洗わないなんて!外から帰って来て手を洗わないなんて!

f:id:Magnoliarida:20140730145151j:image f:id:Magnoliarida:20140730145150j:image f:id:Magnoliarida:20140730145152j:image 

母が亡くなり、昨日で1ヵ月でした。早いなぁ。母を不満に思うことはなかったなぁ(たまにうるさーーいって思ったけれど、それは大抵私が悪い)20歳までの行動は、なぜか全部お見通しで、嘘ついてもすぐばれて、母親の勘って凄いって思っていました。あ・最近また独り言が増えました。

兄弟っていいね。羨ましいな。池松壮亮くんの舞台は次も観よう。

 

あとで読む。http://www.whatsin.jp/feature/hahanihossu_teidan

 

あ、池松壮亮くんって『DIVE!! 』に出ていたの、思い出したよ。林遣都くんと溝端淳平くんと3人が主役だった!まだあどけないね。http://www.kadokawa-pictures.jp/official/dive/

『ボビー・フィッシャーはパサデナに住んでいる』2回目★★★★  01:44

f:id:Magnoliarida:20140730144939j:image f:id:Magnoliarida:20140730144957j:image f:id:Magnoliarida:20140730144958j:image f:id:Magnoliarida:20140730144959j:image f:id:Magnoliarida:20140730145000j:image

f:id:Magnoliarida:20140730145144j:image f:id:Magnoliarida:20140730145145j:image f:id:Magnoliarida:20140730145147j:image 夜はシアター風姿花伝へ。こちらも家族のお話。今日は早々に予約していたチケットなのでA列。

目の前になんども中嶋しゅうさんが立たれるたびに「かっこいいなぁーーー、横顔がとくにステキーー」と眺めていました。2年前くらいはしょっちゅう劇場で観客としてのしゅうさんをお見かけしていたのに最近はなくて寂しいのですよ(笑)お見かけ・・といえば、今日は井上裕朗さんにお会いしました。劇場でよくお会いします。扇田さんにも・・。

 

『ボビー・フィッシャーはパサデナに住んでいる』は、25日に観たばかり。濃密で壮絶な会話劇だな〜。なのに、その会話が全くキャッチボールになっていない。知れ違う言葉と気持ち。みんな自分のことばかり。おもしろいな〜。シアター風姿花伝が選ぶ翻訳劇にハズレ無しだわ。と思ったのですが、どの役にも共感できなかったのです。あとで感想を読んだら「誰にも思い当たるのでは」という感想を多く見たので、今夜はその確認もしつつ観劇。4人の演技が凄まじかったけれど、やっぱり誰にも共感する部分はなかったです。登場人物は家族だけ、翻訳ものにはめずらしく恋人の影もない。マザーコンプレックス?母親の呪縛から逃れられない娘。という感じ。昼間観た『母に欲す』は共感するところが多かったのですが・・。でも、両方とも観ることが出来てよかった!

多分、我が家は両親も私もとっても平凡で、幸せだったんだろうな。喧嘩はしてもおしゃべりはすれ違うことなく出来ていて、話はつきなかったし。

 

作:ラーシュ・ノレーン、翻訳:富永由美(晩成書房 ラーシュ・ノレーン戯曲集『悪魔たち』所収)、演出:上村聡史、出演:グンネル(母親)増子倭文江/エレン(娘)那須佐代子/トーマス(息子)前田一世/カール(父親)中嶋しゅう

あらすじ『現代、ストックホルム。女優の母、社長の父、アル中の娘、自閉症の息子が久しぶりに再会する。

待ち合わせは劇場。そして、演目はオニールの名作『夜への長い旅路』。観劇後、家族はわが家において束の間の一家団欒を試みる。何げなく始まった芝居の感想が、やがて壊れた家族の積年の想いに火をつけていく。家族は崩壊したまま終わるのか、それとも再生の道を辿ることができるのか。時は、容赦なく夜明けの先に待つ、朝へと向かう。』

 

中嶋しゅうさん演じる父親カールが何度かエレン(那須佐代子さん)にかけた「眠れないのか」のセリフに父を思い出しました。夜中に起きているとトイレに起きてきた父にそう言われたから。私の場合、眠れないのでなく「まだ眠くない」だったのですが。

 

上村聡史さん演出の『連結の子(脚本:田村孝裕)』はすごく好きだったけれど、上村さん演出の翻訳劇を私が観るのは『千に砕け散る空の星』『アルトナの幽閉者』に続き、今回で3本目。 f:id:Magnoliarida:20140730145154j:image 次の『炎 -アンサンディ-』はどうかな〜。

July 28(Mon), 2014

「皆既食 -Total Eclips-」  12:25

メインキャストが発表されましたね。アルチュール・ランボー:岡田将生、ポール・ヴェルレーヌ:生瀬勝久 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000007-mycomj-ent

『岡田は、世代を超えて人々の心をとらえ続けるスキャンダラスな存在、ランボー役を演じ、相手役ともいえる、ランボーに振り回されながら破壊へと向かう男、ヴェルレーヌには、生瀬勝久が決定。そして、ランボーと奇妙な三角関係を結ぶヴェルレーヌの若妻マチルダは中越典子、2人にとって最初の障害となるヴェルレーヌの義父は辻萬長、その婦人は加茂さくら、また、ヴェルレーヌの孤独な晩年に寄り添う娼婦は立石涼子が演じる。』

11月7日〜29日にBunkamura シアターコクーン、12月4日〜7日にシアターBRABA!

巨匠ニーナ、次はとうとう岡田将生くんですね。

土井睦月子ちゃんも出演しますね! http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/14_kaiki.html

f:id:Magnoliarida:20140729000807j:image 野口和彦さんのtweetより。 https://twitter.com/seigakan/status/493701958046212096

前にも書きましたが、『太陽と月に背いて』の映画当時の10代後半のディカプリオは最高に美しかったよぉ〜。この映画はジョルゴス・アルヴァニティスのカメラワークも素晴らしかったのよぉ。『ROMEO + JULIET』と『太陽と月に背いて』のレオさまが私の中では美しさのピークでした。

 

D Total Eclips

D ROMEO + JULIET

 

 

岡田くんは『天然コケッコー』と『重力ピエロ』がいちばん好き。

D 天然コケッコー。可愛かったよーーーーー。

D  重力ピエロ。この映画のあと、すぐにS.R.S「Sometimes」が入っているCDを購入したのよねぇ。

David LynchとMichel Gondry  18:34

デヴィッド・リンチ(David Lynch)、ミシェル・ゴンドリー(Michel Gondry)がそれぞれ監督したCM映像がネットでも公開中。リンチはクリスチャン・ルブタンのネイルRouge Louboutin、ゴンドリーはフレグランスL'Homme Idéal GUERLAIN http://amass.jp/43147

 

数々の名作ミュージック・ビデオ(MV)を生んだミシェル・ゴンドリー(Michel Gondry)の「ベストMV 16選」を英国のアート&カルチャー誌「BlackBook Magazine」のサイトが発表 http://amass.jp/43242

ALTAR BOYZ LEGEND  18:49

あの伝説のALTAR BOYZメンバーが帰ってくるそうです。ALTAR BOYZ http://www.altarboyz.jp

私がハマった初演(ロウマくんがLUKE)のじゃなく2回目のですが小林遼介くんのLUKEもよかったから良いわ。森 新吾ちゃんとWキャストのようです。これは事件です!

公演日程:2014年11月24日(月・祝)〜12月8日(月) 

ALTAR BOYZ LEGEND http://altarboyz.jp/legend.html

ALTAR BOYZ RED http://www.altarboyz.jp/red.html

July 27(Sun), 2014

MJ会2014  00:02

前回のお花見から2年ちょっとぶりのMJ会でした。「まるで親戚の集まり」とMJ。

f:id:Magnoliarida:20140727234505j:image f:id:Magnoliarida:20140727234449j:image f:id:Magnoliarida:20140727234450j:image f:id:Magnoliarida:20140727234451j:image f:id:Magnoliarida:20140727234452j:image f:id:Magnoliarida:20140727234454j:image ←「こんな真夏にビアガーデンを選んでごめん」とMJ。12時半スタートは過酷、倒れるーーーと最初は思いましたが、とりあえず木陰&パラソルの下だったので大丈夫でした。

f:id:Magnoliarida:20140727234501j:image f:id:Magnoliarida:20140727234453j:image f:id:Magnoliarida:20140727234455j:image f:id:Magnoliarida:20140727234457j:image f:id:Magnoliarida:20140727234458j:image f:id:Magnoliarida:20140727234506j:image 楽しくてあっという間の2時間。

f:id:Magnoliarida:20140727234500j:image f:id:Magnoliarida:20140727234502j:image その後、お茶&ワインしている間に雨が降ったようです。

f:id:Magnoliarida:20140728000838j:image f:id:Magnoliarida:20140727234503j:image

 

夜は鹿島戦だったのですが、私は用があり欠席。MJ会メンバーの鹿サポさん(旦那様はレッズサポ)は、夕方埼スタに向かいました。私も行きたかったーーーーー。

 

 

 ↑

浦和1−1鹿島だったようせす。1失点悔しかったと思います。でも、後半は西川周作のファインセーブの連発だったとか。ということは・・かなり攻め込まれていたのね。

負けていません。勝ち点1ありがとう。応援ありがとう。

July 26(Sat), 2014

午前中、母のヘルパーさんたちが来てくれた。1年と20日くらいお世話になったのかな・・ありがとうございました。

 

午後、美容院へ。髪を切って軽くなる。心も。

f:id:Magnoliarida:20140728002458j:image f:id:Magnoliarida:20140728002500j:image

f:id:Magnoliarida:20140728002504j:image f:id:Magnoliarida:20140728002459j:image 毎年この季節の銀座の季節感に驚きます。

f:id:Magnoliarida:20140728002502j:image f:id:Magnoliarida:20140728002501j:image MIKIMOTOは夏。

ホリプロ『カッコーの巣の上で』★★★★  00:50

f:id:Magnoliarida:20140728002505j:image f:id:Magnoliarida:20140728002506j:image f:id:Magnoliarida:20140728002507j:image 赤坂ACTへはいつも裏道を通ります。

f:id:Magnoliarida:20140728002508j:image w(゜o゜)w 最悪!!w(゜o゜)w 劇場を間違えました。慌てて見附から池袋へ。

 

f:id:Magnoliarida:20140728002511j:image f:id:Magnoliarida:20140728002510j:image 芸劇プレイハウスにて。A列。

赤坂ACTで上演された『時計じかけのオレンジ』があんまり・・(私はスタンリー・キューブリックが凄く好きなので)でしたが、サンシャイン劇場の『ショーシャンクの空に』がとってもよかった河原さんの演出です。今回は時計じかけでアレックスを演じた小栗旬くんが主演。映画のランドル・マクマーフィがジャック・ニコルソン だったのでプレッシャーあっただろうな・・。

上演台本・演出:河原雅彦 原作:ケン・キージー 脚本:デール・ワッサーマン


大東駿介くんのビリーと絶対権力を誇る婦長ラチェッドを演じた神野三鈴さんがよかった。

 

最近のフライヤーいろいろ 

f:id:Magnoliarida:20140728002514j:image テアトル・ド・アナール。11月青山円形劇場で!

f:id:Magnoliarida:20140728002516j:image 山崎彬くんとこの悪い芝居『スーパーふぃクション』渡邊りょうくん出演ですね。観ます。

f:id:Magnoliarida:20140728002517j:image 範宙遊泳『インザマッド(ただし太陽の下)』作・演出:山本卓卓、原案:坂口安吾『堕落論』←予約済み。観に行きます。武谷公雄さんが出演だもの。http://www.komaba-agora.com/play/467

f:id:Magnoliarida:20140728002515j:image 愛すべきダメ男5人が帰ってくる!目撃すれば一生忘れられなくなるこのクリスマスの奇跡。『海をゆく者』観たーーーい!2014年12月8日(月)−12月28日(日) PARCO劇場 http://www.parco-play.com/web/play/seafarer/

f:id:Magnoliarida:20140728002519j:image アマヤドリ2014三部作「悪と自由」シリーズvol.2『非情の階段』アマヤドリも見逃せません。

f:id:Magnoliarida:20140728002520j:image 風琴工房『わが友ヒットラー』←予約済み。

f:id:Magnoliarida:20140728002521j:image こゆび侍『たまには純情』http://koyubi.chips.jp/next.html

f:id:Magnoliarida:20140728002522j:image カンパニーデラシネラ『赤い靴』同じかどうか(アンデルセンの童話)はわかりませんが、私が子どものときに初めて観たのがバレエ『赤い靴』なので気になります。

f:id:Magnoliarida:20140728002526j:image 『マーキュリー・ファー Mercury Fur』2015年2月 シアタートラム

f:id:Magnoliarida:20140728002527j:image シェイクスピア祭 リーディング 文学座アトリエ

f:id:Magnoliarida:20140728002529j:image 『炎・アンサンデイ』作:ワジディ・ムワワド、翻訳:藤井慎太郎、演出:上村聡史

麻実れい/栗田桃子/小柳友/中村彰男/那須佐代子/中嶋しゅう/岡本健一 ←予約済み。

f:id:Magnoliarida:20140728002530j:image 『友達』安部公房 ←もう終わっているじゃん・・http://sunday-go.jp/tomodachi/data/index.html

July 25(Fri), 2014

関東地方が梅雨明けしたのって昨日?一昨日だっけ?めちゃめちゃ暑かったねーーーーー。

今日はほんとうは歌会だったのですが、母の話題は避けられないし、すると今もウルウルしちゃうので欠席。8月はもともと休み月なので9月から復帰しようと思います。選者だったのにごめんなさい。

 

時間が遅いので(もうすぐ25時)ざっと。ほんとにざっと。

DULL-COLORED POP vol. 14『音楽劇・河童』★★★★  01:11

f:id:Magnoliarida:20140726094256j:image f:id:Magnoliarida:20140726094257j:image f:id:Magnoliarida:20140726094258j:image f:id:Magnoliarida:20140726094259j:image 可愛い河童がいる〜。

『吉祥寺シアターの大舞台、所狭しと踊り狂う、20万匹の河童たち!人間とは真逆の常識に生きながら、「完璧に幸福」に生きている河童たちの生活とは? 芥川龍之介が晩年に、その絶望と苦痛を裏ッ返して描いた怪作『河童』を下敷きに、現代社会の矛盾と行き詰まりを揶揄嘲笑するDULL-COLORED POP渾身の音楽劇。』

f:id:Magnoliarida:20140726094300j:image ということで、吉祥寺シアターへ。B列。

 

最初、雨合羽の人たちが出てきたので、河童はだじゃれ?と思ったけれど、違ってた。クエッ。

芥川龍之介の原作『河童』は未読。河童たちとAくんのダンスや演技がすごく楽しかったので、多分内容は理解出来ていないと思うので、はやく原作が読みたくなりました。パンフレットによると原作から残っているセリフは10行くらいだとか。「河童の国に行く」というベースアイディアだけ借りて、芥川先生がご自身に対するデグウ(嫌悪)から生まれたというそれを谷さんも自身のデグウから書き上げたそうです。「世界の終りとハードボイルド・カッパーランド」みたいね。ハルキじゃないけれども。

精神病患者のAくん(一色洋平)の体験話より。

井上裕朗さんの役は「哲学者になりたい河童・バッグ」とありましたが、バッグは漁師でした。職業は漁師ですが、目つきは哲学者でした。妊娠中の奥さん(浜田えり子)の尻に敷かれていますが、とっても可愛いやんちゃな息子パック(中村梨那)がいて、カッパーランドに来ちゃったAくんはバッグ家にホームステイします。原作で漁師と哲学者は別キャラ。哲学者はマッグ。

河童の世界は全てが逆。『すべてが人間社会と逆で雌の河童が雄を追いかけ、出産時には、事前に河童生活について知らされ胎児に産まれたいかどうかを問い、胎児が生まれたくないと答えれば即時に中絶が合法的になされる。資本主義者のゲエルは新機械の発明で職工が次々解雇されるが、罷業や社会問題が起きない理由として『職工屠殺法』を挙げ、ガスで安楽死させられた河童の肉を食用にすると言う。』

 

やっぱり裕朗さんがいちばんかっこよかった。アマヤドリの小角まやちゃん(河童霊媒師)もかっこよかった。そして中村梨那ちゃんがとても可愛かった。

青空文庫『河童 どうか Kappa と発音してください。』芥川龍之介

http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/69_14933.html

『ボビー・フィッシャーはパサデナに住んでいる』★★★★  01:56

来週のチケットを予約していたのですが、歌会に行かなくなったので急遽予約。 

f:id:Magnoliarida:20140726094301j:image 目白で早めの夕食。 f:id:Magnoliarida:20140726094302j:image f:id:Magnoliarida:20140726094303j:image シアター風姿花伝。C列。

f:id:Magnoliarida:20140726094304j:image f:id:Magnoliarida:20140726094305j:image f:id:Magnoliarida:20140726094306j:image 那須佐代子さんのお嬢さんがお母様を描いたそうです(舞台が決まるよりも前に)。素晴らしい才能ですね。

脚本:(作)ラーシュ・ノレーン、(翻訳)富永由美、出演:グンネル:子倭文江、エレン:那須佐代子、トーマス:前田一世、カール:中嶋しゅう

『現代、ストックホルム。 四人家族が久しぶりに再会する。 待ち合わせは劇場。 観劇後、家族はわが家において束の間の一家団欒を試みる。 何げなく始まった芝居の感想が、 やがて壊れた家族の積年の想いに火をつけていく。 時は、容赦なく夜明けの先に待つ、朝へと向かう。』http://www.fuusikaden.com/schedule.html

