風のまにまに RSSフィード

 博物館や指定管理者など地方行政に関する話題が多いですが,そのほか,日々のそよ風,はたまた強風の中で感じたこと,見つけたことを書いています。
 ブログの性格上,関連話題を複数のエントリーで紹介したりしていますし,一方,古いエントリーに随時追記したりもしています。ページトップの検索窓もご利用ください(検索窓に記入し[日記]をクリック)。

 最近は,忙しさにかまけて更新が遅れていますが、ときたまは更新していきますので,よろしくお願いします。



2018-01-24

博物館法で定める登録制度の設置者限定についての疑問

博物館法第二条は次のようになっている。

第二条 この法律において「博物館」とは、歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を収集し、保管(育成を含む。以下同じ。)し、展示して教育的配慮の下に一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資するために必要な事業を行い、あわせてこれらの資料に関する調査研究をすることを目的とする機関(社会教育法による公民館及び図書館法(昭和二十五年法律第百十八号)による図書館を除く。)のうち、地方公共団体一般社団法人若しくは一般財団法人宗教法人又は政令で定めるその他の法人独立行政法人独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第一項に規定する独立行政法人をいう。第二十九条において同じ。)を除く。)が設置するもので次章の規定による登録を受けたものをいう。

2 この法律において、「公立博物館」とは、地方公共団体の設置する博物館をいい、「私立博物館」とは、一般社団法人若しくは一般財団法人、宗教法人又は前項の政令で定める法人の設置する博物館をいう。

3 この法律において「博物館資料」とは、博物館が収集し、保管し、又は展示する資料(電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られた記録をいう。)を含む。)をいう。

第一項に「地方公共団体、一般社団法人若しくは一般財団法人、宗教法人又は政令で定めるその他の法人(独立行政法人(独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第一項に規定する独立行政法人をいう。第二十九条において同じ。)を除く。)が設置するもの」とあるとおり、現在では、登録博物館になれるのは、公立(地方公共団体が設定するもの)、社団法人財団法人・宗教法人立、それから博物館法施行令で定めるその他の法人(=日本放送協会日本赤十字社)が設置する博物館のみである。

国立の博物館、独立行政法人立の博物館、株式会社立の博物館、国立大学法人立の博物館、学校法人立の博物館、個人立の博物館などは、登録博物館になれない。

ふと思った疑問は、括弧内の「独立行政法人(独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第一項に規定する独立行政法人をいう。第二十九条において同じ。)を除く。」についてである。
 独立行政法人通則法で規定される独立行政法人は、地方公共団体でも、社団法人でも、財団法人でも、宗教法人でもありえないから、わざわざ括弧内の文言を設けたのは「政令で定めるその他の法人」に独立行政法人を加えてはならないという立法上の強い意図があるからと思われる。
 だが、確かに国立博物館については文化財保護法の関係もあるのかも知れないが,その他の独立行政法人はどうか。国立美術館に対して、それだけの強い意図が必要なのか。国立科学博物館に対して、それだけの強い意図が必要なのか。
 日本放送協会や日本赤十字社が博物館法施行令で個別に認められているように、博物館法の登録制度は、国が所管する特殊法人認可法人を強く排除するものではない。博物館法施行令を改正すれば国立大学法人が設置する博物館も、また地方独立行政法人が設置する博物館も登録博物館になれるということである。

国が設置する法人のうち、なぜ独立行政法人通則法が定める独立行政法人のみがわざわざ括弧書きで除外されることとなったのか、ご存知の方はお教えいただいただければ幸いです。

匿名希望匿名希望 2018/02/03 05:22 【福島臨海鉄道/2019年4月から上下分離方式に移行へ】
 福島臨海鉄道は2019年4月から福島県いわき市の泉〜小名浜間(4.8キロ)の本線を上下分離方式に移行することが、2月2日に明らかになった。
 内訳は福島臨海鉄道の自社車両の老朽化及び事業形態の変更に伴うもので、福島臨海鉄道では2月20日前後に第1種鉄道事業者の廃止届及び第3種鉄道事業者の許可申請を同時に国土交通省に提出するが、同時に親会社の日本貨物鉄道(JR貨物)でも第2種鉄道事業者の許可申請を国土交通省に提出する予定で、許可が出れば全国初の貨物専用線の上下分離方式が実現するという。
 現在の福島臨海鉄道の本線はJR貨物の小名浜線に変更される予定で、現在4両いる、ディーゼル機関車は他社に売却又は廃車、変更後はハイブリット機関車のHD300型を3両を常駐する予定。
 小名浜駅、泉駅の業務など及び泉〜小名浜間の運行については新たに福島臨海鉄道の受け皿として新設される、株式会社ジェイアール貨物・北関東ロジスティクス茨城支店(茨城県日立市に新設予定。)に委託予定。
 自動車事業などはいわきフレートライナー(仮称)を新たに設立し、システム事業などにつきましてはいわき臨海システム(仮称)を新たに設立します。
 なお、現在の福島臨海鉄道も社名をいわき臨海ホールディングス(仮称)に変更する予定だという。

匿名希望匿名希望 2018/02/06 07:14 【福島臨海鉄道/2019年4月から上下分離方式に移行へ(修正)】
 福島臨海鉄道は2019年4月から福島県いわき市の泉〜小名浜間(4.8キロ)の本線を上下分離方式に移行することが、2月5日に明らかになった。
 内訳は福島臨海鉄道の機関車の老朽化及び事業形態の変更に伴うもので、福島臨海鉄道では2月20日前後に第1種鉄道事業者の廃止届及び第3種鉄道事業者の許可申請を同時に国土交通省に提出するが、同時に親会社の日本貨物鉄道(JR貨物)でも第2種鉄道事業者の許可申請を国土交通省に提出する予定で、許可が出れば全国初の貨物専用線の上下分離方式が実現するという。
 現在の福島臨海鉄道の本線はJR貨物の小名浜線に変更される予定で、現在4両いる、ディーゼル機関車は廃車予定で、変更後はハイブリット機関車のHD300型の新形式3両、DB500型の新形式2両をそれぞれ常駐する予定。
 小名浜駅、泉駅の業務など及び泉〜小名浜間の運行については新たに福島臨海鉄道の受け皿として新設される、株式会社ジェイアール貨物・北関東ロジスティクス茨城支店(茨城県日立市に新設予定。)に委託予定。
 技術部門については、機関車、コンテナの検査・修繕などにおきましては受け皿会社として、いわき車両工業(仮称)を新たに設立します。
 小名浜線及び東邦亜鉛専用線の保守管理及び補修などは東鉄工業などに委託いたします。
 自動車事業などはいわきフレートライナー(仮称)を新たに設立し、システム事業などにつきましてはいわき臨海システム(仮称)を新たに設立します。
 なお、現在の福島臨海鉄道も社名をいわき臨海ホールディングス(仮称)に変更する予定だという。

匿名希望匿名希望 2018/02/17 07:13 【福島臨海鉄道/2019年4月から、本線の上下分離方式に正式移行へ】
 福島臨海鉄道は2019年4月から福島県いわき市の泉〜小名浜間(4.8キロ)の本線を上下分離方式に正式移行することが、2月16日に明らかになった。
 内訳は福島臨海鉄道の機関車の老朽化及び事業形態の変更に伴うもので、福島臨海鉄道では2月20日に第1種鉄道事業者の廃止届及び第3種鉄道事業者の許可申請を同時に国土交通省に提出するが、同時に親会社の日本貨物鉄道(JR貨物)でも第2種鉄道事業者の許可申請を国土交通省に提出する予定で、許可が出れば全国初の貨物専用線の上下分離方式が実現するという。
 現在の福島臨海鉄道の本線はJR貨物の小名浜線に変更される予定で、現在4両いる、ディーゼル機関車は廃車予定で、変更後はハイブリット機関車のHD300型100番台(仮称)3両、DB510型(仮称)2両をそれぞれ常駐する予定。
 現在の小名浜駅を上下分離と同時に駅名を小名浜貨物ターミナル駅に改称することも新たにわかった。
 小名浜貨物ターミナル駅、泉駅の業務など及び泉〜小名浜貨物ターミナル間の運行については新たに福島臨海鉄道の受け皿として新設される、株式会社ジェイアール貨物・北関東ロジスティクス茨城支店(茨城県日立市に新設予定。)に委託予定。
 技術部門については、機関車、コンテナの検査・修繕などにおきましては受け皿会社として、協三いわき車両工業を新たに設立します。
 小名浜線及び東邦亜鉛専用線の保守管理及び補修などは東鉄工業などに委託いたします。
 自動車事業などは常磐エクスプレスを新たに設立し、システム事業などにつきましては常磐情報システムを新たに設立します。
 なお、現在の福島臨海鉄道も社名をいわき臨海ホールディングスに変更する予定だという。

匿名希望匿名希望 2018/02/19 07:45 【福島臨海鉄道/自社機関車の老朽化で上下分離方式に移行へ】
 福島臨海鉄道は自社が保有するディーゼル機関車の老朽化に伴い、2019年3月末を持って自社による貨物列車の運行を終了することが2月19日の臨時会議で正式決定することが明らかになった。
 福島臨海鉄道では現在、ディーゼル機関車を3両保有しており、また老朽化も進んでおり、機関車の更新にも莫大な費用が掛かることなどから、自社による貨物列車を運用を2019年3月末を持って終了する方針だという。
 なお、貨物列車の運行に関しては上下分離方式に移行させ、運行と車両の保有は日本貨物鉄道(JR貨物)に移行し、インフラと土地は引き続き自社が保有するという。
 福島臨海鉄道では2月20日に第1種鉄道事業者の廃止届及び第3種鉄道事業者の許可申請を同時に国土交通省に提出するが、同時に親会社の日本貨物鉄道(JR貨物)でも第2種鉄道事業者の許可申請を国土交通省に提出する予定で、許可が出れば全国初の貨物専用線の上下分離方式が実現するという。

匿名希望匿名希望 2018/02/20 07:05 【福島臨海鉄道/本線、上下分離方式へ移行】
 福島臨海鉄道は福島県いわき市の泉〜小名浜間(4.8キロ)の本線を上下分離方式へ移行することが2月19日に正式決定し、2月20日にも国土交通省東北運輸局鉄道部に第1種鉄道事業者の廃止届及び第3種鉄道事業者の許可申請を同時に提出する方針で、同時に親会社の日本貨物鉄道(JR貨物)でも国土交通省東北運輸局鉄道部に第2種鉄道事業者の許可申請を提出する予定で、許可が出れば全国初の貨物専用線の上下分離方式が実現するという。
 また、福島臨海鉄道の筆頭株主も2018年の株主総会終了後にも現在の日本貨物鉄道(JR貨物)から新たに出資する日本政策投資銀行へ交代することも明らかになった。
 また、主要株主も現在の日本貨物鉄道(JR貨物)、福島県 、日本化成、小名浜製錬、東邦亜鉛、常磐興産に加え、新たに日本政策投資銀行、いわき市、東邦銀行などが加わることもわかった。
 なお、福島臨海鉄道の上下分離方式の移行は約1年後の2019年4月1日を予定しているという。

匿名希望匿名希望 2018/02/28 07:33 【日本貨物鉄道・福島臨海鉄道/本線の鉄道事業再構築実施計画申請へ】
 日本貨物鉄道(JR貨物)とグループ会社の福島臨海鉄道は2月28日にも国土交通省東北運輸局鉄道部に福島臨海鉄道本線の鉄道事業再構築実施計画の認定を申請することが明らかになった。
 申請通り認定された場合、同線は2019年4月1日付で上下分離経営に移行する。
 福島臨海鉄道本線は、泉〜小名浜間の4.8キロを結ぶ鉄道路線。現在は福島臨海鉄道が運営しているが、2011年3月に起こった東日本大震災などの経営の悪化及び自社の機関車の老朽化により、上下分離方式に移行することになった。
 実施計画が認定された場合、福島臨海鉄道は鉄道施設・土地を保有する第3種鉄道事業者、日本貨物鉄道(JR貨物)は福島臨海鉄道から鉄道施設・土地を使用料を支払って列車を運行する第2種鉄道事業者になる。
 福島臨海鉄道の現在の本線は戦時中の1941年に開業したものの、当時は小名浜臨港鉄道として運行していたが、1964年に小名浜が新産業都市の指定を受けた後の1967年に社名が現在の福島臨海鉄道に変更したが、1972年までは旅客輸送を行っていたものの現在は貨物専業である。

匿名希望 匿名希望 2018/02/28 18:54 【とさでん交通・土佐くろしお鉄道/共同持株会社設立へ】
 高知県内で軌道・バス事業を行うとさでん交通と鉄道事業を行う土佐くろしお鉄道は、2019年4月を目処に共同株式移転方式による持株会社の設立を検討されていることが2月28日にわかった。
 実現すると全国初の第3セクター方式の交通事業者を統括する持株会社が誕生することになる。

匿名希望 匿名希望 2018/03/04 05:26 【とさでん交通・土佐くろしお鉄道/共同持株会社設立を3月5日にも発表へ】
 高知県内で軌道・バス事業を行うとさでん交通と鉄道事業を行う土佐くろしお鉄道は、2019年4月を目処に共同株式移転方式による持株会社の設立を3月5日にも発表することが明らかになった。
 実現すると全国初の第3セクター方式の交通事業者を統括する持株会社が誕生することになる。

【共同持ち株会社の名称】「とさでんくろしおホールディングス」
【主な傘下企業】「とさでん交通」
        「土佐くろしお鉄道」
        「とさでん北部交通(現・県交北部交通)」
        「とさでん西南交通(現・高知西南交通)」
        「とさでん東部交通(現・高知東部交通)」
        「高知高陵交通」
        「ですか」
【業務提携予定の企業】「四国旅客鉄道(JR四国)」
           「ジェイアール四国バス」
           「高知駅前観光」
           「四万十交通」
           「嶺北観光自動車」
           「黒岩観光」

匿名希望匿名希望 2018/03/07 07:54 【福島臨海鉄道/本線の事業形態変更へ】
 福島臨海鉄道は3月9日までにも国土交通省東北運輸局鉄道部に福島臨海鉄道本線の第1種鉄道事業者の廃止届及び第3種鉄道事業者の許可届の申請を提出することが3月6日にわかった。
 また、同時に日本貨物鉄道(JR貨物)は福島臨海鉄道本線(いわき小名浜線に改称予定。)の第2種鉄道事業者の許可申請を行う予定。
 両社とも許可が下りた場合、同線は2019年4月1日付で上下分離経営に移行する。
 福島臨海鉄道本線は、泉〜小名浜間の4.8キロを結ぶ鉄道路線。現在は福島臨海鉄道が運営しているが、2011年3月に起こった東日本大震災などの経営の悪化及び自社の機関車の老朽化により、上下分離方式に移行することになった。
 両社の許可が下りた場合、福島臨海鉄道は鉄道施設・土地を保有する第3種鉄道事業者、日本貨物鉄道(JR貨物)は福島臨海鉄道から鉄道施設・土地を使用料を支払って列車を運行する第2種鉄道事業者になる。
 福島臨海鉄道の現在の本線は戦時中の1941年に開業したものの、当時は小名浜臨港鉄道として運行していたが、1964年に小名浜が新産業都市の指定を受けた後の1967年に社名が現在の福島臨海鉄道に変更したが、1972年までは旅客輸送を行っていたものの現在は貨物専業である。

匿名希望 匿名希望 2018/03/07 08:03 【とさでん交通・土佐くろしお鉄道/共同持株会社設立を3月9日までにも発表へ】
 高知県内で軌道・バス事業を行うとさでん交通と鉄道事業を行う土佐くろしお鉄道は、2019年4月を目処に共同株式移転方式による持株会社の設立を3月9日までにも発表することが3月6日、明らかになった。
 実現すると全国初の第3セクター方式の交通事業者を統括する持株会社が誕生することになる。

【共同持ち株会社の名称】「とさでんくろしおホールディングス」
【主な傘下企業】「とさでん交通」
        「土佐くろしお鉄道」
        「とさでん北部交通(現・県交北部交通)」
        「とさでん西南交通(現・高知西南交通)」
        「とさでん東部交通(現・高知東部交通)」
        「高知高陵交通」
        「ですか」
【業務提携予定の企業】「四国旅客鉄道(JR四国)」
           「ジェイアール四国バス」
           「高知駅前観光」
           「四万十交通」
           「嶺北観光自動車」
           「黒岩観光」

匿名希望 匿名希望 2018/04/13 08:28 【北九州市交通局/IC乗車カードリプレースへ】
 福岡県北九州市若松区に本局を置く、北九州市交通局(北九州市営バス)は現在発行しているひまわりバスカードを2019年度末で発売終了、2020年度前半までに利用終了し、新たに西鉄などが導入している「nimoca」に移行することが4月12日にわかった。
 また「nimoca」の移行と同時に全国相互利用サービスにも対応することも明らかになった。
 これは北九州市営バスが導入している「ひまわりバスカード」のシステムの老朽化などに伴うもので、システム更新を機に「nimoca」を導入するという。

匿名希望匿名希望 2018/04/13 08:47 【南国交通・JR九州バス鹿児島支店・鹿児島市交通局・鹿児島市船舶局/IC乗車カードリプレースへ】
 南国交通・JR九州バス鹿児島支店・鹿児島市交通局・鹿児島市船舶局の4社局は、現在発行している「RapiCa」を2020年度で発売及び利用を終了し、新たに西鉄などが導入している「nimoca」に移行することが4月12日にわかった。
 また「nimoca」の移行と同時に全国相互利用サービスにも対応することも明らかになった。
 これは4社局が導入している「RapiCa」のシステムの老朽化などに伴うもので、システム更新を機に「nimoca」を導入するという。
 また、ニモカと4社局が共同出資するカード運営会社も新たに設立するという。

匿名希望匿名希望 2018/04/22 07:36 【庄交コーポレーション/2019年4月に子会社を吸収合併、社内カンパニー制に移行】
 山形県鶴岡市に本社を置く、庄交コーポレーションは2019年4月1日に子会社5社を吸収合併し、社内カンパニー制に移行することが4月20日にわかった。
 合併するのは庄内交通、庄交ハイヤー、庄交価値創造研究所、庄交保険サービス、庄内運転者育英学園の5社で、社名も庄交総合ホールディングス(仮称)に変更する。
 社内カンパニーは、庄内交通カンパニー、庄内交通仙台カンパニー、庄交タクシー・ハイヤーカンパニー、ロードパークカンパニー、価値創造研究所カンパニー、保険サービスカンパニー、不動産・ホテルカンパニー、庄内運転者育英学園カンパニーの計8つの社内カンパニーが誕生します。
 筆頭株主は現在と変わらず、同社の持株会である。

匿名希望匿名希望 2018/04/26 05:29 【フジテレビ/今秋も大規模の番組改編を検討】
 フジテレビは今秋も大規模な番組改編を検討していることが、4月25日にわかった。
 フジテレビと関西テレビの共同制作の日曜夜の『Mrサンデー』は9月30日の2時間15分スペシャルを持って終了し、10月14日からは『サンデープライムランナー(仮称)』をスタートすることが明らかになった。
 また、凱旋門賞が行われる、10月7日は午後7時から5時間半の特番『ジャンクSPORTS&S−PARKスペシャル(仮称)』を予定していることも新たに分かった。
 なお、今秋の改編の詳しい情報は9月上旬ごろに発表される予定でございます。

匿名希望匿名希望 2018/04/28 17:50 【フジテレビ/今秋も大規模の番組改編を検討(続報)】
 フジテレビは今秋も大規模な番組改編を検討していることが、4月25日にわかった。
 フジテレビは単独のニュース番組のタイトルを「FNNプライムニュース」に完全統一し、新たに「FNNプライムニュースヘッドライン」と「サンデープライムランナー(仮称)」を10月からスタートをさせる予定。
 なお、今秋の改編の詳しい情報は9月上旬ごろに発表される予定でございます。

匿名希望匿名希望 2018/05/12 05:11 【JR九州/スペースワールド駅、2019年3月頃に東八幡駅に改称。】
 JR九州は現在のスペースワールド駅を2019年3月を目途に東八幡駅に改称することが5月11日にわかった。
 スペースワールド駅は1999年7月に開設されたものの、スペースワールドは2017年12月31日をもって閉園したが、当初は駅名を存続するはずだったが、北九州市などから駅名変更の要求があったため、駅名の東八幡駅は約20年前の新駅名候補の1つであった。
 今回はスペースワールドが昨年末に閉園したため、開業20周年を迎える機に駅名を東八幡駅に改称する。

