Hatena::ブログ(Diary)

取り返しがつかない このページをアンテナに追加 RSSフィード

■矢樹純が管理するサイト 「山羊の穴」
■矢樹純の Facebookページ

2016-11-30-Wed

『あいの結婚相談所』第3巻本日発売

あいの結婚相談所 3 (ビッグコミックス)

あいの結婚相談所 3 (ビッグコミックス)

ビッグコミックオリジナル増刊で連載中の婚活ミステリー漫画『あいの結婚相談所』第3巻が本日、全国の書店で発売になります。

先日のブログで第3巻には「帯がない」と書きましたが、そうなった切ない経緯を4コマ漫画としてTwitterで連載しております。

『あいの結婚相談所』3巻発売記念4コマ「帯のない新刊ができるまで」は1話からこちらでまとめ読みできます。本日完結の予定です↓

https://twitter.com/i/moments/803045343550050304

※12/1追記:4コマ漫画、読みやすいようにTogetterでまとめました↓

http://togetter.com/li/1054778

また、『あいの結婚相談所』第3巻の紹介ページも作らせていただきました。

http://ainosoudanjo3.tumblr.com/

実はこのブログを書く前に、地元で一番大きな書店さんに行ってきました。『あいの結婚相談所』3巻は1冊だけ棚差しされている状態でした。発行部数が非常に少ないので、大型書店でも一冊しか配本されないのでしょう。

正直、この状況で、「店頭でお客さんが手に取って買ってくれる」というのは、相当厳しいのではないかと思います。もしも書店様に『あいの結婚相談所』を売ってくださるというコミック担当の方がおられましたら、こちらのブログのコメント欄でもTwitterからでもサイトのメールアドレス宛でも良いのでご連絡ください。販促用のPOPなどを送らせていただきます。

以下、作品について紹介させていただきます。

『あいの結婚相談所』の舞台は、成婚率100%というありえない数字を誇る結婚相談所です。

元動物行動学の准教授で豊富な知識と経験を元に《必ず希望通りのお相手》を紹介してくれる(けど空気が読めない)藍野真伍所長と、異常に惚れっぽくて思い込みの激しいアシスタントのシスター・エリザベスが、様々な結婚できない事情を抱えた会員を成婚に導いていきます。

マイペースな藍野所長と暴走するシスター・エリザベスの掛け合いが楽しく、それでいてストーリーは「謎」に対して「意外な真相」が示される王道のミステリーという、不思議な読み味の一冊です。また、一話の中にこれでもかというくらい詰め込まれた《変な生物の無駄知識》も、お好きな方には喜んでいただけるかと思います。

3巻の収録話は

●謎の“特別会員”である美人女性と元カレ(?)の復縁を画策したシスター・エリザベスがお見合いをぶち壊そうとする《グンカンドリ婚》

●“ガロアムシ”を探して北海道の冬山登山に向かった藍野所長が吹雪に見舞われ…という緊迫の冒頭から始まる《シンビジウム婚》

●「あいの結婚相談所」初の巻頭カラーとなるオーストラリア編! ド派手な動物と昆虫満載の《オオシャコガイ婚》

●若くて可愛いのに“重すぎる”せいでお見合い連敗中の女子。藍野所長の戦略は…?《フタオビチドリ婚》

●この回のために陸前高田まで取材に行きました。「あいの…」では初めての被災地を舞台したストーリー《アマツバメ婚》

●社長の“パワハラ”のせいで婚約破棄!? シスター・エリザベスが横暴なワンマン社長に立ち向かう《アオノウミウシ婚》

●「私、結婚したくないんです!」“結婚相談所”の意味を勘違いしたお嬢様の依頼に藍野所長は…?《イボイノシシ婚》

●藍野所長&シスター・エリザベスの禁断の“壁ドン”シーンから始まる衝撃回…!《アカゲザル婚》

●藍野所長の過去を知る年齢不詳の美女“金城麗美”が初登場。果たして彼女の正体は…?《ホウライエソ婚》

以上の9編になります。

どれも1話完結のストーリーですので、1・2巻を読んでいない方も、いきなり3巻から読んでいただいて全く問題ありません。

性別、年齢に関係なく多くの方に楽しんでいただける内容ですので、ぜひ皆さま、お手に取っていただければと思います。どうかよろしくお願いいたします。

2016-11-25-Fri

Twitterで4コマ漫画をやってみよう

6時起床。晴れ。夫と子供が家を出たあと、久しぶりに美容院へ。髪を少し切ってパーマをかける。

髪を切ってもらいながら、美容師さんに最近知り合ったサイコなお母さんの話をして、お返しにサイコなお客さんの話を教えてもらう。そのお客さんは最終的に家族を道連れに焼身自殺したそうで、自分の話したお母さんのエピソードの数段上をいっていた。

