Hatena::ブログ(Diary)

取り返しがつかない このページをアンテナに追加 RSSフィード

■矢樹純が管理するサイト 「山羊の穴」
■矢樹純の Facebookページ

2016-06-17-Fri

『あいの結婚相談所』第3巻(電子書籍版)本日発売

『あいの結婚相談所』第3巻の電子書籍版が、Kindleストアを初めとする電子書籍ストアで本日発売となりました。

●謎の“特別会員”である美人女性と元カレ(?)の復縁を画策したシスター・エリザベスがお見合いをぶち壊そうとする《グンカンドリ婚》

●“ガロアムシ”を探して北海道の冬山登山に向かった藍野所長が吹雪に見舞われ…という緊迫の冒頭から始まる《シンビジウム婚》

●「あいの結婚相談所」初の巻頭カラーとなるオーストラリア編! ド派手な動物と昆虫満載の《オオシャコガイ婚》

●若くて可愛いのに“重すぎる”せいでお見合い連敗中の女子。藍野所長の戦略は…?《フタオビチドリ婚》

●この回のために陸前高田まで取材に行きました。「あいの…」では初めての被災地を舞台したストーリー《アマツバメ婚》

●社長の“パワハラ”のせいで婚約破棄!? シスター・エリザベスが横暴なワンマン社長に立ち向かう《アオノウミウシ婚》

●「私、結婚したくないんです!」“結婚相談所”の意味を勘違いしたお嬢様の依頼に藍野所長は…?《イボイノシシ婚》

●藍野所長&シスター・エリザベスの禁断の“壁ドン”シーンから始まる衝撃回…!《アカゲザル婚》

●藍野所長の過去を知る年齢不詳の美女“金城麗美”が初登場。果たして彼女の正体は…?《ホウライエソ婚》

以上の9編が収録された、大変盛りだくさんな内容の一冊となっております。

そして3巻の発売に際しまして、6/30までの期間限定で『あいの結婚相談所』第1巻のお試し無料キャンペーンを開催します。

以前こちらのブログで書きましたが、現在のところ、『あいの結婚相談所』の紙の単行本での3巻が出る望みは薄い状況です。そして4巻はさらに薄いです。けれど、作者として諦めたくありません。

『あいの結婚相談所』は増刊誌での連載ということで、世間的にかなり認知度が低い作品です。書店に並ばなければ、ほぼ読まれることはないでしょう。

一話でも読んでいただければ分かると思いますが、『あいの結婚相談所』は“無駄な動物の薀蓄”“藍野所長のキャラクターの魅力”“ミステリーとしてのどんでん返し”をまとめて読者の方に楽しんでいただこうと、本来22ページに収まらない内容を無理矢理22ページに詰め込んだ、迷惑なまでのサービス精神に溢れた作品です。その作品がほんのわずかな読者の方の手にしか届かないというのは、あまりにやり切れません。

電子書籍で売上を確保できれば、コスト的に紙の3巻を出すことができるかもしれないと聞きました。4巻まで届くかどうか分かりませんが、多くの方に読んでいただくために、作者は宣伝をするしかないのです。

まずはどうか、無料の1巻を読んでみてください。気に入っていただけましたら、ぜひ2巻、3巻もダウンロードいただければと思います。さらに漫画好きのお友達に、この無料キャンペーンのことを伝えていただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