匿名希望 匿名希望 2018/05/22 18:42 【JR九州/スペースワールド駅、来春改称へ。】
 JR九州は現在のスペースワールド駅を来春のダイヤ改正を機に東八幡駅に改称することが5月22日に改めてわかった。
 スペースワールド駅は1999年7月に開設されたが、スペースワールドは2017年12月31日をもって閉園し、当初は駅名を存続するはずだったが、北九州市などから駅名変更の要求があったため、開業20周年を迎える来春のダイヤ改正を機に駅名を東八幡駅に改称するという。
 また、JR九州は7月14日から在来線の一部の区間に駅ナンバーリングを導入することも新たにわかった。
 駅ナンバーリングは既に他のJRの旅客各社は導入しているが、これまでJR九州だけが導入していなかった。
 JR九州は久大線の夜明〜日田間の復旧に合わせて駅ナンバーリングを一部の在来線区間に導入し、外国人観光客にもわかりやすくするためだという。

匿名希望匿名希望 2018/06/01 02:44 【南九州ファミリーマート/店内ATMサービスリプレース】
 鹿児島・宮崎の両県でファミリーマートを展開する、南九州ファミリーマートは店内に設置されているATMをリプレースすることが5月31日にわかった。
 内訳は、鹿児島県内のファミリーマート全店に設置されている鹿児島銀行のATMは全て、ゆうちょ銀行のカード専用ATMに7月から9月までの間に順次置き換えることを決定、また、宮崎県内のファミリーマート(一部店舗を除く)にコンビニATM「イーネット」も全て、ゆうちょ銀行のカード専用ATMに7月から9月までの間に順次置き換えることも決定、これにより今年の9月末までに鹿児島・宮崎の両県のファミリーマート全店にゆうちょ銀行のカード専用ATMが設置されることになりました。
 これは、鹿児島銀行、宮崎銀行、ゆうちょ銀行の3金融機関と南九州ファミリーマートが鹿児島・宮崎の両県のファミリーマート店内にゆうちょ銀行ATMの利用サービスについて、近く合意することが明らかになったことでわかったという。
 鹿児島銀行の利用者には現在、鹿児島県内のファミリーマート全店で展開している鹿児島銀行ATM同様の手数料でご利用いただけるようにし、通帳利用などは廃止されるが、ゆうちょ銀行のATMでは鹿児島県内の全店だけではなく、宮崎県内の全店及び福岡県内の一部店舗でも平日昼間の手数料が無料となり、一層ご利用しやすくなります。
 宮崎銀行の利用者には、宮崎県内の全店だけではなく、鹿児島県内の全店及び福岡県内のゆうちょ銀行ATM設置店舗でも平日昼間の手数料が無料となり、一層ご利用しやすくなります。
 また、南日本銀行・宮崎太陽銀行の利用者にも鹿児島・宮崎の両県内の全店及び福岡県内のゆうちょ銀行ATM設置店舗でも平日昼間の手数料が無料となり、一層ご利用しやすくなります。
 ファミリーマートに設置予定のゆうちょ銀行にのついて、鹿児島県内設置分については鹿児島銀行のロゴなどを表示し、宮崎県内設置分については宮崎銀行のロゴなどを表示することで、お客さまに一目でお分かりいただけるようにいたします。

匿名希望匿名希望 2018/06/01 03:00 【南九州ファミリーマート/店内ATMサービスリプレース】
 鹿児島・宮崎の両県でファミリーマートを展開する、南九州ファミリーマートは店内に設置されているATMをリプレースすることが5月31日にわかった。
 内訳は、鹿児島県内のファミリーマート全店に設置されている鹿児島銀行のATMは全て、ゆうちょ銀行のカード専用ATMに7月から9月までの間に順次置き換えることを決定、また、宮崎県内のファミリーマート(一部店舗を除く)の店内に設置されている、コンビニATM「イーネット」も全て、ゆうちょ銀行のカード専用ATMに7月から9月までの間に順次置き換えることも決定、これにより今年の9月末までに鹿児島・宮崎の両県のファミリーマート全店にゆうちょ銀行のカード専用ATMが設置されることになりました。
 これは、鹿児島銀行、宮崎銀行、ゆうちょ銀行の3金融機関と南九州ファミリーマートが鹿児島・宮崎の両県のファミリーマート店内にゆうちょ銀行ATMの利用サービスについて、近く合意することが明らかになったことでわかったという。
 鹿児島銀行の利用者には現在、鹿児島県内のファミリーマート全店で展開している鹿児島銀行ATM同様の手数料でご利用いただけるようにし、通帳利用などは廃止されるが、ゆうちょ銀行のATMでは鹿児島県内の全店だけではなく、宮崎県内の全店及び※福岡県内の一部店舗でも平日昼間の手数料が無料となり、一層ご利用しやすくなります。
 宮崎銀行の利用者には、宮崎県内の全店だけではなく、鹿児島県内の全店及び※福岡県内のゆうちょ銀行ATM設置店舗でも平日昼間の手数料が無料となり、一層ご利用しやすくなります。
 また、南日本銀行・宮崎太陽銀行の利用者にも鹿児島・宮崎の両県内の全店及び※福岡県内のゆうちょ銀行ATM設置店舗でも平日昼間の手数料が無料となり、一層ご利用しやすくなります。
 ファミリーマートに設置予定のゆうちょ銀行にのついて、鹿児島県内設置分については鹿児島銀行のロゴなどを表示し、宮崎県内設置分については宮崎銀行のロゴなどを表示することで、お客さまに一目でお分かりいただけるようにいたします。
(※福岡県内のファミリーマートはファミリーマート本体が運営しており、現在のところ旧サンクスの店舗を中心にゆうちょ銀行ATMが設置されております。)

匿名希望匿名希望 2018/06/05 23:42 【鹿児島ウォーターフロント/ドルフィンポート、2018年11月4日に閉鎖へ】
 鹿児島市の複合商業施設「ドルフィンポート」を運営する、鹿児島ウォーターフロントは「ドルフィンポート」の2018年11月4日をもって営業終了することが、6月5日にわかった。
 ドルフィンポートの土地は鹿児島県の所有であり、約15年の期限付定期借地契約により用地が賃貸借されているため、一昨年7月に知事が交代したことや、再開発の目途が近日中に内定することで、2018年11月4日の閉鎖が決まったという。
 閉鎖後は、2019年3月末までに更地にし、県に返却し、違約金も支払う。
 一昨年7月に鹿児島県知事に就任した、三反園訓氏はドルフィンポートの土地の再利用について、出来るだけ2020年の国体に間に合うように跡地の再開発を終わらせたいという。
 鹿児島県知事に就任した、三反園氏は元テレビ朝日の政治部記者で、かつての朝の情報番組「やじうまプラス」などのコメンテーターなどでも活躍した人で、2015年に長年勤めたテレビ朝日を退職していた。

匿名希望匿名希望 2018/06/23 01:29 【南九州ファミリーマート/店内ATMサービスリプレース】
 鹿児島・宮崎の両県でファミリーマートを展開する、南九州ファミリーマートは店内に設置されているATMを7月中旬からリプレースすることが6月22日にわかった。
 内訳は、鹿児島県内のファミリーマート全店に設置されている鹿児島銀行のATMは全て、ゆうちょ銀行のカード専用ATMに7月中旬から10月末までの間に順次置き換えることを決定、また、宮崎県内のファミリーマート(一部店舗を除く)の店内に設置されている、コンビニATM「イーネット」も全て、ゆうちょ銀行のカード専用ATMに7月中旬から10月末までの間に順次置き換えることも決定、これにより今年の10月末までに閉店が決まっているドルフィンポート店を除く鹿児島・宮崎の両県のファミリーマート全店にゆうちょ銀行のカード専用ATMが設置されることになりました。
 これは、鹿児島銀行、宮崎銀行、ゆうちょ銀行の3金融機関と南九州ファミリーマートが鹿児島・宮崎の両県のファミリーマート店内にゆうちょ銀行ATMの利用サービスについて、近く合意することが明らかになったことでわかったという。
 鹿児島銀行の利用者には現在、鹿児島県内のファミリーマート全店で展開している鹿児島銀行ATM同様の手数料でご利用いただけるようにし、通帳利用などは廃止されるが、ゆうちょ銀行のATMでは鹿児島県内の全店だけではなく、宮崎県内の全店及び※福岡・熊本・大分の各県内の一部店舗でも平日昼間の手数料が無料となり、一層ご利用しやすくなります。
 宮崎銀行の利用者には、宮崎県内の全店だけではなく、鹿児島県内の全店及び※福岡・熊本・大分の各県内のゆうちょ銀行ATM設置店舗でも平日昼間の手数料が無料となり、一層ご利用しやすくなります。
 また、南日本銀行・宮崎太陽銀行の利用者にも鹿児島・宮崎の両県内の全店及び※福岡・熊本・大分の各県内のゆうちょ銀行ATM設置店舗でも平日昼間の手数料が無料となり、一層ご利用しやすくなります。
 ファミリーマートに設置予定のゆうちょ銀行にのついて、鹿児島県内設置分については鹿児島銀行のロゴなどを表示し、宮崎県内設置分については宮崎銀行のロゴなどを表示することで、お客さまに一目でお分かりいただけるようにいたします。
(※福岡・熊本・大分の各県内のファミリーマートはファミリーマート本体が運営しており、現在のところ旧サンクスの店舗を中心にゆうちょ銀行ATMが設置されております。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ironsand/20180124

2015-07-07

とりあえず七夕

匿名希望匿名希望 2015/07/13 19:29 【東海交通事業/城北線2016年3月中旬から運行休止へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は来年3月のJRのダイヤ改正に合わせて、城北線(枇杷島〜勝川間)を運行休止することが、7月13日に分かった。
 運行休止の理由について、現在保有しているディーゼルカー2両が親会社の方針により、来年3月末までに廃車扱いとし、その後、茨城県のひたちなか海浜鉄道に売却する方針であることも新たに分かった。
 城北線は旧国鉄瀬戸線として、1976年(昭和51年)に着工されたが、財政難などで工事は中断され、その後はJR東海が第一種鉄道事業者として承継されたが、1991年(平成3年)に尾張星の宮〜勝川間が、1993年(平成5年)に枇杷島〜尾張星の宮間がそれぞれ非電化で、子会社の東海交通事業(第二種鉄道事業者)の運営で開業した。
 1993年(平成5年)に導入した、キハ11形の鋼鉄車両が親会社の方針により平成27年度末までに全車廃車が予定されていることなどから、年度末の3月中旬からの運行休止が決まったという。
 今後、城北線は高架橋などを鉄道運輸機構から沿線自治体に無償譲渡され、第3セクターの名古屋高速鉄道(仮称/現社名は名古屋臨海高速鉄道)が第一種鉄道事業者として、2018年(平成30年)度に再開業し、仮駅だった勝川駅もJR中央本線の駅に乗り入れる。

「枇杷島〜勝川間」
《2016年3月11日まで》
 「JR東海(東海旅客鉄道)=第一種鉄道事業者」
 「東海交通事業=第二種鉄道事業者」
《2018年度の再開業後》
 「※名古屋高速鉄道(仮称)=第一種鉄道事業者」
  (※現社名は名古屋臨海高速鉄道)

「名古屋〜枇杷島間」
《現在》
 「JR東海(東海旅客鉄道)=第一種鉄道事業者」
 「JR貨物(日本貨物鉄道)=第二種鉄道事業者」
《2018年度の再開業後(追加)》
 「※名古屋高速鉄道(仮称)=第二種鉄道事業者」
  (※現社名は名古屋臨海高速鉄道)

匿名希望匿名希望 2015/07/13 19:29 【東海交通事業/城北線2016年3月中旬から運行休止へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は来年3月のJRのダイヤ改正に合わせて、城北線(枇杷島〜勝川間)を運行休止することが、7月13日に分かった。
 運行休止の理由について、現在保有しているディーゼルカー2両が親会社の方針により、来年3月末までに廃車扱いとし、その後、茨城県のひたちなか海浜鉄道に売却する方針であることも新たに分かった。
 城北線は旧国鉄瀬戸線として、1976年(昭和51年)に着工されたが、財政難などで工事は中断され、その後はJR東海が第一種鉄道事業者として承継されたが、1991年(平成3年)に尾張星の宮〜勝川間が、1993年(平成5年)に枇杷島〜尾張星の宮間がそれぞれ非電化で、子会社の東海交通事業(第二種鉄道事業者)の運営で開業した。
 1993年(平成5年)に導入した、キハ11形の鋼鉄車両が親会社の方針により平成27年度末までに全車廃車が予定されていることなどから、年度末の3月中旬からの運行休止が決まったという。
 今後、城北線は高架橋などを鉄道運輸機構から沿線自治体に無償譲渡され、第3セクターの名古屋高速鉄道(仮称/現社名は名古屋臨海高速鉄道)が第一種鉄道事業者として、2018年(平成30年)度に再開業し、仮駅だった勝川駅もJR中央本線の駅に乗り入れる。

「枇杷島〜勝川間」
《2016年3月11日まで》
 「JR東海(東海旅客鉄道)=第一種鉄道事業者」
 「東海交通事業=第二種鉄道事業者」
《2018年度の再開業後》
 「※名古屋高速鉄道(仮称)=第一種鉄道事業者」
  (※現社名は名古屋臨海高速鉄道)

「名古屋〜枇杷島間」
《現在》
 「JR東海(東海旅客鉄道)=第一種鉄道事業者」
 「JR貨物(日本貨物鉄道)=第二種鉄道事業者」
《2018年度の再開業後(追加)》
 「※名古屋高速鉄道(仮称)=第二種鉄道事業者」
  (※現社名は名古屋臨海高速鉄道)

匿名希望匿名希望 2015/07/22 14:52 【東海交通事業/城北線2016年3月13日で運行終了】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は2016年3月13日で城北線(枇杷島〜勝川間)の運行を終了することが、7月22日に分かった。
 東海交通事業は、現在保有しているディーゼルカー2両が親会社の方針により、今年度末までに全廃を決めている。
 城北線は1993年(平成5年)3月に全線開業したが、運賃などが非常に高く、親会社に貸し出していた車両売却などもあり、赤字が今後も予想されるため、2016年3月の運行終了が決まった。
 今後、城北線は高架橋などを鉄道運輸機構から沿線自治体に無償譲渡され、第3セクターの名古屋高速鉄道(仮称/現社名は名古屋臨海高速鉄道)が第一種鉄道事業者として、2018年(平成30年)度に再開業し、仮駅だった勝川駅もJR中央本線の駅に乗り入れる。

【東海交通事業/城北線運行終了イベントは9月から約半年間】
《主な企画》
 2015年9月「城北線ビアトレインファイナル」
 2015年11月「城北線沿線ウォーキングファイナル」
 2015年12月「城北線イルミネーショントレインファイナル」(2016年1月まで運行予定)
 2016年1月「城北線初日の出号最終便」
 2016年2月「城北線熱燗トレインファイナル」
 2016年3月「ありがとう城北線感謝祭(仮称)」

《終売情報》
 「城北線ホリデーフリーきっぷ」(2016年2月28日使用期間及び販売終了)

《特別企画乗車券》
 「期間限定復活、城北線1日フリーきっぷ」
  (販売期間/2016年2月1日〜3月13日)
  (利用可能期間/2016年2月29日〜3月13日)
  (料金/大人用=820円、子供用=410円)(予定)

匿名希望 匿名希望 2015/08/11 00:10 【東海交通事業/城北線廃止、8月18日に正式決定へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)の廃止を8月18日に正式決定することが、8月10日にわかった。
 東海交通事業の第二種鉄道事業者の廃止期日は2016年(平成28年)8月31日とし、今回は休止期間も2016年(平成28年)3月14日〜8月31日の間に設定される予定であることもわかった。
 城北線は旧国鉄瀬戸線として、1976年(昭和51年)に着工されたが、財政難などで工事は一時中断されたが、その後は工事も再開され、JR東海が第一種鉄道事業者として承継されたが、1991年(平成3年)に尾張星の宮〜勝川間が、1993年(平成5年)に枇杷島〜尾張星の宮間がそれぞれ非電化で、子会社の東海交通事業(第二種鉄道事業者)の運営で開業したが、高額運賃などで利用者も少なく、ほとんどの駅でバリアフリー化もされていない事などと、それに車両の老朽化で廃止が決まったという。
 今後、城北線は高架橋などを鉄道運輸機構から沿線自治体に無償譲渡され、また、第一種鉄道事業者もJR東海(東海旅客鉄道)から第3セクターの名古屋高速鉄道(仮称/現社名は名古屋臨海高速鉄道)へ譲渡し、2018年(平成30年)度に再開業し、仮駅だった勝川駅もJR中央本線の駅に乗り入れる予定。

匿名希望匿名希望 2015/08/14 12:58 【東海交通事業/城北線廃止、8月18日に正式決定へ(修正)】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)の廃止を8月18日に正式決定することが、8月10日にわかった。
 東海交通事業の第二種鉄道事業者の廃止期日は2016年(平成28年)8月31日とし、今回は休止期間も2016年(平成28年)2月29日〜8月31日の間に設定される予定であることもわかった。
 城北線は旧国鉄瀬戸線として、1976年(昭和51年)に着工されたが、財政難などで工事は一時中断されたが、その後は工事も再開され、JR東海が第一種鉄道事業者として承継されたが、1991年(平成3年)に尾張星の宮〜勝川間が、1993年(平成5年)に枇杷島〜尾張星の宮間がそれぞれ非電化で、子会社の東海交通事業(第二種鉄道事業者)の運営で開業したが、高額運賃などで利用者も少なく、ほとんどの駅でバリアフリー化もされていない事などと、それに車両の老朽化で廃止が決まったという。
 今後、城北線は高架橋などを鉄道運輸機構から沿線自治体に無償譲渡され、また、第一種鉄道事業者もJR東海(東海旅客鉄道)から第3セクターの名古屋高速鉄道(仮称/現社名は名古屋臨海高速鉄道)へ譲渡し、2018年(平成30年)度に再開業し、仮駅だった勝川駅もJR中央本線の駅に乗り入れる予定。

【東海交通事業/城北線運行終了イベントは9月から約半年間】
《主な企画》
 2015年9月「城北線ビアトレインファイナル」
 2015年11月「城北線沿線ウォーキングファイナル」
 2015年12月「城北線イルミネーショントレインファイナル」(2016年1月まで運行予定)
 2016年1月「城北線初日の出号最終便」
 2016年2月「城北線熱燗トレインファイナル」
 2016年2月「ありがとう城北線感謝祭(仮称)」

《終売情報》
 「城北線ホリデーフリーきっぷ」(2016年1月31日使用期間及び販売終了)

《特別企画乗車券》
 「期間限定復活、城北線1日フリーきっぷ」
  (販売期間/2016年1月9日〜2月28日)
  (利用可能期間/2016年2月1日〜2月28日)
  (料金/大人用=820円、子供用=410円)(予定)

匿名希望匿名希望 2015/08/15 14:10 【東海交通事業/城北線廃止に伴う今後の予定】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)の廃止を8月18日に正式決定するが、もし決まれば、来年2月28日の廃止が有力だという。
 本来は来春のJRのダイヤ改正の時期に廃止する予定だったが、北海道新幹線の開業に合わせて、3月26日にずれ込むことや、老朽化した車両の廃車・譲渡手続きが年度内に終了するように、ダイヤ改正より約1カ月早く廃止する方針で行うという。
 なお、老朽化した車両の譲渡先について、九州の肥薩おれんじ鉄道が有力視されているが、譲渡されても、改造工事を大阪の業者に依頼して、引き渡す方針だという。

