Hatena::ブログ(Diary)

反貧困でつながろう(イベント情報ほか)

2020-03-12

ウェブサイト移転のお知らせ

 

反貧困ネットワークウェブサイトは、下記URLに移転しました。登録ブックマークやリンクの変更をお願いいたします。

http://antipoverty-network.org/

2012-03-31

3/31 もやい10周年記念書籍『貧困待ったなし!とっちらかりの10年間』(岩波書店) 出版記念イベント

■□■ ワーキングプア・派遣村・震災・ひろがる貧困 ■□■

     〜いろいろあったけどこのへんで見とおしてみようよ〜

おかげさまで、私たちNPO法人自立生活サポートセンター・もやいは、今回、10周年を迎えました。

ワーキングプア、派遣村、そして震災・・。この10年、この社会も<もやい>も本当にいろいろありました。

<もやい>と関わりを持つ多くの方々とご一緒に、

これまで歩んできた道のりと、これから向かっていく先を、ともに見通してみたいと思います。

ぜひご参加ください!

日時: 2010年3月31日(土)14:00〜19:00

場所: 聖イグナチオ教会(カトリック麹町聖イグナチオ教会)ヨセフホール

東京都千代田区麹町 6-5-1(JR 中央線営団地下鉄 丸の内線南北線 四ツ谷駅下車  徒歩1分 上智大学手前)http://www.ignatius.gr.jp/annai/access.html

内容: 

第一部  シンポジウム

第二部 立食パーティ&リレートーク

入場無料 (カンパ差し入れ大歓迎!)

*保育あり。要予約(1週間前までにお申し込み下さい。下記お問い合わせ先をご参照ください。)

*バリアフリー、手話通訳あり。

主催: NPO法人自立生活サポートセンター・もやい

■タイムスケジュール

14:00〜 ・・・・開会挨拶

14:15〜 ・・ ・・・もやいの活動紹介

14:45〜 ・・・・シンポジウム

17:30〜 ・・・・リレートーク&立食パーティ

〜19:00 ・・・・終了予定

■内容紹介

・・・第一部 シンポジウム・・・

<もやい>とこの社会の10年間を、ご紹介しつつ、振り返ります。

【パネラー紹介】

☆稲葉剛

<もやい>設立当初からのメンバー。代表理事。住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人。著書『ハウジングプア』他多数。

☆飯島裕子

ノンフィクションライター。大学卒業後、専門紙記者として5年間勤務。雑誌編集を経てフリーランスに。人物インタビュー、ルポルタージュを中心に察・・誌、新聞などで取材・執筆を行っている。著書『ルポ若者ホームレス』。一橋大学大学院社会学研究科博士課程在籍。

☆うてつあきこ

2003年より、<もやい>に参加。「サロン・ド・カフェ こもれび」コーディネーター。著書『つながりゆるりと』。現在、<もやい>理事

☆丹羽雅代

大学セクシャルハラスメント相談員・アドバイザー。2009年秋頃〜<もやい>ボランティア開始。東日本大震災女性支援ネットワークに参与。「女性の安全と健康のための支援教育センター」「女性たちの戦争と平和人権基金」「アジア女性資料センター」運営委員。

水島宏明

日本テレビ網で勤務。特派員、ディレクター、テレビ解説委員。『ネットカフェ難民』で2008年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。他『カツドウカ、政府へ〜反貧困・湯浅誠の1年』等、制作番組多数。著書『ネットカフェ難民と貧困ニッポン』。

湯浅誠

<もやい> 設立当初からのメンバー。現在、<もやい>事務局次長。内閣府参与、内閣官房社会的包摂推進室室長。

著書『反貧困』『どんとこい!貧困』他多数。

・・・第二部 リレートーク&立食パーティ・・・

パーティでは、簡単な軽食と飲み物をご用意しています。みなさんと一緒に<もやい>の10周年をお祝いしたいと思っています。*リレートークには多彩な顔ぶれが登場する予定!どうぞお楽しみに!

※そのほか、こもれびコーヒーや、コーヒー染めの雑貨を出店予定。関連書籍など多数販売予定です。

■問い合わせ先:

NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい

〒162-0814 東京都新宿区新小川町8-20 こもれび荘

03-3266-5744(火曜日12時〜18時 金曜11時〜17時)

Email:info@moyai.net 

2012-03-28

■「大震災の住宅復興、居住支援を求める」■ ―3・28院内集会―

日 時 2012年3月28日(水)午後2時〜午後4時30分

                   (1時30分から第2議員会館ロビーで通行証配布)

会 場 衆議院第2議員会館、第2会議室                  

内 容 1.講演「住宅復興・居住支援・まちづくりの課題と提言

       ―塩崎賢明・日本住宅会議理事長(神戸大学教授)

