橋本健二の読書&音盤日記

2016-09-25

classingkenji+books2016-09-25

ザルツブルク音楽祭2016 ノリントン/カメラータ・ザルツブルク

8月17日は、モーツァルテウムの大ホールで、カメラータ・ザルツブルクのコンサートを聴く。指揮は、名誉指揮者のロジャー・ノリントンで、曲目はオール・ベートーベンで、「プロメテウスの創造物」と「エロイカ」。

古楽指揮者第1世代というものがあったとすると、アーノンクール、レオンハルト、ホグウッド、ブリュッヘンなどが他界した現在、ノリントンは最後の生き残りといってもいいだろう。足取りは少々おぼつかず、ずっと座ったままの指揮だが、動きは軽快で、演奏は生気にあふれていた。

「プロメテウスの創造物」を実演で聞くのは初めてだ。演奏はノリントン自身が書いたナレーション付きで、ナレーターはドイツ語訳も手がけたハンネス・アイヒマン。もともとのギリシャ神話とはだいぶ違っていている。プロメテウスが自分で作った土人形に、神から盗んできた火を使って命を吹き込んだものの、知性も感情もないただの生き物。そこでアポロやパッカスなど、仲間の神々たちの力を借りて、人形に知性と感情、そして音楽の楽しみを教え、最後はみんなで踊って大団円、というお話。速めのテンポで、楽しい演奏だった。

「エロイカ」も、全体にテンポが速く、軽快に進んでいく。最終楽章は、「プロメテウスの創造物」の最終楽章とテーマが同じだから、これでプログラムが完成し、大いに盛り上がる。終演後は万雷の拍手で、ノリントンがザルツブルクの聴衆の敬愛を集めていることがよく分かった。モーツァルテウムの響きの美しさも、相変わらずである。(2016.8.17)

2016-09-17

classingkenji+books2016-09-17

ザルツブルク音楽祭2016 Jedermann

今回のザルツブルク音楽祭、最初はコンサートではなく、演劇。この音楽祭が今日の形を整えたのは1920年だとされているが、この年に行われた唯一の出し物が、この劇だった。Jedermannというのは英語だとeverymanのことで、タイトルであるとともに主人公の名前でもある。副題は、「金持ち男の死の物語」。強欲な金貸しであるイェーダーマンは、母親の忠告も聞かずに金もうけに奔走し、知人や愛人を集めて大宴会を催していたところ、死神が現われて、彼を連れて行くという。みんなに助けを求めるのだが、誰も相手にしてくれない。「善行」や「信仰」が現われては彼を諭し、最後には覚悟を決めて墓に入っていく、というお話し。ドイツ語なので一割ほどしか分からなかったが、話の流れは見ていれば分かる。

音楽の役割が大きく、音楽劇といえないこともない。最初はデキシーランド風の音楽に合わせて登場人物が一斉に現われ、顔見せをしてから劇が始まり、要所要所で音楽が大きな役割を果たす。会場は大聖堂のそばで、ときおり伽藍の鐘が高らかに響き渡り、感動を呼ぶ。そして最後は、最初と同じように音楽とともにみんな去って行く。

この劇を見るのは、以前からの懸案だった。一度見たから、当分はもう良いだろう。(2016.8.16)

2016-09-13

classingkenji+books2016-09-13

ザルツブルク音楽祭2016

2014年に続いて、2年ぶりにザルツブルク音楽祭へ行ってきた。

ザルツブルクは天気が変わりやすく雨の多い地域で、天気予報はたいがい「曇り時々晴れ一時雨」といった具合。だから実際の天気は、その時になってみないとわからない。しかし今回は、比較的天気に恵まれ、雨で出歩けないような日はなかった。今回鑑賞したのは、劇が一つ、コンサートが四つ、オペラが一つ。順に、紹介していこう。

もうひとつの重要な目的は、もちろん酒と料理である。写真は、ザルツブルクを代表するビール、シュティーグル。左がピルスナーで、右はツヴィッケルという無濾過のビールである。

2016-05-05

ホームページのリニューアル

メインのホームページをリニューアルしました。こちらのブログも、そろそろ更新を再開します。

橋本健二のホームページ リニューアル版

2012-10-03

classingkenji+books2012-10-03

ザルツブルク音楽祭2012 モーツァルト・マチネー7

音楽祭の最後は、モーツァルテウムでのモーツァルト・マチネーの最後のプログラム。指揮はマルク・ミンコフスキーで、曲はリンツ交響曲とムソルグスキーの「モーツァルトとサリエリ」。

まず「リンツ」の演奏が素晴らしかった。生気溢れる演奏で、オーケストラの技術も指揮に十分応えている。最終楽章で、バイオリンの細かいパッセージが一糸乱れずに繰り返されるところなど、目を見張る見事さだった。CDでも聴いたことがなかったが、こんな素晴らしいモーツァルト指揮者がいたのかと驚かされた。

「モーツァルトとサリエリ」は、サリエリによる毒殺を中心に置いたプーシキンの原作により、ムソルグスキーがモーツァルトをまねたスタイルで書いた曲。途中にはモーツァルトのピアノ協奏曲風のような部分や、レクイエムからの引用もある。ドラマティックに変化をつけながら、モーツァルトのオペラ風に見事に演奏していた。二人の歌手は声量も豊かで、オペラらしく表情も豊かに歌い上げた。こちらも名演。最後のマチネーも、素晴らしいコンサートだった。(2012.9.1)