Hatena::ブログ(Diary)

新東京邂逅記 by 長谷川高 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-02-09

[]連帯保証を取らない米国がつくったトランプ大統領


米国大統領トランプ氏をどのように理解すれば良いのか、世界中のインテリ層が困っているようです。

これまでの発言が、本気なのか、脅しなのか、口先だけなのか・・・。


そんな中で橘玲氏のブログは実に興味深い。

http://www.tachibana-akira.com/2017/01/7446

「ヤクザのビジネスでは、かならずしも発言(恐喝)と行動(犯罪)を一致させる必要はありません。そんなことをすれば、組員の大半は刑務所に入ってしまうからです。しかしその一方で、相手に口先だけだとバレてしまえば、いくら脅してもなんの効果もないでしょう。

そこでヤクザが利用するのが「不確実性」です。99%の確率でなにも起こらないが、1%の確率で殺されるかもしれないと思えば、生命はひとつしかないのですから、要求されたお金を払うのが合理的な判断になります。このようにしてヤクザは、暴力の行使による損失を最小限にしつつ、最大の恐喝効果を実現することができるのです。」


ヤクザのその手法をトランプ氏がとっているといった内容です。

しかし、私は、トランプ氏が恣意的にそういった戦略?をとっているのではないと感じます。


つまり彼は、全く戦略などなく、ただの天然なのだと。

彼は、単純に暴君であった子供時代のままの懲りなく君なのではと感じます。

(同大統領が少年時代に気に入らない女教師を殴ったという話しは有名です)

おそらく子供の頃から今まで直情的に言いたいことを言って、かつやりたいことをやって来た、それが7割か8割程度(幸運にも)彼の思うように実現してきためでたい人間なのではないかと感じます。


その証拠にこれまで3回だか4回も会社を破綻させておきながら、未だに巨大ビルや邸宅をもった大金持ちなのですから。

だから彼には「本当の挫折」がない、70歳を過ぎても少年時代のままの「暴君的懲りない少年」なのだと。


日本にも、また不動産業界にもこういった人物が時々存在しました。


しかし、日本では皆、そういった方はいつの間にか表舞台から去りました。


何故ならば、日本では会社の代表個人による連帯保証制度が実に充実?しているので複数回会社を破綻しても復活し、懲りない者を誕生させる土壌など(ある意味残念ながら)ないからです。


よってトランプ大統領という人物は会社の代表個人の連帯保証を取らない(プロジェクトファイナンスが発展した)米国故に生まれた大統領であると強く感じます。


よって、結局のところトランプ大統領誕生によって発生した不確実性は未だ高いままだと感じるのです。



***

不動産、不動産投資の全般のご相談は下記へ

長谷川不動産経済社

2017-02-06

[]「活気」と「景気」はイコールなのだ


先日、友人がマカオに行ったのですが、立地の良い物件であれば、何でもない通常のファミリータイプのマンション価格が数億円であったと。

そういったマンションの築年数が30年、40年、50年といったものも多かったと。


f:id:digicon:20170206103326j:image



以前は1,000万円程度のマンションが今はざっくり1億円になった言った話を聞くと、私なんぞは、幾ら土地が狭いマカオと言えどやはり行き過ぎでその値上がり部分の過半はやはりバブルではないかと思ってしまいます。

しかし、そこまで価格を押し上げて来たのはその要因となった好景気があった訳です。(少なくとも今までは)