 

ものすごく濃密。 またあとで。 多分もう1回観るので。

 

シアター風姿花伝の作品、『帰郷 -The Homecoming-』以来、那須佐代子さんと中嶋しゅうさんが選ぶ作品は見逃せないです。ハズレなしです。

青春アドベンチャー「白狐魔記 源平の風」最終回 

帰りの電車で聞きました。5回はあっという間。原作通りにいくとあと5日は延ばせたと思う(笑)

 

    しっぽは「空」になったのです。 

 

はぁ(T . T) 裕朗さんも言ってましたが、この本、「空ヲ刻ム者」を思い出しました。

 

とてもよかった〜。友情の物語です。好奇心と愛情の深い狐のお話でした。

とにかくキャスティングが素晴らしかった。昼間、哲学者になりたい河童だった井上裕朗さんは佐藤忠信という最高にかっこいい男。武士とは・・「漢」でした。

源義経の川口覚くんは、ハムレットといい、名留島通久(酔いどれ小籐次留書)といい、やっぱり凛々しくて心優しいプリンス声なのね。美しい殿の顔が目に浮かびました。

そして主役の白狐魔丸!まあるい目をしたきつね、白狐魔丸(さっき観た「ボビー・フィッシャー〜」の客席でお会いしたばかり〜。笑)成河くんにぴったりでした。山を転げるように駈けて行く姿も想像できました。

 

「源平の風」は『白狐魔記』の最初のお話です。「蒙古の波」「洛中の火」「戦国の雲」「天草の霧」「元禄の雪」と続きます。

『人間はなぜ殺しあうのか。源義経、北条時宗、楠木正成、織田信長…。不老不死の術を習得した仙人きつね・白狐魔丸は、その答えを探して歴史上の人物との出会いをかさねます。タイムファンタジーの形をとりながら、日本史の面白さにせまる人気シリーズ。』です。義経と忠信がもう出てこないのは寂しいけれど、仙人きつね白狐魔丸が時を旅する大河ファンタジー。

この5回がとても面白かったのでシリーズ化を期待します。NHKさん、お願い!(キャスティングにも期待。浜ちゃんとかね・・)

「白狐魔記 源平の風」はEテレとかでドラマ化されたら嬉しいなーーーーー。

July 24(Thu), 2014

f:id:Magnoliarida:20140724165707j:image f:id:Magnoliarida:20140724165706j:image 梅雨明けしたけれど、ぱっとしない空。

f:id:Magnoliarida:20140724165736j:image f:id:Magnoliarida:20140724165735j:image 水入らず。

夕刊  17:01

f:id:Magnoliarida:20140724165708j:image 昨日の日経新聞夕刊に『太陽2068』の劇評(河野孝さん)『前川の予言的な感覚と、蜷川の幻想的な演出が交錯。壊れた世界で敵と味方の関係を超えて未来に踏み出す若者の友情物語になっている』

蜷川さんロングインタビュー  18:03

これ、載せたつもりが、載せていなかったようなので。

演劇から、「時代の裂け目」が見えてくる 演出家・蜷川幸雄氏インタビュー(聞き手・構成/島崎今日子さん) http://webronza.asahi.com/synodos/2014071900002.html

すごく長いけれど、すごくおもしろいから読んでみてね。

 

『エチュードのほかに、言葉の連想ゲームみたいな試験があった「ライオン」と聞かれて、「割れたスイカ」と答えたんですね。スイカが割れれば真っ赤で、ライオンの開いた口にそっくりだから。』←青俳の試験。

『ぼくの俳優としての初舞台は、安部公房さんの『快速船』という芝居だったんだけど、スクリーンに新聞記事が映してあって、それを指さして帰ってくるだけなのに、(舞台に)出ていったら、スクリーンにぶつかって、揺らして、めちゃくちゃになってしまった。終演後に、倉橋さんに「すみませんでした」って謝りにいったら、「まあ、一生懸命やってできないものはしょうがないよ」って。』

 

スタニスラフスキーの演技理論が感情を移入しながらものを作っていくということにあるとすると、安部さんは、「人間は悲しい出来事があるから泣くわけじゃなくて、涙が出るから悲しいんだ」と言うんですよ。「笑いなんていうのは筋肉の痙攣にすぎない」とか。』

 

『「行列の中で狂っていく男女の話を書こうかな」と言うから、「ああ、書いて」って。それで、一晩ででき上がったのが『真情あふるる軽薄さ』。演出家になるって宣言したわけでもなんでもないんだけど、戯曲ができたんですよ。」』『ある程度、頭の中にありましたね。情景や音については自分でよく考えているから。道具はなしで、置いてあるのは劇団員が座る客席代わりのパイプ椅子だけ、というふうにしてた。照明も、手作りの笠を電球につけるだけで、手動でガシャガシャと点いたり消えたりさせるとか、スライダック(変圧器)で明暗がつくようにしたりとか。出演者は蟹江(敬三)や石橋蓮司や、10代20代の研究生。それでやった芝居だった。』←ボルヒェルトの演出の話。

( さいたまネクスト・シアターの 『ヴォルフガング・ボルヒェルトの作品から の九章―詩・評論・小説・戯曲より―』がまた観たいなーー。)

『幸四郎さんがすばらしかった。商業演劇のすごい人はすごいんだと感心しました。声は凜々としてるし、よく勉強するし。そのあと3本ぐらい幸四郎さんと一緒に仕事をしているんですけども、稽古に入る前に、一日予習するんだよ。ぼくが幸四郎さんのところに行って、漢字の読みを「これは間違いないですか」ってチェックしたり、どういうふうにやるかってことを話し合ったりして、帰ってくるんです。絶対に人前で背は向けないというか、恥はかかないということが倫理的に確立されてるから、かっこよかったですよ。それもおもしろかったんです。』

 

『そうですよね。ただ、ぼくは自分の置かれた状況をあまり快適に守ろうとしない。(シアターコクーンの)ぼくの楽屋はそこの廊下ですからね。』『そうなの。そこの廊下に椅子が2個、置いてありますけど。そういうところにいるんで、はじめてきた人は、「ええ!? 蜷川さん、こんな廊下にいるんですか」って言うわけ。廊下が楽屋ですか?って。こういうのがあるような(楽屋の鏡に触れる)、ちゃんとした部屋はないわけ。」』

 

『演劇って、もう一つの人生を生きているようなものなんですね。』『現実の人生は一つしか生きられないけど、演劇というのは、夢みたいなものだから、いろんな人生を生きるわけです。これは俳優にはあんまり言いたくないんだけど、そこでは、羞恥心自我というものは抑えられて、ミニチュアの世界をもう一個抱えていて、それを作っているようなものなんですね。そこで、自分の自意識も溶ける。』『ぼくの場合は俳優をやめちゃったから、演劇をやっているということは、もう一つの人生を密やかに、ミニチュアみたいに作って、そこを生きているというようなことなんじゃないかと思う。」』

今日の新聞  19:33

f:id:Magnoliarida:20140725010526j:image 朝日新聞夕刊に『太陽2068』の劇評(山本健一さん)『上下2層の舞台は対照的な世界だ。上は人口減に悩む旧人類の限界集落(美術は朝倉摂の遺作)。下は新人類の無機質な一室(美術は中越司)。二つの世界が峻別される。異なる時空間の表現もあるが、基調はリアリズム。小劇場で時間がグニャリと溶ける前川世界とは一味違い、想像に訴える度合いに課題が残る。』『人間味のある演技が舞台のリアルさを醸す。六平直政と中嶋朋子の情愛、横田栄司の悪。山崎一と伊藤蘭の乾いた感触。新旧人類をつなぐ成宮寛貴と綾野剛の青春のナイーブさ。他に前田敦子らが出演する。』

青春アドベンチャー「白狐魔記 源平の風」   23:37

今日は4回目でした。明日がもう最終回です。寂しいよぉーーー。

演出】藤井靖, 【出演】白狐魔丸…成河, 源義経…川口覚, 佐藤忠信…井上裕朗, 願現…小田豊, 弁慶…いわいのふ健

白駒山を旅立ったきつねの白狐魔丸(しらこままる)。願現という僧侶の寺で、願現にお別れを言いに来た義経殿に再び出会う。その願現不在なのでとっさに願現に化けた白狐魔丸は義経が兄頼朝に殺されるのだと知り、人間の兄弟とはどういうものかと不思議に思う。なぜ殺そうとするのか。しっぽが見つかり願現がきつねだとバレちゃいますが、なんとか助けてやれないものかという思いが義経に通じます。

裕朗さんがきつねに言った「こっちへ来ないか」がステキでした。裕朗さんじゃなく義経の家臣の忠信だけど(笑)。白狐魔丸に「兄弟はいるのか?」「それはふつうのきつねか?」「ほかのきつねも化けるのか?」と聞きたがりさん。義経殿の今日の別れの言葉が「また会おうぞ」ではなく「もう縁がないと思うが」だったのがせつない。いえ、義経に心をひきつけられた白狐魔丸は、「もうしばらく、この男を見ていたい」と義経らの馬を追っていく。「しらこま丸、もうついてくるな。私たちと一緒にいれば死ぬことになるぞ」と・・ 明日につづきます。

July 23(Wed), 2014

我らが浦和レッズ「7試合連続無失点」です。第16節 vs徳島ヴォルティスは0−2で勝利\( ^o^ )/私はiPhoneでオンデマンド放送を見ながら応援していました。

平日にもかかわらず鳴門のポカリスエットスタジアムに遠征したほぼ2000人のレッズサポのみなさま、勝ち点3のお土産ありがとうございます。声援、すごかったです。

f:id:Magnoliarida:20140723140637j:image

ヤブ蚊と母の血  00:56

小説新潮8月号の特集「その夏の日の怪」に載っているイキウメの前川さんの短篇「ヤブ蚊と母の血」読みました!「蚊が母に夢中になってる〜」とかもう前川さんらしさ全開の文体。面白かった〜。やっぱりSFだわ。

園芸男子アユムくん、最初は人衛くんを思い浮かべたのですが、背が170cmに伸びたので浜ちゃんにムリヤリ脳内変換。ランドセル姿も問題ないのはハイバイで半ズボン姿を見ていたからよ(笑)

引き裂かれるハムレットの心境  00:56

というセリフに反応したファンは多いはず。CMでは見ていたけれど、姿見るのひさしぶりすぎよーーー。

BSプレミアム『孫のナマエ〜鴎外パッパの命名騒動7日間』ご覧になりましたか?ドキュメンタリータイプのドラマで、すごく面白かったです〜。孫の命名をしたためた鴎外の書簡がすごい。鴎外は伊武雅刀さん。川口覚くんは森鴎外の長女茉莉さんの(最初の夫)山田珠樹役。フランス文学者なのでフランス語がちょこちょこ出てきました。

地上波で再放送してほしいな。

f:id:Magnoliarida:20140724013025j:image f:id:Magnoliarida:20140724013027j:image f:id:Magnoliarida:20140724013028j:image f:id:Magnoliarida:20140724013029j:image f:id:Magnoliarida:20140724013030j:image

  

途中45分からは成河くん主演(きつね)で覚くんも出ている(義経)オーディオドラマ『白狐魔記 源平の風』も聞きながら。きつねの修行がついに実を結び・・2日ぶりの義経は凛々しく、今日から出演の井上裕朗さんは佐藤忠信役でした〜。ずっと出ている仙人の今井朋彦さん、いい味出してます〜。みんな役にぴったり!http://www.nhk.or.jp/audio/html_se/se2014013.html

 

佐藤継信・佐藤忠信兄弟と源義経 http://www.bashouan.com/pnIouji.htm

 

そのあと23時〜NEWS ZEROで吉田鋼太郎特集がありました。鋼太郎さん、ステキ〜。

はじまりがシェイクスピアだったのね。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140723-00000036-the_tv-ent 

稽古場にて(撮影:根本好伸さん) http://www.news-gate.jp/article/48797/image262173.html

しぶーーーーーーーい。 http://www.news-gate.jp/article/48797/image262176.html

料理が得意_φ(・_・ http://www.news-gate.jp/article/48797/image262179.html

オフコースが好き_φ(・_・ http://www.news-gate.jp/article/48797/image262178.html

July 22(Tue), 2014

f:id:Magnoliarida:20140723140039j:image f:id:Magnoliarida:20140723140040j:image イキウメの前川知大さんの小説が載っている「小説新潮」8月号(主人公はアユムくん)と、

f:id:Magnoliarida:20140723140041j:image 西川周作が1面を飾ったエルゴラ購入!

『太陽2068』2回目★★★★  00:36

f:id:Magnoliarida:20140723140046j:image f:id:Magnoliarida:20140723140045j:image 今日は行かれなくなった友人のチケットを快く引き受け・・・たのですが、いつもの火曜日なら早く上がれるのですが今日はスケジュールが変更したため会社を出たのが19時15分。大遅刻でした。通路側でよかったけれど、座るときに視界のじゃまになった方ごめんなさい。

今日は、7日から始まってようやく折り返したところですね。13日に観たときより綾野剛くんの鉄彦の自由度がパワーアップしていて、森繁・成宮くんも鉄彦との掛け合いが本気で楽しそう。通路を鉄彦が通るたびに色めき立つサイドブロックは全員綾野剛ファンなんじゃないかと思ったわ。まぁ・・いい匂いがしたし、可愛かったですが。鉄彦の、あの(おしりチラ見せの)場面では小さな悲鳴も・・。私も目が釘付け。カーテンコールでも「キャー」って悲鳴があったわ(←嫌だとは思わなくてライブっぽいって思った♪)。

f:id:Magnoliarida:20140723140044j:image f:id:Magnoliarida:20140723140043j:image WOWOWのカメラが入っていました。

 

蜷川さんの『太陽』はストレートだなぁ。

 

そうそう、ラストのイーグルスの「♪ホテル・カリフォルニア」はカバーだったのね。ものすごい爆音だった。1回目はそんなに爆音だと思わなかったけれど・・でも元気でる。新しい世界の扉を開け、転がるように駈けていく二人の姿に元気もらえるね。1回振り向いて笑うところもいいね。イキウメのラストとは違うけれど、私はイキウメ版のふたりに変換して凸凹コンビのロードムービーをイメージできるよ。

 

前田あっちゃんは、すごくよくなってた。とても自然で(キュリオの間はオーラをしっかり消している)よく通る声。後半ノクスになってからの衣装は黒じゃなくて、イキウメの加茂杏子ちゃんが着ていたみたいなスタイリッシュな赤い服のほうが、別の人格に変わってしまったことを誇張していて好きだったな・・。

そのノクスになる儀式が行われる場所が奈落というのはやっぱりがっかり。E列という前のほうだったのに、ちゃんと見えないもの。もっと後ろのひとにまで見える演出だったらよかったのに・・。

 

内田健司くんは、ものすごくフラストレーションをためている役だけど、美人だわ。たぶん、舞台上の誰よりもきれいだと思う。癖で髪をくるくるしたり、ゴザで姿をかくしたり、焼きもち焼いてモジモジしたり、おズボンの上から股間をずーーーーーっとさわってさえいなけれれば(笑)かなり可愛い。欲求が爆発しちゃったときに、結に飛びかかるというか飛び越える2回が可笑しい。

 

   もはや、物語の感想じゃなくなっています。感想あまりなくて。笑

 

私の1回目。http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20140713/1405258252

 

「VOGUE Wedding ダイアリー。」さん感想。あっちゃんの感想が13日の私の感想と似てる〜(「彼女なら」という書き方までまで似ていてびっくり) http://www.vogue.co.jp/blog/vogue-wedding/archives/1703

 

(追記・音楽)

1幕最後で流れた曲なんだけど、Sigur Rosの「♪Myrkur」じゃないかと思うの。違うかな?

D Sigur Rosの - Myrku

D Sigur Rós - Olsen Olsen かもって? そうだね。なんか、いろいろ聞いたのでもう記憶が薄れてます(笑)

D Radiohead - 2+2=5 森繁に手錠をはめた克哉を鉄彦と村人たちが襲いかかる場面で。

D GIPSY KINGS - hotel california (EAGLES Cover)  ラスト!

