地に足を着けたい

19/01/10(木)

[]2019年やっていく宣言

 新年の抱負でも書いとくか、と思っていたら三が日が過ぎ、まあ松が明けるまでには、なんて考えていたらもう10日ですよ。だからといって投げ出さない。適当に何かしら形にしておく。これが大事。


 ゲームをろくすっぽ遊べていないのが去年の大きな反省点だ。積んであるだけならともかく、序盤だけ触ってそのまま再開しそびれたケースも。スマホのアプリゲームにはかなり「消耗」させられている感覚がある(イベントだけでなくログインボーナスにすら)。漫然と時間を使うのではなく、目的意識を明確にしてゲームをプレイしていきたい。

 目標は平日にコツコツ積み重ねること。休日に頼りすぎない。幸いルーティーンはほぼ固まっていて、ここ何日かはうまくいっている……ように思えたが、今日は就寝時刻がズレこんでてよろしくないな。スティーヴン・ガイズ『小さな習慣』を参考に決めた「Mini Habits」の定着を図りつつ、他のことにも応用していく。


 健康面では体重を増やしたい。

 大学入学以降ずっと独り暮らしで、ここ10年で病院に行ったのは一度きり*1という頑丈さだが、これは達成ではなくたまたま問題が起きなかっただけだし、不具合のリスクは間違いなく増加していく。

 しばらく前に、健康診断を受けたのも約10年ぶりだった。肝臓と尿糖がB判定だったが、他は全てA判定。父親の遺伝や食生活の面で心配していた高血圧も問題がなさそうだった……のに総合結果はC判定。見直したら体重の欄に「C」。たしかに極端な痩せ型だけど、すべて覆されるほどなのか?

 いわゆる太らない体質なのだけれど、そうは言っても摂取カロリーを充分に増やせば脂肪はつくらしい。しかし食生活の改善にはお金か時間のどちらかは必要になってくるわけで、なかなか難しい。とりあえず米の量を増やすか……?


 ブログはやっていきます。マジに。大層な記事を書こうとしない。とりあえずアップする。『小さな習慣』で学んだのは、「ブログを更新する」ことをタスクにするのではなく、たとえば「ポメラを開いて文章を一行書く」ことを目指す。ハードルを下げて最低限のアクションを1日1回実行して、興が乗るようならもっとやれば良し。

 あと完全に18禁な内容の記事は別の場所に載せようと思っていて、はてなブログを使うつもりでいたらダイアリー移行の必要が生じてしまったので、どこか性的なコンテンツに向いたプラットフォームを探しています。noteとかどうなんだろう。

*1:心配なことがあり念のため泌尿器科で診てもらった。杞憂だった。診察室に某マンガ家のサインが置かれていて「なぜここに?」と思った

18/12/31(月)

[]2018年の振り返り


VTuber

 2018年に何が起こったかといえば、バーチャルYouTuberの躍進でしょう。キズナアイの存在は知っていて、輝夜月とバーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん(ねこます)の活動辺りから界隈に関心を持つようになり、月ノ美兎のファンになった。

 月ノ美兎は17歳の高校2年生でありながら一昔前のオタク話が飛び出す「ウサミン(安部菜々)じゃん」的なキャッチーさも魅力のひとつだが、過去の珍妙なエピソードを抱えていて、生放送でのひとりしゃべりが達者なことに惹かれた。だからラジオ企画を始めてくれた時はうれしかった。

 彼女が所属する団体「にじさんじ」には他にも多数のメンバーがいる。ゲスト出演などをきっかけに樋口楓・エルフのえる・鈴鹿詩子らの活動もチェックするようになり(みかえるコラボめっちゃ好き)、ジョー・力一(りきいち)や竜胆尊など新規加入勢にも注目している。AbemaTVでの冠番組「にじさんじのくじじゅうじ」が始まったり、樋口楓の歌のライブが控えていたりと、今後の展開も楽しみだ。


マンガ

 変な自意識のせいか、気軽に感想を書けなくなっているので、肩の力を抜いて適当にやっていった方がたぶん良い。コミティアには毎回参加できているものの、商業の続刊を追ったり読切のチェックは積みがちで、専門書はろくに読めていない。うまいこと習慣になった「マンガ新刊注目タイトル」ツイートは続いている。