パーマの待ち時間に美容師さんに「矢樹様これ気に入ると思いますよ」と渡された短歌集を読む。そして泣く。もう何年もお世話になっている美容師さんなのだが、完全に自分の嗜好を掴まれている気がする。

美容院のあとはスーパーで買い物して帰り、レトルトの中華丼で昼食を済ませて仕事。サスペンスのシナリオの修正をして担当さんに送る。それから弁当を作って息子を塾に送り出し、作画の加藤山羊に電話。来週発売の『あいの結婚相談所』3巻の販促活動について話し合う。

あいの結婚相談所 3 (ビッグコミックス)

あいの結婚相談所 3 (ビッグコミックス)

書店様宛にミニ色紙は描いたものの、それだけでは作品を認知してもらうのは難しいだろうと、SNSを使って何かできないか、案を出し合った。結果、前に一度やろうという話が出たものの加藤山羊が第三子出産直後の大変な時期だったので断念した、《Twitterで作品の制作裏話を4コマ漫画として連載する》という企画をやってみることになった。

打ち合わせを終えたあと、早速4コマのシナリオを書き始める。第5話まで書いたところで18時半になったので夕飯の支度。牛丼ときんぴらごぼうと白菜漬けと茹でブロッコリー。

食後は台所の掃除をして小説を書き、筋トレしてから風呂に入る。夫は遅くなるとのことだったので息子を塾に迎えに行き、そのあとは子供達を寝せて日記を書き、漫画やミステリーを読みながらビールを飲む。0時就寝。

2016-11-20-Sun

夫、カリフォルニアより帰る

6時起床。晴れ。熱は平熱に下がっていた。相変わらず喉は痛いが息子を起こしてテスト勉強をさせて、自分は塾の弁当を作る。それから息子に朝食を食べさせながら給食の白衣にアイロンをかける。

8時、遅れて起きてきた娘達が目玉焼きを作りたいというのでフライパンなど準備してやり、娘達が目玉焼きを乗せたご飯を食べている間に息子を塾に送る。自分は帰りにコンビニで買ったサンドイッチを朝食にした。

食後は部屋を片づけて掃除機をかけて、そのあとは県立武道館へ。柔道の同好会でいつも一緒に稽古をしているOLさんのMさんが昇段審査を受けるので、娘達を連れて応援に行った。試合の結果、Mさんは4戦3勝1分けで無事合格。しかも勝った試合はすべて払い腰の見事な一本勝ちでカッコ良かった。自分は無理矢理引き倒してからの抑え込みという、あまり見事とは言えない勝ち方をすることが多いので、Mさんのようにちゃんと投げで一本取って勝てるようになりたい、と強く思った。

審査が終わったあと、Mさんや先生に挨拶して武道館を出る。そして近くのスーパーでおにぎりや惣菜を買って、武道館の隣の岸根公園へ。ベンチで昼食を済ませたあと、娘達を遊ばせる。自分は病み上がりなので一緒には遊ばず、アスレチック周辺の木に寄り掛かってKindleで怪談を読んでいた。

1時間ほど遊んで薬局で買い物して帰宅。しばらく休んでから、息子のテストが終わる時間になったので迎えに行く。夫からメールがあり、成田からバスに乗ったけど道が混んでいて到着が遅れそう、とのこと。なので夕飯のシチューは子供達と先に食べた。

食後は筋トレして風呂に入って小説を書き、20時、夫がもうすぐ駅に着くというので車で迎えに行く。

f:id:ieyagi:20161120222944j:image

お土産は「太らない物」とリクエストしていたのだが、なぜかミントチョコをもらった。これがやたら美味しかった。

子供達もそれぞれぬいぐるみやミニクッション、バッグなどをもらって喜んでいた。子供達が寝たあとは夫とビールを飲みながら録画の『笑点特大号』や『勇者ヨシヒコと導かれし七人』を観て0時就寝。