一方、マカオは不動産だけでなく、日本に比べ兎に角「活気」があったと言っていました。

カジノの経営は一頃の隆盛は一転し、現在では下降気味だそうですが、それでも街には活気があったと・・・・。

先般、台湾に行かれた方もやはり非常に活気があったと言われていました。

これは香港や上海、その他アジアの新興国を訪れた方が皆が一様に口にする言葉です。

「生老病死」の「老」と「死」を感じなかったと言った方もいました。

そこには、ただ「若さ」と「活気」があったと。



日本における何とも言えない活気の無さは、やはり1に高齢化、2に少子化の影響を地方都市だけでなく東京も大きく受けているからだと感じます。



これは根本的な問題故にどうも日銀が金融政策を大きく操作してもマクロ的にはなかなか厳しい道のりなのではと感じます。

移民政策を取れない日本はさらなる「観光の世界一化」と「農業(農地法)の改革と解放」、「医療・介護の分野の働く人の幸福化と産業化」が重要だと感じます。



手遅れにならない内に大きく舵を切らないといけないと。

これは政府の政策も個人のビジネスや投資・資産ポートフォリオも同じですね。




***

不動産、不動産投資の全般のご相談は下記へ

長谷川不動産経済社

2017-02-02

[]私とJAFの付き合いは長い。


普段はあまり有難いと思ったことはないが、先日のように夜道、急に車のハンドルが効かなくなり停止した時、JAFの存在は本当にありがたかった。

寒空の中、JAFの車が現れた時、感動すら覚えた。

故障車を当日は家へ、そして翌日はレッカーして頂き修理工場へ持ち込んだ。

これが全て無料なのだ。


私は古い中古の外車に乗っているのでJAFとの契約は不可欠である。

私の車はある意味(日本車に比べ)ハイリスク・ローリターン?かもしれないが、乗り心地とデザインが気に入っているから仕方がない。


私自身もリスクを負う投資家や不動産オーナーにとってJAFのような存在であれば理想だと感じる。

投資行為が上手くいっている時は特段必要ないのかもしれないが、いざという時には役に立つ。

それも「流石だ」と感じて頂けるレベルでだ。


又、更には、将来のリスクを予見して事前事前にリスクを回避するアドバイスをできればと。

リスク回避の価値はある時は非常に大きいことになるはずだ。

そしてこれこそがプロとしての役目だと感じている。





***

不動産、不動産投資の全般のご相談は下記へ

長谷川不動産経済社

2017-02-01

[]大勢の人が成功しだしたらピーク


株式投資でも不動産投資でも素人もプロも含め大勢の者が成功しているように感じたらその時がピークなのでしょう。

又はもう坂道を転がり始めているかもしれません。


旅館業でもラーメン屋さんでも長きに渡り成功を収めるのは難しいものです。

(私の家も祖父の代まで旅館業をしていました。)


何でも「業」として長期に渡り結果を出すのはそう簡単ではありません。


投資も賃貸業も「業」な訳ですからそれはそれなりに本来難しいはずです。


しかし、何だかよく分からないが皆が何となく上手く行っている、上手く行っている人がちょっと多いようだ・・・となるとそこには何か不自然なものを感じます。


やはり、そういったことは長くは続かないのではと感じます。


それ故、本来は来たる次の段階に備えて、色々と準備する必要があると思います。



***

不動産、不動産投資の全般のご相談は下記へ

長谷川不動産経済社

2017-01-31

[]これが本当の不確実性の時代だ


昨日、某経済誌の購読を辞めた。


トランプ大統領、この人こそが正に不確実性そのものだ。


おそらく私達現代の日本人がこれまで会ったことがない人間が米国の大統領になった。


中学時代のどの不良少年とも異なり、高校時代に会ったどの秀才とも歌舞伎町の不良学生とも異なり、大学時代、六本木を闊歩していたなんだかよく分からない大人とも、不動産業界に大勢いたバブルの紳士達の誰とも違う。


この大統領がこれからどんな行動を取るのか、誰も予想がつかない。


ましてインテリや評論家やアナリストの類には到底予想など不可能だろう。

よって、購読を辞めてしまった。



会社の近くのカフェで、若いOLさんが、

「トランプ、誰かんに暗殺されるんじゃないの!」とのたまう。


いや〜本当に不確実性の時代に入ってしまった。



皆さん、非常口の近くに移る時かもしれません。

ベルトを締めて、準備はできましたか?