 俺マン2018は以下の通り。いつもギリギリまで悩む。

 https://twitter.com/flunky53/status/1079621723824173056

 ツナミノユウ『ふたりモノローグ』はきれいに完結。めでたい。修学旅行編では笑いながら急にしんみりさせられて天晴だった。

 藤本タツキの新連載『チェンソーマン』が非常に面白い。スマートな泥臭さがある。


映画

 今年は面白い映画が豊作だったなー!ってここ数年毎度思ってる気がする。年間ベストは以下の通り。

 https://twitter.com/flunky53/status/1079621314380320768

 山田尚子監督『リズと青い鳥』は繊細な演出力の塊、高坂希太郎監督『若おかみは小学生!』は骨太なテーマを真正面から描いていて、どちらも傑作。


ゲーム

 祝・スマブラSP発売。しばらくは細く長く触っていく。発売前の期待感が高まっていた時期の流れで、対戦動画もちょくちょく見るようになった(れあ、あばだんご、タミスマなど)。DLCファイターでもまだまだ盛り上がりそうだ。

 『メギド72』は期間限定イベントを完全に無視する形でストーリーだけ進めていたのだけれど、イベント報酬を回収していないことに物足りなさを感じるようになってしまい、そうなるとスケジュールに対する義務感がのしかかってきて中断している。

 『Dead Cells』等のSteamでリリースされたインディーゲームがNintendo Switchで販売される流れは歓迎している。『Slay the Spire』も楽しみだ。

 『Vorpals』あるいは『ペーパーテイルズ』のデザイナー、上杉真人が退職してボードゲーム事業に専念するという朗報がつい先日飛びこんできた。今後の活動にわくわくしている。


MTGアリーナ

 「Magic: the Gathering」というカードゲームを中学3年生で始めて、高校生の間はかなり熱が入っていた。対戦の面白さもあるが、ゲームデザインについて考える体幹が鍛えられたという自覚がある(アドバンテージとかリソースコントロールとか)。大学進学で引っ越して、新たな環境で続けていくのを断念してしまったけれど、たまに動向は追っていた。

 2018年9月末。「Magic: the Gathering Arena」のオープンベータが始まった。「Magic Online」(MO)という公式のオンライン対戦ソフトはずっと前から存在しているが、MTGアリーナには「Hearthstone」などのDCGの隆盛による影響が見て取れる。

 何年かぶりにプレイしたMagicには懐かしさ以上にひりつく面白さがあった。継続して遊ぶうちに環境の知識を得てより楽しくなっていく。デジタルという形ではあるが復帰できて良かった。


最後に

 仕事が変わってようやく安定の兆しが見えてきたとか、妹が結婚したとか色々あるけど、もう時間がない。はてなダイアリーの移転もやらないといけない。

 それでは皆様よいお年を。

18/01/31(水)

[]エロマンガ家まりおによる、絵を描くためのブックガイド

 成年向け雑誌「COMIC X-EROS」の現役作家に実践テクニックを聞くコーナー「登れ!エロまんが坂!!」。60号の第60回では、まりおが「絵を描きたいけど何から始めたらいいのかわからない」人に向けて本を紹介している。


 絵の上達には模写がいいとよく聞く。「見たものをそっくりに描く技術の第一歩としておすすめ」されているのが、ベティ・エドワーズ『脳の右側で描け』だ。他にも近刊から定番まで、練習書と関連書籍を理由も合わせて紹介している。エロマンガに限らず、人体を描く基礎を学びたい人には参考になるのではないだろうか。

 また番外で「毎日練習を続けることができない」などの悩みに対して、スティーブン・ガイズ『小さな習慣』を挙げていた。読んでみたところ理屈には納得させるものがあったので、実践してみて感想を書こうと思っている。


 ブックガイドは前半のページで、後半はインタビューとなっている。

 絵や漫画を描き始めたきっかけについて「仕事として明確に意識したのはA-10先生に出会って以降」との回答は収穫だった。大学の漫研の先輩とのこと。好きな作家に接点が見つかるのはうれしい。