2016-11-19-Sat

久々の発熱

6時起床。晴れ。喉が痛い。

数日前から喉が痛くなり、喉に効くという市販の風薬を飲んでいたのだが、あまり良くならないどころか悪化しているようで、唾を飲み込むのも痛い。病院に行けば良かったのだが、今週は仕事や子供の用事が重なって時間が取れなかったのだ。

朝食はトーストとウインナーとヨーグルトとコーヒー。そのあと洗濯やゴミ捨てなど家事を済ませ、体がだるいのでこたつで横になって『ずうのめ人形』を読む。

ずうのめ人形

ずうのめ人形

考えれば土曜の午前中は病院が開いているのだから、この時間に行けば良かったのだが、『ずうのめ人形』が面白かったのだ。

昼食は昨日のごま豆乳鍋の残りを雑炊にしたもの。そのあと息子を塾に送り、帰りにスーパーで買い物してくる。

帰宅後、寒気がしていよいよ体調が悪くなってきた。腕が疲れるので炒める作業を娘達に手伝ってもらってシチューを作る。そしてシチューを完成させたあと、『すうのめ人形』の続きを読みながらこたつで寝る。

15時半、なんだか頭痛までしてきたが、息子の塾の保護者会があるのでマスクをして出かける。朦朧としながら受験までのスケジュールについて先生の説明を聞いたあと、授業の終わった息子と一緒に帰宅。あまりに寒いので熱を測ったら、38.1℃あった。

パンとシチューで夕食を済ませて風呂に入り、子供達に食器洗いと米を研ぐのを頼んで21時半には寝るように言いつけて20時就寝。

2016-11-14-Mon

夫はカリフォルニアに行き息子は成績が上がる

6時起床。子供達が学校に行ったあと、9時過ぎに夫を駅に送る。夫は今日から珍しく海外出張でカリフォルニアのサンノゼというところに行くことになっており、日曜日まで戻って来ないのだ。

夫を送ったあとは図書館で読み聞かせ用の本を借り、スーパーで買い物して帰宅。ホラーの企画のネタ出し用に怪談本を読む。

拝み屋怪談シリーズを読み始めたのだが、どれも面白い。

昼食はスーパーで買ったシチューパイを温めて食べる。昼過ぎに雨が降り出し、長女が傘を持って行かなかったので学校まで迎えに行ったら、置き傘していたらしい折り畳み傘を差して門から出てくるところだった。クラスの男子が掃除をしないという愚痴を聞かされながら一緒に帰る。

帰宅して小説を書く。ノルマの2枚を書き終えたあとは日課の筋トレをして、それから夕飯の支度。ハンバーグと昨日の鶏唐揚げの残りと、味噌マヨディップを添えた茹でブロッコリーとキュウリ。

食後は柔道の稽古へ。先週から右肩が痛く、あまり動けなかったが寝技や打ち込みなどできることをやる。帰宅後、息子の昨日のテストの結果が出ていたので見ると、順位が前回より1500番アップ(受験人数は5500人)と、驚くほど成績が上がっていた。合計点数が平均点より100点も高い。

実は夏休み明けに一度、息子は大きく成績を落としてしまった。ゲームにはまって塾の夏期講習の宿題をサボっていたのが原因で、自分も仕事や骨折した次女の世話に忙しく、あまり息子の様子を気にしていなかったのだ。元々息子は真面目に勉強するタイプだったので、放っておいても大丈夫だと目を離し過ぎたのが悪かった。先輩お母さんによれば子供は基本的に勉強をサボるものだから、受験生の親はしっかり子供を見てサポートしてあげなければいけないのだという。

成績が下がってからは、自分が息子の週の学習スケジュールを作り、ちゃんとやるべき勉強が終わったかチェックする、というやり方で成績が下がった分を取り戻すべく頑張ってきたのだが、やっとそれが結果に繋がってきたようだ。息子にテスト結果を見せて、思い切り褒めておいた。夫にも、向こうが今何時か分からないが、テスト結果を写真に撮ってメールしておく。

風呂に入って子供達が寝たあとは怪談本の続きを読んで23時就寝。

2016-11-11-Fri

『うつヌケ』と『ルーム』と

6時起床。資料本を読んだあと子供達を起こす。朝食は昨日のチキンカツの残りとほうれん草のおひたし。

子供と夫が家を出たあと、家事を済ませてPTAの委員の集まりに出かけて行く。今日の定例会の活動報告で今期の仕事は全て終わりとのことで、みんなでお疲れさまを言い合って帰る。

