Hatena::ブログ(Diary)

日本は危機的な状態です!

2017-11-20

日本版トマホーク早くやれ!


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!

 日本版トマホーク政府が開発の方向で検討している。

政府は、地上の目標を攻撃できる巡航ミサイルを開発する方向で検討に入った。

 防衛省が2018年度から研究を始める予定の対艦ミサイルに対地攻撃能力の付加を計画しているもので、日本が対地巡航ミサイルを本格的に開発するのは初めてとなる。敵に占領された離島の奪還が主目的だが、敵基地攻撃も性能上は可能で、北朝鮮への抑止力向上にもつながる見通しだ。

 巡航ミサイルは搭載したレーダーなどによって攻撃目標に向かう精密誘導兵器で、弾道ミサイルが放物線を描いて上空から飛来するのに対し、飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行する。米国の「トマホーク」と共通点が多いことから、防衛省内では開発するミサイルを「日本版トマホーク」と位置付けている。(2017年11月20日 読売新聞)』(http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171120-OYT1T50002.html

 遅すぎる!

 こんなの、当然持ってないとおかしい!

 それが、今から検討し始める段階だからね。

 皆さん、日本の防衛力がどれほど劣っているか、噛みしめよう(第9位戦力の自衛隊)。

 現状、日本の適地攻撃力はゼロだから、軍事力は実質的にゼロに等しいのである。




<日本版トマホーク必要!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>


人気ブログランキングへ


(リンク)

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6879.html

2017-11-19

考えずにやれ!


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!

 米海軍特殊部隊の元司令官が述べる、朝すぐに行動するために前日の夜にやっておく2つのこと。

『・ジャッコー・ウィリンク(Jocko Willink)氏は、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの元司令官ベストセラー作家、ポッドキャストも人気だ。

・同氏の新著[Field Manual]は、自己管理の習慣づけについて記している。

・ウィリンク氏には、次の日に備えて、寝る前に行う2つのシンプルな習慣がある。

 ネイビーシールズ チーム3 タスクユニット「ブルーザー」の元司令官ジャッコー・ウィリンク(Jocko Willink)氏は、自身のユニットに「自己管理は自由につながる(Discipline Equals Freedom)」というモットーを注入してきた。

 これは、確立された手順とガイドラインを作り、守り続けることによって、手順に手間取ることなく、目の前のミッションに集中でき、想定外の事態にも対応できるというものだ。

 ウィリンク氏の著書[Dicipline Equals Freedom: Field Manual]では、同氏が共同創業者となっているリーダーシップ・コンサルティング会社エシュロン・フロント(Echelon Front)や、同氏の人気ポッドキャストで紹介した考え方とルーティンの集大成。

 ウィリンク氏はBusiness Insiderとのインタビューで、目覚めと同時に素早く行動を開始するため、前日の夜に行っている2つのことを紹介してくれた。誰にでもできることだ。

■ジム用の服を夜のうちに用意

 午前4時30分、ウィリンク氏は起床と同時にガレージに自作したジムへと向かう。同氏は[Field Manual]の中で紹介したメニューでなくても、何かしらの運動はすべき、と語った。

「近所の散歩、ジョギング、健康体操、ウェイトトレーニング、水泳でも何でも構わない」と同氏。

「だが血行を促進し、やるべきことに向けて頭を切り替えるために何かすべきだ」

 運動を習慣づけようとする時、最大のハードルとなるのは運動を予定に組み込もうと、余計な努力をしてしまうこと。ハードルを下げるには、運動用の服を前日の夜に用意しておいて、朝、ベッドから出た瞬間に着られるようにしておくことだとウィリンク氏は述べた。(Nov. 15, 2017 BUSINESS INSIDER JAPAN)』(http://www.businessinsider.jp/post-107153

 これはつまり、習慣の力を利用しろということ。それには同意する。

 シールズの名前は、パヨクのせいで日本では少しイメージが棄損されてしまったが、こっちが本物である。

「朝は考えずに、いつも決めた通りやれ!」

 それがシールズの流儀らしい。大した事ではないが、覚えておこう。




<良い習慣を維持しよう!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>


人気ブログランキングへ


(リンク)

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6878.html

2017-11-18

怪しいチベット地震


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!

 チベットでM6.9の地震震源深さは10キロと推定。

中国地震局によると、18日午前6時34分(日本時間同7時34分)ごろ、内陸部のチベット自治区ニンティ市メンリン県で、マグニチュード(M)6・9の地震が発生した。震源の深さは10キロと推定されている。

 詳しい被害状況は分かっていないが、中国ニュースサイトには地震直後、建物から飛び出して路上に集まった住民が撮影したとみられる動画が掲載されている。一方、地震の規模について、米地質調査所(USGS)はM6・3としている。(2017年11月18日 朝日新聞デジタル)』(http://www.asahi.com/articles/ASKCL3H7TKCLUHBI00B.html

 これは怪しい。

 チベット支配を進める中国共産党にとって、あまりにも好都合な地震

 地震兵器が使用されたのではないだろうか(中国の地震兵器が使われた?)。

 M6.9くらいの地震は、大きめの核弾頭一個でも引き起こせる(エネルギーの比較)。

 地震兵器は技術的に不可能ではないから、その程度の事は、疑ってみる必要があるのだ。




中共の陰謀を疑え!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>


人気ブログランキングへ


(リンク)

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6877.html

2017-11-17

トランプを脅した韓国・北朝鮮


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!