 作画のための本ではなく「「漫画」の作り方についておすすめの書籍などはありますか?」というのはいい質問だ(不勉強なもので「あー、あれね。読んだことないけど……」という本が紹介されていたので近々買います)。さらにカルロス袴田によるネームのコツの記事も参考になるとのこと。

 あと『あしたのジョーに憧れて』や『マンガ サ道 〜マンガで読むサウナ道〜』の話もしていて、最近のマンガもちゃんと読んでるんだなと思った。


---------------


 まりおは『デッサン55の秘訣』が「これから絵を描き始めたい人から現在描いている人まで広くオススメしたい実践的な良書」でありながら絶版のため、マール社に再販を呼びかけていた*1。幸い復刻の企画が通ったようで、1月24日に発売されていた。ありがたい話だ。



17/10/17(火)

[][]位置原光Zがファミリー4コマ誌のコラムで18禁ゲーム『臭作』を語る

まんがライフオリジナル 2017年 11 月号 [雑誌]


 『ポプテピピック』で一躍有名になった竹書房から刊行されているファミリー向け4コママンガ誌「まんがライフオリジナル」。リレー形式でのコラム「マンガ家ゲーム日記」が掲載されていて、11月号(10月11日発売)の第3回には『アナーキー・イン・ザ・JK』の位置原光Zが登場。18禁アドベンチャーゲーム『臭作』(1998年)を紹介している。

 エロゲーとしてのシステムなど概要の解説は簡潔で判りやすく、おそらく本作のキモである部分については『魔法少女まどか☆マギカ』と『Undertale』を絡めて語っていて、ぐっとプレイしてみたくなった。1ページのコラムに可愛いヒロイン勢が描かれていて文章も手書きなので、同人誌即売会のペーパーやコピー本の趣きがある。

 お友達紹介で次号に呼ばれたのは『hなhとA子の呪い』の中野でいち。コーナーの題字がハトポポコなこともあり、コミティアの内輪で回してる感が強い。スマブラの話をしてくれるのではと予想している。


 それにしても、むんこ・みずしな孝之・小坂俊史が載っているほのぼの系の雑誌で盗撮陵辱モノ18禁ゲームをオススメする行為はアナーキーだし、編集部の懐の広さには感謝したい。



 商業デビュー読切。女子たちの下ネタ最高。


---------------


 『Undertale』は非常に面白かったというか、得難い経験だった。『MOTHER2 ギーグの逆襲』と変わった演出が好きな人には強くオススメしたい。ゲームシステムやある種の構造について語りたくなるところだが、全てを支えているのはキャラクターたちの魅力に尽きると思う。

17/07/25(火)

[]表現への挑戦 女子高生ラップバトル部『キャッチャー・イン・ザ・ライム』連載開始

週刊ビッグコミックスピリッツ 2017年34号(2017年7月24日発売) [雑誌]



 背川昇による新連載『キャッチャー・イン・ザ・ライム』が週刊ビッグコミックスピリッツNo.34(7月24日発売号)で始まった。

 しゃべるのが苦手で全然言葉が出てこない高辻皐月が、即興のラップで戦う「フリースタイルバトル」の部活に誘われる。


4コマパートの導入と開放

 作中で「4コマ」「非4コマ」のふたつの形式を使い分けているのが特徴的だ。入学式が明示される冒頭1ページ目は一般的なストーリーマンガのコマ割りだが、自己紹介がうまくいかず部活をどうしようか迷うシーンは4コママンガで描かれ、ラップバトル部のふたり(天頭杏・南木原蓮)が登場すると再びコマ割りが自由になる。

 4コマ形式のメリットは情報量だ。見開き2ページに対して4コマ×4本、4つのエピソードを描ける。読者としても見慣れたフォーマットだから詰めこまれた印象は受けにくいだろう。今回新連載の第1話にもかかわらず18ページという短さで、その尺にうまく収める効果は見込める。

 そして4コマという「制約」からの自在なコマ割りには対比で開放感が強く表れる。大ゴマのインパクトは格別だ。2話以降もこの使い分けを続けるのなら、バリエーションや発展形を見てみたい。