※Kindleストア以外のストアページは以下になります。

コミック小学館ブックス 

http://csbs.shogakukan.co.jp/book/detail-volume?comic_id=19464

ebook japan 

http://www.ebookjapan.jp/ebj/236908/volume3/

Reader Store 

http://ebookstore.sony.jp/item/LT000059987000569836/

ニコニコ静画電子書籍 

http://seiga.nicovideo.jp/watch/bk355607?track=series_page_81285

Book Live 

https://booklive.jp/product/index/title_id/250159/vol_no/003

hontoネットストア

http://honto.jp/netstore/search_109784091858597.html?srchf=1

紀伊国屋 web store

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784091858597

加藤山羊×矢樹純ホラー短編集『忌繭』発売

漫画:加藤山羊/原作:矢樹純の初期のホラー読み切り作品を集めた『忌繭(いみまゆ)』Kindleストアにて発売しました。

●因習の残る瀬戸内海の島を訪れた女子高生。彼女が蔵の中で見つけた、真っ赤な仏壇に隠された真実…《赤塗仏》

●「一番悪いことって、何だと思う?」奇妙な妄想に取りつかれた女友達。彼女の“気づき”とは…《咎の糸》

●趣味の山歩きで出会った不気味な少年。「目を合わせてはいけない」けれど、私はどうしても“彼の顔”が見たかった…《山童》

●昭和初期、“奇蹟”の存在を証明するために、ある動物実験が行われた。研究者の狂気に翻弄される犬達の運命は…《奇蹟研究所の犬》

以上の4編を収録しました。

《赤塗仏》と《山童》はWeb漫画として公開したことがありますが、《咎の糸》と《奇蹟研究所の犬》は、恐らく読んだことのある方は少ないと思います。

どちらも10年以上前の作品で、《咎の糸》は第一子を生んだ直後に「よくこんな話書けるな」と自分でもうんざりしながら書いた、とても嫌なお話です。不倫をする若い女性への憎しみと、「赤ちゃんをうっかりベランダから落としちゃったらどうしよう」という恐怖がこの作品を書かせました。

《奇蹟研究所の犬》は、ただただ「秋田犬可愛い」という思いから書いた作品です。4編の中では唯一、後味が良いお話なので安心してお読みください。

価格はお買い求めやすく200円とさせていただきました。暑い日が続いておりますので、加藤山羊×矢樹純の精神にくるホラーで、ぜひ涼んでいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

2016-06-11-Sat

あいの結婚相談所第33話

f:id:ieyagi:20160611104842j:image

現在発売中のビッグコミックオリジナル7月増刊号「あいの結婚相談所」第33話《アマミノクロウサギ婚》が掲載されています。

今回は藍野結婚相談所の最大の特徴でもある「婚約するまで直接顔を合わせない」というルールにヒロインのシスター・エリザベスが異を唱えるという、ちょっと真面目な展開のストーリーです。しかし冒頭とオチにいつものように下ネタを持ってきてしまったため、担当さんの煽りがいつにも増して酷い(褒め言葉)です。

自分としては、少し重めのテーマを扱った大人の話を書いたつもりでしたが、シスターの壊れっぷり(褒め言葉)に中和され、結果として普段通りの楽しい雰囲気の回となっております。

若干シリアスな人間ドラマの中に、どんでん返しもしっかり仕込んでありますので、どうぞ皆様、読んでいただければと思います。よろしくお願いいたします。

2016-06-10-Fri

よく働いた日でした

6時半起床。晴れ。朝食は昨日の豚しゃぶしゃぶの残り。夫と子供が家を出たあと、タオルケットやシーツを洗濯して布団を干す。

f:id:ieyagi:20160611172244j:image

自分を鼓舞するためにMiitomoで「今日は布団干す」というコメントをつけて撮ったフォト。

9時、作画の加藤山羊から電話。昨日、担当さんからの連絡で今後のスケジュールが想定とかなり変わることが分かり、どう動くか打ち合わせる。忙しくなるのではなくその逆なので楽はできるのだが、お金が入らないのは困るのでどうにかしなければならない。とりあえず加藤山羊は新たに営業を、自分はこの機会に小説の企画を進めることにした。実はここしばらく、漫画の新連載の企画を同時に抱えていたために、小説の方が全く書けていなかったのだ。

打ち合わせを終えて、自分で今日を締め切りと決めていた漫画の新連載の企画のシナリオの修正。これが3回目の直しで、提出して問題がなければネームにするという段階まで来ているので、早く通してしまいたい。修正指示は「主人公のキャラをもっと魅力的にしてほしい」という割と難しい要求だったが、昨日、ふと思いついたアイデアがキャラクターの特性にぴったりはまったので、頭から主人公のセリフと行動を書き直していく。

昼前に夕飯の買い物に出て、昼食に冷やし中華を食べてから部屋を片づけて掃除機をかけて布団を取り込む。それから小学校の授業参観へ。3つの教室を行ったり来たりしながら子供達が発表するところをそれぞれ見て、授業が終わったあとは仕事が残っているので急いで帰る。

帰宅してテーブルにおやつを準備してからシナリオの修正の続き。後半は主人公のキャラだけでなくネタを一つ差し替える直しも入るので、なるべく派手なシーンになるように頭を絞って書き直していく。帰宅した子供達は勝手におやつを食べたあと、それぞれ友達と遊びに行ったり宿題をしたりしていた。

18時、ようやくすべての修正が終わり、見直して担当さんに送る。しばらく動く気力が湧かずぼんやりしていたが、『妖怪ウォッチ』が終わったところで我に返って夕飯の準備を始める。