 

f:id:Magnoliarida:20140731234809j:image ちょっと恥ずかしいこと(初演の森繁のこと)も書いてありますが、イキウメ『太陽 THE SUN』の感想です。 http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20111127/1322386579

『孫のナマエ 〜鴎外パッパの命名騒動7日間』 

プレマップで映像見ました。覚くんは鴎外の長女の旦那様の役。【NHK BSプレミアム】7月23日(水)22時〜23時

http://www.documentaryjapan.com/topics/detail51.html

f:id:Magnoliarida:20140723140633j:image f:id:Magnoliarida:20140723140634j:image f:id:Magnoliarida:20140723140636j:image f:id:Magnoliarida:20140723140635j:image f:id:Magnoliarida:20140723140755j:image すごーーい\( ^o^ )/・・・ドラマでこんなにメインなのは初めてです。嬉しいなーーー。

July 21(Mon), 2014

f:id:Magnoliarida:20140722003806j:image f:id:Magnoliarida:20140722003804j:image

f:id:Magnoliarida:20140722004212j:image f:id:Magnoliarida:20140722004213j:image f:id:Magnoliarida:20140722004214j:image 父のお墓参りへ。母の五十日祭の日程も決めてきた。とうとう・・か。

白狐魔記 源平の風は10:45〜  22:38

f:id:Magnoliarida:20140723140038j:image こんばんは。成河くん主演のNHK FM 青春アドベンチャー「白狐魔記 源平の風」は今夜からです。<全5回>

NHKネットラジオ らじる★らじる http://nhk.jp/P164

【原作】斉藤洋,【脚色】山本雄史【演出】藤井靖【出演】きつね…成河,源義経…川口覚,僧侶…小田豊,弁慶…いわいのふ健,細貝光司, 赤塚篤紀, 上川路啓志, 山田瑛瑠, 渡辺優奈【音楽】日高哲英

 

昼間、イキウメ浜ちゃんの舞台を観てきて、夜、きつね:成河、源義経:川口覚って・・神様ありがとう。 

  

  ↑

ラジオ楽しかった〜。人間に興味をもった一匹のきつね(成河くん:仙人が呆れるほど修行の好きなきつね)と義経(覚くん)の出会い。まあるい目をした好奇心おう盛なきつねと、若々しく精悍な義経。彼らにぴったりです。

「人間に興味を持ち、人間のことをよく知ろうとするきつねが、人間同志の殺し合いである戦争を 見つめ、人間と関わって生きていこうとする物語」

1回で本の60ページまで進んだよ。今後、どう脚色されているのかも楽しみ〜。わくわくだ。

クリプトグラムでジョン役を演じていた子役の山田瑛瑠くんの声も可愛かった。井上裕朗さんの出演は第3回からだそうです。

KAATキッズ・プログラム2014『暗いところからやってくる』2回目★★★★★  23:58

f:id:Magnoliarida:20140722004216j:image f:id:Magnoliarida:20140722004219j:image f:id:Magnoliarida:20140722004221j:image f:id:Magnoliarida:20140722004218j:image f:id:Magnoliarida:20140722004217j:image f:id:Magnoliarida:20140722004220j:image

今日は、小学生のための体験ワークショップがあったこともあり客席の半分くらい子どもたちでした。開演前に輝夫の部屋にある小物にさわったり段ボールの中を興味深くのぞいている沢山の子どもたち(ワークショップがない日は遠慮しちゃっていたんだろうな)が可愛い。コの字型の客席の最前列に小学生がズラッと並んで座っているのは楽しいね。

今日は正面に座りました。前の席の男の子たちの反応がすごーーく楽しかった。お隣同士でこそこそ話したり、「てるおくん、かわいそう」って大きな声で言ったり。輝夫の絶叫に負けないくらい大きな笑い声と感嘆に包まれた70分でした。亡くなったおばあちゃんが車いすで出てくる場面はとても怖くて「こわいよぉ」の声がいくつも聞こえてきましたが、その後すぐに笑っちゃう場面になるので気持ちはすっとスイッチできますね。うまいなぁ。

 

1回目 http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20140718/1405696254

  

暗闇に住む者の監督さんが、輝夫に「名無しさん」と名前をつけられちゃった新人くんに「名前ってのは世に出て初めてもらえるんだよ」と優しくさとしたとき、前の席の男の子が後ろにいるお母さんを振り向いてアイコンタクト。ものすごく幸せな気持ちになりました。

私は、新人くんの「ぼくは出世したいです」で、涙腺崩壊。2年前から何度も観ているのに、はじめて「出世」の意味を知ったときからここはヤバイです。毎回ここで崩壊。

「ひと」という存在を初めて知り、観察中の新人くん。コーヒーのことを知らなかった新人くんにコーヒー豆のことから説明する一瞬優位に立った輝夫くん。ここ、『太陽』の森繁と鉄彦を思い出すのよねぇ。あの二人だからよけいにね。

相変わらず観たひとにしかわからない感想でごめんなさい。

アンケートを書く机で、「はまださんって(以下聞こえず)」とお母さんに聞いていた女の子。なんて書いたのかな?

 

f:id:Magnoliarida:20140722004426j:image 天野家のみなさーーん、暗闇の住むみなさーーん、また2年後にでもKAATに戻ってきてくださーーい。

 

小説新潮 8月号に、小説「ヤブ蚊と母の血」(前川知大)_φ(・_・ 

July 20(Sun), 2014

『6週間のダンスレッスン』★★★★★  01:12

f:id:Magnoliarida:20140722003807j:image f:id:Magnoliarida:20140722005343j:image 銀座博品館劇場へ。いつぶりだろう・・TANGO Doki Dokiぶり?

f:id:Magnoliarida:20140722003808j:image f:id:Magnoliarida:20140722003809j:image f:id:Magnoliarida:20140722003810j:image

f:id:Magnoliarida:20140722003811j:image f:id:Magnoliarida:20140722003812j:image 素晴らしくて涙が (T ^ T) 草笛光子さんが素晴らしかった。なんて可愛らしいの!2001年カルフォニアで、日本では2006年の初演から長く愛されている作品の理由がわかりました。

チケットを取った日のことを覚えています。さい芸で『カリギュラ』を観るために並んでいるときに電話で予約。そのときお話したゴールド・シアターの女優さんは「太川陽介さんのときに観た」と言っていらしたんだった。というわけで、すごく早くチケットを取ったので最前列のほぼ真ん中!マイケルがステップの練習用に足形を置く場所の目の前です。ピッと伸びた指先まで美しい斉藤直樹さんがスライディングしてきたときは、心臓バクバクでした。

 

『数年前に夫婦でフロリダへ越してきたリリーは、出張個人ダンスレッスン「6週間でマスターする6つのダンスレッスン」を申し込む。しかし彼女が住む海辺のコンドミニアムを訪れたダンスインストラクターのマイケルと、レッスン初日そうそう激しい喧嘩をしてしまう。互いをなかなか認める事が出来なかった二人だが・・・・・・』

原作:Richard Alfieri  翻訳:常田景子  演出:西川信廣

『1週目スウィング、2週目タンゴ、3週目ワルツ、4週目フォックスロット、5週目チャチャ、6週目コンテンポラリーダンス、10週目ボーナス。年齢も生き方も違う2人が出会い、反発しあい、喧嘩しながらも、次第に心を通わせていく。』

 

出会いは最悪。自己防衛のための嘘をついたり、ぶつかり合いながらもレッスンを続けるたびに距離が縮まる。6週間のレッスンが終わる頃にはいつしかかけがえのない存在になるふたり。

リリー役の草笛光子さんのオーラたるもの、すごかった。華やかなドレスを着てドアから出てくるたびに客席から感嘆の声。大胆に肌を出したドレスも、大きなアクセサリーもすごくお似合いで、斉藤直樹さんとのダンスも軽々と。親子ほどの年齢差もひっくるめて絵になるおふたり。何度も美しいっーーーーとため息ついた私。後半は病気の設定なので一気にふけて見せるところもすごい。

なので、ダンスを習っていた元気だったころの母を思い出したり、母親の介護をしていたマイケルに自分を重ねちゃいましたが・・。

斉藤直樹さんのマイケル(ダンスインストラクター)は、はまり役ですね!素直じゃないところもラテン系なところもステキでした。ゲイだと告白したあとの言葉遣いやさりげない仕草がゲイに見えました。(ああ、『サロメ』はなんてもったいない使い方をしていたのでしょうか!ってつくづく思う)私、カーテンコールでスタンディングオベーションしました。心からの拍手で!

f:id:Magnoliarida:20140722004416j:image f:id:Magnoliarida:20140722004417j:image 

帰宅してWikipediaを見たら、草笛さんって80歳なのね!びっくりです。役が72歳(最初は68歳と嘘をついていた)なので、70歳くらいかと思っていました。しかも横浜市神奈川区出身って・・嬉しい。

かく言う私も短大時代2年間は社交ダンス部だったので、思い出すために直樹さまのレッスン受けたいなぁ。そして、あのフォックスロットのドレス着たいなぁ〜なんてことも思ったり・・。

隣りの席の草笛さんと同じくらいの年齢の女性が「きれいねーー」と言うのと同じくらいの割合で、リリーが亡くなったご主人の話をするたびに頷いているのがおかしかった。「亡くなってからのほうがわかり合える」とか、大きく頷いていました(笑)その隣りのおふたりの女性が、あ、斉藤さんのことを素敵だとおっしゃったので私もそう思いますと言ったら「ライバルね!」って・・可愛かったなぁ。

これ、母と一緒に観たかったなーーーーーー。

f:id:Magnoliarida:20140722004042j:image f:id:Magnoliarida:20140722004045j:image f:id:Magnoliarida:20140722004043j:image 神楽坂のベンチがいつの間にか紅葉になっていた。

悪い芝居 アンダーヘア vol.1『マボロシ兄妹』★★★★  01:50

f:id:Magnoliarida:20140722003814j:image f:id:Magnoliarida:20140722004211j:image ソワレは青山円形劇場へ。

駅前劇場で観た悪い芝居の『春よいくな』と違う、でも『春よ〜』を観る前に勝手にイメージしていた山崎彬くんがこちらだった。面白かった。言葉遊びも楽しく、最後は儚くてしんみり。マボロシだ・・。

http://waruishibai.jp/maboroshi/

渡邊りょうくんと岡田あがささんがとてもよかった。好きでした。りょうくんの言葉は伝わってくるね。あがささん、今まで多分2回しか観たことないのですが、今回の「八重」は可愛いし素晴らしかったので観ることが出来てほんとうによかったです!

岡田太郎さんの音楽が心地よく、役名がうまいなぁーーー。あと衣裳がすごく可愛かった!!でも、円形劇場の半分に客席を作らない美術(演出)はもったいないなぁ。円形なんだもの。

帰り道、自分の歯に会話させてみたよ。

f:id:Magnoliarida:20140722004223j:image f:id:Magnoliarida:20140722004225j:image

私のプロフィールに書いてありますが、日々応援している3人の俳優さんから全部繋がっているのを感じる今日このごろ。今日はイキウメの『ミッション』というか、大好きな浜ちゃんから繋がったご縁を実感した日。浜ちゃんのお父さん役だった裕朗さんが出演した「従軍中のウィトゲンシュタイン〜」で存在を知ってから観ている山崎彬くん主宰の劇団「悪い芝居」。今回は浜ちゃんの弟役だった渡邊りょうくんが出演(りょうくんは、それじゃなくても以前から観ていましたが)、覚くんと秋に共演する岡田あがささんも出演。今日は「従軍中のウィトゲンシュタイン〜」ですっかりファンになった谷賢一さんのアフタートークがありました。終演後には裕朗さんにもお会いして、浜ちゃんと仲良しのりょうくんに会いに行ったら「昨日成河さん来てくれました」って。りょうくんに紹介され山崎彬くんともお話して(私のTwitterのアイコンのこととか・・笑)。今日のマチネに観た斉藤直樹さんは成河くんとの共演で知ってすっかりファンに(お話したことはありませんが)。

そして・・なんと成河くん、覚くん、裕朗さんが共演するラジオドラマが明日から始まります!

July 19(Sat), 2014

Jリーグ再開です。

『ピーター・ブルックのザ・タイトロープ/Peter Brook: The Tightrope(原題)』★★★★★  01:08

f:id:Magnoliarida:20140720110451j:image f:id:Magnoliarida:20140720110449j:image f:id:Magnoliarida:20140720110452j:image 来月はオールメールの『ロミオとジュリエット』だね。

f:id:Magnoliarida:20140720110455j:image ほぉ。 f:id:Magnoliarida:20140720110453j:image f:id:Magnoliarida:20140720110454j:image 映像ホールにははじめて入りました。

日本劇場公開タイトルは『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』だそうです。面白かったです!これは俳優さんたちが観ると、すごく刺激を受けるんだろうな。

映画、スクリーンに最初に映し出されたのは笈田ヨシさんでした(^o^) ブルックといえば笈田ヨシさんですものね。

上映後にサイモン・ブルック監督と河合祥一郎先生によるアフタートークがありました。 

ピーター・ブルックの息子さんのサイモンさんは、以前お父様を撮ったドキュメンタリー映像『Brook by Brook』が成功したので、「稽古場を撮らせてほしい」とずっと交渉していたそうです。「いくらやっても稽古の時間は足りないものだ」「撮影隊が入るということは稽古のプロセスの邪魔になる」「カメラが入ると俳優たちが意識する」と言われ数年に渡り却下されていたらしいのですが、とうとうピーターが根負け。「映画のためだけのパンパニーを作る」「カメラを隠す」「15分くらいのものだろう」「iPadで午前中だけで撮るのだろう」とOKしたようです。

The Tightropeとはエクササイズのひとつ。2週間撮影。

7台の隠しカメラ(うち、2台は移動カメラ)。それが15分で終わるどころか、200時間撮影。7台の撮影している部屋からケーブルで隣りの部屋に送り、そこでまずスイッチする作業を行ったようです。それから編集で70分にしたのが、この映画。

映画のためだけに各国から集められた俳優と、ミュージシャンのワークショップ。俳優たちはそれぞれの国の言語で稽古していました。『創作過程に潜む“魔法”』を見せてもらえる楽しさ。『床に敷かれた1 本の見えないロープから生まれゆくドラマの数々。一見単純に見えるエクササイズが、ブルックの演劇観や人生を紐解き、観る者を単なるワークショップを越えた哲学的な体験へと誘います。』

そのエクササイズにパーカッションが入り、即興の演奏が稽古を導いているというのが興味深かったです。ピーター・ブルックの稽古には必ずミュージシャンが入るそうです。土取利行さんは、1975年から30年以上ピーターとコラボしていていらっしゃるそう。フランク・クラウチックさんは、昨年上演された『ピーター・ブルックの魔笛』に携わっています。

映画で哲学的なことを伝えたいというピーターですが、家ではカウボーイ映画、クリントイーストウッドの映画が好きなんだって。

f:id:Magnoliarida:20140722004226j:image f:id:Magnoliarida:20140722004227j:image f:id:Magnoliarida:20140728002456j:image

f:id:Magnoliarida:20140728002457j:image ピーター・ブルック『驚愕の谷』11月来日公演決定。

さいたまゴールド・シアター、さいたまネクスト・シアターのメンバーも数人来ていました。上映前と後に市野将理くんとお話したよ。忙しそうでした〜。次の回のアフタートークゲストの松岡先生ともお会いできたのも嬉しかった〜。

2014第15節 浦和レッズ 1−0(前半1−0) アルビレックス新潟 

Jリーグ再開!さい芸から、埼スタへ。 f:id:Magnoliarida:20140720110456j:image 与野本町ー武蔵浦和ー東浦和ーバスで埼スタへ。ちょっと埼玉県民気分でした〜。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2014年7月19日(土) 2014Jリーグ DIVISION1 第15節 晴れ 主審:扇谷

浦和レッズ 1−0(前半1−0) アルビレックス新潟(KICK OFF18:04/埼スタ/30,776人)

得点者:16' OWN GOAL ←ヒラのがんばりがあったからこその!   

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

f:id:Magnoliarida:20140720110611j:image オウンゴールだったけれど、無失点で再開をスタートさせたのは嬉しいです。守備意識がさらに高まったのがよくわかる試合でした。キャンプの成果だね。これから暑い暑い季節が来るので、後半バテないような試合運びが出来ますように。

f:id:Magnoliarida:20140720110502j:image f:id:Magnoliarida:20140720110503j:image お好み焼きのせ焼きそばとグレープフルーツゼリー。

f:id:Magnoliarida:20140720110504j:image f:id:Magnoliarida:20140720110505j:image f:id:Magnoliarida:20140720110506j:image f:id:Magnoliarida:20140720110636j:image f:id:Magnoliarida:20140720110635j:image f:id:Magnoliarida:20140720110637j:image

f:id:Magnoliarida:20140720110638j:image f:id:Magnoliarida:20140720110639j:image 後半から豪雨。

f:id:Magnoliarida:20140720110640j:image f:id:Magnoliarida:20140720110641j:image f:id:Magnoliarida:20140720110642j:image f:id:Magnoliarida:20140720110643j:image f:id:Magnoliarida:20140720110644j:image f:id:Magnoliarida:20140720110645j:image f:id:Magnoliarida:20140720110646j:image f:id:Magnoliarida:20140720110647j:image f:id:Magnoliarida:20140720110651j:image

f:id:Magnoliarida:20140720110648j:image f:id:Magnoliarida:20140720110649j:image f:id:Magnoliarida:20140720110650j:image

f:id:Magnoliarida:20140720110457j:image f:id:Magnoliarida:20140720110459j:image f:id:Magnoliarida:20140720110500j:image f:id:Magnoliarida:20140720110458j:image f:id:Magnoliarida:20140720110501j:image

 

f:id:Magnoliarida:20140722005234j:image f:id:Magnoliarida:20140722005344j:image 29矢島慎也のキーホルダー購入。

July 18(Fri), 2014

KAATキッズ・プログラム2014『暗いところからやってくる』1回目★★★★★  00:10

こどもとおとなのためのお芝居『暗いところからやってくる』全国8か所ツアーの初日おめでとうございます\(^o^)/ 輝夫の夏、はじまりましたね。輝夫と、この世の裏側にあるもうひとつの世界の住人たちにまた会えるこの日を心待ちしていました〜。

定時にタイムカードを押していると間に合わないので、押さずに(その部屋に寄らず、裏口から)転がるように会社を出ました。新宿三丁目から1本で日本大通り駅まで行けるのですが(火曜日と同じコース)タイムカードレスにしたため、予定の44分着より前の通勤快速に乗れたので18時37分に日本大通り駅に着きました。

 

f:id:Magnoliarida:20140720101050j:image f:id:Magnoliarida:20140720101051j:image f:id:Magnoliarida:20140720101052j:image f:id:Magnoliarida:20140720101053j:image

f:id:Magnoliarida:20140720101055j:image f:id:Magnoliarida:20140720101056j:image f:id:Magnoliarida:20140720101057j:image f:id:Magnoliarida:20140720101059j:image f:id:Magnoliarida:20140720101058j:image

作/前川知大 演出/小川絵梨子 出演/大窪人衛、浜田信也、伊勢佳世、盛 隆二、岩本幸子(以上イキウメ)、木下三枝子

 

大スタジオへ。2年前に入るときの通路に山積みされていた段ボールはなくなっていました。中に入るともうほとんど席は埋まっていて、私は最前列にぽこっと空いていた席に座りました。おばあちゃんの顔が見えちゃう側、輝夫の勉強机のそばなので、とにかく近いっ。ドキドキ席です。(浜ちゃんが通るといい匂いがした〜〜)対面の最前列には小さなお友達がズラリと!