匿名希望匿名希望 2015/08/18 00:32 【東海交通事業/城北線来年2月末廃止へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)を来年2月28日に廃止することが、8月18日午前中の緊急会議で正式決定することが明らかになった。
 東海交通事業は8月19日に、城北線の鉄道事業休止届出書(第二種鉄道事業者)を国土交通省中部運輸局長宛に、鉄道事業廃止届出書(第二種鉄道事業者)を国土交通大臣宛にそれぞれ提出する予定で、休止予定期間は2016(平成28)年2月29日(月)〜8月31日(水)で、2016(平成28)年3月31日までに、高架橋などの鉄道施設と所有車両の譲渡を終了させることが休止理由だという。
 また、廃止予定日は2016(平成28)年8月31日(水)。

 
 城北線は旧国鉄瀬戸線として、1976(昭和51)年に着工されたが、財政難などで工事は一時中断されたが、その後は工事も再開され、JR東海が第一種鉄道事業者として承継されたが、1991(平成3)年に尾張星の宮〜勝川間が、1993(平成5)年に枇杷島〜尾張星の宮間がそれぞれ非電化で、子会社の東海交通事業(第二種鉄道事業者)の運営で開業したが、高額運賃などで利用者も少なく、ほとんどの駅でバリアフリー化もされていない事などと、それに車両の老朽化で廃止が決まったという。
 今後、城北線は高架橋などを2016(平成28)年3月31日までに鉄道運輸機構から沿線自治体に無償譲渡され、また、第一種鉄道事業者もJR東海(東海旅客鉄道)から第3セクターの名古屋高速鉄道(仮称/現社名は名古屋臨海高速鉄道)へ譲渡し、2018(平成30)年度に再開業し、仮駅だった勝川駅もJR中央本線の駅に乗り入れる予定。
 また、所有する気動車2両の譲渡先についても現在、九州の肥薩おれんじ鉄道と交渉しており、譲渡が決まれば、改造工事を大阪の業者に依頼して、引き渡す方針だという。

匿名希望匿名希望 2015/08/22 01:27 【名鉄/蒲郡線全線と広見線の一部の廃止を検討】
 名鉄(名古屋鉄道)は、蒲郡線(吉良吉田〜蒲郡間)と広見線の新可児〜御嵩間の廃止を検討していることが、8月21日にわかった。
 廃止の時期については、2016年度末の2017年3月末が検討されている。
 廃止後の線路跡について、BRT化も検討されているという。

【東海交通事業/城北線来年2月末廃止へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)を来年2月28日に廃止することが、明らかになった。
 東海交通事業は8月25日に、城北線の鉄道事業休止届出書(第二種鉄道事業者)を国土交通省中部運輸局長宛に、鉄道事業廃止届出書(第二種鉄道事業者)を国土交通大臣宛にそれぞれ提出する予定で、休止予定期間は2016年2月29日(月)〜8月31日(水)で、2016年3月31日までに、高架橋などの鉄道施設と所有車両の譲渡を終了させることが休止理由だという。
 また、廃止予定日は2016年8月31日(水)。
 今後、城北線は高架橋などを2016年3月31日までに鉄道運輸機構から沿線自治体に無償譲渡され、また、第一種鉄道事業者もJR東海(東海旅客鉄道)から第3セクターの名古屋臨海高速鉄道(今後社名変更予定)へ譲渡され、2018年度に再開業し、仮駅だった勝川駅もJR中央本線の駅に乗り入れる予定。
 また、愛知県と沿線3市でつくる城北線整備促進協議会は、城北線の代替輸送機関を別に作り、新たに城北線代替交通運行協議会を9月中に設立することも8月21日にわかった。
 新たに設立する城北線代替交通運行協議会は、代替バス、代替乗合タクシーを運行する団体で、運行委託は地元のバス・タクシー事業者が行うという。

匿名希望匿名希望 2015/08/31 18:09 【東海交通事業/城北線来年2月末廃止へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)を来年2月28日に廃止することが、明らかになった。
 東海交通事業は9月2日に、城北線の鉄道事業休止届出書(第二種鉄道事業者)を国土交通省中部運輸局長宛に、鉄道事業廃止届出書(第二種鉄道事業者)を国土交通大臣宛にそれぞれ提出する予定で、休止予定期間は2016年2月29日(月)〜9月30日(金)で、2016年3月31日までに、高架橋などの鉄道施設と所有車両の譲渡を終了させることが休止理由だという。
 また、廃止予定日は2016年9月30日(金)。
 今後、城北線は高架橋などを2016年3月31日までに鉄道運輸機構から沿線自治体に無償譲渡され、また、第一種鉄道事業者もJR東海(東海旅客鉄道)から第3セクターの名古屋臨海高速鉄道(今後社名変更予定)へ譲渡され、2018年度に再開業し、仮駅だった勝川駅もJR中央本線の駅に乗り入れる予定。
 また、愛知県と沿線3市でつくる城北線整備促進協議会は、城北線の代替輸送機関を別に作り、新たに城北線代替交通運行協議会を9月中に設立することも8月21日にわかった。
 新たに設立する城北線代替交通運行協議会は、代替バス、代替乗合タクシーを運行する団体で、運行委託は地元のバス・タクシー事業者が行うという。

【肥薩おれんじ鉄道/東海交通事業からキハ11形200番台を2両購入へ】
 熊本県の八代と鹿児島県の川内を結ぶ、第3セクターの肥薩おれんじ鉄道は、来年2月で廃止される城北線で運行中のキハ11形200番台を東海交通事業から2両購入することが、8月31日にわかった。
 肥薩おれんじ鉄道では、今後増加が見込める外国人観光客を中心に団体対応の転換クロスシートの車両増備を検討していたが、新車を発注すると費用面でも不利となるため、他社から購入できそうな車両を探していた。
 肥薩おれんじ鉄道の関係者が今年の6月頃、実車を調査した結果、ステップが無いなどで団体列車だけでなく、観光列車の増結にも対応し、ラッシュ時の輸送力増強にも対応することなどから購入することが決定された。
 導入に伴う各種改造工事は大阪の大阪車輛工業において委託施工される予定で、引き渡しは来年3月中旬に行われる予定。

匿名希望匿名希望 2015/09/03 01:43 【東海交通事業/城北線来年2月末廃止へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)を2016年2月28日に廃止することが、明らかになった。
 東海交通事業は9月4日までに、城北線の鉄道事業休止届出書(第二種鉄道事業者)を国土交通省中部運輸局長宛に、鉄道事業廃止届出書(第二種鉄道事業者)を国土交通大臣宛にそれぞれ提出する予定で、休止予定期間は2016年2月29日(月)〜9月30日(金)で、2016年3月31日までに、高架橋などの鉄道施設と所有車両の譲渡を終了させることが休止理由だという。
 また、廃止予定日は2016年9月30日(金)。
 今後、城北線は高架橋などを2016年3月31日までに鉄道運輸機構から沿線自治体に無償譲渡され、また、第一種鉄道事業者もJR東海(東海旅客鉄道)から第3セクターの名古屋臨海高速鉄道(今後社名変更予定)へ譲渡され、2018年度に再開業し、仮駅だった勝川駅もJR中央本線の駅に乗り入れる予定。
 また、愛知県と沿線3市でつくる城北線整備促進協議会は、城北線の代替輸送機関を別に作り、新たに城北線代替交通運行協議会を今月中に設立することも新たにわかった。
 新たに設立する城北線代替交通運行協議会は、代替バス、代替乗合タクシーを運行する団体で、運行委託は地元のバス・タクシー事業者が行うという。

《城北線廃止に伴う運転手の受け皿について》
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)の廃止に伴い当社の運転士を全員、親会社のJR東海に嘱託社員として入社することが、9月2日にわかった。
 東海交通事業の運転士は城北線の廃止に伴い、2016年4月1日付でJR東海に嘱託社員として入社いたします。
 (※3月1日から3月31日までの間は、JR東海の伊勢運輸区及び名古屋運輸区に出向予定。)
 (※伊勢運輸区=三重県多気郡多気町の多気駅構内にある。)

匿名希望匿名希望 2015/09/03 01:43 【東海交通事業/城北線来年2月末廃止へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)を2016年2月28日に廃止することが、明らかになった。
 東海交通事業は9月4日までに、城北線の鉄道事業休止届出書(第二種鉄道事業者)を国土交通省中部運輸局長宛に、鉄道事業廃止届出書(第二種鉄道事業者)を国土交通大臣宛にそれぞれ提出する予定で、休止予定期間は2016年2月29日(月)〜9月30日(金)で、2016年3月31日までに、高架橋などの鉄道施設と所有車両の譲渡を終了させることが休止理由だという。
 また、廃止予定日は2016年9月30日(金)。
 今後、城北線は高架橋などを2016年3月31日までに鉄道運輸機構から沿線自治体に無償譲渡され、また、第一種鉄道事業者もJR東海(東海旅客鉄道)から第3セクターの名古屋臨海高速鉄道(今後社名変更予定)へ譲渡され、2018年度に再開業し、仮駅だった勝川駅もJR中央本線の駅に乗り入れる予定。
 また、愛知県と沿線3市でつくる城北線整備促進協議会は、城北線の代替輸送機関を別に作り、新たに城北線代替交通運行協議会を今月中に設立することも新たにわかった。
 新たに設立する城北線代替交通運行協議会は、代替バス、代替乗合タクシーを運行する団体で、運行委託は地元のバス・タクシー事業者が行うという。

《城北線廃止に伴う運転手の受け皿について》
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)の廃止に伴い当社の運転士を全員、親会社のJR東海に嘱託社員として入社することが、9月2日にわかった。
 東海交通事業の運転士は城北線の廃止に伴い、2016年4月1日付でJR東海に嘱託社員として入社いたします。
 (※3月1日から3月31日までの間は、JR東海の伊勢運輸区及び名古屋運輸区に出向予定。)
 (※伊勢運輸区=三重県多気郡多気町の多気駅構内にある。)

匿名希望匿名希望 2015/09/09 01:44 【東海交通事業/城北線一転、当分存続へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)を当分の間、存続することが明らかになった。
 当初は、路線廃止を検討していたが、新たに親会社のJR東海からキハ11形300番台を2両リースすることで、当分の廃止を回避した。
 但し、現在所有するキハ11形200番台の2両は、ひたちなか海浜鉄道に売却されることが決まった。
 リース期間は約3年から4年の間で、2016年春から行われる電化工事などの整備工事も、工事を行いながら運行することも可能になった。
 当初、2018年度に予定していた、第3セクター化とあおなみ線との直通運転は2019年度以降に延期することも決まった。
 勝川駅の乗り入れ改修工事を並行して営業することも可能になったことで、味美寄りに仮駅を設置して、中央線の勝川駅と城北線の勝川駅(工事仮駅)間のシャトルバスの運行も可能になったことも調査でわかった。
 「シャトルバスの予定路線/勝川駅南口→勝川駅(工事仮駅)→勝川駅北口(名鉄バスに委託予定)」
 また、鉄道運輸機構に納める、貸付料の増額分も愛知県と沿線3市で負担することも決まった。
 これを機に、JR東海のキハ11形300番台の残りの4両も名古屋車両区に転属する。

匿名希望匿名希望 2015/09/13 18:43 【東海交通事業/城北線で運行中の車両置き換え(続報)】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は城北線(枇杷島〜勝川間)を走る、キハ11形200番台2両をひたちなか海浜鉄道へ売却し、8月現在、JR東海伊勢車両区に所属しているキハ11形300番台(ステンレス車両)2両を中古で購入することが、9月8日にわかった。
 城北線は当初、2016年春の廃止と改修後の第3セクター化を検討していたが、中古車両の購入が決まったため、当分の廃止は免れた。
 城北線を運行する、東海交通事業はまず、9月24日から最初の1両をステンレス車両に置き換えて、さらに、2016年3月には、もう1両の車両もステンレス車両に置き換える。
 また、JR東海では予備車両の確保の為、残りの4両も現在所属している、伊勢車両区の廃止より一足早く、名古屋車両区に転属する方針で、弊社では早期転属で、エンジンなどのトラブルにいち早く対処できるという。

匿名希望 匿名希望 2015/10/14 15:33 【フジテレビ/『ノンストップ』・『ライオンのごきげんよう』の2番組来春終了へ】
 フジテレビは、こんしゅう来春の改編計画で、午前中の情報番組『ノンストップ』と午後のトーク番組『ライオンのごきげんよう』を来春の改編を機に終了させることが、10月13日にわかった。
 2番組の後枠は、昨年4月にスタートした『バイキング』の枠拡大に充てられる予定で、午前の枠のMC陣などは来年3月下旬に発表される予定。
 また、途中の『FNNスピーク』のタイトルも『FNNおひるのニュース(仮称)』に改称することも明らかになった。
 来春も大規模に改編し、『Mr.サンデー』の放送開始時刻を30分繰り下げて、タイトルも『Mr.サンデー&すぽると(改称)』にし、日曜最終の『FNNニュース』も統合させる予定で、10月18日から午後11時15分から放送開始予定の『人生のパイセンTV』は来年3月で一旦、レギュラー放送を終了させ、午後10時に繰り上がる枠はタレント、小堺一機さん司会のトーク番組をスタートする予定だという。
 なお、詳しくは来年3月上旬ごろに発表予定。

匿名希望匿名希望 2015/10/19 23:08 【フジテレビ/『ノンストップ』・『ライオンのごきげんよう』の2番組来春終了へ】
 フジテレビは、午前中の情報番組『ノンストップ』と午後のトーク番組『ライオンのごきげんよう』を来春の改編を機に終了させることが、10月19日にわかった。
 2番組の後枠は、昨年4月にスタートした『バイキング』の枠拡大に充てられる予定で、午前の枠のMC陣などは来年3月下旬に発表される予定。
 また、途中の『FNNスピーク』のタイトルも『FNNおひるのニュース(仮称)』に改称することも明らかになった。
 来春も大規模に改編し、『Mr.サンデー』の放送開始時刻を30分繰り下げて、タイトルも『Mr.サンデー&すぽると(改称)』にし、日曜最終の『FNNニュース』も統合させる予定で、10月18日から放送開始した『人生のパイセンTV』は来年3月で一旦、レギュラー放送を終了させ、午後11時15分から午後10時に繰り上がる枠はトーク番組をスタートする予定だという。
 なお、詳しくは来年3月上旬ごろに発表予定。

【フジテレビ/来春終了の『ライオンのごきげんよう』の司会・スタッフ陣の一部・スポンサーは新トーク番組に異動へ】
 フジテレビは来春終了する、午後のトーク番組『ライオンのごきげんよう』の司会の小堺一機さんとスタッフ陣の一部、それにスポンサーを来春開始する、日曜夜のトーク番組に異動することが、10月19日にわかった。
 放送時刻は日曜日の午後10時の予定で、10月18日から期間限定でレギュラー放送を開始した『人生のパイセンTV』の後枠で、現在より1時間15分繰り上がる予定。

【東海テレビ/来春で昼帯ドラマ終了へ】
 東海テレビは、月曜から金曜までの昼帯ドラマを来年3月をもって終了することが10月19日明らかになった。
 最後の作品は『花嫁のれん(最終シリーズ)』であることも明らかになった。
 この『花嫁のれん』は石川県金沢市が舞台で、北陸新幹線の金沢延伸1周年、また、東海テレビ制作の昼帯ドラマのフィナーレを飾る作品となっております。
 また『花嫁のれん』は今年10月から七尾線の観光列車にも導入されました。
 なお、後枠はフジテレビに番組枠の返上し、昨年4月にスタートした『バイキング』の枠拡大に充てられる予定です。

匿名希望匿名希望 2015/10/24 18:47 【TBSテレビ/『アッコにおまかせ!』来春終了へ】
 TBSテレビは、歌手・和田アキ子(65)が司会を務めるTBS系生バラエティ番組『アッコにおまかせ!』(毎週日曜日/11:45〜12:55)を来年3月で終了することが、10月23日に分かった。
 10月25日の生放送の最後に正式発表する予定。

 1985年10月に45分番組としてスタートしてから31年。1987年10月に70分に拡大され、事務所の後輩の吉村明宏さんが担当していた『みんな見て来い来い来い』『アッコジャンボ宝くじ』などの企画も誕生し、今年10月に放送開始30周年を迎えたばかりで、局の方針で終了が決まり、日曜昼の名物番組として長年親しまれてきた。

 日曜正午の後枠は『噂の!東京マガジン』の放送時間を繰り上げて、ローカルセールス枠に格下げする。
 なお、ネットワークセールス枠は、毎週日曜日の午前中に放送されている『サンデージャポン』に変更される予定。
 これに伴い、『サンデージャポン』の全国同時ネット放送も開始され、放送時間も11時55分までに拡大する予定。

匿名希望匿名希望 2015/10/29 23:20 【フジテレビ/来春の改編で『バイキング』放送枠拡大へ】
 フジテレビは来春の改編で、2014年4月にスタートした『バイキング』の放送枠を現在の1時間から約4倍の約4時間に拡大し、3部制にすることが10月29日に明らかになった。
 これにより、午前中の『ノンストップ』と他のミニ番組を廃止、午前中の番組を『バイキングN(仮称)』に変更し、現在の『ノンストップ』と同じネット局でフルネットで放送するが、現在は未ネット局の一部局では飛び乗りネットを認めるようになる予定で、内包する『FNNスピーク』を『FNNおひるのニュース(仮称)』に改称される。
 なお、午後の『ライオンのこきげんよう』と東海テレビ制作の昼帯ドラマは廃止、そのかわりに『バイキング』の放送時間を現在の1時間から2時間に拡大する。
 但し、テレビ宮崎では『バイキング』の放送飛び乗り時刻を正午から午後12時半に変更される予定。

《2016年春の改編計画(昼帯)》
 『ノンストップ』→『バイキングN(仮称)』に変更。
 『FNNスピーク』→『FNNおひるのニュース(仮称)』に改称。
 『バイキング』=変更なし。
 『ライオンのごきげんよう』→『バイキング』に統合。
 東海テレビ制作の昼帯ドラマ→『バイキング』に統合。

《終了番組の処置について》
 『ライオンのごきげんよう』=「日曜夜の新トーク番組に移行する。」
 東海テレビ制作の昼帯ドラマ=「深夜ドラマを制作予定。(フジテレビでは毎週土曜深夜に放送予定。)」

匿名希望匿名希望 2015/11/17 03:18 【フジテレビ/コサキン、お昼の出演番組消滅へ】
 フジテレビは、コサキンとして知られる、タレントの関根勤さんと小堺一機さんがそれぞれ出演する、お昼の番組が今年の12月と来年3月にそれぞれ出演が終了することが11月16日に分かった。
 関根勤さんについては、昭和60年4月から平成26年3月までは『笑っていいとも!』と『笑っていいとも!増刊号』で、フジのお昼の脇役として29年間レギュラーを務めたが、いいいともが終了した、平成26年4月からは『ミライモンスター』のMCをAKBグループの総監督の高橋みなみと一緒にやってきたが、高橋さんの卒業に伴い、一緒にMCを卒業するため、昭和60年4月から約31年間(30年9カ月間)続けてきた、日曜のフジのお昼の番組から関根勤さんの姿を消すことになる。
 また、小堺一機さんについても、昭和59年10月から平成2年12月までの『ライオンのいただきます』、平成3年1月からの『ライオンのごきげんよう』のそれぞれ司会として、続けてきたが、番組が平成28年3月で終了するため、昭和59年10月から約32年間(31年6カ月間)続けてきた、月〜金の帯のフジのお昼の番組から小堺一機さんの姿も消すことになる。

 関根さんの方の後継のMCは、AKBグループの次期総監督の横山由依さんの所属事務所(太田プロ)の先輩である、土田晃之さんの起用が有力であるという。
 一方、小堺さんの方は、関根さんと組んでトーク番組を『ライオンのごきげんよう』のスタッフだった人と一緒にすることが検討されているという。

匿名希望匿名希望 2015/11/22 15:46 【京王電鉄/平成29年春を目処に持株会社へ移行】
 京王電鉄は平成29年4月を目処に持株会社に移行することが、11月20日にわかった。
 移行方法は京王電鉄を分割会社とする会社分割により、鉄道事業などを完全子会社に承継させる吸収分割方式を想定している。
 現在の京王電鉄は、「京王グループホールディングス」に社名変更し、純粋持株会社となる予定。