疲れていたので子供にも手伝わせようと、長女にご飯を運ぶのを頼んだら、手が滑ったらしく台所の床に落とされた。キッチンマットに茶碗の破片と米粒がこびりつき、片づけるのに物凄く手間がかかった。子供達に「危ないから何も手伝わなくていい」と言ったら、3人とも本当に何も手伝わずにリビングで『ドラえもん』を見て笑っていて、大変素直でよろしいが疲労が倍増した。

ようやく片づけを終えて夕食。ブリの刺身とカツオのたたき、それと温野菜サラダ。食べ終わって台所の掃除をしたあと風呂に入り、ついでに風呂場の床と壁を磨く(自分は疲れていると自棄になって家事をする傾向がある)。

そのあとは子供にお酌をさせて、ビールを飲みながら一緒にテレビを観る。21時半に子供を寝せて、帰ってきた夫と録画の『甲鉄城のカバネリ』など見て0時就寝。

2016-06-04-Sat

漫画家・菅原県さん来宅

忌友-イミトモ-

忌友-イミトモ-

今日は漫画家の菅原県さんhttp://sugawaraken.blog.jp/と友人のYさんを自宅に招いて食事会をした。

菅原さんは最近、LINEスタンプ作家としても活躍されていて、こういう素敵なスタンプを色々と作っておられる。

f:id:ieyagi:20160611163613j:image

お母さん友達には使いにくいが、作画の加藤山羊との打ち合わせでは、こうしてかなり高頻度で使わせていただいている。

最寄りの駅まで車でお二人を迎えに行き、15時半から食事会がスタート。自分はトマトとモッツァレラのカプレーゼ、タコとサーモンのカルパッチョ、ポテトサラダ、鶏手羽元のさっぱり煮(ミツカン酢のレシピのやつ)を準備し、夫が牛肉のたたきを作った。さらに調理の仕事をされているYさんが餃子の皮を使ったミニサイズのキッシュを作って差し入れてくれて、今回もお腹いっぱいになるほどの料理が並んだ。いつも食べるのに夢中で写真を撮り忘れるのだが、Yさんのキッシュは見た目も可愛らしくて本当に美味しかった。

食事しながら、年明けからの怒涛のような自分の不幸話、「この出版社には注意した方が良い」という話や電子書籍の話、お互いの家族の話など、色んな話題で盛り上がる。しばらくうつが酷かったせいで人と会話をすることに慣れていなくて不自然にテンションが高くなっていた気がするが、とにかく楽しかった。

たくさん話してもまだ話し足りず、23時近くまでおしゃべりしたあと、お二人をバス停まで送る。帰宅して後片づけして風呂に入り、0時半就寝。

2016-06-03-Fri

打ち合わせ

6時40分起床。晴れ。朝食はトースト、ウインナー、ヨーグルトとコーヒー。夫と子供達を送り出したあと、情報番組を見ながら洗濯物を干していると、北海道で行方不明になっていた男の子が無事で見つかったという速報が流れる。

実はこの1週間、行方不明の男の子のことが頭から離れず、日に何度もニュースをチェックするという病的な行動を続けていた。自分も子供時代、親の山菜採りについていって迷子になった経験があり、さらに同年代の子供もいるので、他人事と思えなかったのだ。見つかって本当に良かった。

良いニュースを聞いて気分が上向いたので続けて家事。明日の来客に向けて、数少ない得意料理であるポテトサラダを作り始める。大量の芋の皮を剥いているとインターホンが鳴り、出ると宗教の勧誘のおばさんが「今、世界中で大変なことが起きているので聖書を読みましょう」と言ってきたので忙しいからと断る。おばさんは世界中で起きている大変なことを憂うよりも、北海道で6日間も行方不明になっていた男の子が元気で見つかったことを喜ぶべきだ。

ポテトサラダを作り終えて冷蔵庫に入れたあと、身支度して名刺やノートなど必要なものを持って渋谷に向かう。今日は初めて会う出版社の方と、小説の企画のことで打ち合わせをすることになっていた。

昼過ぎに待ち合わせ場所のカフェに着き、名刺を渡して挨拶したあと、読んでもらった自分の作品について感想を聞き(面白かったと言ってもらえてほっとした)、今後、どういう方向の作品を出すか、ということを話し合う。編集さんは素晴らしく有能な方で、自分のマニアックな作風を活かしたまま「それならちゃんと売れそう」という企画を考えてくれて、まずはそれでプロットを作ってみましょう、ということになった。