初演も大好きだったけれど、この再演(というより、バージョンアップ)は、さらに大好き。ストーリーは同じで、小物使いや体の使い方や表現、風もバージョンアップしていました。大きく加わった小物は日傘かな。輝夫の部屋の段ボールもずいぶん片付いていましたが、相変わらず片付け下手な天野家(右から左へタイプ)。幸せすぎるーーーー。子どもたちの反応がホントに可愛くてね。笑い声、つい言っちゃう本音がダイレクトに伝わるのも、あの小さな空間ならではだよね。子どもはちゃんと観ていますから。それが相乗効果となり、演じるみなさんのテンションも上がっていきます〜。私もでした〜。

今夜のことはあとで書きますが、この連休、予定のない方はお子様と(ひとりでも)ぜひKAATへ行ってみては?とてもいいお話ですから。おすすめです!だって、小さな劇場で手をのばせば届く演劇、顔が目の前に!膝にふれそうなところを通るんだから。こんな素敵な演劇体験はそうそう出来ないと思います。お子様たちはぜひ最前列に!

  

七夕に小川絵梨子さんとキャスト6人が出演されたNHK横浜放送局「横浜サウンド☆クルーズ」の音声が『まるまるかながわ』のサイトにアップされています。http://www.nhk.or.jp/marukana-blog/cat/radio/post-142320.html

浜ちゃんの声って安心感があるよね。機転もきくし、おしゃべりが上手いので、いつか浜ちゃんホストのトーク番組が出来ればいいのにーー(と、私は常々思っております)。

 

大窪人衛くんは、まさかと思って色んな角度からじーっと見ても中学生にしか見えないよ。2年ぶりなのに、前より可愛いくらいです、輝夫。冒頭、ベッドに寝転がって漫画を読んでいる水色のTシャツの輝夫を見たとき、「同じシャツだ!」「お帰りーーーー」と思った私。お母さんが輝夫をギューッと抱きしめるところでジンときたよー。

 

何より「暗いところの住人の、新人くん」浜ちゃんのラブリーさと言ったらう・・言葉に出来ないほど。表情がくるくる変わります。今回は、ダンサーとしての身体能力も生かされてます。あ、登場シーンが違いました。笑っちゃいます。あたたかい「先輩」盛さん(髪型もバージョンアップ、耳飾りがステキ)とのコンビぶりが楽しかったーーーーー。

          今夜「新人くん」が夢に出てきますように。明日も出てきますように。

 

2年前の日経新聞の記事(内田洋一さん)ですが、ご参考のために載せておきます。http://www.nikkei.com/article/DGXBZO44417090R00C12A8000001/

『この芝居を勧めたい理由の第一は、俳優の魅力。生の空虚さをカラッとした演技でとらえ、高い評価を受ける劇団イキウメの主力が生き生きと輝いているのだ。中学生役が本当に少年に見えるのも驚き。この役を子役にせず、しかもリアルに表現できるのは、童顔で声も甲高いイキウメの大窪人衛がいるから。演技の練度で少年を感じさせるプロフェッショナルな選択。』

『ぞっとする場面もある。もしかすると「子供には刺激が強すぎる」という親御さんもいるかもしれない。作者の前川知大はかつて小泉八雲の「怪談」を再構成した「奇っ怪」という傑作を発表したことがあるが、それに通じる衝撃力がある。この気鋭の作者にとって幽霊とはぼんやりとした存在ではなく、生々しい質感をもつ人体であり、俊敏な生き物なのである。それを子供にもしっかり見せることで「おあつらえむき」と一線を画している。』

      お母さん、泣いている子はいませんよ。

 

f:id:Magnoliarida:20140720101104j:image f:id:Magnoliarida:20140720101103j:image f:id:Magnoliarida:20140720101102j:image

f:id:Magnoliarida:20140720101100j:image f:id:Magnoliarida:20140720101101j:image 

 

私のも。KAATキッズ・プログラム2012『暗いところからやってくる』  http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20120805/1344179838

http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20120803/1344007289

http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20120731/1343746469

http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20120728/1343490692

 

f:id:Magnoliarida:20140720101116j:image f:id:Magnoliarida:20140720101118j:image いろいろあるね。

 

f:id:Magnoliarida:20140720101106j:image f:id:Magnoliarida:20140720101105j:image 白井さんも観ていらっしゃいました〜。

f:id:Magnoliarida:20140720101109j:image f:id:Magnoliarida:20140720101110j:image

f:id:Magnoliarida:20140720101111j:image ままごと『わままの星』「夏の空、高校生たちの星間飛行」http://mamagoto-my-planet.tumblr.com

f:id:Magnoliarida:20140720101113j:image

f:id:Magnoliarida:20140720101114j:image 新国立劇場『ブレス・オブ・ライフ〜女の肖像〜 The Breath of Life』http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/141001_003729.html

July 17(Thu), 2014

とても眠い。

エジル  00:48

f:id:Magnoliarida:20140717010900j:image f:id:Magnoliarida:20140718015104j:image

f:id:Magnoliarida:20140718015102j:image f:id:Magnoliarida:20140718015103j:image 表彰式のとき、エジルにユニフォームをおねだりしたのはFIFAのゼップ・ブラッター会長だったのね。

f:id:Magnoliarida:20140718011915j:image ガザで殺された少年が彼のユニフォームを着ていたことからエジルがW杯のボーナス60万ドルを寄付したというNEWSに感動。素晴らしい人だわ。https://twitter.com/GolTV/status/489414820589207552/photo/1

f:id:Magnoliarida:20140718011752j:image 「ファンのみんなへ、ワールドカップの開幕前に、僕は子供たち11人の手術を援助していた。だけどワールドカップでの優勝は11人の選手だけではなく、チーム全体の23人のおかげだ。だから(援助する子供たちの数を)11人から23人に増やすことを決めた。これはブラジルの人々のおもてなしに対する個人的な感謝の気持ちだよ」 とFacebookでコメント。彼を尊敬してやまないわ。https://www.facebook.com/photo.php?fbid=680620128683229&set=a.552832191462024.1073741825.552825254796051&type=1

五感で“みる”「暗いところからやってくる」  00:50

f:id:Magnoliarida:20140716015503j:image http://www.sankeibiz.jp/express/news/140717/exf14071718450006-n1.htm

『祖母が亡くなり、古くて薄暗いその家に住むことになった中学生・輝夫(大窪人衛)を主役に、2学期が始まる直前、夏休みの3日間を描く。観客席は輝夫の部屋の舞台セットを囲むようにしつらえ、観客はまるで部屋の片隅で、輝夫の身に起こる不思議なことを体験するように見る。前回上演では「向き合う客席から子供たちのリアクションが作品の一部として目に入った」(前川)、「笑ったり怖がったりする素直な感情表現に、大人もつられるようにお芝居の世界に引き込まれていく。子供たちの存在が作品を完成させた」(小川)といい、虚構が現実と地続きになる演劇ならではの醍醐味が味わえたようだ。』

『上演前の舞台上に小学生が立ち、劇中シーンの演技を体験。“演技の種”を少し明かされることで、子供たちを劇世界に引き込む準備を試みる』すごぉーーい。楽しそうだね。

KAATからツアーはじまるね!たくさんの子どもたちに観てもらえますように。2年前に初演を観たとき、ものすごく楽しくて、子どもたちと一緒にたくさん驚き、たくさん笑いました!

KAATは三方囲みの舞台だったけれど、トラムはどうなるのかな〜。対面式かな?『4 four』のときみたいなのも楽しそう。

 

f:id:Magnoliarida:20140718000824j:image 「人が“チーム”になるという意味」イキウメの前川さんがananに。「個々の役割や強みなどをチーム全員が理解するようになると、発揮される力が足し算ではなく掛け算になります」

ananを読んだのって何十年ぶり?今は昔みたいなファッション誌じゃないのね。

そして夕刊  01:00

f:id:Magnoliarida:20140718000821j:image 朝日夕刊に『母に欲す』劇評(扇田昭彦さん)『公演パンフレットに載った作家・高橋源一郎との対談で、三浦は「剥(む)き出し」の欲望を書くことに飽きて、今回は「もう普通にいい話」にしたと語っている。だが、その結果、“感動的”ではあるが、かなり伝統的な地点に劇が着地したことに戸惑いを覚えた』『演技陣が抑えた声で、異様に長い間を置いてせりふを語るスタイルは、従来型でない表現を探る演出だと思われるが、物語の中身からして、約3時間10分は長過ぎる』

 

f:id:Magnoliarida:20140718000822j:image 文学座アトリエの会『終の楽園』は、てがみ座・長田育恵さんの書き下ろし。『地主の武生(金内喜久夫)は高級老人ホームの個室に暮らし、4人の子どもとは不仲。長男の妻の紹介で訪れた、年若い絵の講師・未緒(栗田桃子)との交流が、一家のゆがんだ関係をあらわにしていく』

『「カラマーゾフ」の題材は、鵜山から提案されたという。中学生の時、長田の母は難病にかかり、長く入院生活を送ってきた。「母を中心に、どうにか家族を形成している、もろさを含む関係だった。家族を描くのは意図的に避けてきた」と振り返る。「そうした自分の防衛本能も含め、自意識の底にあるものを見つめることが求められた」。脱稿まで、4カ月かかった』『「終の楽園」では、命の終わりと同時に、飽くなき生への希求が描かれる。長田は「死へと向かう過程ほど、生きる力が凝縮される状況はないのではないかと強く思います」と話す。』(増田愛子さん)

てがみ座の作品は『空のハモニカ ーわたしがみすゞだった頃のことー』『地を渡る舟』と観て、とても良かったので、今回も楽しみ〜。

July 16(Wed), 2014

来週イベントがあるので今週は忙しいのです。昨日早く帰ったし、宵越しのワニだから、ザリガニに膝をなめられちゃうかもだけど、がんばりました。あーーーーこめかみにろばぁ〜。

 

f:id:Magnoliarida:20140717010552j:image f:id:Magnoliarida:20140717010553j:image

 

D

「ああ、うまい」って美味しそうにキリンの一番搾りを飲んでいるのは川口覚くんです。大阪へはお仕事ですか?

夕刊  01:14

f:id:Magnoliarida:20140717010625j:image 昨日の日経夕刊に『母を欲す』劇評(内田洋一さん)『舞台は心理学でいうエディプス・コンプレックス、異性の親に近親相姦的な愛情をもち、同性の親を憎む深層心理をなぞっているようだ。それをセリフではなく、光や音うあ空気の流れから描こうとするところに演出の独創性がる』『ことに弟のなまりが兄の乾いた心を揺さぶる感覚が鋭い。弟役、池松壮亮の「兄ちゃん」がいい。』『賛否は割れよう。観客の集中力には限度があるし、演出家のこだわる性的シーンも時に図式的になる。けれどコミュニケーションの最前線には触れている。異才だ』

 

f:id:Magnoliarida:20140717010626j:image 今日の読売夕刊『母を欲す』劇評(祐成秀樹さん)『生活臭のする舞台装置の中、俳優の肉体がジリジリと感情を放ち、性や暴力を巡って緊迫感が高まる。普段通りの三浦ワールドなのだが、本作が違うのは聖母のような智子の存在だ。彼女はまだ若く、女を感じさせる上に、母になろうと献身する』『賛否は分かれそうだが集大成の力作だ』

 

昨年の『ストリッパー物語(つかこうへい作)』の演出しか観てないから三浦Worldを知らないので、私は賛否どっちの感想になるかな〜。前にポツドールを観た友人は吐き気がしたと言っていたので、今まで避けていたんだ。今回は池松くんが出るから観ようと思ったの。

『YES!』 

うたた寝から目覚め、慌ててお風呂に入り・・出たら、テレビにJasonが!音楽番組で歌っているではないですか!

 

『An acoustic evening with Jason Mraz and Raining Jane』

来日が決まったようです。わーーーーーーーーーい\(^o^)/ http://smash-jpn.com/live/?id=2172

2014/11/11 (Tue) Bunkamura オーチャードホール

2014/11/14 (Fri) 東京国際フォーラム ホールA

 

s.apple.com/jp/album/yes!/id877925874?ign-mpt=uo%3D4 もちろんダウンロード済みですよ。

July 15(Tue), 2014

小林賢太郎演劇作品『ノケモノノケモノ』横浜公演初日★★★★★  00:07

「次はとうとう最後の地、横浜です。ああ!終わっちゃう!神奈川芸術劇場でお待ちしております。」by賢太郎さん。

f:id:Magnoliarida:20140716015453j:image f:id:Magnoliarida:20140716015454j:image f:id:Magnoliarida:20140716015459j:image f:id:Magnoliarida:20140716015455j:image f:id:Magnoliarida:20140716015457j:image KAATの玄関前に輝夫がいました。f:id:Magnoliarida:20140716015456j:image f:id:Magnoliarida:20140716015458j:image

f:id:Magnoliarida:20140716015500j:image f:id:Magnoliarida:20140716015501j:image f:id:Magnoliarida:20140716015502j:image

いつも一緒に観に行く、ラーメンズ好き仲間のレッズサポ友が取ってくれた席はなぁーんと3列目!(私が取らなくてよかった。笑)はじまりの銀河劇場(5月)は取れなかったし、KAATのチケットが取れただけでも嬉しいわ〜なんて言いながらも、やっぱり、こんなに前で観られて嬉しかったーーー。

 

物語『ざっくりいうと、普通の人が不思議な世界に迷い込むお話。ざっくりすぎるか。こういった「巻き込まれ型」の物語は、古今東西やまほどあります。代表的なものは「不思議の国のアリス」でしょうか。本作はファンタジーというには題材がとても現実的。なにしろ主人公は少女ではありません。おっさんです。けっして堅苦しい演劇ではありません。演劇?いや、「長いコント」くらいに捉えていただいて問題ないです。笑って笑って、最後にちょこっと考えて。そんな楽しみ方をしていただけたら幸いです。』http://kentarokobayashi.net/introduction.html

 

はじまって間もなく、「獣が淵」という田舎のバス停前に営業終えてバスを待つサラリーマンのハラミヤ(音尾琢真)と後輩(辻本耕志)。目の前を流れている小川で遊ぶ後輩が掬ったキラキラ光る水しぶきを見たとき、「これ、きっと好きだ」と心が呟きました。(シルバーの紙ふぶき)

 

ファンタジックな美術と演出が可愛らしく、それでいて綿密に練られた脚本は人間の内面を鋭く描いています。けっこう哲学的で『ミステリーゾーン』のようなSFミステリー要素もあって、すごく好き。『うるう』と同じか、それ以上くらいに好きな作品になりました。イルマってヨイチと似ているのよねぇ。そして、この『ノケモノノケモノ』にK.K.P. 初出演のTEAM NACSの音尾琢真さんの存在が大きかったです。ほんとにもう・・素晴らしかった!

「君に足りないのは僕だ」と賢太郎さんに言われた高橋良輔くん、なじんでいたので初参加だということを忘れて観ていました。

 

美術・小林賢太郎『本作の演出の最大の特徴は、僕が描いた絵が登場するということ。これまでも劇中の多くの美術を担当してきましたが、これほど全面的に僕の絵画が登場するのは初めてです。』『この作品のセットには色がありません。シンプルなデザインのセットに、僕が描いた絵が投影されることで、それが背景となり物語が綴られていきます。沢山の絵を描きました。準備期間中は、稽古場で稽古をしているか、アトリエで絵を描いてるかのどっちかでした。これは演劇公演でありながら、展覧会でもあります。しかもその絵が、あの手この手で動きます。しかし、ふつうのCGアニメや、はやりのプロジェクションマッピングとは少し違います。どう違うかというと、うーん、やってることは単純なんだけど、説明が難しい。まあ、見れば分かります。アナログで、ちょっと珍しい、そんな映像パフォーマンスをお楽しみ下さい。』http://kentarokobayashi.net/introduction.html

はい、美術、最高だった〜。あれを一人でってどれだけ時間をかけたことか!とことん職人ですね。まさにアトラクションです。

そして、帽子についていた、あの「羊」の角!!またやられました。

「設計図(*)のないイルマ!」なんか、さりげなく笑わせて、やっぱりすごかったーーー。

 

f:id:Magnoliarida:20140716015509j:image f:id:Magnoliarida:20140716015510j:image たべっ子どうぶつにカメレオン入っているかな?