 4コマパートを別枠で進行させるテクニックといえば九井諒子『現代神話』*1だろう。

 博『明日ちゃんのセーラー服』では、見開きで4×4の16コマを「教室の座席に対応した生徒16人の名簿」として打ち出していて衝撃的だった(手前のページに名簿を開く指のコマを置いておく前振りにも注目)。


音のないマンガでラップを魅せられるのか

 ラップといえばライム(韻)。韻を踏む――母音が共通する言葉を重ねることで、リズムを作っていく。たとえば今回の扉絵には「日々最低 起死回生」「自己嫌悪、イノセントな言葉で仕留めんの」といったリリック(歌詞)が書かれている。

 しかしマンガの台詞は目で追いながら意味を拾ってはいるが音声として認識していない気がする*2。作中のバトルでは韻を踏んでいる箇所を太字で判りやすくしていたが字面だけではおそらく不十分で、読者が「脳内で音読」する姿勢に入る必要がある。個人的には特に意識しなくても、文章や単語をかみしめるような演出(今回でいえばタメ+傍点)があれば音で伝わっていると感じた。

 さらに本作はラップの中でも「フリースタイルバトル」だ。先攻後攻に分かれて、交互に相手を即興でDisる(けなす)。勝敗は観客のリアクションや審査員で判定。Disは的確か?前のターンのDisに十分にアンサーしているか?韻の踏み方はどうか?といった点に着目される。

 マンガは時間をコントロールできる。ボクシングで本来なら一瞬の間に、選手が何を思案しているのか心の声をかぶせられるし、実況が長々としゃべることすら不自然ではない。ラップバトルの最中にも、優勢か劣勢か、Disが痛烈か返せそうか、などの心情描写を加えることで、リアルとは異なる面白さが出るかもしれない。

 とにかくマンガで描くのは難しそうな題材だが、それだけにどんな表現が出てくるか楽しみでもある。エピソードを重ねてキャラクターの人間性が深くなるほどDisも活きてくると思うので連載が続いてほしいところだ。


監修に般若&R-指定(Creepy Nuts)

 「フリースタイルダンジョン」という番組で、賞金を狙うチャレンジャーを倒すモンスターとして出演しているラッパーのR-指定(Creepy Nuts)、そしてラスボスの般若が監修の名義でクレジットされている。

 作品にどういった形で介入しているのかは判らないが、最近はお笑い芸人がラップをやると流行に迎合するなとか言われがちなので、ブームの立役者がバックについているのは心強いと思われる。

 今回のスピリッツには新連載記念企画「フリースタイルバトル講座」と称した鼎談が掲載されている。素人の自分にもなるほどと思える話が多かった。

背川 ラップが上手いのとフリースタイルバトルが強いのは、また別の話ですよね。

般若 バトルで勝ちたいなら、イヤなやつになるしかない(きっぱり)。

R-指定 ただ同じイヤなやつでも、勝てるやつと勝てないやつがいて、勝てるイヤなやつには、「こいつのここがダメや」っていう、相手をよく見てるからこそ出てくるフレーズがある。これは相手をちゃんと観察する愛がないと出てこない。

(週刊ビッグコミックスピリッツ2017年No.34 p.194)

 勝敗のカギとしても納得がいくし、フリースタイルダンジョン出演者のカップリング二次創作をTwitterで度々見たことを思い出した。いわゆる「関係性萌え」みたいなエッセンスはマンガだとより使えるかも……?


---------------


 背川昇は腋汗という名義で、主にコミティアで活動していた。サークル名はキセガワ上流。


---------------


【追記】『キャッチャー・イン・ザ・ライム』1巻が2018年2月23日に発売された。表紙かっこいい。

キャッチャー・イン・ザ・ライム 1 (1) (ビッグコミックス)

*1『竜の学校は山の上』に収録

*2:アニメやゲームも存在するキャラクターをマンガで読む際に声優のボイスが想起される人がいるとは聞く。

flunkyflunky 2018/02/23 23:49 単行本1巻の発売を追記。