独島エビ」について日本が抗議し、それを知った米が韓国に指摘したところ、韓国は今になって「独島」の文字を削除したそうだ。また、トランプは、元慰安婦と知らず抱擁していたことが分かった。

韓国大統領府が7日にトランプ米大統領を招いて開いた晩餐(ばんさん)会で、韓国不法占拠する竹島島根県隠岐の島町)の韓国側呼称「独島」の名前のついたエビの料理を出した問題で、米政府の指摘を受けた韓国側がメニューから「独島」の文字を削除していたことが16日、分かった。また、晩餐会に招待された元慰安婦についても、トランプ氏は元慰安婦と認識せずに抱擁していたことも判明した。

 日本政府はエビ料理と元慰安婦の招待について7日中に韓国側に抗議した。日本政府関係者によると、韓国側は日本の抗議には反応しなかったが、日本の抗議を把握した米国の指摘を受け、「独島」名を外したという。

 安倍晋三首相は10〜14日にベトナムフィリピンで開かれた国際会議に韓国文在寅大統領らとともに出席したが、日韓首脳会談は行わなかった。(2017.11.17 産経ニュース)』(http://www.sankei.com/politics/news/171117/plt1711170010-n1.html

 この事件は単なる反日ではない。


 その裏にあるのは、北朝鮮によるトランプへの「脅し」だ。

 韓国反日人脈は、背後が北朝鮮と繋がっている。リッパート元駐韓米国大使を金基宗(キム・ギジョン)が襲撃した事件に関し、韓国政府は「従北勢力」によるテロ事件だと事件直後に述べていた(黒幕は北朝鮮!? いや韓国サイドが仕掛けた? 米国大使襲撃事件の闇)。

 リッパート暗殺未遂事件以前に、金基宗は、反日活動で有名だったのである。それで韓国内で英雄と見做され、リッパートに近付く事が出来た。韓国の中で、反日反米はセットになっており、その背後に北朝鮮があるという構図が出来ている。

 今回、トランプに抱きついた慰安婦も、過去に反米デモに参加していた事が暴露されている(トランプ氏とハグした元慰安婦の女性、5月の反米デモで”ヘイトスピーチ”の形跡)。

 そして怪しい「独島エビ」も、巧みに米政府の目を盗んで仕込まれた。このエビについては、韓国外務省も知らなかったという(韓国独島エビ「関与せず」 外務省)。怪しい力が働いたという訳だ。

 それらの背後を辿ると、恐らく反日から反米へ、そして北朝鮮人脈へと繋がる筈である。

 つまり、殺ろうと思えば、北朝鮮はトランプを暗殺できた。料理に毒や生物兵器を仕込んだり、抱きついた慰安婦にVXガスを持たせる事も、金正恩は出来たのである。

 だが、金正恩は、そうしなかった。それをすれば、アメリカを怒らせて核攻撃されると思ったからしなかったのだろうが、金正恩にして見れば、「トランプよ、お前など抹殺するのは簡単だ、付け上がるな!」と米に明確にメッセージを伝えたのである。

 反日に託けたトランプへの示威行動。それが、今回の反日騒動の本当の意味だろう。

 だが、トランプに脅しが効くだろうか?、小心な日本の政治家なら、この程度でブルってしまい大人しくなるのだろうが、仮にもアメリカ大統領に、こんな姑息な脅しは効かない筈だ・・・。それくらい北朝鮮も分かっている筈。つまりこれは、北の考える対米交渉の第一段階に過ぎない。

 北朝鮮アメリカ国内にも工作員侵入させている。

 私は、米国本土で北朝鮮工作員がトランプ暗殺を企てる可能性があると思う。アメリカは警戒するべきだ!




<米は北スパイを警戒せよ!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>


人気ブログランキングへ


(リンク)

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6876.html

2017-11-16

怪しい転覆船!


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!

 能登半島沖合で北朝鮮の小型船が転覆。3人を救助。「帰国したい」と述べているという。

『15日午後1時45分ごろ、石川県能登半島の北方約360キロ沖合の日本海海上で転覆している小型船を海上自衛隊航空機が見つけ、連絡を受けた第9管区海上保安本部(新潟市)の巡視船が同3時40分ごろ、船底の上にいた男性3人を救助した。いずれも北朝鮮人と確認され、命に別条ないという。

 9管によると、救助された男性は「帰国したい」と話しており、亡命目的ではないとみられる。小型船には計15人が乗っていたとみられ、残る乗組員を巡視船4隻が現場で捜索している。(2017.11.16 産経ニュース)』(http://www.sankei.com/world/news/171116/wor1711160003-n1.html

 15人乗りで3人救助。残りは?

 残りの連中は、何処行ったんだよ!

 能登半島と言えば、北朝鮮工作活動の盛んな地域。遭難に見せかけて、工作員侵入させたんじゃないか?

 日本には、北朝鮮工作員が何万人も居る。侵入した工作員を匿う事は容易い。

 本国から何かの指令を持って特殊工作員10名以上が日本に侵入したとみるべき。彼らは恐らく、特命を帯びている。何らかのミッションを遂行する目的で日本に侵入した!

 警戒せよ!




<北工作活動を警戒せよ!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>


人気ブログランキングへ


(リンク)

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6875.html