昼食は帰り道にスーパーで買ったレンジで温めるだけの鴨南蛮そば。帰宅後はソファーで資料本を読むうちに気づいたら寝ていた。自分はPTAなどの保護者が集まる場で「何か変なことをやらかしてしまわないか」と異様に緊張して過ごしているため、帰ってから大体このように疲労でダウンする。

14時半、目が覚めたので息子の塾の弁当を作り、眠気覚ましに筋トレしてから小説を書く。そのあと夕飯まで、田中圭一先生の『うつヌケ』が最終回ということで読んでいた。

https://note.mu/keiichisennsei/m/m1e241522cab9

うつ病の自分がいつも励まされながら読んできた連載だった。改めて最初から読み直してみたが、自分は田中圭一先生がうつを抜けるためにもっとも大事だとおっしゃっている《自分を好きになること》が、なかなかできない。

どんな自分でも「好きだ」と受け入れることができたら楽だと思う。だが自分は《面白い話を書ける自分》は好きだけれども、そうでない(アイデアが出ない)自分は嫌いで、つまらない役立たずだとまで思ってしまう。片づけができないで部屋を散らかしている自分も嫌いだし、子供に必要以上に怒る自分も嫌いだし、酒を飲み過ぎる自分も嫌いだ。

今はうつの症状が出ることはほとんどなく、薬も弱いのを少し飲んでいるだけだが、完全に治らないのはそのせいなのかな、と色々思い詰めていたら久々にうつっぽい気持ちになった。

夕食は豚バラ大根を作った。それとほうれん草のおひたしと白菜漬けと。食後は台所の掃除をして日記を書いて風呂に入り、子供が寝たあとは夫と映画。

『ルーム』を観た。

ルーム [Blu-ray]

ルーム [Blu-ray]

サスペンス映画だと思って借りたら、全然違う印象の映画だった。サスペンスなのは前半だけで、そのあとは家族(主に母と子)の再生を描いた人間ドラマという感じ。重いテーマだし、人の嫌なところや弱いところを生々しく表現していて受け止めるのに力が要るが、とても良い映画だったと思う。1時就寝。

2016-11-07-Mon

書店様用ミニ色紙

今日は朝から書店様に送るための『あいの結婚相談所』3巻の販促用ミニ色紙の文字の部分を書いていた。

f:id:ieyagi:20161107083235j:image

作画の加藤山羊先生から送られてきたミニ色紙(うっかり袋から出さずに撮ってしまった。しかも作業に必死だったため、この一枚しか写真がない)

こういう色紙が30枚近く送られてきたので、そのすべてに宛名の店名と作品名、簡単な内容紹介の文章を書き込んでいく。字が下手な上にレイアウトのセンスがゼロなので書き上がりに自信はないが、とにかく「どうか売ってください」という気持ちを込めて丁寧に書いた。14時、書き上がったものを梱包し、子供が帰る前に郵便局で編集部に発送する。

現在、編集部が新社屋への引っ越し中のため、少し対応が遅れるかも、とのことですが、いつもお世話になっている書店様に順次お届けできると思います。どうかよろしくお願いいたします。

2016-11-05-Sat

天王町商店街プロレス

今日は天王町で商店街プロレスがあり、家族で出かけて行った。昼過ぎに会場に着き、まずは娘達を子供プロレス教室に参加させる。

f:id:ieyagi:20161105153807j:image

プロレスラーの人に教わりながらスクワットをしたり、腕立て伏せをしたり、マットの上で前転したりと楽しんでいた。

プロレス教室のあとは第一部の試合を観る。

f:id:ieyagi:20161105170747j:image

なんだかいつもの大日本プロレスの試合と比べて、ずいぶん真面目な試合内容だった。

試合が終わったあとはフラダンスのショーなどが始まったので、子供達は公園で遊んだり、大人はビールを飲んだりと好きなように過ごす。18時、横浜在住の漫画家の菅原県さんhttp://sugawaraken.blog.jp/と友人のYさんが合流し、一緒に第二部の試合を観る。

f:id:ieyagi:20161105193834j:image

最後の試合、こんなレスラーが登場し、相手の選手の技が全く効かないまま勝ってしまった。その体型は反則だと思う。

試合が終わる頃には大分寒くなっていたので、菅原さん達に挨拶して慌ただしく帰る。21時前に帰宅して、筋トレのあと風呂に入り、子供が寝たあとは録画の『勇者ヨシヒコと導かれし七人』観て23時半就寝。