匿名希望匿名希望 2015/11/23 18:19 【京王電鉄/2017年4月に持ち株会社移行が2016年2月決定へ?】
 大手私鉄で3番目に短い、京王電鉄が2017年4月1日を目処に純粋持株会社へ移行することが、11月20日にわかった。
 正式には、2016年2月の役員会議で正式に決まる見通しで、京王電鉄では、の分社化を中心に、2016年4月から順次に、グループ会社の再編を行い、2017年4月の純粋持株会社への移行に向けて、順次進行させるという。
 京王電鉄では、2016年6月に開催される予定の定時株主総会で承認を求める。

《持ち株会社の内訳(一部省略)》
 「京王グループホールディングス(現・京王電鉄)」
 (傘下)「京王電鉄(新設)」=鉄道事業を継承
 (傘下)「京王バスホールディングス(現・京王電鉄バス)(中間持株会社)」

 バス事業も再編され、京王電鉄バスは中間持ち株会社の京王バスホールディングスに1本化し、傘下バス会社を4社程度に再編される。
 「京王バスホールディングス(現・京王電鉄バス)」
 (傘下)「京王高速バス(現・京王バス南)」(永福町・南大沢・恩方)=高速路線バスなど
 (傘下)「京王バス東京(現・京王バス東)」(永福町・中野・世田谷)=東京特別区内の路線バスなど
 (傘下)「京王バス多摩(現・京王バス中央)」(多摩・調布・桜ヶ丘・府中・小金井)=東多摩地域の路線バスなど
 (傘下)「西東京バス」(楢原・青梅・五日市・恩方・※長沼・南大沢)=西多摩地域の路線バスなど
    (※長沼は現・京王電鉄バス八王子営業所)

匿名希望匿名希望 2015/12/08 17:28 【フジテレビ/来春の改編で『バイキング』放送枠拡大、昼の情報番組の開始時刻も1時間繰り上げ】
 フジテレビは来春の改編で、2014年4月にスタートした『バイキング』の放送枠を現在の1時間から約3倍の約3時間に拡大し、2部制にすることが12月8日に明らかになった。
 これにより、午前中の『ノンストップ』と他のミニ番組を廃止、午前中の番組を『バイキングN(仮称)』に変更し、現在の『ノンストップ』と同じネット局でフルネットで放送するが、現在は未ネット局の一部局では飛び乗りネットを認めるようになる予定で、内包する『FNNスピーク』を『FNNおひるのニュース(仮称)』に改称される。
 なお、午後の『ライオンのこきげんよう』と東海テレビ制作の昼帯ドラマは廃止、そのかわりに新情報番組の放送時間を現在の2時間から3時間に拡大し、2015年3月末にスタートした『直撃LIVE グッディ!』も終了する。
 但し、テレビ宮崎では『バイキング』の放送飛び乗り時刻を正午から午前11時55分に変更される予定。

《2016年春の改編計画(昼帯)》
 『ノンストップ』→『バイキングN(仮称)』に変更。
 『FNNスピーク』→『FNNおひるのニュース(仮称)』に改称。
 『バイキング』=変更なし。
 『ライオンのごきげんよう』→新情報番組に統合。
 東海テレビ制作の昼帯ドラマ→新情報番組に統合。
 『直撃LIVE グッディ!』→新情報番組に統合。

《終了番組の処置について》
 『ライオンのごきげんよう』=「日曜夜の新トーク番組に移行する。」
 東海テレビ制作の昼帯ドラマ=「深夜ドラマを制作予定。(フジテレビでは毎週土曜深夜に放送予定。)」

【テレビ朝日/来春の改編で『ワイド!スクランブル』放送枠改正へ】
 テレビ朝日は2016年春の改編で、『ワイド!スクランブル』の放送時刻を一部見直すことが、12月8日にわかった。
 内容は、1部は午前10時半から午前11時25分まで、2部は午後12時半から午後2時まで、それぞれ変更される。
 なお、変更に伴い『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』は午前11時25分〜午前11時40分に変更される他、内包されていたお昼の『ANNNEWS』は午前11時40分〜午前11時55分に変更される、また午前11時55分〜正午の5分間はローカルニュース枠に充てられる、正午から30分間の『徹子の部屋』はこれまで通り、放送時間の変更はないという。

匿名希望 匿名希望 2016/01/14 03:51 【京王電鉄/2017年4月に持ち株会社移行が2016年2月決定へ!?】
 大手私鉄で3番目に短い、京王電鉄が2017年4月1日を目処に純粋持株会社へ移行を検討していることが、1月13日にわかった。
 正式には、2016年2月の役員会議で正式に決まる見通しで、京王電鉄では、の分社化を中心に、2016年4月から順次に、グループ会社の再編を行い、2017年4月の純粋持株会社への移行に向けて、順次進行させるという。
 京王電鉄では、2016年6月に開催される予定の定時株主総会で承認を求める。

《持ち株会社の内訳(一部省略)》
 「京王グループホールディングス(現・京王電鉄)」
 (傘下)「京王電鉄(新設)」=鉄道事業を継承
 (傘下)「京王バスホールディングス(現・京王電鉄バス)(中間持株会社)」

 バス事業も再編され、京王電鉄バスは中間持ち株会社の京王バスホールディングスに1本化し、傘下バス会社を4社程度に再編される。
 「京王バスホールディングス(現・京王電鉄バス)」
 (傘下)「京王高速バス(新設)」(世田谷)=高速路線バスなど
 (傘下)「京王バス山手(現・京王バス東)」(永福町・中野)=東京特別区内の路線バスなど
 (傘下)「京王バス多摩(現・京王バス南)」(多摩・調布・桜ヶ丘・府中・小金井)=東多摩地域の路線バスなど
 (傘下)「西東京バス」(楢原・青梅・五日市・恩方・※長沼・南大沢・寺田)=西多摩地域の路線バスなど
    (※長沼は現・京王電鉄バス八王子営業所)

【京王電鉄バス/2016年3月に京王高速バス設立へ】
 京王電鉄の子会社の京王電鉄バスは2016年3月1日付で、京王高速バスを設立させ、4月1日付けでグループ会社のバス路線全路線を1社に集約させることが、1月13日に分かった。
 当分の間は、本社を現在の京王バス東の世田谷営業所に置く方針で、当初は世田谷営業所が担当する路線が直営路線とし、南大沢支所は京王バス南へ、恩田支所は西東京バスへ、それぞれ運行委託する方針だという。
 これに伴い、京王電鉄バスの高速バスセンターは世田谷区の新会社本社に移転する。
 なお、新会社の移管に伴い、池袋・新宿・渋谷〜大阪間と新宿・渋谷〜神戸・姫路間の夜行高速バスの運行を関東バスに譲渡することもわかった。

匿名希望 匿名希望 2016/01/18 12:54 【TBSラジオ&コミュニケーションズ/『大沢悠里のゆうゆうワイド』・『伊集院光 深夜の馬鹿力』今春終了へ】
 TBSラジオ&コミュニケーションズは、人気長寿番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』と『伊集院光 深夜の馬鹿力』の2本を今春を持って終了することが、1月18日にわかった。
 『伊集院光 深夜の馬鹿力』は1995年10月に開始、2016年3月28日、20年半及び約1070回の放送回数をもって番組終了を迎える。
 なお、後番組についてですが、『さまぁ〜ずの逆にアレだろ!??(仮称)』がタイトルを少し変えて約12年ぶりに復活し、2016年4月4日にスタートすることも併せて明らかになった。
 『大沢悠里のゆうゆうワイド』は1986年4月に開始、2016年4月8日、30年及び7808回の放送回数をもって番組終了を迎える。
 なお、後番組についてですが、タイトルは未定で、パーソナリティーは伊集院光さんが務め、4月11日にスタートする。

匿名希望 匿名希望 2016/01/26 02:59 【西日本鉄道/持ち株会社移行を検討。】
 九州唯一の大手私鉄、西日本鉄道(西鉄)が2017年4月1日を目処に純粋持株会社へ移行を検討していることが、1月25日にわかった。
 既に公表している、監査等委員会設置会社への移行も同時に行うという。
 正式には、2016年2月の役員会議で正式に決まる見通しで、西鉄では、2017年4月の監査等委員会設置会社及び純粋持株会社への移行に向けて、順次進行させるという。
 西鉄では、2016年6月に開催される予定の定時株主総会で承認を求める。
 社名については、「西鉄ホールディングス(仮称)」で、同時に監査等委員会設置会社になるという。

《持ち株会社の内訳(仮称/一部省略)》
 「西鉄ホールディングス(現・西日本鉄道)」
 (傘下)「西日本鉄道(新設)」=鉄道事業を継承
 (傘下)「筑豊電気鉄道」
 (傘下)「西鉄バスホールディングス(新設)(中間持株会社)」=バス事業を継承

 目玉のバス事業も再編され、中間持ち株会社の西鉄バスホールディングスに1本化し、傘下バス会社を12社程度に再編される。
 「西鉄バスホールディングス(新設)」
 (傘下)「西鉄バス福岡(新設)」=福岡市内など
 (傘下)「西鉄バス福岡東(現・西鉄バス宗像)」=宗像・新宮など
 (傘下)「西鉄バス福岡南(現・西鉄バス二日市)」=大宰府・朝倉など
 (傘下)「西鉄バス久留米」=筑後地方北部など
 (傘下)「西鉄バス大牟田」=筑後地方南部など
 (傘下)「西鉄バス佐賀」=佐賀県東部など
 (傘下)「西鉄バス筑豊」=筑豊地方など
 (傘下)「西鉄バス北九州」=北九州地方など
 (傘下)「西鉄観光バス」=観光バスなど
 (傘下)「西鉄高速バス」=高速バスなど
 (傘下)「日田バス」=大分県西部など
 (傘下)「亀の井バス」=大分県の別府周辺など

 この監査等委員会設置会社及び純粋持株会社への移行は、福岡市中央区の天神ビッグバン(天神地区再開発地区プロジェクト)なども控えていることなどからで、現在の本社がある福岡ビル(福ビル)周辺などの改築が計画されている。

匿名希望匿名希望 2016/02/04 16:10 【フジテレビ/2016年の春の改編で、月〜金の帯を大改造・ニュースなどの番組も強化】
 フジテレビは、在京民放キー局で一番の平均超低視聴率を記録したため、2016年春に大規模の改編を行い、月〜金の帯枠を大改造をすることが明らかになった。

《2016年4月4日からの月〜金の帯枠の大改造計画( 9:55〜18:55)》
  9:55〜11:25、バイキングNS(番組名変更/仮称)(※一部局のみネット)
 11:25〜11:55、FNNおひるのニュース(番組名変更/時間枠拡大)
 11:55〜12:55、バイキング
 12:55〜14:55、直撃LIVE スーパーグッディ!(仮称/1部)
 14:55〜15:50、直撃LIVE スーパーグッディ!(仮称/2部)(※一部局のみネット)
 15:50〜16:50、FNNみんなのニュース(1部)(※一部局のみネット)
 16:50〜17:54、FNNみんなのニュース(2部)(※一部局のみネット)
 17:54〜18:15、FNNみんなのニュース(3部)
 18:15〜18:55、FNNみんなのニュース(4部)(※関東ローカル枠)

【フジテレビ/『ライオンのごきげんよう』終了へ】
 フジテレビは、『ライオンのごきげんよう』を、3月31日をもって終了することが明らかになった、『ライオンのいただきます』時代から31年半司会をしてきた、小堺一機さんもお昼の時間帯から姿を消すことになった。
 これに伴い、ライオンの単独スポンサー枠の番組も51年半の歴史に幕を閉じる。
 後枠は、新情報番組『直撃LIVE スーパーグッディ!(仮称)』の一部に割り当てるという。

匿名希望 匿名希望 2016/02/05 08:29 【フジテレビ/2016年の春の改編で、月〜金の帯を大改造(修正)】
 フジテレビは、在京民放キー局で一番の平均超低視聴率を記録したため、2016年春に大規模の改編を行い、月〜金の帯枠を大改造をすることが明らかになった。

《2016年4月1日からの月〜金の帯枠の大改造計画( 9:50〜18:55)》
  9:50〜11:25、ノンストップ
 11:30〜11:55、FNNスピーク
 11:55〜13:45、バイキング
 13:45〜14:55、直撃LIVE グッディ!(1部)
 14:55〜15:50、直撃LIVE グッディ!(2部)(※一部局のみネット)
 15:50〜16:50、FNNみんなのニュース(1部)(※一部局のみネット)
 16:50〜17:54、FNNみんなのニュース(2部)(※一部局のみネット)
 17:54〜18:15、FNNみんなのニュース(3部)
 18:15〜18:55、FNNみんなのニュース(4部)(※関東ローカル枠)

【フジテレビ/『ライオンのごきげんよう』終了へ】
 フジテレビは、『ライオンのごきげんよう』を、3月31日をもって終了することが明らかになった、『ライオンのいただきます』時代から31年半司会をしてきた、小堺一機さんもお昼の時間帯から姿を消すことになった。
 これに伴い、ライオンの単独スポンサー枠の番組も51年半の歴史に幕を閉じる。
 後枠は、情報バラエティ番組『バイキング』の延長枠に割り当てるという。

匿名希望匿名希望 2016/02/06 02:54 【JR西日本/お座敷客車「あすか」・欧風客車「サロンカーなにわ」順次引退へ】
 JR西日本は、今年10月末にお座敷客車「あすか」、来年10月末に欧風客車「サロンカーなにわ」をそれぞれ引退することが、2月5日にわかった。
 引退の正式発表は5月下旬ごろになる模様で、引退記念運行も行われる。
 引退の理由は車両の老朽化で、これ以上の維持も難しくなるためで、引退式は、お座敷客車「あすか」は今年11月、欧風客車「サロンカーなにわ」は来年11月、それぞれ兵庫県揖保郡太子町の網干総合車両所を一般公開する恒例行事「ふれあいフェア」の中で行われる。
 また、欧風客車「サロンカーなにわ」の引退式は、山口線の「SLやまぐち号」に連結されている、マイテ49形客車の引退式も併せて行われる。

【JR西日本/新たな団体列車製造へ】
 JR西日本は2017年度中に新たな団体列車をハイブリット式気動車を1編成6両の製造を検討していることが、2月5日にわかった、今月中にも公表し、今年度末に車両メーカーに発注予定であるという。

匿名希望 匿名希望 2016/03/29 16:05 【東武鉄道/2017年度までに300系・350系・1800系、廃車へ】
 東武鉄道は、かつて急行「りょうもう」号に使用されていた1800系、それに、1800系を特急用に改造した300系・350系を2017年度をもって、全車廃車することが3月29日にわかった。
 東武鉄道はそれに代わる、特急用の500系を24両(3両編成×8本)を2017年春からの導入を昨年4月に発表しており、2017年度も1800系の代替用に6両(3両編成×2本)の追加新造も検討されている。

匿名希望 匿名希望 2016/03/31 14:17 【JR西日本/お座敷客車「あすか」今秋運転終了と欧風客車「サロンカーなにわ」来秋運転終了が正式決定へ】
JR西日本は、お座敷客車「あすか」の今年10月末の運転終了と欧風客車「サロンカーなにわ」の来年10月末の運転終了を正式に決まったことが、3月31日にわかった。
 運転終了の理由について、各編成とも機関車が必要な客車で、JR西日本は電気機関車の順次廃車が進行していることもあって、運転終了を決めたという。
 JR西日本は、欧風客車「サロンカーなにわ」に代わる新たな団体専用列車を、キハ189系をベースにした車両(1編成6両)を2017年秋からの運行開始をすることも明らかになった。

匿名希望 匿名希望 2016/03/31 14:18 【JR西日本/お座敷客車「あすか」今秋運転終了と欧風客車「サロンカーなにわ」来秋運転終了が正式決定へ】
JR西日本は、お座敷客車「あすか」の今年10月末の運転終了と欧風客車「サロンカーなにわ」の来年10月末の運転終了を正式に決まったことが、3月31日にわかった。
 運転終了の理由について、各編成とも機関車が必要な客車で、JR西日本は電気機関車の順次廃車が進行していることもあって、運転終了を決めたという。
 JR西日本は、欧風客車「サロンカーなにわ」に代わる新たな団体専用列車を、キハ189系をベースにした車両(1編成6両)を2017年秋からの運行開始をすることも明らかになった。

匿名希望匿名希望 2016/05/20 14:28 【テレビ朝日/今秋の改編で『ミュージックステーション』大幅リニューアルへ】
 テレビ朝日は2016年秋の改編で、『ミュージックステーション』を大幅にリニューアルすることが、5月20日にわかった。
 これによると約29年半の間、司会を務めてきたタモリさんの降板も決まる見通しだ。
 これにより、約34年間続いた、タモリがレギュラー出演する生番組は姿を消す。
 なお『ミュージックステーション』は今秋、MCを29年半ぶりに2人とも交代する方針だという。
 現在の番組タイトルの『ミュージックステーション』は今年の年末特番まで使用され、2017年1月からはタイトルを『ミュージックステーション』に西暦の末尾2桁を追記することも明らかになった。

匿名希望匿名希望 2016/05/26 06:04 【フジテレビ/今秋、大規模の番組改編を検討】
 フジテレビは、今秋にも大規模な番組改編を検討していることが、5月25日にわかった。
 当放送局によると『情報プレゼンターとくダネ!』を大幅にリニューアルさせ、放送時間を一部の地域を除き現在より5分延長する方針で、また、『ノンストップ』を9月末で終了させ、新たに『バイキングN(仮称)』を10月からスタートをさせる方針だという。
 今年10月以降の『情報プレゼンターとくダネ!』の放送時間の5分延長は一部の系列局(カンテレ・東海テレビなど)では実施されないという。
 また、日曜午前の『ワイドナショー』と『ワイドナB面』は『ワイドナサンデー(仮称)』に統合される予定。

 秋の改編の詳しい情報は9月上旬ごろに発表される予定でございます。

匿名希望匿名希望 2016/07/27 11:06 【鹿児島銀行/鹿児島県内のコンビニ店内の自行設置のATM、2018年3月末で全廃へ】
 鹿児島銀行は現在、鹿児島県内のファミリーマート全店とローソンの2か店に自行設置のATMが設置されているが、2017年度末の2018年3月末までに全て、自行ATMから切り換えることが、7月27日にわかった。
 鹿児島県内のファミリーマート店内分は、9月下旬から約1年半かけて、ゆうちょ銀行のATMに全て置き換える予定で、自行分のサービスもカード利用の一部までに縮小し、ATMも共同利用する予定。
 ローソン店内分は今秋以降、ローソンATMに置き換えを予定している。
 鹿児島銀行は、鹿児島県内のファミリーマートの新規出店分の自行ATMの設置も9月中旬までをもって終了する。
 (※7月28日〜9月中旬の間に出店する店内にも自行ATMは設置されます。)
 《今後の自行ATM設置予定店舗》
 「7月28日=下伊敷店/8月3日=龍郷店/8月11日=枕崎新町店、出水明神店/8月18日=新屋敷店」
 (※8月19日以降については今後発表予定といたします。)

匿名希望匿名希望 2016/08/05 23:38 【鹿児島ウォーターフロント?/ドルフィンポート、2017年5月7日に閉鎖へ】
 鹿児島市の複合商業施設「ドルフィンポート」を運営する、鹿児島ウォーターフロント?は「ドルフィンポート」の2017年5月7日をもって営業終了することが、8月5日にわかった。
 ドルフィンポートの土地は鹿児島県の所有であり、約15年の期限付定期借地契約により用地が賃貸借されているため、7月に知事が交代したことで、2017年5月7日の閉鎖が決まったという。
 閉鎖後は、2017年7月末までに更地にし、県に返却し、違約金も支払う。
 7月に鹿児島県知事に就任した、三反園訓氏はドルフィンポートの土地の再利用について、出来るだけ任期中に跡地の再開発を終わらせたいという。
 鹿児島県知事に就任した、三反園氏は元テレビ朝日の政治部記者で、久米宏氏がキャスターをしていた「ニュースステーション」のコメンテーターなどでも活躍した人で、2015年に長年勤めたテレビ朝日を退職していた。