打ち合わせを終えて16時に帰宅。編集さんとのやり取りでエネルギーを使い果たし、夕飯の時間までぼんやり資料本を読んで過ごす。夕飯は帰りに駅ビルの惣菜屋で買ったトンカツでカツ丼を作った。それとポテトサラダと。

食後は台所の掃除をして風呂に入り、子供達が寝たあとはKindleで本を読みながら同じく惣菜屋で買った焼き鳥と海鮮サラダをつまみにビールとワインを飲む。

小説家という職業 (集英社新書)

小説家という職業 (集英社新書)

今日はこんな本を読んでいた。

夫は会社の送別会で深夜過ぎに帰宅したそうだ。0時就寝。

2016-05-28-Sat

運動会

今日は小学校の運動会だったので、6時に起きて巻き寿司を作り始める。天気は晴れ。途中で子供を起こして朝食を食べさせたりしながら弁当の支度をする。サラダは昨日のうちに準備してあり、鶏の唐揚げも昨晩夫が揚げてくれたので、巻き寿司の他はソーセージを焼くくらいで済んだ。

f:id:ieyagi:20160611150857j:image

弁当をタッパーに詰めて洗濯物を干して日焼け止めを塗って小学校へ。ちょうど開会式が始まるところだったので、夫が先に行って敷いておいたレジャーシートに座り、行進や体操を見守る。その後、競技が始まったのでビデオカメラを手にグラウンドへ。

徒競走は次女が1位、長女が2位、息子が3位だった。

f:id:ieyagi:20160611150751j:image

写真は夫にまかせたのだが、次女のゴールシーン以外はきちんと撮れていなかった。

息子にとっては最後の運動会だったが、活躍はしなくても、長縄跳びや騎馬戦で足を引っ張らない程度には動けていた。運動は苦手な方だが、息子はそれでもいつも真面目に競技に取り組んでいたので、その点は偉かったと思う。

今回の運動会では長女が応援団に入ったり、放送係をしたり、騎馬戦の騎手になったりと出番が多かったので、ビデオを撮るのが忙しかった。次女は今年はリレー選手にはなれなかったが、やはり兄妹の中では一番運動神経が良く、飛びつき綱引きで素早く相手チームの綱を奪ったり、やたらキレの良いダンスを披露したりと良いところを見せてくれた。

14時半に運動会が終わり、帰ってから息子は遅刻して塾に向かう。夫は歯医者に行き、自分はタッパーを洗ったあとソファーで死んだように寝ていた。娘達はそれぞれ友達と遊びに行った。

夕食は簡単に、すき家で牛丼を食べて済ませる。帰宅して風呂に入り、子供達に運動会を頑張ったご褒美に買っておいたレディーボーデンのアイスを食べさせた。子供が寝たあとは砂肝のこしょう焼きをつまみにビールを飲みながら夫と映画。

『ヴィンセントが教えてくれたこと』を観て0時半就寝。

2016-05-26-Thu

グリーンカレー作りました

6時起床。晴れ。6時に起きて勉強することになっている息子がまだ寝ていたので起こす。そして国語のテストの振り返りに付き合う。朝食は豚バラ炒めときゅうりの酢の物、ヨーグルト。

昨日、稽古だったので柔道着を洗濯し、そのあとは「あいの結婚相談所」第35話のシナリオを書く。昼前に買い物へ。本屋やスーパーなど回って0時に帰宅し、昼食にスーパーで買ったざるそばを食べる。

午後もシナリオの続き。15時、息子の塾の弁当を作り、帰ってきた子供達におやつ食べさせて息子を塾に送り出したあとはまた仕事をする。

今日は大体3分の1の辺りまで書けた。書くだけならまだ書けるのだが、もう一つアイデアを入れたくなり、少し休んで考えることにする。考えながら夕飯の支度。今日は息子の同級生のお母さん(タイ人の方)に教わった、子供でも食べられるグリーンカレーを作った。

f:id:ieyagi:20160611142344j:image

具だくさんにしすぎてフライパンから溢れそうになった。

夫は昼間、なぜか突然「グリーンカレーが食べたい」と思ったそうで、帰ったらそれが用意されていたのでとても驚いていた。グリーンカレーの材料を買い物していた自分から発された「パプリカが安いからグリーンカレーでも作るか」の電波を受信したのだろうか。

食べ終わったあとは洗い物をして日記を書く。息子は夫が迎えに行ってくれた。風呂に入って子供を寝せたあとはノンアルコールビールを飲みながら夫と録画の『笑点特大号』、『文豪ストレイドッグス』を観て0時就寝。