 

f:id:Magnoliarida:20140716015503j:image イキウメの安井さんも観ていたようです・・ということはみなさんもかしら?あ、安井さんは『暗いところから〜』には出演しませんね・・。 https://twitter.com/WESuzuki/status/489056694207385601/photo/1

イキウメの「The Library of Life」の図書館にあった本のことを思い出すくだりもありましたよね!人間の設計図が70億冊収容されているなんて!(*)

 

f:id:Magnoliarida:20140716015505j:image f:id:Magnoliarida:20140716015506j:image f:id:Magnoliarida:20140716015507j:image 久しぶりの中華街。ラストオーダーが21時30分のお店が多くて、目的のお店はもうクローズ。でも、このお店も美味しかったね。

f:id:Magnoliarida:20140716015508j:image

 

f:id:Magnoliarida:20140716015511j:image f:id:Magnoliarida:20140716015512j:image f:id:Magnoliarida:20140716015513j:image f:id:Magnoliarida:20140716015514j:image

July 14(Mon), 2014

f:id:Magnoliarida:20140714231350j:image World Cup 終わっちゃったね。1ヵ月楽しかった〜。決勝トーナメントの日程は選手たちにはきついだろうけれど(観るほうもきつかった。何度か寝坊したし・・)たっぷり熱狂させてもらいました。

 

f:id:Magnoliarida:20140714230332j:image f:id:Magnoliarida:20140714230335j:image f:id:Magnoliarida:20140714230334j:image f:id:Magnoliarida:20140714230333j:image

第22回読売演劇大賞 2014年上半期発表  23:10

W杯の興奮も冷めやらない私に飛び込んできた朝刊の記事がこれ。

f:id:Magnoliarida:20140714230358j:image 今年も中間選考会が推した作品が新聞に出ました〜。

f:id:Magnoliarida:20140714230857j:image f:id:Magnoliarida:20140714230853j:image f:id:Magnoliarida:20140714230854j:image f:id:Magnoliarida:20140714230855j:image f:id:Magnoliarida:20140714230856j:image

 

f:id:Magnoliarida:20140714231112j:image f:id:Magnoliarida:20140714231113j:image f:id:Magnoliarida:20140714231114j:image

作品賞(公演日順)

・『2014年・蒼白の少年少女たちによる「カリギュラ」』(さいたまネクスト・シアター)・『虚像の礎』(トラッシュマスターズ)・『万獣こわい』(パルコ)・『夏の盛りの蝉のように』(文学座)・『関数ドミノ』(イキウメ) ←夏の盛りの〜以外観ました〜。

 ちなみに私の上半期1位はイキウメの「関数ドミノ」でーす。「カリギュラ」も蜷川作品で久々のヒットでした。「わたしを離さないで」も入ってほしかったな〜。

■男優賞(50音順)

内田健司(『2014年・蒼白の少年少女たちによる「カリギュラ」』)・瑛太(『ロンサム・ウエスト』)・加藤武(『夏の盛りの蝉のように』)・中村吉右衛門(勧進帳/名月八幡祭)・橋本さとし(アダムス・ファミリー/オーシャンズ11)

 内田くん、おめでとう!!私の周りでも「カリギュラ」を絶賛している人が多いです。ネクスト・シアターのことはずっと観てきたので嬉しいです!公演中の太陽2068の内田くんもすごがったよ。「アダムス・ファミリー」の橋本さとしさんは、彼以外の日本人でアダムを演じられる人がいないと思いました。

■女優賞(50音順)

・小池栄子(『万獣こわい』)・轟悠(『第二章』)・日色ともゑ(『蝋燭の灯、太陽の光』)・保坂知寿(『休暇 Holidays』)・三田和代(『請願〜核なき世界〜』)

 「万獣こわい」しか観ていなくて残念。

演出家賞(50音順)

・熊林弘高(『Tribes』『おそるべき親たち』)・中津留章仁(『虚像の礎』)・蜷川幸雄(『2014年・蒼白の少年少女たちによる「カリギュラ」』『海辺のカフカ』)・藤田俊太郎(『ザ・ビューティフル・ゲーム』)・前川知大(『空ヲ刻ム者−若き仏師の物語−』『関数ドミノ』)

 「Tribes」以外観ました。どれもよかったです〜。「関数ドミノ」は「作・演出の前川知大の、演劇空間を作る熟成が感じられた」とのこと。巨匠と並んで俊太郎くんが選ばれたのも嬉しいね。「対立というテーマを踏まえてドラマを構築した上で、ミュージカルらしい流れを作っていた」と推されたそうです。

■スタッフ賞(50音順)

・ガブリエラ・ティルゾーヴァ(『ラブ・ネバー・ダイ』の美術・衣裳)・新海絵理子(『ザ・ビューティフル・ゲーム』の振付)・TETSUHARU(『イン・ザ・ハイツ』『オーシャンズ11』の振付)・二村周作(『レディ・ベス』『フォレスト・ガンプ』の美術)・山口秀也(『ダディ・ロング・レッグズ』『ラブ・ネバー・ダイ』の音楽監督・歌唱指導)

 二村周作さんは私にとっててっぱん!ですが、この2作は観ていないわーー。

July 13(Sun), 2014

Happy Birthday!浜ちゃん・°◌.*。(ღ˘⌣˘ღ)・°◌.*。 ・・

 

         ただいま。 やっぱり私の森繁浜ちゃんだけ。 それでいいよね?

『太陽2068』1回目★★★☆  22:30

f:id:Magnoliarida:20140714061102j:image f:id:Magnoliarida:20140714061103j:image f:id:Magnoliarida:20140714061104j:image f:id:Magnoliarida:20140714061105j:image

f:id:Magnoliarida:20140714061108j:image f:id:Magnoliarida:20140714061107j:image 友人たちとドゥ・マゴでランチ。

私だけシアターコクーンへ。友人2人はオーチャードでN響。

 

f:id:Magnoliarida:20140714061109j:image f:id:Magnoliarida:20140714061106j:image 蜷川版の太陽2068です。ニーナいらっしゃらないなぁと思ったら今日はカフカの大千秋楽ですね。お会いできず残念・・。

今日はXC(2列目)センターブロック。前なのでセットによって観にくかったらどうしよう・・と心配していましたが、今回は奈落も使ったお芝居になっている(蒼白のハムレットのときと同じアクリル版です)ので目線が下になり、よかったです。断面を見るかたちなので上からは見えなかったけれどね。その奈落、奥の方は使っていないので後ろの席の方は奥が見えないと心配しなくていいと思う。←(追記:どうやら後ろのほうの席から結がノクスになるクライマックスシーンが見えないらしい。上でやればいいのに。)

7日が初日で公演は8月3日まであるので、あまり書きすぎないよう(比べ過ぎないよう)にします。

 

新しい『太陽』でした。ひとこと言うならラストで流れるイーグルスの「♪ホテル・カリフォルニア」の音がぴったりハマる舞台でした。歌詞の意味ではなく曲のイメージ。(↑もちろん、LPレコードもっていましたよ)。イキウメとは違う印象。

 

セリフもほとんど同じですが、2068・蜷川版は主要人物に佐々木拓海という新しい役と、キュリオと呼ばれる人たちが大勢出てくる大所帯になっていました。その影響はほとんどないと思うけれど、クライマックス・・過去に起こしたある事件から逃げていて帰ってきた叔父の克哉が森繁にひどいことをしたことに対して、村人たちと鉄彦がリンチのように殴り続けるのは私はあんまり好きじゃない・・イキウメ版の鉄彦はあそこまでやらなかったよね?森繁が必死に止めたから。(←もっと早く止めて〜って思うよ。)でも、その凶暴なリンチがあるから結ちゃんの絶望がわかりやすく伝わるのだろうけれど。裏切られた彼女の瞳に何も映らないような(決心ではないような絶望の)表情が切なかった。もう後戻りできないのに。そこで、男子ふたりの物語だけじゃない、もうひとつの物語が生きてくるね。

その村人の存在が『獣の柱』を思い出させますが、ゴールド・シアターの皆様がリアルなのでSFっぽさが薄くなっている。その存在が多分物語が持つメッセージをわかりやすくしているんだけれど、私はそれを提示しない(想像力にまかせてくれる)イキウメ作品が好きだからなぁ。

 

それ以前に、とくに1幕。「そこ、笑うところ?」と思う(のは私だけ?セリフの重さを知っていて観ているからそう思うのか?)シリアスなセリフなのに、演じる側が少しオーバーアクションをつけるだけで、すごいテンションで笑う客席・・。もちろん少数なんだろうけれど、ひきつけを起こしたかのような爆笑の連続が気になって気になって・・(すぐ後ろの列に大爆笑さんがいたから)。

 

順番がバラバラになっちゃうけれど、ラストシーンは好き。蜷川さんお得意の搬入口を開けて外へ向かう演出だけど、今回はいいなーー、希望に繋がるのがわかりやすくていいなーーって思いました。走っていく二人が可愛かった。最強コンビ誕生だね。まだ外が明るいから森繁が鉄彦に傘を渡したのもね。しかもおちょこでね。←傘だけじゃ、ほんとは焼け焦げちゃうけれど(笑)

 

六平さん、よこちんさん、中嶋朋子さんなど蜷川組常連のみなさまは流石。成宮くんもよかった。大石さん遊んでいたなぁ。和んだ〜。

綾野剛くんが可愛かったのには驚いた。あんなひょうきんだなんて・・あの表現力に脱帽。おズボン脱いじゃうし・・無邪気な18歳の鉄彦くんでした。あ、灰皿投げたね(笑)蜷川さんへのオマージュ。

おズボン脱いじゃうといえば・・さいたまネクスト・シアターの内田健司くん。すごいインパクトあるし、気づくと私は内田くん演じる拓海を見ていたよ。あの怪演技、蜷川さんじゃなく内田くん自身が考えたプランなのね。やったわね!

そして注目されていた前田敦子ちゃん。ドラマも見たことないのであまり知らないけれど、あっちゃんって呼ばせてもらうとして・・思っていたよりセリフの言い方に癖がなくてよかった。大きな舞台にポツンといても絵になるのはさすがスターだけれど、後半はもっと出来るんじゃないかと思う。彼女なら。

 

今夜のスタンディング・オベーションには少し疑問が・・。2回めのカーテンコールで最前列の人まで立ち出して・・。ほんとに?と思いました。まだまだこれからだもの。もっと良くなるはず。

友だちにも話したんだけど、多分私の感動はイキウメの『太陽』で出しちゃったのです。はじめてこの『太陽』を観た方は、あのときの私と同じように感動しただろうと想像できます。

 

あ、今回の音楽の選択がとても新鮮でした。今までの蜷川さん作品にはなかった感じ。一幕終わりの曲がとても好きだったんだけど、あれは何て言う曲だろう。Sigur Rosでもニーナの定番じゃない曲。1回じゃあの音の記憶が薄れてしまうので、知りたいです。

(追記:Sigur Rosの「♪Myrkur」じゃないかと。2回目見て追記しました。http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20140722/1406043367

f:id:Magnoliarida:20140714061117j:image f:id:Magnoliarida:20140714061123j:image

f:id:Magnoliarida:20140714061118j:image 前川知大さんの絵本『くらいところからやってくる』買いました〜。

 

f:id:Magnoliarida:20140714061111j:image f:id:Magnoliarida:20140714061112j:image f:id:Magnoliarida:20140714061113j:image f:id:Magnoliarida:20140714061110j:image 終わってから、N響が終わった友人たちとカフェへ。六平さんがハーレム状態でお茶してた。

【FIFA World Cup2014】決勝戦 アルゼンチン - ドイツ(マナカラン)  05:36

#WorldCup #GER #ARG #TheFinal  後半30分まだノーゴールで得点なし。二度寝してしまいました。こんな大事な日に、なんてこと!録画じゃだめなのよ。

マナカラン、74000人の光景がすごい。 

延長戦です。選手たち、もうクタクタだよね。どうか、PKになる前に決まりますように。

 

延長後半 ゲッツェのゴーーーーーーール!!ドイツ先制!!!!

 

ドイツ優勝です。1990年以来の優勝! やったーーーーーーーー!\(^o^)/

シュバインシュタイガー、傷だらけです。死闘でした。   アルゼンチン0 - 1ドイツ

 

ドイツとアルゼンチンの選手たちに感謝したい。

ノイアー、誰もが納得の最優秀ゴールキーパー賞。おめでとう。MVPはメッシ(ちょっと意外!)。

 

表彰式、エジルは裸にメダルでした(笑)

July 12(Sat), 2014

昨日もらった〜  22:53

f:id:Magnoliarida:20140712224319j:image イキウメ冬公演の告知。新作予定。楽しみーーーーーー。

f:id:Magnoliarida:20140712224139j:image ハイバイの『霊感少女ヒドミ』アトリエヘリコプターを皮切りに全国ツアーへ!大好きな作品です。楽しみーーーー。

f:id:Magnoliarida:20140712224306j:image 二兎社『鴎外の怪談』←チケット予約済み。

f:id:Magnoliarida:20140712224308j:image 葛河思潮社 第四回公演『背信』ハロルド・ピンターの作品。

f:id:Magnoliarida:20140712224309j:image 文学座アトリエの会『終の楽園』作:長田育恵、演出:鵜山仁←チケット予約済み。

f:id:Magnoliarida:20140712224310j:image 『妥協点P』作・演出:柴幸男

f:id:Magnoliarida:20140712224313j:image ピースリーディング vol.17『あなたは戦争が始まるのを待っているのですか?』木場勝己さんや立石涼子さん、益岡徹さんのお名前も。 vol.14『核・ヒバク・人間』がとてもよかったので、日程があえば。

f:id:Magnoliarida:20140712224311j:image 地点04『コリオレイナス

f:id:Magnoliarida:20140712224315j:image 範中遊泳『インザマット(ただし太陽の下)

f:id:Magnoliarida:20140712025558j:image 『ポリグラフ』待望の再演!!嬉しいなーー。

f:id:Magnoliarida:20140713082256j:image このサイズははじめて。悪い芝居『マボロシ兄妹』http://waruishibai.jp/maboroshi/

鴎外忌記念講演会「鴎外と自由」  23:18

f:id:Magnoliarida:20140713082234j:image f:id:Magnoliarida:20140713082232j:image f:id:Magnoliarida:20140713082233j:image f:id:Magnoliarida:20140713082235j:image f:id:Magnoliarida:20140713082237j:image

f:id:Magnoliarida:20140713082258j:image 2時間たっぷり平野啓一郎さんの講演を聞いてきました。サロメ以来でした。

平野啓一郎さんのお話と『鴎外の怪談』の永井愛さんのコメント(フライヤーの)が少しだぶりました。「本音はどうだったの?」

f:id:Magnoliarida:20140713082246j:image f:id:Magnoliarida:20140713082245j:image

少年社中 第29回公演『ネバーランド』★★★★★  23:29

森川次朗くんが振付けをしていたのがきっかけで、はじめて少年社中を観たのが2010年の『ネバーランド』でした。その作品がとてもとても素晴らしかったので、すっかりファンになって今に至ります。

June 26(Sat), 2010 http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20100626/1277569597

f:id:Magnoliarida:20140713082244j:image f:id:Magnoliarida:20140713082241j:image f:id:Magnoliarida:20140713082242j:image そうか・・閉館なのか。こどもの城と円形劇場だけでも残してほしいな。

f:id:Magnoliarida:20140713082243j:image f:id:Magnoliarida:20140713082240j:image

 

フック船長の企みで「大人」になってしまったピーターパンの物語。

   あとで書きま〜す。

 

f:id:Magnoliarida:20140713082247j:image f:id:Magnoliarida:20140713082251j:image f:id:Magnoliarida:20140713082249j:image f:id:Magnoliarida:20140713082250j:image

f:id:Magnoliarida:20140713082254j:image f:id:Magnoliarida:20140713082255j:image 先行特典はクリアファイル。

f:id:Magnoliarida:20140713082248j:image 振付けを担当している次朗くんの舞台『SONG OF SOULS −慶長幻魔戦記−』。行く日、決めなくちゃ!http://songsouls.exblog.jp

f:id:Magnoliarida:20140713082259j:image f:id:Magnoliarida:20140713082300j:image

Happy Birthday 

0時過ぎたので・・今日13日はイキウメの浜ちゃんこと、浜田信也くんのお誕生日です!明日も言いますが、35歳おめでとうございます。大好きです:*:・( ̄∀ ̄)・:*: 35歳のはじまりは全国ツアーですね。2年前のKAATで「子どもたちに力をもらっている。すごく楽しい」と目をキラキラさせていた浜ちゃんを思い出しました。全国のこどもたちからいっぱいパワーもらって来てねーー。

f:id:Magnoliarida:20140713063919j:image 今年は横浜でお祝いしてもらうのかなーー。私は渋谷へ・・・浜ちゃんじゃない、もうひとりの森繁富士太を観て来るね。

【FIFA World Cup2014】3位決定戦 ブラジル - オランダ(ナシオナル)  05:21

#BRA 0-2 #NED

5時に起きたのに二度寝しちゃうところだった。

と、テレビをつけたらすごいことになってる。20分で、もう2点ビハインド。

オランダを応援しているけれど、今日はつらいかも。とにかく1点取って!がんばれセレソン!とブラジルを応援している。

前半2分  ファン・ペルシーがPKでゴール!