匿名希望匿名希望 2016/10/16 21:08 【鹿児島銀行/鹿児島県内のコンビニ店内の自行設置のATM、2018年9月末で全廃へ】
 鹿児島銀行は現在、鹿児島県内のファミリーマート全店とローソンの2か店に自行設置のATMが設置されているが、2017年度上期の2018年9月末までに全て、自行ATMから切り換えることが、10月14日にわかった。
 鹿児島県内のファミリーマート店内分は、2017年4月から約1年半かけて、ゆうちょ銀行のカード専用ATM(約19か国語対応)に全て置き換える予定で、自行分のサービスもカード利用の一部までに縮小し、ATMも共同利用する予定。
 ローソン店内分も2017年4月以降、ローソンATMに置き換えを予定している。
 鹿児島銀行は、鹿児島県内のファミリーマートの新規出店分の自行ATMの設置を2017年3月をもって終了する予定。

匿名希望匿名希望 2016/10/23 04:36 【鹿児島銀行/鹿児島県内のコンビニ店内の自行設置のATM、2018年9月末で全廃へ(修正)】
 鹿児島銀行は現在、鹿児島県内のファミリーマート全店とローソンの2か店に自行設置のATMが設置されているが、2017年度上期の2018年9月末までに全て、自行ATMから切り換えることが、10月14日にわかった。
 鹿児島県内のファミリーマート店内分は、2017年4月から約1年半かけて、ゆうちょ銀行のカード専用ATM(約16か国語対応)に全て置き換える予定で、自行分のサービスもカード利用の一部までに縮小し、ATMも共同利用する予定。
 ローソン店内分も2017年4月以降、ローソンATMに置き換えを予定している。
 鹿児島銀行は、鹿児島県内のファミリーマートの新規出店分の自行ATMの設置を2017年3月をもって終了する予定。

【鹿児島ウォーターフロント/ドルフィンポート、2017年5月7日に閉鎖へ】
 鹿児島市の複合商業施設「ドルフィンポート」を運営する、鹿児島ウォーターフロントは「ドルフィンポート」の2017年5月7日をもって営業終了することが、10月21日にわかった。
 ドルフィンポートの土地は鹿児島県の所有であり、約15年の期限付定期借地契約により用地が賃貸借されているため、7月に知事が交代したことで、2017年5月7日の閉鎖が決まったという。
 閉鎖後は、2017年7月末までに更地にし、県に返却し、違約金も支払う。
 7月に鹿児島県知事に就任した、三反園訓氏はドルフィンポートの土地の再利用について、出来るだけ任期中に跡地の再開発を終わらせたいという。
 鹿児島県知事に就任した、三反園氏は元テレビ朝日の政治部記者で、かつての朝の情報番組「やじうまプラス」などのコメンテーターなどでも活躍した人で、2015年に長年勤めたテレビ朝日を退職していた。

匿名希望 匿名希望 2016/11/22 16:27 【フジテレビ/来春、大規模の番組改編を検討】
 フジテレビは来春、大規模な番組改編を検討していることが、11月22日にわかった。
 当放送局によると『情報プレゼンターとくダネ!』を大幅にリニューアルさせ、放送時間を一部の地域を除き現在より5分延長する方針で、また、『ノンストップ』を来年3月末で終了させ、新たに『バイキング』の放送時間を来年4月から一部の地域を除き、大幅に放送開始時間の繰り上げをし、2部構成に移行させる方針だという。
 来年4月以降の『情報プレゼンターとくダネ!』の放送時間の5分延長は一部の系列局(カンテレ・東海テレビなど)では実施されないという。
 また、現在、日曜夜の『Mrサンデー』はタイトルを『MrサンデーNEXT(仮称)』に変更し、日曜夕方に移動、日曜夕方のニュースもお伝えする番組に移行し、制作局もフジ・カンテレの共同制作からFNN加盟全局の共同制作に移行する。

 来春の改編の詳しい情報は来年3月上旬ごろに発表される予定でございます。

匿名希望匿名希望 2016/11/28 00:43 【佐世保市営バス2018年3月廃止へ、九州初の第3セクターバス会社誕生へ】
 長崎県佐世保市で路線バスなどを運行する、佐世保市交通局は2018年3月末に閉局し、91年の歴史に幕を下ろすことが、11月25日にわかった。
 佐世保市営バスは、2017年4月1日付で黒髪営業所の所属の全車両と矢峰・黒髪の各営業所担当の全路線がさせぼバスに譲渡され、営業所は駅前営業所のみとなるものの、2018年3月末に市営バスは廃止され、全車両・全路線ともさせぼバスに完全移管され、同時にさせぼバスも佐世保市の全額出資の第3セクターのバス会社になるという。
これにより、2018年4月に九州初の第3セクターのバス会社が佐世保市に誕生することになったという。

匿名希望匿名希望 2016/12/13 17:41 【佐世保市営バス2018年3月廃止、させぼバスは西肥自動車の傘下、将来は1本化へ】
 長崎県佐世保市で路線バスなどを運行する、佐世保市交通局は2018年3月末に閉局し、91年の歴史に幕を下ろすことが、12月13日にわかった。
 佐世保市営バスは、2017年4月1日付で黒髪営業所の所属の全車両と矢峰・黒髪の各営業所担当の全路線がさせぼバスに譲渡され、営業所は駅前営業所のみとなるものの、2018年3月末に市営バスは廃止され、全車両・全路線ともさせぼバスに完全移管される。
一方、させぼバスは2017年度中に株式を西肥自動車に全面譲渡され、2018年春の市営バス廃止以降は、西肥自動車の子会社として運行し、将来は親会社と合併し1本化される予定。

匿名希望 匿名希望 2016/12/21 17:11 【フジテレビ・塩野義製薬/2017年3月で音楽番組「ミュージックフェア」終了へ】
 フジテレビは、塩野義製薬の単独スポンサーの音楽番組「ミュージックフェア」を2017年3月25日をもって終了することが、2016年12月20日にわかった。
 この番組は1964年8月31日にスタートしたが、フジテレビの視聴率不振及び塩野義製薬の意向により、2017年3月25日をもって、約53年の番組の歴史に幕を下ろす。
 なお、フジテレビでは塩野義製薬の単独スポンサーのトーク番組を2017年4月2日にスタートすることも新たにわかった。
 新トーク番組のネット局数は現在の「ミュージックフェア」の17局ネットから11局ネットに縮小される予定。
 新トーク番組の放送時間は土曜日の午後6時からの30分間は変わらないという。

※【当番組でネット受けを終了するネット局】
 「仙台放送・富山テレビ・東海テレビ」
 「高知さんさんテレビ・テレビ長崎・テレビ大分」

※【新番組でもネット受けを継続するネット局】
 「フジテレビ・北海道文化放送・岩手めんこいテレビ」
 「テレビ静岡・関西テレビ・岡山放送・テレビ新広島」
 「テレビ愛媛・テレビ西日本・テレビ熊本」

匿名希望匿名希望 2016/12/21 17:17 【フジテレビ・塩野義製薬/2017年3月で音楽番組「ミュージックフェア」終了へ(修正)】
 フジテレビは、塩野義製薬の単独スポンサーの音楽番組「ミュージックフェア」を2017年3月25日をもって終了することが、2016年12月20日にわかった。
 この番組は1964年8月31日にスタートしたが、フジテレビの視聴率不振及び塩野義製薬の意向により、2017年3月25日をもって、約53年の番組の歴史に幕を下ろす。
 なお、フジテレビでは塩野義製薬の単独スポンサーのトーク番組を2017年4月2日にスタートすることも新たにわかった。
 新トーク番組のネット局数は現在の「ミュージックフェア」の17局ネットから11局ネットに縮小される予定。
 新トーク番組の放送時間は土曜日の午後6時からの30分間は変わらないという。

※【当番組でネット受けを終了するネット局】
 「仙台放送・富山テレビ・東海テレビ」
 「高知さんさんテレビ・テレビ長崎・テレビ大分」

※【新番組でもネット受けを継続するネット局】
 「フジテレビ・北海道文化放送・岩手めんこいテレビ」
 「さくらんぼテレビ・テレビ静岡・関西テレビ」
 「岡山放送・テレビ新広島・テレビ愛媛」
 「テレビ西日本・テレビ熊本」

放送枠もネットセールス枠からローカルセールス枠に変更される。

匿名希望匿名希望 2016/12/30 13:52 【フジテレビ/2017年4月以降の番組枠変更計画】
《2017年4月3日からの月〜金の帯枠の大改造計画( 8:00〜15:50)》
  8:00〜 9:50、情報プレゼンターとくダネ!
  9:50〜 9:55、(新)とくダネ!プラス(仮称)(※一部局のみネット)
  9:55〜11:25、(新)バイキングプラス(仮称)(※一部局のみネット)
 11:25〜11:50、FNNスピーク
 11:50〜13:45、バイキング
 13:45〜14:50、直撃LIVE グッディ!(1部)
 14:50〜15:50、直撃LIVE グッディ!(2部)(※一部局のみネット)

《番組名・放送時間変更》
【日曜日】
 『Mrサンデー』→『MrサンデーNEXT(仮称)』
 「22:00〜23:15」→「16:00〜18:00」

【土曜日・日曜日】
 『スポーツLIFE HERO’S』
  (土曜日)「24:35〜25:15」→「24:05〜24:50」
  (日曜日)「23:15〜24:30」→「23:30〜24:30」

匿名希望匿名希望 2017/02/03 06:50 【ベスト電器/家電販売業廃業、建設リフォーム業に業態転換】
 ヤマダ電機グループのベスト電器(本社・福岡県福岡市博多区)は家電販売業を2018年3月までに廃業することが、2017年2月2日にわかった。
 今後は現在は副業の建設リフォーム業に業態転換する予定で、海外店舗は2017年6月までに、北海道・四国・山口県を除く本州・宮崎県・沖縄県の店舗は2017年9月までに、北部九州5県と山口県の店舗は2018年3月までに、それぞれ順次閉店する予定で、店舗は親会社のヤマダ電機、同じ子会社のマツヤデンキ、同業他社などに譲渡される予定。
 2018年3月にベスト電器は1953年の創業以来、約65年の家電販売業の歴史に幕をおろすことになる予定。

匿名希望  匿名希望 2017/03/01 05:15 【ベスト電器/家電販売業廃業、特化型建設業などに業態転換】
 ヤマダ電機グループのベスト電器(本社・福岡県福岡市博多区)は家電販売業を2018年3月までに廃業することが、2017年2月28日にわかった。
今後は現在は副業の特化型建設業などに業態転換する予定で、海外店舗は2017年6月までに、北海道・四国・山口県を除く本州・宮崎県・沖縄県の店舗は2017年9月までに、北部九州5県と山口県の店舗は2018年3月までに、それぞれ順次閉店する予定で、店舗は親会社のヤマダ電機及び同業他社などに譲渡される予定。
 2018年3月にベスト電器は1953年の創業以来、約65年の家電販売業の歴史に幕をおろすことになる予定。

匿名希望匿名希望 2017/04/15 06:46 【ベスト電器/ヤマダ電機の完全子会社へ】
 ベスト電器(本社・福岡県福岡市博多区)は2017年7月1日付でヤマダ電機の完全子会社になることが明らかになった。
 東証一部及び福証の上場は今年6月末に廃止される。
 なお、ベスト電器は2018年4月1日から社名を北九州テックランド(仮称)に変更予定で、今年10月には一部店舗の交換及び移譲も予定している。
 店舗の交換内容は、宮崎県内のベスト電器の一部店舗を九州テックランド(南九州テックランドに社名変更予定。)に譲渡及び福岡・長崎・熊本・大分の九州テックランド運営のヤマダ電機の全店舗をベスト電器に譲渡する予定。
 店舗の移譲内容は、北海道・本州・四国の一部店舗をヤマダ電機に、沖縄県の一部の店舗を沖縄ヤマダ電機に、海外の一部店舗をヤマダ電機の海外店舗新会社(社名未定)にそれぞれ移譲する予定。
 ちなみにベスト電器の店舗ブランドは当分の間は存続されるが、2018年度末までに全てヤマダ電機にブランド転換する予定。

匿名希望 匿名希望 2017/05/07 15:32 【鹿児島ウォーターフロント/ドルフィンポート、2017年11月5日に閉鎖へ(大修正)】
 鹿児島市の複合商業施設「ドルフィンポート」を運営する、鹿児島ウォーターフロントは「ドルフィンポート」の2017年11月5日をもって営業終了することが、4月28日にわかった。
 ドルフィンポートの土地は鹿児島県の所有であり、約15年の期限付定期借地契約により用地が賃貸借されているため、昨年7月に知事が交代したことで、2017年11月5日の閉鎖が決まったという。
 閉鎖後は、2018年3月末までに更地にし、県に返却し、違約金も支払う。
 昨年7月に鹿児島県知事に就任した、三反園訓氏はドルフィンポートの土地の再利用について、出来るだけ任期中に跡地の再開発を終わらせたいという。
 鹿児島県知事に就任した、三反園氏は元テレビ朝日の政治部記者で、かつての朝の情報番組「やじうまプラス」などのコメンテーターなどでも活躍した人で、2015年に長年勤めたテレビ朝日を退職していた。

匿名希望匿名希望 2017/05/15 06:10 【祐徳グループ/交通運輸業から撤退へ】
 佐賀県を中心に展開する、祐徳グループは平成30年春を目途に交通運輸業から撤退する検討に入ったことが、5月12日に明らかになった。
 祐徳グループの中核企業の祐徳自動車は佐賀県内の貸切バス事業を現在の子会社の祐徳バスに、貸切バスの福岡営業所は大阪府の大阪バスに、タクシーを運行する福岡事業部は福岡県の同業者の福岡交通に、それぞれ譲渡される予定。
 祐徳グループの祐徳バスと祐徳旅行は福岡県の西日本鉄道に譲渡される予定。
 祐徳グループの肥前通運は3分割され損保・生保の代理、通信機器販売、一般商品販売の各事業は祐徳グループに残るが、LPガス販売事業は日通エネルギー九州に、貨物自動車運送などの事業は佐賀運輸にそれぞれ譲渡される予定。
 ちなみに祐徳グループの中核企業の祐徳自動車は平成30年4月に子会社の(現)祐徳通商、鹿島機械工業の一部、肥前通運の一部の各事業を統合し、会社名を(新)祐徳通商に社名変更し、新たな祐徳グループは流通業を中心とした企業グループに変更される予定。

匿名希望 匿名希望 2017/06/14 15:12 【JR東日本/今年度内に東北線の一般車両の運用見直しへ】
 JR東日本は2017年度内に東北線の一般車両の運用見直しを行うことが6月14日にわかった。
 運用見直し区間は宇都宮〜新白河間、途中にある黒磯駅の構内完全直流化及びデッドセクションの移設に伴うもので、直流型電車は現在の黒磯までの運用を一部を除き那須塩原までに変更、交流型電車は現在の黒磯までの運用を全列車新白河までに変更し、那須塩原〜新白河間には新たに交直流電車を導入する。
 また、東京近郊区間は現在の黒磯から新白河までに延長され、仙台近郊区間も現在の矢吹から新白河までに延長される予定。
【新たな運用計画(小山・宇都宮〜郡山間)】
 直流型電車=(変更)小山・宇都宮〜黒磯間→小山・宇都宮〜那須塩原・黒磯間
 交流型電車=(変更)黒磯〜郡山間→新白河〜郡山間
 交直流電車=(新設)小山・宇都宮・那須塩原〜新白河間

【輸送指令変更(宇都宮〜郡山間)】
 (現行)=宇都宮〜黒磯間(東京支社)/黒磯〜郡山間(仙台支社)
 (改正)=宇都宮〜新白河間(東京支社)/新白河〜郡山間(仙台支社)

匿名希望匿名希望 2017/08/01 07:40 【鹿児島ウォーターフロント/ドルフィンポート、2018年5月6日に閉鎖へ(大修正)】
 鹿児島市の複合商業施設「ドルフィンポート」を運営する、鹿児島ウォーターフロントは「ドルフィンポート」の2018年5月6日をもって営業終了することが、7月31日にわかった。
 ドルフィンポートの土地は鹿児島県の所有であり、約15年の期限付定期借地契約により用地が賃貸借されているため、昨年7月に知事が交代したことで、2018年5月6日の閉鎖が決まったという。
 閉鎖後は、2018年7月末までに更地にし、県に返却し、違約金も支払う。
 昨年7月に鹿児島県知事に就任した、三反園訓氏はドルフィンポートの土地の再利用について、出来るだけ任期中に跡地の再開発を終わらせたいという。
 鹿児島県知事に就任した、三反園氏は元テレビ朝日の政治部記者で、かつての朝の情報番組「やじうまプラス」などのコメンテーターなどでも活躍した人で、2015年に長年勤めたテレビ朝日を退職していた。

匿名希望 匿名希望 2017/08/18 08:03 【鳥取銀行と島根銀行が統合交渉 2018年度中、総資産約1兆5千億円】
 鳥取県を地盤とする地銀の鳥取銀行と島根県を地盤とする第二地銀の島根銀行が経営統合に向けた交渉に入ったことが8月17日、分かった。2017年度内にも合意し、2018年度中の統合を目指す。総資産は合算で約1兆5千円程度となり、規模拡大と経営合理化で生き残りを図る。

 人口減少が進む中、日銀の金融緩和によって低金利が長期化し、経営環境は厳しさを増している。金融庁は地域活性化に向け、顧客の利益を最優先した業務運営や持続可能な事業モデルへの転換を促しており、資本の余力に乏しい地方銀行を中心に再編の動きが加速する可能性もある。

 持ち株会社を設立して両行が傘下に入る形式で、両行の総資産は2017年3月末時点の単純合算で約1兆5千億円となり、山陰地方最大の山陰合同銀行の約5兆円に対抗する規模となる。

鳥取銀行:http://www.tottoribank.co.jp/
島根銀行:http://www.shimagin.co.jp/

匿名希望 匿名希望 2017/08/18 08:04 【鳥取銀行と島根銀行が統合交渉 2018年度中、総資産約1兆5千億円】
 鳥取県を地盤とする地銀の鳥取銀行と島根県を地盤とする第二地銀の島根銀行が経営統合に向けた交渉に入ったことが8月17日、分かった。2017年度内にも合意し、2018年度中の統合を目指す。総資産は合算で約1兆5千円程度となり、規模拡大と経営合理化で生き残りを図る。

 人口減少が進む中、日銀の金融緩和によって低金利が長期化し、経営環境は厳しさを増している。金融庁は地域活性化に向け、顧客の利益を最優先した業務運営や持続可能な事業モデルへの転換を促しており、資本の余力に乏しい地方銀行を中心に再編の動きが加速する可能性もある。

 持ち株会社を設立して両行が傘下に入る形式で、両行の総資産は2017年3月末時点の単純合算で約1兆5千億円となり、山陰地方最大の山陰合同銀行の約5兆円に対抗する規模となる。

鳥取銀行:http://www.tottoribank.co.jp/
島根銀行:http://www.shimagin.co.jp/

匿名希望匿名希望 2017/08/30 01:53 【アクト中食/島根県浜田市の吉寅商店を買収を検討。】
 広島県広島市西区に本社を置くアクト中食は、島根県浜田市に本社を置く吉寅商店を買収することが8月29日に分かった。
 買収理由は島根県に事業拠点及び店舗を持っていなかった為、買収されても問題がないという。
 アクト中食は現在、広島県の他に山口県・愛媛県・香川県・岡山県に進出しているが、島根県にはこれまで進出していなかった。
 吉寅商店は一部を除く全事業をアクト中食に吸収される予定、効力発生日を2017年11月29日にする方針で、Gクラブはオオクボジャンボ店(益田市)を除く全店舗を会員制を廃止して、プロマートに転換する予定だという。
 ちなみにGクラブオオクボジャンボ店(益田市)はオーエムツーミート(東京)に譲渡、店名も益田ジャンボ市に変更され、会員制も撤廃されるという。