2016-05-21-Sat

『レヴェナント 蘇えりし者』

今日は今年になって初めて映画を観に行った。

年明けから仕事のゴタゴタで頭が暗黒になっており、映画を観るとか友達と遊ぶという元気がなかったのだ。友人のT夫人と会うのも昨年末以来である。

まずは新宿のキリンシティプラスで待ち合わせ、パクチーサラダや漬けラムのローストをつまみにランチビールを飲みながら、会っていない間に起きた色々なしょっぱい出来事を報告する。話しながら、これだけのことが立て続けに起きたらそれは心をやられても仕方ないな、と思った。

食事を終えて映画館へ。T夫人と観るには珍しい正統派の映画『レヴェナント 蘇えりし者』を観た。

D

これで1800円でいいのだろうかと思うほど満足度の高い映画だった。「もうやめてあげて」というくらい主人公に襲い掛かる凄まじい困難。気が遠くなるような大自然。そして自分的に大好きな馬の××に××するシーン。

『馬々と人間たち』という映画(これもT夫人と観た)にも出てきたシーンだが、これは馬乗りの世界の常識なんだろうか。とにかく色々なものを観て、色々なことを感じさせられた、色々なものに満ち溢れた映画だった。

映画のあとは文房具店や雑貨店など見て回り、夜はバルでまたビールやワインを飲む。料理が一皿全て500円の店だったのだが、どれも非常に美味しかった。特にきのこのゴルゴンゾーラが最高だった

飲み終わってもう一軒くらい行きたかったのだが、店を出たところでちょうど雨が降ってきてしまった。外で飲むのは半年振りくらいだし、飲み過ぎて失敗してはいけないので、今日は早めに切り上げて帰ることにした。

帰宅したのがまだ23時前だったのでさらにビールを1本飲み、夫に映画の感想など語って気分良く眠りにつく。0時半就寝。

2016-05-19-Thu

「赤塗仏」公開中です

無料で読めるホラー漫画を集めた素敵なサイト『恐ろし屋』さんで、加藤山羊×矢樹純のホラー漫画「赤塗仏(あかぬりぼとけ)」を掲載していただいております。

http://osoroshiya.com/manga/akanuribotoke/

↑最後まで無料でお読みいただけますので、ぜひクリックしてみてください。

f:id:ieyagi:20110714215924j:image

こちらの作品は数年前に月刊少年チャンピオンのホラー特集で掲載された読切で、瀬戸内海のとある島を訪れた女子高生が親類の家の蔵で一風変わった仏壇を目にして……という、まあ自分達らしい《嫌で怖い》お話です。久々に読んで、原作者なのにラストのコマで「うわあ…」ってなりました。

今後も単行本未収録のホラー作品をこちらで発表できたらと考えております。その際はまた告知させていただきますので、どうぞお楽しみに。

2016-05-17-Tue

よく分からないけど大丈夫

6時半起床。雨。息子が今日の調理実習で使う野菜を決められた重さに切って袋に入れ、それから子供達を起こして朝食。ご飯と肉野菜炒めの残りとヨーグルト。柔道着の洗濯を済ませたあと、先週受けたMRIの検査の結果を聞くため総合病院へ向かう。

医者によると、舌の下が片側だけ膨らんでいたのは《がま腫》ではなく、また腫瘍の心配もないらしい。ではどうして膨らんでいるのかというと、「それは分からないですね。単にそういう形になっただけなのかも」とのことで、「とにかく今のところ異常はないですが、一応経過観察だけしましょう」と言われ、2か月後にまた受診することになった。

帰りにスーパーで買い物して帰宅。昼食はインスタントラーメンに鶏肉とレタス、ナンプラーを入れてアジアっぽく仕上げたものを食べた。その後は息子の塾の弁当を作り、『あいの結婚相談所』第35話のアイデア出しのために資料本を読む。

夕食は豚バラのしゃぶしゃぶと温野菜(息子の弁当にも同じものを入れた)。塾の迎えは夫が会社の帰りに行ってくれた。子供達が寝たあとは夫と映画。

マーシュランド [DVD]

マーシュランド [DVD]

『マーシュランド』というスペインのミステリー映画で、展開は面白かったし雰囲気も好みだった。しかし、途中で寝たわけでもないのに、自分には最後まで観ても犯人が分からなかった。

夫はちゃんと分かったそうなので、観る人によって違うのかもしれない。夫の言う真犯人に心からは納得できず、しかし伏線から考えるとその人しかいないのか…ともやもやした気分で布団に入る。0時半就寝。