2016-10-31-Mon

ハロウィンパーティーと打ち合わせと

今日は朝から忙しかった。放課後に子供の友達を集めてハロウィンパーティーをやる予定で、子供達と夫が家が出たあと、まずは部屋を片づけて掃除機をかけ、トイレと洗面台を掃除する。

f:id:ieyagi:20161123133823j:image

昨日のうちに準備しておいた手作りハロウィンクッキー。作るのも手間だが、これを一個一個包装するのがまた大変だった。そもそもお菓子の手作りなど全然得意じゃないのに、なぜかハロウィンの時だけは色々と頑張ってしまう。

掃除を終えたあとは身支度を整えて仕事用のノートやタブレットを持って新宿へ。先日伺ったWEBコミックサイトの編集部の方と二度目の打ち合わせをして、連載の開始時期やプロットの修正の方向など、話を詰めていく。

駅前のコンビニのイートインで昼食にイカスミスパゲッティを食べて昼過ぎに帰宅。テーブルを移動して子供達が集まるスペースを作っているところに青森から荷物が届く。

f:id:ieyagi:20161102104351j:image

食べてみたかったけど横浜では売っているところを見つけられなかったのだ。ありがたい。

父にお礼の電話をしたあと、パーティーの準備の続き。お菓子や紙コップを並べて子供が帰るのを待つ。

15時、次女が帰ってきたので仮装させ、まもなく友達も集まり出したのでパーティーを始める。ぶら下げたお菓子を手を使わずに口で取るゲームをしたあとは、それぞれお菓子を食べながらおしゃべり。6時間授業で遅れて到着した長女と息子と高学年の友達も同じようにゲームをしたあと、女子はお菓子とおしゃべり、男子はお菓子とゲームと、それぞれ好きなように遊んでいた。自分はすることがないので、飲み物やお菓子を出したあとは来月のカレンダーに一か月分の家族の予定を記入するなど家の用事を片づける。

17時半、友達にそれぞれお土産のお菓子を持たせて帰してから夕食。鶏団子と白菜のスープ煮を食べて、自分と娘達は柔道の稽古に出かける(息子は塾の勉強があるので、最近は夫に早く帰ってもらって家で留守番させている)

寝技の乱取り、立ち技の打ち込みのあと乱取り、といつもの流れで稽古をして21時過ぎに帰宅。日課の筋トレをして日記を書いて風呂に入って子供を寝せたあと、夫と今日あったことなど話し、布団の中で『屍の聲』という嫌なホラー短編集を読みながら寝る。23時就寝。

屍の聲 (集英社文庫)

屍の聲 (集英社文庫)

2016-10-27-Thu

息子、修学旅行から帰る

6時起床。晴れ。小説を書いてから娘達を起こし朝食。豆腐ハンバーグときんぴらごぼうとキュウリの漬物。食べ終わって夫と娘達が家を出たあとは柔道着を洗濯して布団を干す。

午前中は資料本を読み、それから薬局とスーパーで買い物。昼食はリンガーハットで長崎ちゃんぽんを食べた。帰宅後は布団を取り込んで、加藤山羊から送られてきたホラーの原稿をチェックし、OKの返事を出す。その後はホラーのプロットの修正。合間に長女が友達の誕生会に呼ばれたというので、プレゼントのラッピングを手伝う。総合スーパーのギフト売場で働いていたおかげで進物包装は得意だ。

夕方になって車で駅へ。日光に修学旅行に行っていた息子が帰ってくるので迎えに行く。解散式を終えた大荷物の息子を乗せて帰宅し、まずは夕食。豆腐ハンバーグときんぴらごぼう(朝と同じメニュー)と茹でブロッコリー。食べ終わって落ち着いてから、修学旅行の荷物を解く。

f:id:ieyagi:20161028154555j:image

息子が家族に買ってきてくれたお土産。

この他に、自分用のお土産としてなぜか桜柄のきれいな扇子を買ってきていた。ちなみに事前に学校から「お土産に木刀は禁止」と注意があったそうだ。

日光でどんなものを見たのか聞いて(現在東照宮が工事中なので、逆に色々変わったものが見れたらしい)、風呂に入ったあとは日記を書いて帳簿をつける。子供が寝たあとは『カンブリア宮殿』を観て推理小説を読んで23時就寝。