 吉寅商店:http://www.yoshitora.com/index.htm
 アクト中食:http://www.act-cs.co.jp/

匿名希望匿名希望 2017/10/20 10:00 【フジテレビ/来春、大規模の番組改編を検討】
 フジテレビは来春、大規模な番組改編を検討していることが、10月20日にわかった。
 当放送局によると日曜朝枠の大幅な変更が目玉で、『新報道2001』を来春で終了し、日曜朝6時に55分の大型報道番組を新設。
 また、アニメ枠を午前7時に『ワンピース』、午前7時半に『ドラゴンボール超』、午前8時に『モンスターハンター(仮)』で、それぞれ大幅に繰り上げる。
 また、『ボクらの時代』は現行より90分繰り下げて、午前8時半に変更する。
 現在、午後2時から放送中の『ザ・ノンフィクション』は午前9時からに繰り上げされる。
 また、『ノンストップ』を来年3月末で終了させ、新たに『バイキング』の放送時間を来年4月から一部の地域を除き、大幅に放送開始時間の繰り上げをし、2部構成に移行させる方針だという。
 また、現在、日曜夜の『Mrサンデー』は日曜最終のニュースもお伝えする番組に移行する。

 来春の改編の詳しい情報は来年3月上旬ごろに発表される予定でございます。

匿名希望匿名希望 2017/12/08 11:02 【みちのりホールディングス/流鉄買収を検討】
 東北や北関東のバス会社及び湘南モノレールを傘下に収めるみちのりホールディングスは千葉県の松戸市と流山市結ぶ流鉄(千葉県流山市)を買収する検討に入ったことが、12月8日にわかった。
 流鉄はかつて旧平和相互銀行の傘下だったが現在は独立系で、みちのりHDでは現在、複数の企業などが持つ株式を95%程度取得する予定。
 7月ごろに流鉄の小宮山社長から申し出があり、今回の合意に至った。取得額は非公表で、株式の譲渡は2018年3月1日に完了する見通しで、現在の流鉄の小宮山英一社長は退任する予定。

匿名希望匿名希望 2017/12/08 19:43 【福島臨海鉄道/鉄道事業許可の変更を検討】
 福島県いわき市の泉と小名浜を結ぶ、福島臨海鉄道は2019年春を目途に第1種鉄道事業者から第3種鉄道事業者への事業許可の変更を検討していることが、12月8日にわかった。
 内容は、福島県いわき市の泉駅と小名浜駅間の4.8?の区間を現在、福島臨海鉄道が第一種鉄道事業として運行しておりますが、2019年春を目途に日本貨物鉄道が第二種鉄道事業者となり、福島臨海鉄道が第三種鉄道事業者となります。
 現在の福島臨海鉄道本線はJR貨物の小名浜線に変更される予定。
 現在4両いる、ディーゼル機関車は他社に売却又は廃車、変更後、当初はJR貨物のDE10形を4両を暫定配置し、将来的にはDD200形を4両配置する予定。

匿名希望匿名希望 2017/12/28 17:10 【福島臨海鉄道/第一種鉄道事業者の廃止届提出へ】
 福島県いわき市の泉と小名浜を結ぶ、福島臨海鉄道は2018年2月20日前後に第一種鉄道事業者の廃止届を提出することが、2017年12月28日にわかった、第一種鉄道事業者の廃止期日は2019年3月31日とすることも新たにわかった。
 福島臨海鉄道では廃止届と同時に第三種鉄道事業者の申請を、筆頭株主である日本貨物鉄道(JR貨物)は泉〜小名浜間の第二種鉄道事業者の申請をそれぞれ提出する見込みで、効力発生日は2019年4月1日にする方針だという。

匿名希望 匿名希望 2018/01/17 06:02 【福島臨海鉄道/来春、上下分離方式に移行へ】
 福島県いわき市の泉と小名浜を結ぶ、福島臨海鉄道は2019年春を目途に上下分離方式に移行することが、2018年1月16日にわかった。
 内容は、福島県いわき市の泉駅と小名浜駅間の4.8キロの区間を2019年春を目途に福島臨海鉄道が現在の第一種鉄道事業者から第三種鉄道事業者へと変更になり、新たに日本貨物鉄道(JR貨物)が第二種鉄道事業者となります。
 現在の福島臨海鉄道本線はJR貨物の小名浜線に変更される予定で、現在4両いる、ディーゼル機関車は他社に売却又は廃車、変更後は新鶴見機関区のHD300型を3両を常駐する予定。
 小名浜駅、泉駅の業務など及び泉〜小名浜間の運行については新たに福島臨海鉄道の受け皿として新設される、株式会社ジェイアール貨物・北関東ロジスティクス茨城支店(茨城県日立市に新設予定。)に委託予定。

匿名希望匿名希望 2018/01/18 17:03 【フジテレビ/2018年春の改編について?】
 フジテレビは2018年春、大規模な番組改編を検討していることが、1月18日にわかった。
 当放送局によると日曜朝枠の大幅な変更が目玉で、『新報道2001』を3月25日で終了し、日曜朝6時に55分の大型報道番組『モーニングプライムサンデー(仮称)』を新設いたします。
 また、アニメ枠を午前7時に『ワンピース』、午前7時半に『ドラゴンボール超』、午前8時に『モンスターハンター(仮)』で、それぞれ大幅に繰り上げる。
 また、『ボクらの時代』は現行より90分繰り下げて、午前8時半に変更する。
 現在、午後2時から放送中の『ザ・ノンフィクション』は午前9時からに繰り上げされる。

 また、現在、日曜夜の『Mrサンデー』は3月25日で終了し、4月1日からは『ナイトリープライムサンデー(仮称)』が初回は短縮版(1時間/2部のみ)でスタート、翌週はスペシャル版(3時間半/2部構成)で放送し、通常版(2時間/2部構成)は3回目の4月15日から放送となる予定。

 当放送局では現在の『スピーク』の日曜版は『アフタープライムサンデー(仮称)』に変更、『みんなのニュースウィークエンド』の日曜版は『イブニングプライムサンデー(仮称)』に変更されます。

 また、土曜日も変更され、現在の『スピーク』は『アフタープライムサタデー(仮称)』に、『みんなのニュースウィークエンド』は『イブニングプライムサタデー(仮称)』にそれぞれ変更され、新たに『ナイトリープライムサタデー(仮称)』を新設いたします。

 週末の『〇〇プライムサタデー(仮称)』及び『〇〇プライムサンデー(仮称)』のタイトルは最初にFNNニュースの冠を付けたものになります。

匿名希望匿名希望 2018/01/19 18:08 【フジテレビ/2018年春の改編について(修正)】
 フジテレビは2018年春、大規模な番組改編を検討していることが、1月18日にわかった。
 当放送局によると日曜朝枠の大幅な変更が目玉で、『新報道2001』を3月25日で終了し、日曜朝6時に55分の大型報道番組『モーニングプライムサンデー(仮称)』を新設いたします。
 また、現在早朝枠で放送されている番組では、午前7時に『テレビ寺子屋』を大幅に繰り下げ、午前7時半には新たに『ちょうど起きた朝は…(仮称)』を改題して始める。
 また、『ボクらの時代』は現行より1時間繰り下げて、午前8時に変更する。
 現在、午前9時からのアニメには新たに『ゲゲゲの鬼太郎』をスタートさせる。

 また、現在、日曜夜の『Mrサンデー』は3月25日で終了し、4月1日からは『ナイトリープライムサンデー(仮称)』が初回は短縮版(1時間/2部のみ)でスタート、翌週はスペシャル版(3時間半/2部構成)で放送し、通常版(2時間/2部構成)は3回目の4月15日から放送となる予定。

 当放送局では現在の『スピーク』の日曜版は『アフタープライムサンデー(仮称)』に変更、『みんなのニュースウィークエンド』の日曜版は『イブニングプライムサンデー(仮称)』に変更されます。

 また、土曜日も変更され、現在の『スピーク』は『アフタープライムサタデー(仮称)』に、『みんなのニュースウィークエンド』は『イブニングプライムサタデー(仮称)』にそれぞれ変更され、新たに『ナイトリープライムサタデー(仮称)』を新設いたします。

 週末の『〇〇プライムサタデー(仮称)』及び『〇〇プライムサンデー(仮称)』のタイトルは最初にFNNニュースの冠を付けたものになります。

匿名希望匿名希望 2018/01/21 23:16 【フジテレビ/2018年春の改編について(平日)】
 フジテレビは2018年春、大規模な番組改編を検討していることが、1月18日にわかった。
 当放送局によると平日の午前中の帯番組『ノンストップ!』を3月30日で終了し、4月2日からは5年目に入る帯番組『バイキング』の姉妹番組『バイキング・ビフォー(仮称)』をスタートさせ、『バイキング』と同じスタジオセットを使用する。
 また、『とくダネ!』と『直撃LIVE グッディ!』のセットも共有化する。

 当放送局では現在の『スピーク』は『アフタープライムニュース(仮称)』に、『みんなのニュース』は『イブニングプライムニュース(仮称)』に、『THE NEWSα』は『ナイトリープライムニュース(仮称)』にそれぞれ変更されます。

 帯のニュース番組の『〇〇プライムニュース(仮称)』のタイトルは最初にFNNLIVEの冠を付けたものになります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ironsand/20150707

2015-03-26

[]丹後あじわいの郷の運営について

3か月前のニュースですが,2014年12月27日の京都新聞の記事から。

「丹後あじわいの郷」改革なるか

京都府北部を代表する観光施設の府農業公園「丹後あじわいの郷」(京丹後市弥栄町)が施設改修のため休園に入った。運営団体も新たに、活性化に向けた取り組みも充実させ来春に再スタートする。

運営改革は、運営を長年担った「ファーム」(愛媛県西条市)が経営不振で撤退を決断したのが発端。同園の赤字が、大きな負担になっていたという。
 入園者数の低迷が大きな要因だ。年間入園者数は開園当初の1998年度、目標(30万人)を上回る35万3700人を記録したが翌年度から大幅に下落。07年度には8万2600人に落ち込んだ。
 北近畿の人口は、近隣の丹後地域(2市2町)が10万人、中心的な客層の中丹地域20万人、比較的来場者の多い丹波但馬地域が30万人。府農林水産部の安本洋一企画専門役は、このエリアをターゲットに、「繰り返し来てもらえる施設にしないといけない。将来は海外からも来てもらえる施設を目指す」と意気込む。
 これまでの改革では、08年度に「あり方検討会」を設け、09年度には府が第三セクターから撤退して民間運営に移行した。また、丹後地域の各種団体や企業、商店など幅広い層で協力会を作り、10年から月例祭やイベントを積極的に開くなどして、近年の入場者は年間10万人前後で推移している。

府は今回の改革で、同園を丹後地域の食文化を発信する「丹後食の王国」の首都と、府北部観光「海の京都構想」の拠点施設に位置づける。農漁業の生産(1次産業)と加工(2次産業)、販売・飲食事業(3次産業)を組み合わせた「6次産業化」の展開に、新たに「4次産業」と位置づける総合人材育成を合わせた「10次産業化の創造」を目指すという。
 運営は、人材ビジネス企業「パソナグループ」(東京都)が、京丹後市などの企業8社との共同企業体で担当する。改修は既存施設を食堂にするなど最小限に抑え、丹後地域の「食」に関する情報発信と、住民が繰り返し訪れられるような食の提供など運営を工夫する。
 具体的な取り組みとして、入場料の無料化▽料理人や食ビジネスなどの人材育成▽開発・製造する加工品の園外での販売▽地域観光業との連携強化による着地型観光の推進−を掲げる。入園料を無料とすることで、ゲート外にあった「道の駅」を園全体の34ヘクタールに位置づけることとし、西日本最大級となることを契機に、全国の道の駅と連動したイベントの強化も進める。
 府の安本専門役は「建設当初に丹後の人々が丹後あじわいの郷に対して抱いていた『地域もかかわれる施設』にしていく」と強調。丹後地域の住民や府北部の観光関係者らは、今後の動向に注目する。

ここの不動産はもともと京都府のもの。財団法人丹後あじわいの郷への土地貸与を経て,運営は第三セクターの株式会社京都たんごファームがもともと行っていたものです。それが,経営不振から京都府が出資をとりやめたのが2009年度だったろうと思います。(2008年12月26日のエントリーの追記部分参照)

今回,運営会社が変わるとのことです。ただ,運営から外れた京都たんごファームの存続はどうなるのか,損失・損害はそこに出資している企業や自治体が被るのか,新たな運営方針が出ているものの設置者である財団法人はどのようなガバナンスを行うのか,中心会社が人材派遣企業ということで果たして地域において施設の価値の維持・向上が図れるのかなど,横須賀のソレイユの丘と比しても,あまりにも将来が見えない改革となっているように感じます。

ちょうど,間もなくの開園に向けて改修のラストスパートと思いますが,不安に感じるところです。

府議会の議論の中では、地域の企業・住民によるビジョンを大切にとされていましたが,パソナがそのような運営が可能か不安に感じるところです。

2015年8月15日追記

8月15日のNHKニュースから

観光施設で4歳女児が車両にはねられ死亡

14日昼前、岩手県奥州市の観光施設で、埼玉県から遊びに来ていた4歳の女の子が施設内を周遊する車両にはねられて死亡しました。
 14日午前11時40分ごろ、奥州市衣川区の観光施設「とうほくニュージーランド村」で、埼玉県越谷市の幼稚園児、齋藤海空ちゃん(4)が施設内を周遊する車両にはねられ、およそ2時間後に死亡が確認されました。海空ちゃんは両親の実家がある岩手県に帰省中で、14日は父親と幼稚園児の6歳の兄の3人で遊びにきていたということです。
 警察などによりますと、事故を起こした車両は、蒸気機関車をかたどった3両編成の乗り物で、後ろ2両の客車に観光客を乗せ、施設内の4つの停留所を巡っています。混み合う時期には、運転を担当する人のほかに1人を助手席に乗せ、安全を確保しているということですが、この日は雨で客が少なかったため、60代の男性スタッフ1人で運転していたということです。
 「とうほくニュージーランド村」は、羊やうさぎなどの動物と触れ合ったり、自然の中で体を動かしたりして遊ぶことができる観光施設で、事故を受けて14日の営業を取りやめるとともに、15日以降の営業も当面見合わせることにしています。
 警察は車両を運転していたスタッフから話を聞くなどして、事故の状況を調べています。

責任者「申し訳ない気持ちでいっぱい」

「とうほくニュージーランド村」の佐藤茂支配人は、「このような事故を起こして申し訳ない気持ちでいっぱいです。社員の再教育など安全対策を行ったうえで営業の再開を検討したい」と話していました。

関連ツィートを

2016年6月1日追記

株式会社ファームと、関連の赤城高原開発株式会社は5月30日、東京地裁民事再生法適用申請したとのこと。1954年に創業し,1986年の「市倉ファーム」によってファームパーク事業に進出。ただ、価値創出型産業ながらも,バブル崩壊少子化に加え,可処分所得が増加しない中,異説設備の継続的な更新ができなければ,あっという間に魅力を失う怖さがある事業。

地方自治体指定管理者制度を活用し,運営ノウハウに特化しようとしたが,なかなか困難だったようです。

負債総額は2社合わせて約58億円。

上毛新聞ニュースの6月1日の記事から

クローネベルク破綻 前橋 運営会社が再生法申請

群馬県前橋市苗ケ島町でドイツの農村をイメージしたテーマパーク「赤城高原牧場クローネンベルク」を運営する赤城高原開発(同所、山添隆弘社長)と、親会社のファーム(愛媛県西条市、森貞幸浩社長)は31日までに、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。ファームによると、両社とも営業を継続しながら、スポンサーを探して事業再生を目指す。赤城高原に105人いる従業員は基本的に雇用を維持するという。

申請は30日付で、負債総額は赤城高原が約7億円、ファームが約51億円。民間信用調査会社帝国データバンク群馬支店などによると、赤城高原は1990年、ファームや旧宮城村などによる第三セクターとして設立、94年4月にクローネンベルクをオープンした。

ファームの完全子会社となった2007年3月期は売上高約7億5700万円を計上。その後、入り込み客数減少などが響き、15年3月期は同約4億7千万円にとどまった。

ファームは1964年創業。赤城高原を含めグループで全国10カ所に農村型テーマパークなどを手掛け、02年4月期には同約92億6500万円を計上した。近年はレジャーの多様化や個人消費の低迷で集客力が低下。15年4月期は同約31億4500万円に落ち込んだ。不採算施設を閉鎖したり、整理回収機構の再生スキームに沿って再建を進めてきたが、赤城高原とともに自主再建を断念した。


2017年2月27日追記

河北新報2月27日の記事から

<とうほくNZ村>経営難で1月末閉園

岩手県奥州市衣川区の観光施設「とうほくニュージーランド村」が経営不振で1月末に閉園した。ニュージーランドの街並みをイメージした観光牧場として1989年7月にオープンし、最盛期は年間20万人以上が入場した。施設は売却されたが、活用策は明らかになっていない。地元住民は「地域の観光に役立つ施設にしてほしい」と期待する。

同施設は敷地約42ヘクタール。洋風の街並みに動物ふれあい広場や羊牧場、石窯パン工房、庭園のほか、ゴーカートなどの遊具があった。

オープン当初は岩手宮城両県からの家族連れなどでにぎわったが、近年は減少傾向が続いた。2015年は施設内で死亡事故があった影響もあり、9万3000人に落ち込んだ。

運営会社ファーム(愛媛県西条市)は16年5月、民事再生法の適用を申請。今年に入り、ニュージーランド村の運営を切り離すことが決まった。従業員15人は1月末で解雇となり、動物は他の施設に移された。

同社担当者は「地域に根差した施設として多くの人に利用してもらった。大変申し訳ない」と話す。代理人によると、土地と建物は別会社と売買契約を結んだ。具体的な跡地利用は「今までと全く同じにはならないだろう」と説明する。

観光拠点の突然の閉鎖で地元には動揺が広がる。奥州市観光物産協会衣川支部の三浦秀夫支部長(60)は「キャンプ、乗馬体験、流鏑馬(やぶさめ)などを一緒に展開してきた。畜産と観光を結び付けた企画も検討していたのに、どうなるのか」と不安を口にする。

住民グループ「衣川かぼちゃを楽しむ会」は、ハロウィーンの観賞用カボチャを共同で栽培していた。木村高志会長(65)は「従業員は畑に水をまいたり草取りをしたり、熱心に手伝ってくれた。ようやく軌道に乗ってきたところだった。このままでは衣川がさびれてしまう」と心配する。

敷地のうち約24ヘクタールは市有地で、市は年間140万円の賃料を得ていた。小沢昌記市長は「市が関わる雇用や誘致は、積極的な対応を考える」と話す。

ファームの施設紹介のページを見てみましたが、やはり、もうとうほくニュージーランド村は消されています。

地域への影響は残念だが、民事再生法適用により、不採算部門・資源の整理はやむを得ないものでもある。

なお、さかのぼるようだが、現在の(株)ファームの会長、社長は、支援企業のワールドホールディングス役員である。

2016年10月11日のkabutan.jpのニュースから

ワールドホールディングス---民事再生手続き中のファーム及び赤城高原開発とスポンサー支援基本合意書を締結

ワールドホールディングス<2429>は7日、6月に民事再生手続きの開始決定を受けたファーム(本社:愛媛県西条市)と赤城高原開発(本社:群馬県前橋市)の事業再生を目的として、スポンサー支援に関する基本合意を両社と締結したと発表。両社は、今回の基本合意書を前提として、再生計画案を作成する。スポンサー契約書は12月下旬の締結を予定している。

ファームは、体験型農業公園の開発・運営管理を手掛けており、全国規模で農業公園開発・運営を行っている。赤城高原開発はファームの子会社。今後は、ワールドホールディングスの事業運営ノウハウ、人材活用ノウハウ、資金力、東証1部上場企業としての信用力を生かし、農業公園として早期の事業再生を目指す。

同社は、現在内閣府が打ち出している日本再興戦略にある“攻めの農林水産業の展開と輸出力の強化”“観光立国”に対してファームグループの農業公園の運営実績とノウハウを活用する事により、同社の人材・教育ビジネスや行政受託事業を拡大していきたいとしている。

また、2017年2月3日付で、(株)ワールドホールディングスから、株式会社ファームの株式取得(子会社化)に関するお知らせ(開示事項の経過)という表題の文書が発表されています。