***

不動産、不動産投資の全般のご相談は下記へ

長谷川不動産経済社

2016-11-24

[]直近の講演実績 by 長谷川高


今年は、「現在の不動産市況と業界の未来」等々と題して、不動産業界団体向けに講演を幾つかさせて頂きました。

全宅の品川区支部、全日の多摩西支部、大和ハウスや積水ハウスでは取引先である不動産業者さん向けの親睦会等々でも。

やはり業界にも大きな過渡期が来ていると感じました。

その他、土地の有効活用、不動産投資、賃貸業生き残り戦略等々、全国に参りました。

以下主な講演内容と主催者を掲載します。



講演のご依頼はこちらをご参照下さい。

http://www.hasekei.jp/lecture/index.html



2016/11/18

「これからどうなる?不動産市況と不動産経営」

積水ハウス様(豊橋支店)主催のセミナーにて


2016/11/11

「生き残る賃貸住宅経営とは?」

大和ハウス工業様(埼玉支社)主催のセミナーにて


2016/11/05

「生き残る賃貸住宅経営とは?」

大和ハウス工業本社様主催のセミナーにて


2016/10/20

「日本の不動産市況〜現状とその未来」

東京都宅地建物取引協会品川区支部様主催の講演会にて


2016/10/16

「勝つための不動産投資と賃貸経営術」

新潟日報社様主催の『資産いきいきセミナー』(新潟)にて


2016/10/15

「勝つための不動産投資と賃貸経営術」

新潟日報社様主催の『資産いきいきセミナー』(長岡)にて


2016/08/06

「これからの賃貸ビジネス」

全国賃貸住宅経営者協会連合会・京都中央支部様主催のセミナーにて


2016/05/08

「賢いマンション投資術」

東京建物様の不動産・住宅セミナーにて


2016/04/24

「失敗しない土地活用〜これからのアパート経営・生き残り戦略」

岩手日報社様主催『資産をつなぐ一日大学』にて


2016/04/19

「日本の不動産市況〜現状とその未来」

全日本不動産協会東京都本部多摩西支部様の法廷研修会にて



長谷川不動産経済社

2016-07-25

[]ミグ25戦闘機とベレンコ中尉亡命事件の思い出


先日、テレビで旧ソ連の最新鋭戦闘機、ミグ25(MiG-25)戦闘機に乗ったパイロット、ベレンコ中尉が函館空港に強行着陸し、その後米国に亡命したという事件をドキュメンタリーにて再現していました。

それを見ていて私も色々と当時のことを思い出し、懐かしく感じました。


f:id:digicon:20160725214058j:image


その当時、私の父は石川島播磨重工業(IHI)の航空宇宙事業部なる部署でロケットエンジン等の研究開発をしていました。

この事件が連日テレビニュースで報じられていたある夜、それも随分遅い時間に父に会社から電話がありました。

父はその電話が終わるとおもむろにスーツに着替え出し、

「これから出張に行って来る」

と言いました。



父は普段会社に行くようなラフなツイードのジャケット姿ではなく、紺のスーツを着始めました。

私は「珍しい、こんな夜にどこに出張なのか」とも思いました。



行き先を母親が尋ねると「ミグ戦闘機を見て来る」と一言。

険しい感じで急いで家を出ていきました。



それから数日経って父親はぶらっと、そう正にぶらっと帰ってきました。

尚かつ何故か笑顔で帰ってきたのです。



典型的な理系人間で人付き合いの苦手だった父は、普段からあまり喜怒哀楽を顔に出すことはありませんでした。しかし、その時は、何故かにこにこ笑いながら、つまり嬉しそうな顔で帰宅したのです。