前半17分 ダレイ・ブリント

チアゴ・シウバ戻っても、気持ちを戻すのは大変なのかな・・。     ブラジル0 - 2オランダ

 

【オランダの先発メンバー】GK:シレッセン DF:フラール、デ・フライ、マルティンス・インディ、ブリント MF:スナイデル、クラーシ、ワイナルドゥム FW:ファン・ペルシ、ロッベン、カイト

【ブラジルの先発メンバー】GK:ジュリオ・セーザル DF:チアゴ・シウバ、ダビド・ルイス、マクスウェル、マイコン MF:パウリーニョ、オスカル、ラミレス、ルイス・グスタボ、ウィリアン FW:ジョー

 

後半も難しいな。オランダは今大会4失点。強いです。

 

アディショナルタイム オランダ、ヤンマートのクロスにジョージニオ・ワイナルドゥムが合わせてゴール。ああ、だめ押し。

 

     ブラジル0 - 3オランダ

 

オランダ、3位おめでとう。自国開催のブラジルは、とんでもない結果になってしまったけれど(オランダのせいじゃないし)、オランダは素晴らしいチームでした。準決勝から2日しか経っていないのにパワフルだった。決勝に行ってほしかったなーーー。ファン・ハール監督、おつかれさま。23人の選手全員を起用する余裕の采配でした。

July 11(Fri), 2014

f:id:Magnoliarida:20140712025456j:image f:id:Magnoliarida:20140712025455j:image f:id:Magnoliarida:20140712025459j:image f:id:Magnoliarida:20140712025457j:image f:id:Magnoliarida:20140712025458j:image f:id:Magnoliarida:20140712025500j:image 台風一過。

 

f:id:Magnoliarida:20140712025543j:image f:id:Magnoliarida:20140712025544j:image

ハイバイ『おとこたち』★★★★★  00:52

f:id:Magnoliarida:20140712025547j:image f:id:Magnoliarida:20140712025548j:image

f:id:Magnoliarida:20140712025546j:image f:id:Magnoliarida:20140712025545j:image f:id:Magnoliarida:20140712025549j:image f:id:Magnoliarida:20140712025550j:image 芸劇シアターイーストにて。

『2年ぶりの新作は、性欲期から死期までの男たちを描く大河ドラマ?! 家族間の軌 、葛藤、確執、トラウマを描き、痛みを伴う笑いの中にままならない人生の奥深さを見せるハイバイ。』

 

『こんにちは、岩井です。今回はタイトル通り、男たちの話です。別に男に限った話にするつもりもないのですが、自分や自分の身の回りにいる人たちが、「なるべく今のままでいたい」と思いながらも、年月による色んな変化にはどうしても逆らえない、といった話になると思います。最近の身の回りのアホ話から、老後、死んじゃうまでをイェイイェイ描きたいと思います。』岩井秀人

 

彼らの晩年くらい、気づいたら涙が溢れていて、最後まで止まらず。彼らの人生はとても残酷だけど、友だちという存在がお互いを支え、支えられていたので、家庭や仕事、いろんなことを背負いながらも、昔からの友人たちが生きていく支えになっていたように思う。「追いかけて追いかけても つかめないものばかりさ」の歌がグルグル。テツさん、歌うまいなぁーーーーー。私の一生も、いつかテツさんの華麗なマイクパフォーマンスで、カラオケ一曲分くらいにまとめてワーッて叫んでもらったら、めんどくさいことサッパリするかもね。

葬儀の後、死んでしまった鈴木の表情を見ながら、本当の私、私の理想の私、友人たちの前の私、会社の私、人から見た私、「嘘」について思いをめぐらす夜です。

そして、最近一人になった私、父のこと、母のことを思い出しながら、これから来る「老い」についても。

今日のトーク聞きに行きたかったなぁ〜。

前売り券は完売していますが、当日券に並べる方、観たらいいと思います。この作品を観たことを自慢できますよ。

f:id:Magnoliarida:20140712025556j:image f:id:Magnoliarida:20140712025554j:image f:id:Magnoliarida:20140712025551j:image f:id:Magnoliarida:20140712025552j:image f:id:Magnoliarida:20140712025553j:image f:id:Magnoliarida:20140712025555j:image

 

f:id:Magnoliarida:20140712224140j:image f:id:Magnoliarida:20140712224138j:image 今回の先行特典は付箋。嬉しいなーー。

f:id:Magnoliarida:20140712224305j:image f:id:Magnoliarida:20140712224139j:image

July 10(Thu), 2014

今朝のシャキーン!見逃しました〜。W杯準決勝を録画しておいたので、録画も出来ず・・。久しぶりの名産スパイ大作戦だったのに・・。

【FIFA World Cup2014】決勝トーナメント準決勝 オランダ - アルゼンチン(サンパウロ)  11:58

なんと・・寝坊。4時に起きてしまい、早すぎた〜と二度寝しちゃった。起きたら延長戦。

そしてPKPKは悲しい。

アルゼンチンは、24年ぶりに決勝進出なのね。おめでとう。

 

私はウルグアイとドイツとオランダを応援していたので、オランダ - ドイツも観たかったけれど、これでドイツの応援に集中できるわ(笑)

夕刊  00:23

オランダ - アルゼンチンのハイライトを見ながら。昨夜も今夜も、ハイライトを見るのもつらいわ。

f:id:Magnoliarida:20140711003614j:image 昨日の毎日新聞夕刊にハイバイ「おとこたち」劇評(濱田元子さん)『人間、思い通りに生きられるに越したことはないが、そんなことはそうそうないだろう。岩井秀人(演出も)は、おそらく誰しもが身につまされる人生のリアルを、ひょうひょうとシュールに描く。巧みなせりふに乗せた、社会の淵を見つめる独特の視点と切り口が、おかしくも切ない。』

f:id:Magnoliarida:20140711003615j:image 今日の朝日新聞夕刊にハイバイ「おとこたち」劇評(徳永京子さん)。「個人的なエピソードを、1DKサイズのマジックリアリズムとでも呼ぶべき不思議な展開と混ぜ、多くの共感を呼んでいるハイバイの2年ぶりの新作。作・演出の岩井が今回選んだ方法は淡々として、一見、地味。』『だが、空間の一部に闇を残した美術(秋山光洋)、年月と場所の変化を丁寧に伝える照明(松本大介)、そして女たち(安藤聖、永井若葉)も含めた俳優の演技が、見えない句読点をくっきりと刻む。だからラストで、気がついたら老いという場所にいて戸惑う山田の顔が、何のメークもしていないのに82歳に見えるのだ。』『絶望して死ぬ時期さえ逸した、21世紀版「セールスマンの死」とも言える。普段演劇を観ない男性にも、ぜひ観てほしい。』

明日観に行きます。岩井さんの作品はとてもやさしくて好き。岩井さんの耳たぶも好き。

 

f:id:Magnoliarida:20140711003616j:image ZOOMは谷賢一さん(井上秀樹さん)。『自ら翻訳、演出した米国の戯曲「プルーフ/証明」では、緻密(ちみつ)な会話でリアリズムの劇を組み立ててみせた。芥川龍之介の小説が原案の新作「河童(かっぱ)」は広い舞台を生かす構成にと、作風は幅広い。「演劇を体系的にとらえたうえで、自分が何をしたいかを考えられている」』『従来の翻訳戯曲は「言い回しがしゃべりづらい」と感じていたという。いざ訳すと「改行や文体から作家の狙いや工夫が分かる。得意じゃないものや、どうしたらいいか分からない場面もある作品を演出するのは、いい筋トレになる」と涼しい顔だ。』

 

f:id:Magnoliarida:20140711003613j:image 「ボビー・フィッシャーはパサデナに住んでいる」を演出する上村聡史さん。『「ボビー」は、久しぶりに再会した4人家族の様々な問題が、一夜でみえてくる物語。「家族劇の体裁ながら、一人一人が対しているのは、家族の歴史や蓄積されてきた時間なのです」と上村。たとえば、「あした自殺する」と話す娘エレン(那須佐代子)は、期限の翌朝まで、自身の過去と向き合う。』『「時間との対峙」は、上村がいま関心を持つテーマだ。「僕が死んでも未来は続いていく。そう考えると、時間に対する人間の哀れさは、劇的なのではないか」と、34歳にして思う。』

 

f:id:Magnoliarida:20140711003631j:image f:id:Magnoliarida:20140711003630j:image 【日本遊行−美の逍遥】其の十(祇園祭・京都市)「豪華に、ひそやかに 伝統継ぐ」(写真・文:井浦 新)http://www.sankeibiz.jp/express/news/140710/exg1407101705005-n1.htm

http://www.sankeibiz.jp/express/expand/140710/exg1407101705005-l1.htm

http://www.sankeibiz.jp/express/expand/140710/exg1407101705005-l2.htm

 

新の主演のドラマがはじまったね。22時スタートだと思っていたので拡大版の9分くらいしか見られなかったーー。柴門ふみっぽい・・むかし流行った柴門ふみのトレンディドラマのまんまだった。新くんは見たいけれど、このドラマはもう、多分・・・。

July 09(Wed), 2014

f:id:Magnoliarida:20140709224807j:image ひさしぶりに同僚とランチ

竹友あつき - いちぬけた  15:55

D

現役高校生シンガーソングライター竹友あつき 新曲「いちぬけた」Music Videoに川口覚くん出てます。男子高校生が好きな女の子の年上の彼氏(?)役。「もうよしてくれよ!」とか言っているのかしら。いちぬけたのは覚くん?

エンディングが微笑ましいMVです。

キリン「二つの麦汁 居酒屋篇」   22:06

川口覚くん情報続々と・・

「二つの麦汁 居酒屋」篇 15秒 http://www.kirin.co.jp/entertainment/cm/player.html?bclid=143205717002#bctid830853220002

 

f:id:Magnoliarida:20140709225619j:image f:id:Magnoliarida:20140709224802j:image 昨日吉祥寺シアターでもらいました。『生きると生きないのあいだ』http://www.tfactory.jp/data/ikiru_ikinai.shtml

昨日吉祥寺で   23:13

f:id:Magnoliarida:20140709224803j:image DULL-COLORED POP vol.14『音楽劇・河童http://dcpop14kappa.wix.com/dcpop14kappa

f:id:Magnoliarida:20140709224804j:image アマヤドリ『非常の階段』http://amayadori.sub.jp/archives/3915

f:id:Magnoliarida:20140709224809j:image On7 -オンナナ-番外公演決定。葉っぱのフレディ(仮)、多摩1キトフェス2014。On7の第2回公演は2015年9月 劇団チョコレートケーキの古川健さん作、日澤雄介さん演出

今日の夕刊  23:22

f:id:Magnoliarida:20140709224808j:image 日経に柄本明さん『「演じない」境地目指す』(内田洋一さん)

f:id:Magnoliarida:20140710001351j:image 朝日夕刊の劇評はハイバイ『おとこたち』(祐成秀樹さん)『悲喜こもごもの展開から、岩井の異才が感じられた。身近な出来事からくすぐったいようなドラマをすくい取る感性と、さりげない出来事から伏線を敷き、意表をつく形で回収する発想だ。構成力もある』『そして、人間を見つめる視線が温かい。人生の真実を切り取った瞬間に触れ続けるうちに、今、仲間とふざけあえる時間のかけがえのなさ、障害を共に歩める友の大切さなどを痛感させられた』

f:id:Magnoliarida:20140710001352j:image 宮田慶子演出「永遠の一瞬」、下は「てがみ座」主宰の長田育江さんの新作は文学座アトリエの「終の楽園」で、演出は鵜山仁さん。「カラマーゾフの兄弟」をベースにした現代劇とのこと。

7月の予定(*^o^*)・* 

☆National Theatre Live 2014 『ザ・オーディエンス/The Audience』(TOHOシネマズ日本橋)

☆M&Oplaysプロデュース『鎌塚氏、振り下ろす』(本多劇場)

☆『海辺のカフカ』再演(赤坂ACTシアター

☆『マレフィセント/Maleficent』(TOHOシネマズ日本橋)

☆山田暢久引退試合 NOBUHISA YAMADA TESTIMONIAL(さいたまスタジアム)

☆とくお組 23回公演『銀河ホテル〜たまプラーザ店』(座・高円寺1)

☆ポップンマッシュルームチキン野郎『うちの犬はサイコロを振るのをやめた』

☆青☆組『星の結び目』(吉祥寺シアター)

     ここまで終了

☆桃尻犬『愛ヲ避ケル』(王子小劇場) ←忌引きで1週間休んでしまったので半休取れずキャンセル。

☆ハイバイ『おとこたち』(東京芸術劇場 シアターイースト)http://hi-bye.net/2014/04/21/3916

☆少年社中『ネバーランド』(青山円形劇場) 

☆Bunkamura25th『太陽2068』(シアターコクーン)

☆『鴎外と自由』(文京区立森鴎外記念館)

☆小林賢太郎演劇作品『ノケモノノケモノ』(KAAT ホール)

☆KAATキッズ・プログラム2014 こどもとおとなのためのお芝居『暗いところからやってくる』(KAAT 中スタジオ)

☆DULL-COLORED POP vol.14『音楽劇・河童』(吉祥寺シアター)

ホリプロ『カッコーの巣の上で』(東京芸術劇場プレイハウス)

パルコ・プロデュース『母に欲す』(パルコ劇場)

☆シアター風姿花伝プロデュース『ボビ―フィッシャーはパサデナに住んでいる(風姿花伝)

☆ドキュメンタリー映画『ピーターブルックのザ・タイトロープ』(彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール)

☆『6週間のダンスレッスン』(博品館劇場)

☆悪い芝居『マボロシ兄妹』(青山円形劇場) 

  こんなに予定入れちゃってどうするのって感じ。展示会もあるし・・

July 08(Tue), 2014

今日は浦和レッズのイクメン・ボランチ、私が浦和レッズを好きになるきっかけとなった鈴木啓太選手のお誕生日です。33歳、おめでとうございまーーす。

絵本『くらいところからやってくる』  12:05

『くらいところからやってくる』(作・前川知大、絵:小林系)全文を特別公開。https://twitter.com/ikiume_kataru

D

おお、舞台『暗いところからやってくる』とは全然違う!こんなふうに広がったのね〜。イキウメ岩本幸子さんのまぁるい声が、私は好きです。

舞台での岩本幸子さんも観てほしいな。かっこいいし、おもしろいから! http://www.ikiume.jp/kuraitokoro.html

絵本もう発売されていますね。私はKAATで買うつもり(売るよね?)早く読みたい! http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/kuraitokorokara/

 

追記:シアターコクーンの物販にもあるとのこと。 https://twitter.com/TomoMaekawa/status/486433025669218306

「皆既食〜TotalEclips〜」   12:33

蜷川さんったら・・前々からの予定でしょうが、秋もぎゅーぎゅーにスケジュールを詰め込んできましたね。もはや、巨匠ニーナより私の体力のほうがついていかれるか心配です。

『太陽2068』が初日を迎え(とても評判がよいね)たのも束の間、10月の新作の発表がありました。http://www.bunkamura.co.jp/topics/cocoon/

日程:2014/11/7(金)〜11/29(土)予定 原作:クリストファー・ハンプトン_φ(・_・

TotalEclipsトータル・エクリプスは、ディカプリオ主演の『太陽と月に背いて』の原題です。皆既日食のこと。アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌの愛の軌跡。とてもロマンチックで残酷な舞台になりそうね。誰と誰が来るのかしら?