2017年12月12日追記

前橋市のクローネンベルクドイツ村が閉園とのこと。

2017年11月1日の上毛新聞の記事から

「群馬のドイツ村」 前橋・クローネンベルクが閉園へ

ドイツの農村をイメージした群馬県のテーマパーク「赤城クローネンベルク」(前橋市苗ケ島町)を運営する赤城高原開発(同所、諸田稔社長)は31日、11月末で同園を閉園すると発表した。個人消費の低迷などを背景に入園者数の減少が続き、運営継続は困難と判断した。
 社員とアルバイトはグループ企業再雇用図る
 跡地は養豚業の林牧場(桐生市新里町赤城山)に売却する。林牧場は本社事務機能を移転するほか、社員の研修施設として活用する方針。
 同園は1994年開園。動物との触れ合い体験に加え、自家製ソーセージや地ビールなどの飲食が楽しめる施設として人気を集め、2008年には約19万人が入園したが、近年は客足が伸び悩んでいた。
 運営する赤城高原と親会社のファーム(愛媛県西条市)は昨年6月、東京地裁から民事再生手続きの開始決定を受け、同12月には人材・教育ビジネスなどを展開するワールドホールディングス(福岡市)をスポンサーに迎えるなど、早期の事業再生を目指していた。
 赤城高原は社員26人とアルバイトについて意思確認しながら、グループ会社での再雇用を図るという。
 前橋商工会議所の曽我孝之会頭は「特色ある観光施設で人気があっただけに非常に残念」と話した。

匿名希望匿名希望 2015/04/06 23:28 【フジテレビ/『ノンストップ』・『ライオンのごきげんよう』の2番組今秋終了へ】
 フジテレビは、今秋の改編計画で、午前中の情報番組『ノンストップ』と午後のトーク番組『ライオンのごきげんよう』を今秋の改編を機に終了させることが、4月6日にわかった。
 2番組の後枠は、昨年4月にスタートした『バイキング』の枠拡大に充てられる予定で、午前の枠のMC陣などは9月下旬に発表される予定。
 また、途中の『FNNスピーク』のタイトルも『FNNおひるのニュース(仮称)』に改称することも明らかになった。
 今秋も大規模に改編し、『Mr.サンデー』の放送開始時刻を30分繰り下げて、タイトルも『Mr.サンデー&すぽると(改称)』にし、日曜最終の『FNNニュース』も統合させる予定で、現在午後11時15分から放送されている『ヨルタモリ』は午後10時に繰り上がる予定。
 なお、詳しくは9月上旬ごろに発表予定。

匿名希望匿名希望 2015/04/07 00:16 【JR東日本/臨時寝台特急『カシオペア』運行終了へ】
 JR東日本は、1999年から上野〜札幌間を運行している寝台特急『カシオペア』が、今年の9月26日の札幌発の列車をもって運行終了することを検討していることが、4月6日にわかった。
 理由は、来春の北海道新幹線の新青森〜新函館北斗間の部分開業に伴い、共用区間である青函トンネルの昇圧が予定されていること、それに保線などに支障があることで9月の運行終了が決定的となっている。
 なお、車両は今年12月から、クルーズトレインとして運行し、2017年春の新クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」の運行開始までのつなぎとして運行する予定。
 その後は売却も検討されているという。

匿名希望匿名希望 2015/04/08 06:33 【JR北海道/夜行急行『はまなす』定期運行区間短縮へ】
 JR北海道は、1988年から青森〜札幌間を運行している夜行急行『はまなす』が、今年の9月29日の札幌発と9月30日の青森発の列車をもって運行区間の短縮することを検討していることが、4月7日にわかった。
 運行が廃止される区間は青森〜函館間で、9月30日の札幌発から函館〜札幌間を運行に短縮される予定で、理由は、来春の北海道新幹線の新青森〜新函館北斗間の部分開業に伴い、共用区間である青函トンネルの昇圧が予定されていること、それに使用する電気機関車が使えなくなるため、運行区間の短縮を決めた。
 なお、現在の車両は老朽化の為、2016年のダイヤ改正で運行を終了、特急に統合し、気動車に置き換える予定。

匿名希望匿名希望 2015/05/04 18:51 【JR東日本/臨時寝台特急『カシオペア』運行終了決定へ】
 JR東日本は、1999年から上野〜札幌間を運行している寝台特急『カシオペア』が、今年の9月26日の札幌発の列車をもって運行終了することを、5月11日に正式決定することが分かった。
 理由は、来春の北海道新幹線の新青森〜新函館北斗間の部分開業に伴い、共用区間である青函トンネルの昇圧が予定されていること、それに保線などに支障があることと、北海道新幹線の試運転が本格となるため、運行終了を決めたという。
 なお、車両は今年12月から「カシオペアクルーズ」として運行し、2017年春の新クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」の運行開始までのつなぎとして運行する予定。
 なお、最終列車のチケット(乗車券・特急券・A寝台券)は、上野発は8月25日から(9月25日の最終運行分)、札幌発は8月26日から(9月26日の最終運行分)、両日とも午前10時から全国のみどりの窓口などで発売される。

匿名希望匿名希望 2015/06/08 12:59 【JR東日本/臨時寝台特急『カシオペア』運行終了決定へ】
 JR東日本は、1999年から上野〜札幌間を運行している寝台特急『カシオペア』が、今年の9月30日の札幌発の列車をもって運行終了することを、6月9日に正式決定することが分かった。
 理由は、来春の北海道新幹線の新青森〜新函館北斗間の部分開業に伴い、共用区間である青函トンネルの昇圧が予定されていること、それに保線などに支障があることと、北海道新幹線の試運転が本格となるため、運行終了を決めたという。
 なお、車両は今年12月から「カシオペアクルーズ」として運行し、2017年春の新クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」の運行開始までのつなぎとして運行する予定。
 なお、最終列車のチケット(乗車券・特急券・A寝台券)は、上野発は8月29日から(9月29日の最終運行分)、札幌発は8月30日から(9月30日の最終運行分)、両日とも午前10時から全国のみどりの窓口などで発売される。

【JR北海道/夜行急行『はまなす』定期運行区間短縮へ】
 JR北海道は、1988年から青森〜札幌間を運行している夜行急行『はまなす』が、今年の9月29日の札幌発と9月30日の青森発の列車をもって運行区間の短縮することを検討していることが、6月9日に正式発表する。
 運行が廃止される区間は青森〜函館間で、9月30日の札幌発から函館〜札幌間を運行に短縮される予定で、理由は、来春の北海道新幹線の新青森〜新函館北斗間の部分開業に伴い、共用区間である青函トンネルの昇圧が予定されていること、それに使用する電気機関車が使えなくなるため、運行区間の短縮を決めた。
 なお、現在の車両は老朽化の為、2016年のダイヤ改正で運行を終了、特急『北斗』に統合し、気動車に置き換える予定。

匿名希望匿名希望 2015/06/11 09:45 【JR東海・東海交通事業/城北線廃止、第3セクターに転換】
 JR東海と子会社の東海交通事業の2社が、早ければ6月12日にも国土交通大臣宛に城北線(枇杷島〜勝川間)の鉄道事業廃止届けを提出する。
 廃止予定日は2016年6月30日になります。

 また、東海交通事業は同日に国土交通省中部運輸局長宛に城北線(枇杷島〜勝川間)の鉄道事業休止届けも提出する。
 休止予定期間は2016年3月12日〜6月30日の間となります。

 なお、城北線の移管先については、施設保有(第三種鉄道事業者)は今年7月に設立する第3セクターの新会社で、運行業務など(第二種鉄道事業者)は名古屋臨海高速鉄道となる予定。
 運行開始については、枇杷島〜味美間が2017年10月、味美〜勝川間が2019年3月に電化と同時に行う予定。
 なお、名古屋臨海高速鉄道は2017年3月に名古屋高速鉄道に社名変更をする予定。
 味美〜勝川間の開業が遅れるのは、勝川駅の接続工事に伴うもので、比良〜味美間の一部も暫定的(2017年10月〜2019年3月の間)に単線運転となる予定。
 また、味美駅の比良駅方向に分岐器を暫定的(2019年5月以降に撤去予定。)に設置される予定。

 城北線の施設は2016年7月に、鉄道建設・運輸施設整備支援機構から保有新会社に、格安で有償譲渡される予定。

匿名希望匿名希望 2015/06/17 18:24 【JR東海・東海交通事業/城北線廃止、第3セクターに転換(一部修正)】
 JR東海(第一種鉄道事業者)と子会社の東海交通事業(第二種鉄道事業者)の2社が、早ければ6月19日にも国土交通大臣宛に城北線(枇杷島〜勝川間)の鉄道事業廃止届けを提出する。
 廃止予定日は2016年6月30日になります。

 また、東海交通事業(第二種鉄道事業者)は同日に国土交通省中部運輸局長宛に城北線(枇杷島〜勝川間)の鉄道事業休止届けも提出する。
 休止予定期間は2016年3月12日〜6月30日の間となります。

 なお、城北線の移管先については、今年6月末に設立する予定の新会社・名古屋高速鉄道(仮称)となる予定。
 運行開始については、全線とも2018年の秋頃に電化と同時に行う予定。
 なお、城北線の施設は2016年7月頃に、鉄道建設・運輸施設整備支援機構から新会社・名古屋高速鉄道(仮称)に、格安で有償譲渡される予定。
 今年6月末に設立する予定の新会社・名古屋高速鉄道(仮称)は、赤字が続くあおなみ線を運行する、名古屋臨海高速鉄道の受け皿会社として設立するもので、21の団体と企業が出資予定。
 また、新会社・名古屋高速鉄道(仮称)は名古屋〜枇杷島間の第二種鉄道事業者の届け出も提出する予定。

匿名希望匿名希望 2015/06/18 05:19 【JR東海・東海交通事業/城北線2016年3月廃止へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)は、2015年6月末までに国土交通大臣宛に城北線(枇杷島〜勝川間)の第一種鉄道事業者の廃止届けを提出する。
 廃止予定日は2016年6月30日になります。

 また、子会社の東海交通事業も、2015年6月末までに国土交通大臣宛に城北線(枇杷島〜勝川間)の第二種鉄道事業者の廃止届け、それに国土交通省中部運輸局長宛に同線の第二種鉄道事業者の休止届けを同時に提出する。
 休止予定期間は2016年3月12日〜6月30日の間となります。
 廃止予定日は2016年6月30日になります。

《廃止の理由》
 「所有車両の老朽化など」

《城北線の今後》
 「両社の事業廃止後に、鉄道・運輸機構が愛知県と沿線自治体の3市などに売却し、第3セクターの鉄道路線に整備予定。」

匿名希望匿名希望 2015/06/28 10:47 【東海交通事業/城北線2016年3月中旬から長期運休へ】
 JR東海(東海旅客鉄道)の子会社、東海交通事業は来年3月のJRのダイヤ改正に合わせて、城北線(枇杷島〜勝川間)を長期運休することが、6月26日に分かった。
 長期運休の理由について、高架橋の沿線自治体への譲渡などで、現在保有しているディーゼルカー2両も茨城県のひたちなか海浜鉄道に売却され、大規模な改修などが控えているためだという。
 ちなみに高架橋の売却は2016年2月までに終了させ、長期運休の期間は約3年間、終了後は名古屋高速鉄道(設立時は名古屋高速鉄道準備/今夏設立予定。)に移管する。

 城北線(枇杷島〜勝川間)の長期運休中に、JR東海(東海旅客鉄道)の第一種鉄道事業者の廃止届、東海交通事業の第二種鉄道事業者の廃止届、名古屋高速鉄道(設立時は名古屋高速鉄道準備/今夏設立予定。)の第一種鉄道事業者の許可を申請が予定されている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ironsand/20150326

2015-03-15

[][]ネーミングライツ(愛称命名権)問題について

ネーミングライツが,行政裁量の範囲で,議会の決議を経なくていいのかどうかということについては,2007年12月12日のエントリー「博物館にネーミングライツ?」をはじめ,ネーミングライツについてのエントリーを書いてきたなかで疑問に思っていました。

それに関連して,2015年3月15日,東京地裁で興味深い判決が出ていました。

NHKの首都圏ニュースから

宮下公園命名権売却 違法判決

東京渋谷区が区立の宮下公園の命名権を企業に売却したことに反対する市民グループが起こした裁判で、東京地方裁判所は「命名権の契約は区議会の議決を経ておらず違法だ」などと指摘して、11万円の損害賠償の支払いを渋谷区に命じました。

渋谷区が6年前、区立宮下公園の命名権をスポーツ用品会社「ナイキジャパン」に売却して整備計画を進めたことについて、反対する市民グループや公園で暮らしていたホームレスの男性が裁判を起こし、区に賠償を求めていました。
 13日の判決で、東京地方裁判所の澤野芳夫裁判長は「命名権の契約は区議会の議決を経ていないうえ、競争入札が難しいケースではないのに、随意契約で行われていて違法だ」と指摘しました。
 さらに、整備計画を進めるためホームレスの男性を担ぎ上げて公園から退去させた、区の職員の対応についても違法性を認め、11万円の支払いを渋谷区に命じました。
 公園は当初、企業名を含んだ名称に変わる予定でしたが、企業側が「商業施設ができるような誤解を与えてしまった」と撤回して、現在も企業名は使われていません。

NHK報道では,(1)議決を経ていないうえ,(2)随意契約だから,となっているので,詳細はわかりません。

原告側,被告側の主張も,まだ見えませんが,判決根拠の一部となっているからには,議会の議決を経ない状態での愛称命名権売却に疑義が投げかけられたことは間違いありません。

朝日新聞の記事

公園生活者のテント強制撤去「一部違法」 東京地裁判決

東京・渋谷駅近くにある渋谷区立宮下公園の改修に伴い、公園で生活していた男性のテントなどを強制撤去したのは違法だとして、男性や支援団体が区に約590万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。沢野芳夫裁判長は「撤去前に、男性を無理やり担ぎあげて退去させたのは違法だ」として、男性に11万円を支払うよう区に命じた。強制撤去そのものは「適法」とした。

同公園をめぐっては、区がスポーツ用品メーカーのナイキジャパンに命名権(ネーミングライツ)を売却。公園の改修のために2010年9月、テントなどを強制撤去する「行政代執行」を実施した。これに先立ち、退去を拒んだ男性を区職員らが担ぎ上げて退去させたが、判決はこの方法が「許される範囲を超えている」とした。

一方、「同社が公園の改修費用を負担し、その対価として区が命名権を与える」とした契約を区が結んだことについて、判決は「必要な議会の議決がなく、地方自治法に違反する」と指摘した。

同日追記

訴状によると

「負担付きの寄付及び贈与を受けること」に相当することは明らかであり、地方議会の議決事項とされている(地方自治法96条1項9号)。

ということ。

裁判所がどう判断したのかはまだ調べていない…

2015-03-12

[][][][]田沼隆志衆議院議員の発言メモ

平成26年11月12日の衆議院文部科学委員会での田沼隆志(日本維新の党で比例南関東ブロック復活当選。その後次世代の党へ)の発言

文化庁さん、「重点施策2:文化プログラムに向けた環境整備」ということで、日本の文化多様性を示すということで国立アイヌ文化博物館というものを二〇二〇年に開館する。ここに二十七年度の概算要求で三億円余りの予算計上がされるようです。
 これは何ですか。アイヌの文化博物館というのが日本の文化の多様性を示す、そうかもしれませんけれども、日本に来るなら、やはり日本の正式な、京都だとか、オーソドックスな日本本来の文化をまずは外国の方は関心を持つと思うんですけれども、何か急にここにだけこの博物館が開館というのは非常に違和感があるんですけれども、これは必要なんでしょうか。必要性をもう少しはっきりお答えいただきたく思います。

とりあえず、こんなレイシスト議員でなくなってよかった。 とはいえ、現役にも同様の発言をしそうな議員は与党を中心にたくさんいるが…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ironsand/20150312

2014-12-01

[]博物館法の改正(博物館登録事務を指定都市が担えるように)

来年4月1日から博物館法の改正が施行されます。内容は次の通り。

地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律

第七条 博物館法(昭和二十六年法律第二百八十五号)の一部を次のように改正する。
 第十条第一項中「教育委員会」の下に「(当該博物館(都道府県が設置するものを除く。)が指定都市(地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項の指定都市をいう。以下この条及び第二十九条において同じ。)の区域内に所在する場合にあつては、当該指定都市の教育委員会。同条を除き、以下同じ。)」を加える。
 第二十九条第一項中「教育委員会」の下に「(当該施設(都道府県が設置するものを除く。)が指定都市の区域内に所在する場合にあつては、当該指定都市の教育委員会)」を加える。

附則 (平成二六年六月四日法律第五一号) 抄
 (施行期日)
 第一条  この法律は、平成二十七年四月一日から施行する。
 (罰則に関する経過措置)
 第八条  この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。
 (政令への委任)
 第九条  附則第二条から前条までに規定するもののほか、この法律の施行に関し必要な経過措置(罰則に関する経過措置を含む。)は、政令で定める。

指定都市の区域内の博物館(都道府県立の博物館を除く)の登録事務(相当施設の指定含む)については、指定都市の教育委員会が行うということですね。

ただ、2009年1月29日の記事「博物館の登録に関する規則@市教育委員会<権限委譲>」で紹介したように、博物館の登録に関する事務を市町村に委譲している例はすでに見られます。


上で引用した改正法は、本年6月4日に公布されているものです。紹介が遅くなりました。

匿名希望匿名希望 2014/12/30 17:56 【フジテレビ/2015年の春の改編で、月〜金の帯を大改造】
 フジテレビは、在京民放キー局で一番の平均超低視聴率を記録したため、2015年春に大規模の改編を行い、月〜金の帯枠を大改造をすることが明らかになった。

《2015年春からの月〜金の帯枠の大改造計画( 4:00〜18:55)》
  4:00〜 5:25、めざましテレビアクア(一部局のみネット)
  5:25〜 8:00、めざましテレビ
  8:00〜 9:50、とくダネ
  9:50〜11:30、バイキング(1部/新設)(※一部局のみネット)
 11:30〜11:55、FNNスピーク
 11:55〜12:50、バイキング(2部/時間枠変更)
 12:50〜13:18、ごきげんよう(フロート番組化/時間枠変更)
 13:18〜14:00、バイキング(3部/新設)
 14:00〜14:55、番組名未定(1部/新設)
 14:55〜15:55、番組名未定(2部/新設)
 15:55〜16:50、FNNスーパーニュース(1部)
 16:50〜17:54、FNNスーパーニュース(2部)
 17:54〜18:15、FNNスーパーニュース(3部)
 18:15〜18:55、FNNスーパーニュース(4部)

 これに伴い、情報番組『ノンストップ』と東海テレビ制作の昼帯ドラマ(全国ネット)と昼の再放送枠は、2015年3月をもちまして終了いたします。

(※14:00〜15:55の情報番組のMCは安藤優子と高橋克実の2人に決まりました。)

匿名希望匿名希望 2015/01/25 10:04 【フジテレビ/2015年の春の改編で、月〜金の帯を大改造(改訂)】
 フジテレビは、在京民放キー局で一番の平均超低視聴率を記録したため、2015年春に大規模の改編を行い、月〜金の帯枠を大改造をすることが明らかになった。

《2015年春からの月〜金の帯枠の大改造計画( 4:00〜18:55)》
  4:00〜 5:25、めざましテレビアクア(一部局のみネット)
  5:25〜 8:00、めざましテレビ
  8:00〜 9:50、とくダネ
  9:50〜11:20、ヒルマエバイキング(番組名変更/仮称)(※一部局のみネット)
 11:20〜11:30、ミニ番組など
 11:30〜11:55、FNNスピーク
 11:55〜12:50、バイキング(1部/時間枠変更)
 12:50〜13:18、ごきげんよう(フロート番組化/時間枠変更)
 13:18〜14:00、バイキング(2部/新設)
 14:00〜14:55、番組名未定(1部/新設)
 14:55〜15:55、番組名未定(2部/新設)
 15:55〜16:50、FNNスーパーニュース(1部)
 16:50〜17:54、FNNスーパーニュース(2部)
 17:54〜18:15、FNNスーパーニュース(3部)
 18:15〜18:55、FNNスーパーニュース(4部)

 これに伴い、情報番組『ノンストップ』は番組名が変わります、また、東海テレビ制作の昼帯ドラマ(全国ネット)と昼の再放送枠は、2015年3月をもちまして終了いたします。

(※14:00〜15:55の情報番組のMCは安藤優子と高橋克実の2人に決まりました。)