私は「ミグ戦闘機はどうだったの?」といったことを父に聞いてみました。

その時返ってきた答えが、一言一句正しく記憶している訳ではないのですが


「大したことが無かった」


というようなものでした。

続けて


「真空管を使っていたよ」


とだけ私に告げて、この話しはこれで終わりといった感じでまた何時ものように黙ってしまいました。



それでも、やはり父親はどこか嬉しそうな表情をしていました。



私は「ジェット機に真空管??本当かいな?」と半信半疑でした。

当時、テレビ等の家電製品ですらもう真空管など使われておらず、全てトランジスターに換わっていたからです。



それが昨日、テレビを見ていたら、本当にあの最新鋭と言われたミグ戦闘機を分解したら真空管が使われているのを見て、日本の技術者がびっくりする場面が再現ドラマで出てきたのです。



父は30歳でIHIに転職する前は、防衛庁の第三研究所という所で誘導ミサイルの研究をしていました。

昭和6年生まれの父は戦争には行っていませんが、戦争の記憶は深くかつ鮮明にあったようです。

「自分の少年時代、周りの者は皆、戦闘機のパイロットになるのが夢だった。でも自分は戦闘機を造ることをしたかったんだ・・・」とも言っていました。だから自分の夢はある意味叶ったとも。

また、朝鮮戦争当時は、米軍の基地で敵弾を受けたファントム戦闘機の修理の為に(防衛庁から)借り出され、血で染まった操縦席に頭を突っ込んで何機も修理をしたとも言っていました。



ミグ25戦闘機がベレンコ中尉と共に日本にやって来た時は、正に東西冷戦の真っただ中で、今とは全く異なった緊張感がありました。

そして、当然ながら日本の仮想敵国筆頭はあのソ連でした。

ソ連機が日本の空域を侵犯し自衛隊機がスクランブル発進したといったニュースがしょっちゅうテレビで流れていた時代です。現在の尖閣諸島領海に頻繁に越境して来る中国船のニュースにある意味似ているかもしれません。



そのソ連が世界に誇る最新鋭戦闘機を見て、父は父なりに一技術者として確信をもって何かに安心したのかもしれません。




長谷川不動産経済社

2016-07-02

[]手持ち資金を見透かされた夏の日


今年も暑くなってきました。

この夏は猛暑が続くということで、ここ数年クーラーが壊れたまま乗っていたドイツ車を修理に出しました。


このドイツ車は知合いの方から50万円!で譲って頂いたものです。

購入した時点で既に走行距離は8万キロでしたが、もうすぐ20万キロ!となります。

50万円という価格で購入させて頂きましたが、流石ドイツ車、これまでの修理費代は累積で300万円以上は掛かっているかと。

今では、「これは果たしてお買い得な買い物だったのかどうか?」ということはもう考えないようにしています(笑)