 

話は少しずれちゃうけれど、映画『太陽と月に背いて』(アニエスカ・ホランド監督)は、ジョルゴス・アルヴァニティスのカメラワークが素晴らしかったよね。『旅芸人の記録』『霧の中の風景』『こうのとり、たちずさんで』『ユリシーズの瞳』などテオ・アンゲロプロス監督とずっと仕事をされていて、大好きでした。

太陽2068の  14:26

プログラム2000円ですって?(゜_゜;) 今まででいちばんお高いんじゃなくて? ファンはてっぱんだと思われている気がする・・。

蜷川さんのコメント『この作品は当初、面白いけれど上演するには難しい戯曲だなと思ったんですね。二つの世界がくっきりと分かれ過ぎていて、それが寓意に見えたらつまらないなと思って。それで今回のセットを持ってきた。魅力的なセットによっていろんな出来事にリアリティを与えてほしい、そこで俳優が自由に行き来してくれれば、と考えました。このセットは以前使っていたものを取り戻したんだけど、朝倉摂さんによるセットも伝承されていて、そういう意味では新旧の技術のコラボレーションといった作品になったことは良かったなと感じます。』『今回は出演者の顔ぶれも良かった。綾野剛は最高です。凄くいいんです。新しい。蘭ちゃんみたいに元アイドルの人もいれば、ロッペイちゃん(六平)の状況劇場とか、山崎さんの早稲田小劇場とか、全然出自の違う俳優さんが揃っている。その中で、前田さん、綾野くん、成宮くんら若者たちが伸び伸びとやっていましたね。前田さんは頭が良くてホンを読む力があるから、ある場面ではドラマチックに、ある場面ではセクシーに、また狂気の表現など、そういったものをすべて鮮やかにやっていますよ。もう前田さんをアイドルという目線で見ないでほしい、ちゃんとした女優さんとして見てほしいなと思いますね。『結果的には、疾走する青年たちの、ある種の青春物語になったかな。前川さんの劇団「イキウメ」でのやり方とは違うと思いますが、まあ比較するのも良し、自由に評価していただければ。自分としては初日をのんびりと楽しめそうだなと思っています(笑)。』http://news.dipps.co.jp/UserArticle/Detail/764

 

f:id:Magnoliarida:20121117011544j:image イキウメンのみなさまの感想も聞きたいなーー。お稽古には顔を出していたのでしょうね。本番はいつ観るのかな〜。

 

f:id:Magnoliarida:20140709224657j:image f:id:Magnoliarida:20140709224658j:image

f:id:Magnoliarida:20140709224737j:image f:id:Magnoliarida:20140709224735j:image f:id:Magnoliarida:20140709224736j:image

青☆組『星の結び目』★★★★  00:16

f:id:Magnoliarida:20140709224759j:image f:id:Magnoliarida:20140709224801j:image

俳優の活動を休止する多根周作さんの最後の舞台を観てきました。もともと観る予定で、活動休止を知ったのはチケットを予約したあとでしたが・・。やっぱり寂しかったなぁ。

多根さんとの出会いは、西地修哉くんがきっかけなので2010年の『グロリア』からですが、サラリーマン役がお似合いだったメガネ・スーツ男子の多根さん(和装も好き)は、ほんとうにサラリーマンになるのですね。今後のご活躍も応援しています。だって、私も多根族ですから。

 

f:id:Magnoliarida:20140709224806j:image f:id:Magnoliarida:20140709224805j:image

W杯のため、5時まで眠らなくてはいけないので続きはあとで。

青☆組が本家ですが、時間堂『星の結び目』が素晴らしかったので、やっぱり思い出しながら観ちゃった。 http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20111230/1325260461

【FIFA World Cup2014】決勝トーナメント準決勝 ブラジル - ドイツ(ミネイロン)  04:59

#BRA #GER もうすぐキックオフ。怪我で欠場のネイマールには申し訳ないけれど、ドイツを応援します。

【ドイツ先発メンバー】GK:ノイアー DF:ヘーベデス、フンメルス、ラーム、ボアテング MF:ケディラ、シュバインシュタイガー、エジル、ミュラー、クロース FW:クローゼ

【ブラジル先発メンバー】GK:ジュリオ・セーザル DF:ダビド・ルイス、マルセロ、ダンテ、マイコン MF:フェルナンジーニョ、オスカル、ルイス・グスタボ FW:フッキ、フレッジ、ベルナルジ

 

前半11分 FKをミュラーが決めてドイツ先制!

前半23分 クローゼ

前半25分 クロース

前半26分 クロース

前半29分 ケディラ

 

   ドイツ5−0ブラジル 30分で5点って・・・・・返って楽しめないよ。

 

ブラジルがんばれ。と、思っちゃった。エジルがFK蹴るのに。ああ、ドイツ完璧です。華麗なパスワーク。それは嬉しいけれども・・見てられないわ。 見るけれど。

ドイツは情け容赦ないけれど、目の前にボールがあったら私だって蹴るよ。ゴール前空いているんだもの。

 

後半 ブラジル、フェルナンジーニョOUT→パウリーニョIN、フッキOUT→ラミレスIN

前半はGKノイアーの見せ場なかったなぁ〜スーパーセーブが見たいな〜と思っていたら・・・

後半9分 立て続けにノイアー、ノイアー、そしてノイアー、またノイアー・・と4回ステキにセーブ。

 

クローゼOUT→アンドレ シュールレ IN。W杯歴代最多得点おめでとう。ブラジル戦で16点目だって。おつかれさま。

 

後半24分 ラームのクロスからシュールレ6点目。ドイツの選手たちの喜びかたも控えめな気がする・・ いくらなんでもね。

後半34分 アンドレ シュールレが美しく7点目。現地、ブラジルサポーターも拍手を送っているらしい。

後半45分AT ブラジル、やっとオスカルがゴール・・。泣けるなぁ・・。ノイアーは無失点じゃなく悔しいね。

 

      ドイツ7−1ブラジル 

   

ドイツ決勝進出おめでとう。ブラジルは3位決定戦で勝ってほしいわ。

ドイツ容赦なかったって思うけれど、これが浦和レッズの試合だったら・・・私はかなりニヤけていると思うし、1失点がすごく悔しいはず。ごめんなさい。

f:id:Magnoliarida:20140709235119p:image ミュラーのtweet。まだ信じられないって。 https://twitter.com/esmuellert_/status/486769890481954816

July 07(Mon), 2014

今日から仕事復帰。大変だったという(←ちゃんと言ってくれる)同僚たちに感謝です。

 

f:id:Magnoliarida:20140708110033j:image 「あれがヴィーナス照れくさそうに 金星指差す人といる」【七夕吟】

今年も「下町七夕まつり」に私の短冊も飾っていただきました。

成河くん、吉原裏同心に  00:10

5日に『ビッグ・フェラー』の大千秋楽を終えた成河くんのテレビ情報です。

NHK木曜時代劇『吉原裏同心』第9回のゲスト 【総合】8月28日(木)20時〜OA http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/yoshiwara/  原作:佐伯泰英 

2014年6月26日(木)スタート!【総合】毎週木曜日 午後8時00分から8時43分 <43分・連続12回>

再放送:【総合】翌週水曜日 午前1時25分から2時8分(火曜深夜)

再放送:【BSプレミアム】翌週木曜日 午後0時00分から0時43分

スタッフブログ http://www.nhk.or.jp/drama-blog/4350/192139.html

 

f:id:Magnoliarida:20140708012721j:image f:id:Magnoliarida:20140708012722j:image f:id:Magnoliarida:20140708012723j:image f:id:Magnoliarida:20140708012724j:image 昨夜BSプレミアムで放送された『テンペスト』と『アジア温泉』を見ました(ながら見)。『アジア温泉』は眠くて眠くて途中で離脱しましたが、劇場で観ているし録画も一応したので問題ないわ。ラブラブしているアユム(成河くん)が可愛かった〜。

気になる〜  01:02

『太陽2068』初日でした。おめでとうございます。すごく気になります。

1幕 1時間20分(休憩:15分)2幕 1時間20分 合計 2時間55分

f:id:Magnoliarida:20140708012725j:image f:id:Magnoliarida:20140708012726j:image 一週間ぶりのツバメ家。新しい赤ちゃんが生まれるのかな?

July 06(Sun), 2014

f:id:Magnoliarida:20140708012636j:image f:id:Magnoliarida:20140708012635j:image 午前中、ご近所の方々がいらした。

f:id:Magnoliarida:20140708012709j:image f:id:Magnoliarida:20140708012710j:image

『十二夜』   23:50

『十二夜』作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:ジョン・ケアード 2015年3月日生劇場 

出演:音月桂、中嶋朋子橋本さとし ほか http://www.tohostage.com/12ya/

https://twitter.com/toho_stage/status/485226635092701184/photo/1 

ミュージカルだという噂も・・(゜o゜;; ミュージカルってチラシに書いてないのに・・。

 

私が成河くんを知るきっかけとなった『夏の夜の夢』がジョン・ケアード演出で、それはもう素晴らしかったので、ジョン・ケアードが演出する『十二夜』を日本で観られるのは、とても嬉しいです。早く「ほか」のキャストが知りたい!!

ミュージカルじゃないといいなーーーー。『夏の夜の夢』だってミュージカルじゃなかったし・・。

ま。観るけどね。

とくお組 23回公演『銀河ホテル〜たまプラーザ店』★★★★★  00:22

f:id:Magnoliarida:20140708012711j:image f:id:Magnoliarida:20140708012712j:image 座・高円寺1の広さ高さを生かした美術がステキ。第17回から観てきて好きだった『常夏の星』より好きかも?とても面白かったです。出演者がかつてないほど大勢で、舞台上で複数の事項が同時進行して行くので、どことなく映画っぽい。その映像的な演出が楽しくて・・近未来の設定でも近未来感がなく手作り感たっぷりなのも「とくお組」という感じで、観ながらワクワクしました。最後に窓から月が見えたとき(キャストより早く見つけた!笑)少しうるっときました。

 

「混沌としたものが好きで、たとえば渋谷スクランブル交差点の人波だとか、ホームから見える満員電車だとか(一緒に乗るのはいやですが)、いくつもの理由や目的が重なって蠢いている状態などです」と当日パンフに徳尾さん。

ええ、3人のホテルマンはストーリーのホスト的存在。チェスの大会のために銀河ホテルに宿泊しているハマムラとミズノ、これから銀河ホテルに宿泊する「一泊六日絶対見られる!?大満足お月見ツアー」客たち夫々のストーリー、それが交錯したり繋がったりする人間模様を楽しみました。どれもいちいち面白かった。ホテルで挙式をあげるためにツアーに参加したカップルの痴話げんか。その紅一点のウーピーさん(伊藤修子)の声がウグイス嬢みたいに綺麗でした。

クロサワ、イマムラ、イヅツ・・チャールス、ウーピー、ドロン、エディ・・ネーミングは映画からですね。

 

『2064年、陸地の大半が海底に沈んだ地球。ぽっかり浮かんだ場所に、銀河系一円に展開するホテルチェーン「銀河ホテル」がある。地球外に住む人々にとって、今は「地球」は観光地。なかでも「月見ツアー」が人気を呼んで、ホテルは連日満員御礼。従業員たちは、文化の違う客たちに振り回されながら、それぞれのニーズに食らいついてゆく。ただ今晩は、くもりで月が見えそうにない。』http://www.tokuo-gumi.com/hotel.html

 

でも、全6ステージは少な過ぎます!せめて10日はやってほしいなぁ。

中川晴樹さんが尾てい骨骨折で階段落ちが出来なくなり脚本を変えたという「ハマムラ」はチェスの名手ですが、ほんとうはどんな役だったのかも気になります。

f:id:Magnoliarida:20140708012718j:image

ポップンマッシュルームチキン野郎『うちの犬はサイコロを振るのをやめた』★★★★★  00:40

f:id:Magnoliarida:20140708012713j:image f:id:Magnoliarida:20140708012717j:image 駅前劇場にて『うちの犬はサイコロを振るのをやめた』R18回(そんな日があるなんて!)観劇。

笑った!楽しかった!そしてほろりと・・。PMC野郎の舞台には、いつも擬人化されたキャラクターが沢山出ていて、あり得ない彼らは、とても人情味があり優しいのです。癒し系マッサージチェアくんとかね。

なにより主人公のシヅ子ちゃん(増田カブト)と飼い犬のゴルバチョフ(未来を予知できる犬:加藤慎吾)がとてもよかった。悲しいことがあったけれど頑張りやさんでハツラツとしているシヅ子ちゃんに胸が熱くなりっぱなしの私。ゴルバチョフの飼い主シヅ子ちゃんへの愛情がとても深いことが伝わってくるので、この愛すべきふたりを応援したくてたまらない。シヅ子ちゃんがダンサーをしているお店の人たちやゴルバチョフの仲間たちが二人を思う気持ちと同化していたんだろうな〜。とても優しい気持ちになりました。男気のあるゴルバチョフみたいなペットが欲しいなぁ〜。

 

『未来を予知できるシベリアンハスキーのゴルバチョフ。その能力ゆえに愛を知ろうともしない彼と一人の惨めな女の出会いが生んだ、どうあがいても幸せになれない、心温まるヒドイ話。ダグラス・マッカーサー君が「いくら何でもデカすぎじゃね?」というコーンパ イプをスースーしていた第二次大戦直後の日本。横浜の片隅で、一匹の 犬が自 由気ままにも程がある暮らしをかましていた。彼の名前は、ゴルバチョフ。今は無き満州国に生を受け、『未来を見渡せる』能力のせいで時代に翻弄されたワケアリの男(オス)だ。脳まで溶け出しそうなある暑い夏の日、ゴルバチョフはシヅ子と名乗る一人の女と出会う。その出会いが彼を幸せの絶頂に導いた時、眼前に広がった未来のビジョンは、ゴルバチョフを最期の衝動へと突き動かすのだった!』http://www.pmcyaro.com/stage/19_uchinoinu/sp/

 

ある劇団員さんの初体験話に驚き、一瞬だったので見ない振り出来なくてあれも見ちゃったし・・PMC野郎ですから、あれも観客へのサービス精神の一環かもね(笑)けっこう濃いあのストーリーを2時間以内でおさめる吹原さん、すごいわ。

f:id:Magnoliarida:20140708012719j:image f:id:Magnoliarida:20140708012720j:image f:id:Magnoliarida:20140708012728j:image f:id:Magnoliarida:20140708012727j:image

  

f:id:Magnoliarida:20140708012715j:image f:id:Magnoliarida:20140708012716j:image

July 05(Sat), 2014

今日は忙しかったーーーー。お昼に赤坂〜日本橋で映画〜暢久の引退試合〜食事して帰宅したのが23時半。あまりにも疲れていたのでタクシーに乗っちゃった。

『マレフィセント/Maleficent』★★★★★ 

f:id:Magnoliarida:20140706110658j:image f:id:Magnoliarida:20140706110659j:image f:id:Magnoliarida:20140706110700j:image ちょっと赤坂へ 

f:id:Magnoliarida:20140706110701j:image 新くんのドラマ、楽しみ〜。

f:id:Magnoliarida:20140706110702j:image f:id:Magnoliarida:20140706110703j:image f:id:Magnoliarida:20140706110704j:image

浦和美園16時の待ち合わせまで2時間くらいあったので、上映時間97分というちょうどいい時間の映画を。3Dでした。

「眠れる森の美女」の魔女のこと、今までの概念が飛んでいったほど、マレフィセントって優しかったわ。眠れる森の美女でした。妖精の翼を奪ったあいつめ・・

山田暢久引退試合 NOBUHISA YAMADA TESTIMONIAL  05:13

f:id:Magnoliarida:20140706110705j:image f:id:Magnoliarida:20140706110706j:image f:id:Magnoliarida:20140706110707j:image f:id:Magnoliarida:20140706110708j:image まだ少し残っていた紫陽花。

f:id:Magnoliarida:20140706110709j:image f:id:Magnoliarida:20140706110710j:image f:id:Magnoliarida:20140706110711j:image f:id:Magnoliarida:20140706110712j:image 山田暢久引退試合 vs レッズ歴代選抜 Rest of the REDS

浦和レッズ 5−6(前半1−4) レッズ歴代選抜 Rest of the REDS 入場者数:33,828人

得点者:11分 李 忠成、19分 ポンテ(レッズ歴代選抜)、26分 ワシントン(レッズ歴代選抜)、28分 山田暢久(レッズ歴代選抜)、45分 ワシントン(レッズ歴代選抜)、54分 池田伸康(レッズ歴代選抜)、62分 関根貴大、65分 矢島慎也、71分 山田樹生(レッズ歴代選抜)、77分 山田直輝、82分 山田暢久

<浦和レッズ スターティングメンバー>

GK:加藤順大(→HT 岩舘 直) DF:森脇良太(→HT 濱田水輝)、那須大亮(→HT 永田 充)、槙野智章(→HT 茂木力也)(→71分 山田暢久) MF:梅崎 司(→HT 山田直輝)、阿部勇樹(→HT 関口訓充)、青木拓矢(→HT 小川鉱生)、宇賀神友弥(→HT 関根貴大)、興梠慎三(→HT 斎藤翔太)、柏木陽介(→HT 矢島慎也) FW:李 忠成(→HT 阪野豊史)

<レッズ歴代選抜 Rest of the REDS スターティングメンバー>

GK:都築龍太(→HT 安藤智安) DF:坪井慶介(→HT 室井市衛)、田中マルクス闘莉王(→HT 堀之内聖)、ネネ(→HT 城定信次) MF:鈴木啓太(→HT 福永 泰)(→83分 ポンテ)、小野伸二(→HT 酒井友之)、平川忠亮(→HT 宮沢克行)、ポンテ(→HT 池田伸康)(→80分 福田正博)、山田暢久(→65分 山田樹生) FW:田中達也(→HT 岡野雅行)(→83分 ワシントン)、ワシントン(→HT 内舘秀樹) SUB:長谷部誠 

ハセはクラブの都合で試合には出られないけれど、来てくれました。 永井雄ちゃんやアレは天皇杯があるため参加できず。残念 (T_T) 

f:id:Magnoliarida:20140706111056j:image f:id:Magnoliarida:20140706111124j:image f:id:Magnoliarida:20140706111057j:image f:id:Magnoliarida:20140706111124j:image f:id:Magnoliarida:20140706111126j:image f:id:Magnoliarida:20140706111125j:image f:id:Magnoliarida:20140706111128j:image f:id:Magnoliarida:20140706111129j:image



 

豪華なメンバーがあれだけ揃うって!ワシントン、ネネ、ロビーはブラジルからこのW杯シーズンにわざわざ地球の裏側まで来てくれて。暢久ってみんなに愛されているなぁ。天皇杯で試合があり来られなかった永井雄ちゃんとアレは来たかっただろうなぁ。雄ちゃんはまっさきに参加表明してくれたものね。

f:id:Magnoliarida:20140706110714j:image f:id:Magnoliarida:20140706110713j:image レッズサポには有名なSさん。ご自分を掲品物登録していました(笑)前にもありましたよね。6番ユニ、素晴らしい出来です。

f:id:Magnoliarida:20140706110715j:image f:id:Magnoliarida:20140706110716j:image 楽しかったね。

【FIFA World Cup2014】決勝トーナメント準々決勝 オランダ - コスタリカ( )  05:13

#NED #CRC オランダを応援していますが、コスタリカもがんばれっ!