匿名希望 匿名希望 2015/02/04 23:02 【フジテレビ/2015年の春の改編で、月〜金の帯を大改造(改訂)】
 フジテレビは、在京民放キー局で一番の平均超低視聴率を記録したため、2015年春に大規模の改編を行い、月〜金の帯枠を大改造をすることが明らかになった。

《2015年3月30日からの月〜金の帯枠の大改造計画( 4:00〜18:55)》
  4:00〜 5:25、めざましテレビアクア(※一部局のみネット)
  5:25〜 8:00、めざましテレビ
  8:00〜 9:50、とくダネ
  9:50〜11:20、ヒルマエバイキング(番組名変更/仮称)(※一部局のみネット)
 11:20〜11:30、ミニ番組など
 11:30〜11:55、FNNスピーク
 11:55〜12:50、バイキング(1部/時間枠変更)
 12:50〜13:18、ごきげんよう(フロート番組化/時間枠変更)
 13:18〜13:55、バイキング(2部/新設)
 13:55〜14:55、直撃LIVE グッディ!(1部/新設)
 14:55〜15:50、直撃LIVE グッディ!(2部/新設)(※一部局のみネット)
 15:50〜16:50、FNNスーパーニュース(1部)(※一部局のみネット)
 16:50〜17:54、FNNスーパーニュース(2部)(※一部局のみネット)
 17:54〜18:15、FNNスーパーニュース(3部)
 18:15〜18:55、FNNスーパーニュース(4部)(※関東ローカル枠)

 これに伴い、情報番組『ノンストップ』は番組名が変わります、また、東海テレビ制作の昼帯ドラマ(全国ネット)と昼の再放送枠は、2015年3月をもちまして終了いたします。

匿名希望匿名希望 2015/02/21 22:25 【フジテレビ/2015年の春の改編で、月〜金の帯を大改造(改訂)】
 フジテレビは、在京民放キー局で一番の平均超低視聴率を記録したため、2015年春に大規模の改編を行い、月〜金の帯枠を大改造をすることが明らかになった。

《2015年3月30日からの月〜金の帯枠の大改造計画( 4:00〜18:55)》
  4:00〜 5:25、めざましテレビアクア(※一部局のみネット)
  5:25〜 8:00、めざましテレビ
  8:00〜 9:55、とくダネ
  9:50〜11:25、ひるまえバイキング(番組名変更/仮称)(※一部局のみネット)
 11:25〜11:55、FNNひるのニュース
 11:55〜13:25、バイキング(時間枠拡大)
 13:25〜13:55、ごきげんよう(繰り下げ)
 13:55〜14:55、直撃LIVE グッディ!(1部/新設)
 14:55〜15:50、直撃LIVE グッディ!(2部/新設)(※一部局のみネット)
 15:50〜16:50、FNNみんなのニュース(1部)(※一部局のみネット)
 16:50〜17:54、FNNみんなのニュース(2部)(※一部局のみネット)
 17:54〜18:15、FNNみんなのニュース(3部)
 18:15〜18:55、FNNみんなのニュース(4部)(※関東ローカル枠)

 これに伴い、情報番組『ノンストップ』は番組名が変わります、また、東海テレビ制作の昼帯ドラマ(全国ネット)と昼の再放送枠は、2015年3月をもちまして終了いたします。

匿名希望匿名希望 2015/02/23 04:42 【フジテレビ/2015年の春の改編で、月〜金の帯を大改造・ニュースなどの番組も強化】
 フジテレビは、在京民放キー局で一番の平均超低視聴率を記録したため、2015年春に大規模の改編を行い、月〜金の帯枠を大改造をすることが明らかになった。

《2015年3月30日からの月〜金の帯枠の大改造計画( 4:00〜18:55)》
  4:00〜 5:25、めざましテレビアクア(※一部局のみネット)
  5:25〜 8:00、めざましテレビ
  8:00〜 9:55、とくダネ(時間枠拡大)
  9:55〜11:25、ひるまえバイキング(番組名変更/仮称)(※一部局のみネット)
 11:25〜11:55、FNNおひるのニュース(番組名変更/時間枠拡大)
 11:55〜13:25、バイキング(時間枠拡大)
 13:25〜13:55、ごきげんよう(繰り下げ)
 13:55〜14:55、直撃LIVE グッディ!(1部/新設)
 14:55〜15:50、直撃LIVE グッディ!(2部/新設)(※一部局のみネット)
 15:50〜16:50、FNNみんなのニュース(1部)(※一部局のみネット)
 16:50〜17:54、FNNみんなのニュース(2部)(※一部局のみネット)
 17:54〜18:15、FNNみんなのニュース(3部)
 18:15〜18:55、FNNみんなのニュース(4部)(※関東ローカル枠)

 これに伴い、情報番組『ノンストップ』は番組名が変わります、また、東海テレビ制作の昼帯ドラマ(全国ネット)と昼の再放送枠は、2015年3月27日をもちまして終了いたします。

《ニュースタイトルも一新》
 『FNNスピーク』→『FNNおひるのニュース』
 『FNNスーパーニュース』→『FNNみんなのニュース』
 『FNNNEWSPickUp』→『FNNこんやのニュース』
 『ニュースJAPAN』→『FNNあしたのニュース』

後日、続報がございます。

匿名希望 匿名希望 2015/02/26 19:12 【東京臨海高速鉄道/ATACS対応の新車導入へ】
 りんかい線を運行している、東京都など出資する東京臨海高速鉄道は2015年度末からATACS対応の新型車両、70−300形(仮称)を順次運行開始されることが、2月26日に明らかになった。
 この車両はJR東日本のE233系7000番台をベースにしたもので、10両編成の8本(80両)を神奈川県横浜市の総合車両製作所に一括発注することも明らかになった。
 なお、現在保有している70−000形を2017年9月までに順次、全て70−300形(仮称)に全て置き換えるという。
 今回の新車導入は、2017年秋の相互のりいれ先である、埼京線(池袋〜大宮間)のATACS導入に伴うもので、2016年1月下旬には最初の編成が落成し、来春のダイヤ改正から運行を開始する。
 現在の70−000形は、長野県のしなの鉄道などに売却を検討しているという。

匿名希望匿名希望 2015/03/04 17:24 【フジテレビ/2015年の春の改編で、月〜金の帯を大改造・ニュースなどの番組も強化】
 フジテレビは、在京民放キー局で一番の平均超低視聴率を記録したため、2015年春に大規模の改編を行い、月〜金の帯枠を大改造をすることが明らかになった。

《2015年3月30日からの月〜金の帯枠の大改造計画( 4:00〜18:55)》
  4:00〜 5:25、めざましテレビアクア(※一部局のみネット)
  5:25〜 8:00、めざましテレビ
  8:00〜 9:55、とくダネ(時間枠拡大)
  9:55〜11:25、ひるまえバイキング(番組名変更/仮称)(※一部局のみネット)
 11:25〜11:55、FNNおひるのニュース(番組名変更/時間枠拡大)
 11:55〜13:25、バイキング(時間枠拡大)
 13:25〜13:55、東海テレビ制作の昼帯ドラマ(繰り上げ)
 13:55〜14:55、直撃LIVE グッディ!(1部/新設)
 14:55〜15:50、直撃LIVE グッディ!(2部/新設)(※一部局のみネット)
 15:50〜16:50、FNNみんなのニュース(1部)(※一部局のみネット)
 16:50〜17:54、FNNみんなのニュース(2部)(※一部局のみネット)
 17:54〜18:15、FNNみんなのニュース(3部)
 18:15〜18:55、FNNみんなのニュース(4部)(※関東ローカル枠)

 これに伴い、情報番組『ノンストップ』は番組名が変わります、また、『ライオンのごきげんよう』と昼の再放送枠は、2015年3月27日をもちまして終了いたします。

《ニュースタイトルも一新》
 『FNNスピーク』→『FNNおひるのニュース』
 『FNNスーパーニュース』→『FNNみんなのニュース』
 『FNNNEWSPickUp』→『FNNこんやのニュース』
 『ニュースJAPAN』→『FNNあしたのニュース』

【フジテレビ/『ライオンのごきげんよう』終了へ】
 フジテレビは、『ライオンのごきげんよう』を、3月27日をもって終了することが明らかになった、『ライオンのいただきます』時代から30年半司会をしてきた、小堺一機さんも午後1時の時間帯から姿を消すことになった。
 これに伴い、ライオンの単独スポンサー枠の番組も50年半の歴史に幕を閉じる。
 後枠は、情報バラエティ番組『バイキング』の延長分と東海テレビ制作の昼帯ドラマの繰り上げ部分に振り分けるという。

匿名希望匿名希望 2015/03/04 17:43 【東京臨海高速鉄道/ATACS対応の新車導入へ】
 りんかい線を運行している、東京都など出資する東京臨海高速鉄道は2016年度末からATACS対応の新型車両、70−300形(仮称)を運行開始されることが、3月4日に明らかになった。
 この車両は今秋から山手線で運行を開始する、JR東日本のE235系をベースにしたもので、10両編成の2本(20両)を神奈川県横浜市の総合車両製作所に発注することも明らかになった。
 なお、現在保有している70−000形も内外装を一新させ、全車両をATACS対応にする。
 今回の新車導入は、予備車両の確保及び2017年秋の相互のりいれ先である、埼京線(池袋〜大宮間)のATACS導入に伴うもので、2016年12月には最初の編成が落成し、再来年のダイヤ改正から運行を開始する。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ironsand/20141201

2014-07-02

[]「障害者」定義と難病

平成25年5月28日参議院厚生労働委員会で行われた障害者雇用促進法改正案についての審議から

○田村智子君 次に、この法律による障害の範囲のことについてお聞きをしたいと思います。
 難病、慢性疾患の患者の皆さんは、障害者基本法によって障害者の範囲に含まれることになりました。今回の法案では、障害者雇用促進法が施策の対象とする第二条一項に定義する障害者に「その他の心身の機能の障害」という文言を加えています。これは、障害者基本法の定義に合わせたものだというふうに理解をしております。この障害者と定める範囲は、差別の禁止等を定めた第二章の二の対象を限定する重要な規定となるので、これはちょっと正確に確認をしたいと思います。
 障害者基本法の質疑では、障害者の範囲に難病など幅広い障害が含まれること、その際、継続的、固定的な障害だけでなく、断続的、周期的に状態が変化して日常生活社会生活に制限を受ける場合も対象であるというふうに明確に答弁をいただいています。
 今回の障害者雇用促進法における障害者の範囲も同じ理解でいいかどうか、お答えください。

政府参考人(小川誠君) 難病患者の方につきましても、障害者手帳を所持しているかどうかにかかわらず、難病に起因する障害によって職業生活上相当の制限を受けている場合には差別禁止等の規定の対象になります

○田村智子君 ここ、済みません、断続的、周期的ということが入ってくるかどうかというのは難病患者の皆さんにとって大変重要なところなので、そこについても御答弁ください。

○政府参考人(小川誠君) ですから、そういった断続的な、周期的な障害によりまして職業生活上相当な制限を受ける場合には対象となります

○田村智子君 対象になるということで確認ができました。
 実雇用率の算定には現在も雇用義務がない身体障害者を加えて算定していますけれども、精神障害の方加えていますけれども、身体障害者に難病を加えたと。そうすると、この難病、慢性疾患の方々も雇用率算定に加えていくということが必要だと思うんですけれども、この点はいかがでしょうか。

○政府参考人(小川誠君) 雇用の義務制度につきましては、雇用の場を確保することが困難な方に対して、社会連帯の理念の下で企業に対して雇用義務を課すというものでございます。したがって、企業側が社会的責任を果たすための前提として、企業がその対象者を雇用できる一定の環境が整っているということと、対象が明確であって公正、一律性が担保されているということが重要だと考えております。
 難病をお持ちの方であっても、例えば障害者手帳をお持ちの方につきましては既に雇用義務の対象となっているということでございますけれども、障害者手帳をお持ちでない難病患者の方について雇用義務の対象とするかにつきましては、先ほども申し上げました雇用義務制度の趣旨、目的を踏まえると、現時点では困難であると考えております。

○田村智子君 難病や慢性疾患の患者さんは、一部、内部障害者として障害者の手帳をお持ちの方もいらっしゃるんですけれども、これなかなか対象にならないという方がいらっしゃるんですよ、本当に重症化しないと。例えば、肝炎の患者さんは、事実上もう肝臓が機能しないという程度にならないと手帳の交付が受けられないわけです。これはもう支援も受けられないような状態ですよね。
 同時に、今、難病対策委員会では新たな難病制度について提言をまとめていこうということで、難病医療登録者証とかあるいは難病手帳というようなことも検討されていると聞いています。ただ、雇用の義務の対象とすることは消極的だというような議論もあるとも聞いているんですけれども、是非、やっぱり障害の定義の中に難病、慢性疾患の方入れたと、差別も禁止したと、働く権利を保障するということを考えると、障害者手帳ということだけでなく、やはり難病手帳なども含めていくということも今後是非検討いただきたいということは要望しておきたいと思います。

とりあえず,ここまでメモ。 前後に伸びるかもしれません。

匿名希望匿名希望 2014/08/01 08:32 【JR西日本/小野田線本山支線の廃止を検討】
 JR西日本広島支社は、山口県山陽小野田市を走るローカル線、小野田線の本山支線を平成27年3月のダイヤ改正前日を目処に廃止する検討作業に入ったことが、7月31日にわかった。
 小野田線本山支線は、雀田と長門本山間を結ぶ路線で、営業距離は2.3キロで、現在は1日3往復しか走っていない。
 本山支線の廃止について、近くJR西日本は中国運輸局に鉄道路線廃止届を提出する予定である。
 本山支線の廃止後は、並行区間に代替バスを走る予定だという。

匿名希望匿名希望 2014/08/28 06:27 【JR西日本/小野田線本山支線の廃止へ】
 JR西日本広島支社は、山口県山陽小野田市を走るローカル線、小野田線の本山支線を平成27年3月13日を目処に休止し、同年9月30日で廃止することが、8月27日にわかった。
 小野田線本山支線は、雀田と長門本山間を結ぶ路線で、営業距離は2.3キロで、現在は1日3往復しか走っていない。
 本山支線の廃止について、JR西日本は9月上旬にも、国土交通省中国運輸局長宛に鉄道事業休止届出書を、国土交通大臣宛に鉄道路線廃止届を提出する予定である。
 休止予定期間は平成27年3月14日〜9月30日で、また、廃止予定日は平成27年9月30日。
 本山支線の廃止後は、並行区間に代替バス及び代替乗合タクシーが運行予定だという。

匿名希望 匿名希望 2014/09/25 11:33 【フジテレビ/月〜金の朝昼の帯番組を2段階での改編を検討。】
 フジテレビでは、月〜金の朝昼の帯番組の視聴率低迷に伴い、平成27年1月と3月に大幅な改編を行うことが、9月24日にわかった。
 小堺一機さんが司会を務める『ごきげんよう』は、今年の12月26日で終了し、今年4月から始まった『バイキング』を来年1月から30分拡大する。
 更に、来春の改編期には、『ノンストップ』と東海テレビ制作の昼ドラも終了し、『バイキング』も1月予定の1時間35分から2部制の3時間35分(一部局では2部のみの2時間)に拡大する。
 また、東海テレビ制作の最後の昼ドラは、来年1月から約50話の予定で放送することも明らかになった。
 また、来春の改編期には関西テレビ制作のワイドショーの全国ネット化も行うことも明らかになった。

匿名希望匿名希望 2014/09/30 09:31 【フジテレビ/平成26年度後半の昼帯について】
 フジテレビでは、小堺一機さんが司会を務める『ごきげんよう』の終了について、10月6日の生放送中に正式発表することにいたしましたのでご報告させていただきます。
 なお、終了予定日は12月26日でございます。
 また、東海テレビ制作の昼帯のドラマも、平成27年1月から最終作(約50話)を放送し、同年3月で半世紀の歴史に幕を下ろすことになりました。
 今年4月から始まった『バイキング』について、視聴率の低迷に伴い、平成27年1月からテコ入れ策として、放送時間を現在より30分延長し、一部リニューアルをいたします。
 今後、『バイキング』につきましては1月から3月までの間に2時間5分の延長版を計5回程度予定しております。

匿名希望匿名希望 2014/10/07 11:14 【山口県バス協会/県内バスカードICカード化へ】
 山口県バス協会は、現在磁気カードで発行されている、「山口県共通バスカード」を平成28年度末を目処に、ICカード化になることが、10月7日に分かった。
 これに伴い、現在の磁気カードは平成29年度の前半までに順次販売を終了し、ICカード化される。
 また、チャージ方法についても広島県内で導入されている「PASPY」とほぼ同じようなサービスなども検討し、ICOCAなどの全国相互利用サービス対応のIC乗車カードからの片乗り入れも検討されている。
 システムは、広島県内で投入されている「PASPY」をベースとするが、全国相互利用サービス対応のICカードの片乗り入れは、関西以西では平成28年から熊本県内で始まる熊本ICカード(仮称)に次いで2例目となる予定。
 なお、仮称は山口ICカードとし、正式名称は平成28年度前半にも決まる予定だという。

匿名希望匿名希望 2014/11/27 10:43 【東海テレビ/来春で昼帯ドラマ終了へ】
 東海テレビは、月曜から金曜までの昼帯ドラマを来年3月をもって終了することが明らかになった。
 最後の作品は『花嫁のれん(第4シリーズ)』であることも明らかになった。
 この『花嫁のれん』は石川県金沢市が舞台で、北陸新幹線の金沢延伸、また、東海テレビ制作の昼帯ドラマのフィナーレを飾る作品となっております。
 また『花嫁のれん』は来年10月から七尾線の観光列車にも導入されます。

匿名希望 匿名希望 2014/11/28 12:48 【フジテレビ/昼帯番組『バイキング』放送時間拡大へ】
 2014年4月にスタートした、フジテレビ系の昼帯番組『バイキング』が、来春の改編期に放送時間を拡大することが、11月28日に明らかになった。
 内訳は、放送25年目を迎える『ごきげんよう』をフロート番組に移行し、現在より放送開始時間を10分繰り上げとし、放送時間枠を現在より2分短縮する。(※放送全体では変更なし)

『バイキング』新放送時間枠(2015年春改編期より)
 1部/ 9:50〜11:30(ローカルセールス枠)
 (※)/11:30〜11:55『FNNニューススピーク』
 2部/11:55〜12:50(全国ネット)
 (※)/12:50〜13:18『ごきげんよう』
 3部/13:18〜13:55(全国ネット)

 (※)はフロート番組

《放送時間拡大で終了する番組》
 ※『ノンストップ』(一部局は除く)
 ※『国分太一のおさんぽジャパン』
 ※東海テレビ制作の昼帯ドラマ(最終作は『花嫁のれん(第4シリーズ)』)

《放送時間拡大でフロート化される番組》
 ※『ごきげんよう』

匿名希望匿名希望 2014/12/02 14:20 【フジテレビ/昼帯番組『バイキング』放送時間拡大へ(一部修正)】
 2014年4月にスタートした、フジテレビ系の昼帯番組『バイキング』が、来春の改編期に放送時間を拡大することが、11月28日に明らかになった。
 内訳は、放送25年目を迎える『ごきげんよう』をフロート番組に移行し、現在の単独番組より放送開始時間を10分繰り上げとし、放送時間枠を現在より2分短縮する。(※放送全体では変更なし)

『バイキング』新放送時間枠(2015年春改編期より)
 1部/ 9:50〜11:25(ローカル枠/一部局のみネット)
 (※)/11:25〜11:30『番組名未定(新番組)』
 (※)/11:30〜11:55『FNNスピーク』
 2部/11:55〜12:50(全国ネット枠)
 (※)/12:50〜13:18『ごきげんよう』
 3部/13:18〜13:55(全国ネット枠)

 (※)はフロート番組

《放送時間拡大で終了する番組》
 ※『ノンストップ』(ローカル枠/一部局のみネット)
 ※東海テレビ制作の昼帯ドラマ(最終作は『花嫁のれん(第4シリーズ)』)

《放送時間拡大でフロート化される番組》
 ※『番組名未定(新番組)』(一部局のみ)(現在の『国分太一のおさんぽジャパン』の枠)
 ※『FNNスピーク』(一部局のみ)
 ※『ごきげんよう』

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ironsand/20140702