このドイツ車のクーラーが数年前に壊れまして、その時、修理代の見積もりがなんと約30万円!。

50万円で買った車のクーラーの修理が30万円!というどうにも納得し難い事実に悶え苦しみ、根性で暑さに耐え数年が経過しました。

しかし、この夏、再び猛暑がやってくると聞いて、流石にもう体力的に限界!どうにでもなれっ!といった気持ちで修理に出したのでした。


そして、先日、修理が終わったということで、虎の子の現金31万円!を握りしめ、バカ息子の車を引き取りに行きました。

その日は、丁度役所を梯子する用事があり、早速冷え冷えになった車に乗って郊外に向かいました。



ある役所で申請書類を出して長椅子に座っていると、私の前方に、やはり長椅子に座った初老の男性が選挙関連のテレビを見ながら何か独り言を言っていました。

やたら荷物が多い方で、おそらく外の暑さを避けてクーラーの効いた役所に涼みに来たのでしょう。


しばらくすると、そこに外国の学生風の青年が何かの申請にやってきました。そしてそのおじさんの横に座りました。

するといきなり

「あなた、どこの国から来たの?」

と気安く話しかけました。留学生なのか真面目そうな青年は

「アメリカです」

と。

「アメリカのどこ?」

「マサチューセッツです」

「ああそう!オレはあのトランプという奴が嫌いでね。でもオレはヒップホップが好きなんだけど君は?ヒップホップ好き?」

と矢継ぎ早の質問です。

おじさんは何故か手に洋楽雑誌をもっていました。


f:id:digicon:20160702174326j:image


しかし、その時、青年が自分の番号を呼ばれたようで

「スミマセン」

と言って席を離れてしまいました。


次に間髪入れず、今度は、中年の女性がおじさんの近くに座りました。

すると今度は、

「奥さん、オレはヒップホップが好きなんだけど、奥さんはヒップアップだね!」

とセクハラ的な発言を繰り出してきました。


その女性は怪訝な表情をして直ぐに席を立ってどこかに行ってしまいました。

残るは私だけです。


しかし、おじさんは、180cm、80キロの大柄の私には何も話し掛けてきません。

勿論私も『オレには話し掛けるなよ』オーラを出していました。

これは、六本木にいる黒人の客引きにも充分有効でしたので「流石におじさんも俺に話し掛けるのは無理だな・・」と。


なんて思っていると、今度は私の番号が呼ばれました。

そして、私が窓口に向かおうと立ち上がった瞬間、


「社長さん!オレはヒップホップが好きだけど、社長はアップアップだね!」



=============================

今月7月28日(木)、約3年振りに自社主催セミナーを行います!

『ビジネス・お金・投資・不動産に関する生き残りセミナー』

〜streetwise, 都会を生き抜く為の実践的な知恵〜

http://www.hasekei.jp/news/news01/index.php?id=124





長谷川不動産経済社

2016-06-29

[]起業とビジネスの真実と要諦


以前、飲み会の席で後輩Nに「長谷川さんは人を育てて来ませんでしたね」と突然言われたことがあります。

このNは以前より毒舌な後輩君で、今までも何度か彼の一言に怒り「表へ出ろ!」と言いかけたこともあったのですが、少し間を置いて考えると、まとを得たことを言っているものですから、怒る前に考え込んでしまうのです(笑)。


その時も、一瞬むかっと来たのですが、よく考えてみると確かに

「自分は色々な意味で人を育ててこなかったな(涙)」

と深夜の帰り道に思った次第です。

そして後悔というか反省も致しました。


しかし、人を育てると言っても私なんぞに不動産以外のことで何か他人様にお伝えできることができるかと???


何度かこれまで考えてきたのですが、まあ敢えてあげれば、「起業」というか「ビジネス」の真実とでも言うのでしょうかそれを持続させる為の要諦ならお伝えできるかなと。


かつて私自身も独立してなかなか食べていけるようにはなりませんでした。

起業時に1,300万円あった貯金も3年でどんどん減り底をつきかけたこともありました。


当時、私は起業するにあたって始めたことの一つは頻繁に異業種交流会に参加することでした。

今省みるとこれが不思議な程、全く何の役にも立ちませんでしたが。

(会社を辞めて独り身の寂しさを飲み会で紛らわすことはできましたが・・・)

ですから私は未だに「人脈」なる言葉に凄く抵抗感がありますし、そして、それは簡単にできるものでは到底ないと思っております。


また、「手帳」にも凝りました(笑)。

バインダー型の皮の表紙の分厚い手帳を買い、その「手帳の使い方」の本を何冊か購入し必死に勉強し「目標を達成する為の手帳の書き方」を実際実行致しました。

しかし、これも何の役にも立ちませんでした。


その他、松下幸之助さんや京セラの稲盛さんのいわゆる「経営者本」も読みあさりました。しかしこれらも読んだ当初は勉強になったような気がしましたが・・・。


さて、何故こういった一連のことが役に立たないのでしょうか?