2.国会議員からのあいさつ

3.報告?「政府回答の問題点と今後の取り組み」

      ―坂庭国晴・国民の住まいを守る全国連絡会代表幹事

    報告?「大都市の住まいの貧困をなくすために」

      ―稲葉 剛・住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人

4.発言・意見交換 

―共同パンフ執筆者からの発言、参加者からの発言

 

 私たち下記3団体は、東日本大震災の発生時から被災者の居住支援、住宅復旧・復興まちづくりに関わる取り組みをすすめ、昨年は3月、6月に支援集会を開催し、10月には住宅研究集会を行いました。この中で「大震災の住宅復興、居住支援、まちづくり提言」を策定し、発表しました。この提言にもとづく「要請書」を政府に提出し、今年1月に回答(厚労省、国交省)を得ました。また、大都市防災まちづくりを追求しています。

 提言と要請は実現してきている内容もありますが、多くの課題が残されています。私たちは、居住支援、住宅復興まちづくりの要求実現と課題の解決をめざし、院内集会を開催し、これらの実現を国会議員の方々に求めていきます。

多くの皆さまの参加と、別添のパンフレットの購読、普及を呼びかけるものです。

                                      

〔開催団体〕 日本住宅会議、国民の住まいを守る全国連絡会(住まい連)、

       住まいの貧困に取り組むネットワーク

〔連絡先〕NPO住まいの改善センター?03−3837−7611 fax3837−8450

2012-03-26

3/26 名無しの震災救援団 多民族・多文化救援活動報告会 〜物資搬送、炊き出しから共同食堂へ。そして、これから・・・〜

日時: 2012年3月26日(月)18:00開場、18:30開始、20:30終了

場所: 総評会館201会議室

参加費: 資料代1000円(救援基金含む、被災地の共同食堂を応援する1レンガ1万円基金も当日受け付けます!)

主催: 名無しの震災救援団 http://nanashi-kyuendan.org/ 

連絡先: 東京都台東区上野1-1-12 新広小路ビル5F Tel:+81-(0)3-3836-9061  Fax:+81-(0)3-3836-9077

南三陸町を中心に、物資搬送、炊き出し被災地でのコミュニティー再建のための共同食堂設立の支援をしてきた「名無しの震災救援団」の活動報告会。「多民族・多文化救援活動」をモットーに震災直後から始まったこれまでの

活動の振り返りと、これからの課題を、参加者と共有します。

当日は被災者の他、NGO、労働組合、地域の市民グループ、学生団体、そして移住者コミュニティーも報告する予定です。

息の長い支援活動の大切さを共有する、多くの方々の参加をお待ちしています!

2012-03-24

3/24 生きづらい人、全員集合! 「生きづらさ」について有識者による公開トーク 月乃光司絶叫ライブ(ギター タダフジカ)

「生きづらさ」からの脱出を模索する、ユーモアと癒しのイベント。貧困・自殺・薬物依存・引きこもり・格差社会・孤立・高齢化社会、様々な「生きづらさ」について有識者による公開トーク。アルコール依存、引きこもり・・・「生きづらさ」をテーマにした自作詩の朗読活動を続ける月乃光司の朗読ライブ。東日本大震災後、私たちが抱える「生きづらさ」について自由に語り合います。どなたでも自由に参加できます。奮ってご参加ください!

日時: 2012年3月24日18:00開場 18:30スタート(21:00から本のサイン会あり)

場所: 四谷区民ホール(四谷区民会館9階) 

〒160-8581 東京都新宿区内藤町87 http://shinjuku-kuminhall.com/pc/pdf/yotsuya_map.pdf

丸の内線新宿御苑」駅から徒歩5分・JR新宿駅東口から徒歩15〜20分

定員: 450名

入場: 無料・当日先着順に受け付け(消防法により立ち見は出来ません。お早めにご入場下さい)

主催: いのちのフォーラム

連絡先: 080-1138-1971 nakashita@athena.ocn.ne.jp

【出演】

月乃光司プロフィール

こわれ者の祭典」代表。http://koware.moo.jp/

20代をアルコール依存症、引きこもり、自殺未遂を繰り返す。精神科病棟3回入院。当事者グループで回復。「生きづらさ」脱出のメッセージ活動を続ける。著作「人生は終わったと思っていた」(新潟日報事業社)他。2010年新潟弁護士会人権賞、第五回安吾賞新潟市特別賞。新潟市在住

【ゲスト】

稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンターもやい代表理事

鈴木ひろみ(新宿区区議会議員)

橘ジュン(NPO法人bond project代表 voices magazine編集長)

本庄有由(NPO法人 人と人をつなぐ会代表)

コーディネーター 中下大樹(真宗大谷派僧侶)