Hatena::ブログ(Diary)

お髭処 blog

2017年11月21日

ワールドモニュメント/World Monuments

f:id:higedice:20171121215820j:image

f:id:higedice:20171121215805j:image

恐ろしく未来まで見透さなければならない半アブストラクトゲームでした。プリミティブな歓びと計算が両立する面白いドイツボードゲーム

建築する建物により難易度が変わるのも面白い。

2人でプレイしたので、多人数でのプレイ感の違いもぜひ味わいたいところです。

予備知識なく店頭で見てなんとなく買ったボードゲームですが、それでこういった水準以上の1時間規模ゲームが出てくるたり、さすがのクイーンゲームズであり大手出版社の力を感じます。

リンク

ワールドモニュメント

ワールドモニュメント

2017年11月20日

パンデミック:レガシー シーズン2/Pandemic Legacy: Season 2 (プロローグまで、ネタバレなし)

f:id:higedice:20171119221730j:image

f:id:higedice:20171119221723j:image

f:id:higedice:20171119221711j:image

昨年世界で高評価を得た《パンデミック:レガシー》の続編。ネタバレにならないよう開封時コンポーネントからわかること、ルールからわかる事、「プロローグ」までプレイしての内容とします。

前作では病気で滅びに向かう人類を救うべくゲーム内時間12ヶ月の長丁場を戦いました。そのゲーム回数は12回を超えます。TRPGでいうキャンペーンです。ストーリーが繋がっていて、ゲームの進展があるたびに秘密の箱の蓋を開けて追加のコンポーネントを取り出したり、ルールの追加が発生したりします。カードには銀はがし(スクラッチ)があったりと、基本的に繰り返して遊ぶことはできません。ボードゲームなのに! しかし、だからこそ作ることができたと思われる斬新な仕組みがありました。これが斬新なだけでなくとても面白かった! ストーリーも面白かった!

だから、続編である今回の《パンデミック:レガシー シーズン2》に大期待なのです。

70数年前世界は滅亡した。わずかに生き延びた人類は的ストーリが熱い! 確かにキャラクターイラストは打って変わって北斗の拳マッドマックスかという雰囲気に。

ゲーム盤を見ると、いかにも隙間がたくさんあります。これから探索を進めるのでしょうか。よく見ると印刷されている部分は大西洋地中海です。プレイヤー達が操るキャラクター達はヘイブン(隔離地)の住人です。人類は疫病から隔離した都市海上に作り、そこから旧来の都市に補給を行なっていたのでした。しかし、ヘイブンから各地への連絡が取れなくなることが発生し始めます。そこでヘイブンは精鋭をその外へ送り出すことにしたのでした。それが我々、今回のキャラクター達です。

なんと、今回シーズン2ではそのキャラクターやヘイブン(3ヶ所)の名前をつけるところから始まります。ボールペンでは書き込むことができません。マッキーなどの細めの油性サインペン必須です。我々のヘイブンは「横浜」「川崎」「小杉」となりました。僕が作ったキャラクターは、川崎出身のノクチです。

今作も前作に引き続き、12ヶ月システムのようです。ただし、その前に「プロローグ」があります。ルール学習位置付けと解釈しています。「今回はマップも狭いし楽勝だぜ」と踏んでいましたが、なかなか厳しい。ルールだけでなく戦略難易度感も学習する事となりました。

この先が楽しみです。

このブログの関連記事

リンク

2017年11月19日

レスキュー・ポーラー・ベアーズ/Rescue Polar Bears

f:id:higedice:20171119213717j:image

f:id:higedice:20171119213711j:image

f:id:higedice:20171119213702j:image

レスキュー・ポーラー・ベアーズは、溶けてゆく氷の上に住む北極熊を助ける協力ゲーム台湾製

コンポーネントの熊がとても可愛い。熊コマは3種類あります。船のコマもそれぞれデザインが異なります。

邦題は仮訳

ルールだけ聞くと代表的協力ゲーム《パンデミック》に似た内容を連想させますが、プレイ感は異なります。

氷ヘックス上にはそれぞれ3頭までしか熊は乗っていることができません。しかし、氷が溶けたり、子熊が生まれたりします。そこで隣の氷に移動することとなります。しかし、それができないとヘリコプターコマを消費します。それが尽きるとプレイヤー達(全員)の敗北です。他に温度などの要素があります。

特殊効果を持つカードの効果はだいぶ派手だと感じます。今回完敗した我々は、このカードにガンガン頼らないと勝てないだろうと考えるようになりました。ここは好みが分かれるかもしれません。

2017年09月24日

iPhone 8 開封の儀

f:id:higedice:20170924115804j:image

妻が iPhone 8 を購入したので横から撮影しました。いわゆる「開封の儀」です。

今回SIMロックフリー版を Apple Store通販で購入しました。今使用しているのは iPhone 6 (Plusではない)で、8 Plus にするかどうかはほとんど悩まなかったようです。電池がだいぶへたっていました。

予約受付開始後10分以内に予約し、発売日の9月22日に届きました。(その日は不在で受け取ることができなかったのですが)

f:id:higedice:20170924115811j:image

ん、

f:id:higedice:20170924115820j:image

今年は箱が黒いぞ。

f:id:higedice:20170924115830j:image

フィルムダンボールにきっちりと固定されていますが、折りたたまれた部分を順に開いていくと簡単に取り出すことができます。アップルクオリティ

f:id:higedice:20170924115839j:image

f:id:higedice:20170924115845j:image

f:id:higedice:20170924115853j:image

f:id:higedice:20170924115901j:image

f:id:higedice:20170924115907j:image

f:id:higedice:20170924120036j:image

最後写真に写っていないのは、通常のイヤホンケーブルをLightningに変換するケーブルだけです。イヤホンの裏に固定されています。

さて、僕は昨年発売の iPhone 7 を使っていますが、新しい iOS 11 にすぐにアップデートするか迷っています。32ビットアプリが動かなくなるからです。インストールしてある多くのボードゲームアプリ(実際の紙のボードや木の駒を使ったボードゲームのiOSへの移植)が32ビットアプリのままなのです。もしかして、別アプリとして64ビット版を販売していたりするのかしら。

このブログの関連記事

リンク

2017年09月23日

お髭処 blog 12周年

f:id:higedice:20170923221013p:image

お髭処 blog は2017年9月22日で12周年を迎えました。

読んでくださる全ての皆様に感謝しています。

記事が読者にアクセスされたのは記録でわかるのですが、本当に「読んで」くれたのかはわからないし、良い感想を持ったのか、悪い感想を持ったのかもわかりません。ときどきSNSにある反応だけでそれがわかります。

それに、このブログで最もアクセスが多いのは圧倒的かつ長期的に「iPhone版Outlookアプリがとてもいい! 通知もあるよ」です。これはほぼ一見さんによるアクセスですし、力を入れていてコンテンツ量も多いボードゲームの記事でもありません。

つまり、書いていても読者に届いている感覚があまり無いのです。しかも、昔はウェブにまだ少ないボードゲームのコンテンツを増やすという気持ちもありました。今ではありふれています。

しかし、このブログも元々ネットスラングで言う「チラシの裏」に書いていた様な内容です。書きたいから書いているだけなので続いています。

多分今後も続けていきますので、よろしくお願いします。

このブログの関連記事

Amazonボードゲーム新着