それには一つ一つちゃんと理由があることが起業して20年経った今は分かります。


例えば、異業種交流会なるものの参加者の殆どが「何者でもない者」の集まりだからです。

何者でもない、何ももたない者同士が集まっても、そこから何か特別なことが生まれる訳がありません。そこに何かを期待しても到底無理というものです。


また、手帳やノートの取り方でビジネスがどうにかなる程、そもそも「商売」とは簡単なものではありません。

(それでどうにかなるなら苦労はしない、笑)


更には、私も含め殆どの中小企業の経営者は大企業の経営幹部が読むような経営者本を読んでも役には立たないのです。

我々はしょせん小さなゲリラなのです。ゲリラにはゲリラの戦い方があるのです。

連合艦隊司令部率いる海軍の戦い方とは異なるのです。

地を這いまわり、時には穴を掘りその中でじっとしていたり、お手製の武器をしこしこと創るのです。

f:id:digicon:20160629202317j:image


私も当時は、そんな当たり前のことも全く分からず、ただただ日々悪戦苦闘し、霧の中をもがいていました。


今ならどうしたら良いのか、私なりの方法論はございます。


その辺りも今回の来月末開催のセミナーではお伝えしたいと存じます。

(何だ、宣伝かよと、言わない下さいね、笑)

http://www.hasekei.jp/news/news01/index.php?id=124





長谷川不動産経済社

2016-06-28

[]英国のEU離脱と日本国内不動産の関係


英国がEUを離脱しました。まさかの出来事でした。

これまでもおそらく起こらないであろうと思っていたことが、このように充分起こり得るのだということを今回の出来事が改めて知らしめてくれました。

また、このことが日本国内にどの程度の影響を及ぼすか、これもまだまだ予想できないことではあります。

しかし、予想できないからと言って「私の周りに関係ない、国内は大丈夫である」と言い切ることは到底できません。

例えば、「今回のことは海外の政治、経済の問題であり、日本国内の不動産に関して影響は無い」と言い切る方もいらっしゃるようですが、私はそのようには思いません。


既に英国やEUの通貨が現に売られ、そのあおりで円高になっています。

これだけでも輸出企業には大問題です。

またこれまでEU全域でビジネスをしようと英国に進出した企業は工場や支社の全部ないし一部を今後EU諸国内に移転する必要が出てくるでしょう。

更には、今後EUの金融や経済が収縮するようなことがあれば、そもそも対EUへの輸出量も減る訳です。


一方、日本国内において、輸出企業の工場が町をささえる企業城下町は、東京郊外も含め首都圏並びに全国に無数に存在します。

各企業が再び円高等の原因で経営不振に陥り、工場の閉鎖、縮小といった方針をくだした場合、各企業城下町の「不動産」が壊滅的打撃を受けることは言うまでもありません。


一例として、東京郊外に青梅市という人口約13万人の自治体がありますが、近年日立関連工場の閉鎖や東芝の事前の大量退職が相次ぎ、東京都内でありながら人口も激減してきています。

当然ながら不動産の価格、賃料共に激しく落ちてきています。

不動産の価格も賃料も需給で決まる訳ですからそこで働き住む人が減ることによる当然の結果と言えます。

勿論影響は不動産価格や賃料だけではありません。

小売りやサービス業全般にも大きな打撃を与えます。

物やサービスを買う人の絶対数が減るのですからこれも当然です。


今回の英国によるEU離脱もそうですが、例えば、海の向こうの出来事だからと言って何ら備えも対策も講じないとすれば、それはあまりにものんきかつ不作為であると言えます。

リーマンショックの発端であったサブプライムローン問題も当初は「所詮海の向こうの出来事だ」と皆が思っていました。

しかし、それが結果的には100年に一度の世界金融恐慌になったのです。


これからの時代を私は「何が起こるか分からない時代」だと以前からお伝えしてきました。


また、こういった時代を生き抜く為には、何かが起こった時にこそ、それを逆にチャンスに変えていくいわゆる「逆張りの発想」も非常に重要だと感じます。


今回、厳しい時代を生き抜く術を考える自社主催セミナーを7月28日に行います。

(自社主催セミナーでこその、普段なかなかお話ししづらい本音をお伝え致します。)

よろしければ、お気軽にご参加下さい。

http://www.hasekei.jp/news/news01/index.php?id=124




長谷川不動産経済社