オランダ先発/GK:シレッセン DF:フラール、デ・フライ、マルティンス・インディ、ブリント MF:スナイデル、ワイナルドゥム FW:ファン・ペルシ、ロッベン、カイト、デパイ

コスタリカ先発/GK:ナバス DF:アコスタ、ゴンサレス、ウマーニャ、ディアス、ガンボア MF:ボルヘス、ボラーニョス、テヘダ FW:キャンベル、ルイス

 

コスタリカの完璧な守備陣とGKナバス(Keylor Navas)のスーパーセーブ連発で前半終了。すごい試合!

 

後半も決まらす。延長戦へ。もうやだーーーーー。

 

延長戦も死闘が続き・・。もうすごすぎて泣けてくる試合でした。

最後オランダはPK用のGKを投入。GKをシレッセンからクルルへ。ファンファール監督の采配が当たるかどうか。

コスタリカはPKが正確らしい。

 コスタリカ:〇☓〇〇☓

 オランダ :〇〇〇〇 

GKクルルがヒーローに!オランダがベスト4へ。コスタリカも素晴らしかった。

素晴らしい試合でした。鳥肌が何度もたったよ。いい試合をありがとうございました。

 

MOMはファンファール監督?

 

    今後の放送予定 http://www.asahi.com/worldcup/schedule/

July 04(Fri), 2014

f:id:Magnoliarida:20140705073441j:image 今日まで休暇。公共料金名義変更の電話。レンタルベッド等の返却などなど・・。ベッドがないと寂しいなぁ。

f:id:Magnoliarida:20140705073518j:image クリーニング屋さんからお悔やみをいただく。さくらんぼ♪も。

M&Oplaysプロデュース『鎌塚氏、振り下ろす』初日★★★★★ 

f:id:Magnoliarida:20140705073445j:image f:id:Magnoliarida:20140705073442j:image f:id:Magnoliarida:20140705073443j:image f:id:Magnoliarida:20140705073444j:image f:id:Magnoliarida:20140705073447j:image f:id:Magnoliarida:20140705073448j:image f:id:Magnoliarida:20140705073446j:image 北村有起哉さんファンでもある友人と観劇前に食事。カレーもケーキも美味しくて素敵なお店でした。また行きたい。

f:id:Magnoliarida:20140705073449j:image f:id:Magnoliarida:20140705073450j:image 生クリームはずしてもらったら寂しい人参のケーキ。

f:id:Magnoliarida:20140705073502j:image f:id:Magnoliarida:20140705073503j:image 本多劇場へ。 

2011年「鎌塚氏、放り投げる」、2012年「鎌塚氏、すくい上げる」に続く鎌塚シリーズ第3弾。今回の舞台は上見ケシキが女中としてお仕えしている中之院家(レイジロウ公爵:北村有起哉←王子様のような爽やかな衣裳が思いのほかお似合いでした)。その家のレイジロウおぼっちゃんのことで助けてほしいと、ケシキに鎌塚アカシ氏が呼ばれるところから始まります。

初日なので(初日だからの裏の方でのバタバタ感も楽しみ、初日だからのおぼつかなさに私が緊張したりも)あまり語りません。ほんとはしゃべりたい!!ネタバレしたい。

あ、回ります。今回も盆です。ぐるぐる回ります。倉持さんが演出する鎌塚氏シリーズの盆に勝る盆を、私は観たことないです。観てほしいなぁ〜。

あれ、アカシ氏の思い出の曲ですよね。子ども時代にひょうきん族を見ていたアカシさん、里子に出された先で聞いていたあの曲、何度かカラオケで歌ったことあります(懐メロ・・笑)

伝説の執事アカシ氏のお父様のお名前は鎌塚フリオなのね。フリオ・イグレシアスみたいだ〜ベンガルさんだけど、鎌塚シニアと呼びましょう。

出演者が公式発表より多数でした。かなりいる(笑)彼らの苗字しかわかりませんが、いい活躍していました。

終わりあっさり。THE END.ではなかったので、まだまだこのシリーズ続きそう。2年置きとかで続けてほしいよーー。

最近はコント番組の脚本も書いている倉持裕さん・・倉持さんの温かみがあって少しほろりとさせ劇場を出るときに幸せな気持ちになるコメディが私は大好き。

初・鎌塚氏の有起哉さんファンの友人も大笑いしていました。前2作を観ていなくても全然問題なく新鮮に楽しいです。ぜひぜひおススメ〜。

f:id:Magnoliarida:20140705075219j:image f:id:Magnoliarida:20140705073509j:image 堂田テルミツ。 

D

 

f:id:Magnoliarida:20140705073454j:image f:id:Magnoliarida:20140705073453j:image f:id:Magnoliarida:20140705073455j:image f:id:Magnoliarida:20140705073456j:image f:id:Magnoliarida:20140705073457j:image f:id:Magnoliarida:20140705073459j:image f:id:Magnoliarida:20140705073458j:image f:id:Magnoliarida:20140705073500j:image f:id:Magnoliarida:20140705073452j:image f:id:Magnoliarida:20140705073501j:image

f:id:Magnoliarida:20140705075220j:image お土産ありがとう♪

【FIFA World Cup2014】決勝トーナメント準々決勝 フランス - ドイツ(マラカナン)  01:08

#FRA vs #GER 緊張しますーーーーー。

フランス先発/GK:ロリス DF:デビュッシー、ヴァラン、サコー、エヴラ MF:カバイェ、マテュイディ、ポグバ FW:ベンゼマ、ヴァルブエナ、グリエスマン

ドイツ先発/GK:ノイアー DF:ラーム、ボアティング、フンメルス、ヘーヴェデス MF:シュヴァインシュタイガー、ケディラ、ミュラー、クロース、エジル FW:クローゼ

 

前半12分 セットプレー。フンメルスのヘディングシュートでドイツ先制!スバラシイゴールだよ。

 

      フランス0 - 1ドイツ

 

後半23分 ドイツ  クローゼ OUT シュールレ IN

後半28分 フランス サコーOUT コシエルニー IN  サコー負傷

後半28分 フランス キャバイエ OUT レミー IN ディフェンス減らして攻撃に出る采配

  

後半38分 ドイツ  エジル OUT ゲッツェ IN

後半38分 フランス バルブエナ OUT ジルー IN

ドイツのGKノイアーはもう神で。で、フランスのGKロリスも神で・・・ふたりのナイスセーブにホレボレする。

 

アディショナルタイム4分。ノイアーすごいーーーーー。

後半47分 ドイツ  クロース OUT クラマー IN

 

すごい試合でした。楽しかった!でも、フランスにも得点あげたかったな。 フランス0 - 1ドイツ

【FIFA World Cup2014】決勝トーナメント準々決勝 ブラジル - コロンビア(カステロン)  06:14

起きたら前半終了してました。お互いに7点くらい入っている夢を見ました。

ブラジル先発/GK:ジュリオ・セーザル、DF:チアゴ・シウバ、ダビド・ルイス、マルセロ、マイコン、MF:フェルナンジーニョ、パウリーニョ、オスカル FW:フッキ、フレッジ、ネイマール

コロンビア先発/GK:オスピナ DF:サパタ、ジェペス、アルメロ、スニガ MF:サンチェス、ハメス・ロドリゲス、クアドラード、グアリン FWグティエレス、イバルボ

#BRA vs #COL

前半7分 ブラジル チアゴ シウバ  ←彼、イエロー2枚もらったので次は試合に出られません。

 

後半33分 ブラジル ジュリオ セーザルのFKで2点目。ものすごいFKでした。

後半35分 ハメス・ロドリゲスがPKを決めてコロンビアが1点。ロドリゲスは今大会6点目。

 

ネイマールが膝蹴りされ(相手の膝が背中に入り)担架で運ばれていった。起き上がれなかったので心配です。

 

      ブラジル準決勝進出。 ブラジル2 - 1コロンビア

 

コロンビアは全勝してきたんだよね。今回は残念でした。決勝トーナメントの得点は厳しいね。

試合終了後、可愛いハメス・ロドリゲスを慰めるブラジルのダビド・ルイスとダニエウアウベスが優しい。そしてユニフォームを交換をしたのは、ハメス・ロドリゲスを最後まで離さなかったダビド・ルイス(笑)←絵になる二人だけどもねー。

 

https://twitter.com/FBaresi/status/485180884354871296/photo/1

July 03(Thu), 2014

今日は母の誕生日です。ケーキを買ってこなくっちゃ。

今日は  23:24

年金相談センターと銀行へ。

 

f:id:Magnoliarida:20140704011315j:image f:id:Magnoliarida:20140704011316j:image お昼はチャーハン。美味しかったけれど、前に座ったおばあさんが食べていたサラダ麺にすればよかった。

 

入院していた病院に行き、最後の支払い。

 

f:id:Magnoliarida:20140704011318j:image 友だちと会う約束の時間までけっこうあったのでマッサージへ。

 

f:id:Magnoliarida:20140704011321j:image f:id:Magnoliarida:20140704011323j:image f:id:Magnoliarida:20140704011322j:image 受付と会計をやってくれた友だちとごはん。私のこの2日の食事写真を見て「野菜食べていないと思ったから、和食か沖縄料理を食べよう」と言ってくれたのです。いつもありがとう。

f:id:Magnoliarida:20140704011324j:image 友だちが頼んだケーキ。シフォンのところだけもらいました。

July 02(Wed), 2014

今日は  23:19

f:id:Magnoliarida:20140703015932j:image  午後から区役所へ。

戸籍謄本や住民票、印鑑証明を数枚。母の印鑑登録カードと住民基本台帳カードの返還と保険関係の手続き。保険証は、葬祭費の請求(5万円出る←もっと欲しい〜)が出来るらしいので、その手続きのときに持っていく。

年金相談センターに行きたかったけれど、それは明日にして(夜映画館に行く予定があったので)SoftBank shopへ行き、携帯電話の解約。

 

なんか今後のことを考えるとぞっとする。今までみたいに遊んでばかりいられないなぁ・・。秋までの色んなチケットのある分はもういいとして・・これから観劇控えなくては。 Hoobastankはチケット取るのやめておこうかな。もう急に私ケチケチしそう。

ここに住んでいられなくなったらどうしよう・・だもの。

National Theatre Live 2014 『ザ・オーディエンス/The Audience』★★★★★  00:35

昨日告別式だったのに・・と思われちゃうかもしれませんが、家にひとりでいてもつまらないし・・行ってきました。

f:id:Magnoliarida:20140703015946j:image f:id:Magnoliarida:20140703015949j:image f:id:Magnoliarida:20140703015950j:image 

監督:スティーブン・ダルドリー、脚本:ピーター・モーガン

映画「クィーン」でエリザベス2世を演じアカデミー主演女優賞を獲得した名女優ヘレン・ミレンが、再び同役を熱演。

http://www.ntlive.jp 

素晴らしかった。イギリスの観客が笑っているところで笑えない悔しさ(英語が、というより英国の時事ネタがわからないので)はあっても、面白かった〜〜。ヘレン・ミレンと歴代総理大臣たちがチャーミングでした。プライベートでの王妃との会話が時に親密で、王妃セラピストのように見えてきます。王妃が総理大臣にお酒を入れてあげたことにも驚いたよ。美術と衣裳もステキ!王妃の小女時代を演じた女の子もよかった〜。

 

休憩時間終わり近くのピーター・モーガンとヘレン・ミレン、衣裳クリエイターたちのインタビューも面白かった。

National Theatre Liveに毎回パンフレットがないことがホントに残念。

 

年表を作ってくださった方がいました。https://twitter.com/tip_top_toe/status/482923611561267202/photo/1

 

映画館がガラガラだったことがとても信じられない!

 

『「ザ・オーディエンス」を見る前に、登場する首相たちの動画を見ておくと、そのそっくりぶりがより楽しめるというというのでまとめてみた。(+Wikipediaのリンク)』というのを今更見つけた。あとから見てもきっと面白そう。http://www.twitlonger.com/show/n_1s29oui

 

次は8月に『リア王』です。National Theatre Liveはぜったいに見たほうがいいと思います。『フランケンシュタイン』『コリオレイナス』、そして今回の『ザ・オーディエンス』と本当に素晴らしかったから。http://www.ntlive.jp/program.html

そこをなんとか2  00:57

8月3日(日)スタート BSプレミアム 毎週日曜22時〜 《49分・連続8回》『そこをなんとか2』に川口覚くん出演のお知らせが出ました。http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/30000/185783.html

 

2ということは1もあったのね。と調べたら、『そこをなんとか』全話再放送ありますね。http://www.nhk.or.jp/drama-blog/1620/

7月6日(日)よりBSプレミアムにて毎週日曜午後3:30〜 2話ずつ(最終話のみ8月2日(土)午後4:30〜)

1の公式ホームページ http://www.nhk.or.jp/drama/sokonan/

今日の夕刊  01:00

f:id:Magnoliarida:20140703020030j:image f:id:Magnoliarida:20140703020031j:image 読売新聞ALL ABOUTは綾野剛くん。舞台稽古写真を見て『太陽2068』の美術、もしかしたらネクスト・シアターのハムレット風なのかしら・・なんて思ったりしています。

前川さんが綾野剛くんを語っています。

『(綾野さんは)演技面での魅力は、しゃべらない沈黙の部分で雄弁さを出せるところかな。』『台本でも彼の持ち味を生かせるように沈黙や間をしっかり持たせてみました』

『実際に稽古に臨んだ綾野さんから「舞台のセリフじゃないみたい。映像的な感じがした」という感想が聞けたのはすごく嬉しかった。自分自身、映像方向に興味があるので……』と前川さん。これは『リヴィングストン』の映画化とかいつかあるかしらん。←(何度も言っちゃうけれど漫画の絵が怖くて本が読めないのです。映画化希望。)

最後『前作は前作で高い評価を受け、熱心なファンもいましたが、」のくだりに、「私もそうよ〜」って言ったみたよ。

f:id:Magnoliarida:20140703020120j:image 綾野くんの灰皿投げがあるようです。蜷川さんのオマージュ?と成宮くんが言ったとか。。

 

f:id:Magnoliarida:20140703020117j:image 『母に欲す』劇作家・演出家の三浦大輔さんの記事(祐成秀樹さん)私は『ストリッパー物語』しか観たことがないので楽しみ。

 

f:id:Magnoliarida:20140703020118j:image ハイバイ新作『おとこたち』の岩井秀人さん。耳たぶがぷっくりしていて気持ちよさそう。『アルバイト生活を続ける劇団員にも思いをはせた。「幸せの形は色々あるが、定職に就かないと居場所がなくなってしまう社会で、僕たちの未来を考えてみた。笑いながらも思い悩んでしまうような、喜劇と悲劇の両面を備えた芝居になれば』

 

f:id:Magnoliarida:20140703020119j:image 小田嶋雄志の「芝居よければすべてよし」はデヴィッド・ルヴォーの『昔の日々』

 

母の入院とかでバタバタしていて、私は『昔の日々』の感想を全然書いていないんだった。日生劇場は広過ぎ・・センターブロックに座れた観客にはいいけれど、サイドの席からはとてもとても遠いお芝居でした。麻実さんと若村さんがとても美しく強くステキだったのですが、帰りにもらった演出ノートみたいな紙が余計だった。もらわず帰ったひとのほうが幸せね。読まなければよかった。または読んでから観たかった。

July 01(Tue), 2014

一日祭   23:37

眠くてさっきまでうたた寝・・それはW杯のせいね。眠ーーーーーーい。

受付と会計をやってくれた友だちは火葬場に行かなかったのでお礼のメールしなくちゃ。ありがとね。神道はめずらしかったでしょう。

f:id:Magnoliarida:20140704011312j:image f:id:Magnoliarida:20140704011311j:image f:id:Magnoliarida:20140704011310j:image

終わりました。とてもよかったと思います。父と同じ斎場だったのもよかった。「枕直し」及び「納棺の儀」をしていただいたお部屋が父と同じでした。当時の記録はもうないので偶然ね。24日の朝転倒しておでこをぶつけた内出血がちょうど目の回りに下りてきて黒くなっていたところもキレイにお化粧してもらえてよかった。

 

通夜祭、葬場祭、十日祭、そして火葬祭まで無事終わりました。「ここ、とても親切だね」と従兄弟たちが感動していたくらい良くしていただきました。最初は身内だけで(家族葬)と思っていたのですが、どんどん増えていき結局ふつうの葬儀になっちゃいましたが、数人ですがお友達にも見送られ良かったと心から思いました。私の会社の社長と同僚も来てくれました。同僚が来ると思わなかったので驚きましたが、ありがとう。

 

あと火葬場がね・・そこでやりたがらない人もいるくらい古い建物だというので少し心配していたのですが、私は気に入りました。レトロ感たっぷりですが、炉の数もとても少なく、その黒い扉がクラシックでいい感じでした。高い煙突があり横浜で煙が出るのは、もうその火葬場だけとのことでした。待合室の昭和っぽさもね・・映画の舞台になりそうでしたよ。トイレは新しくしたらしくきれいでした。母の骨はとてもいい状態で上あごまで綺麗に残っているのはめずらしいと言われ、神道なのであまり関係ないのですが喉仏も綺麗だと。母が褒められているみたいで嬉しかったです。

f:id:Magnoliarida:20140704011314j:image 

 

そういえば、もう7月。3日は母の誕生日。

 

残念だけど、01:00〜 アルゼンチン VSスイス 05:00〜 ベルギー VS アメリカ は録画にします。ちょっと見ちゃうかも。

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |