スマートフォン用の表示で見る

地理

有明

ありあけ

JR九州L特急列車。

有明海に沿って博多〜長洲・熊本間を結ぶ。

沿革

かつては西鹿児島(現・鹿児島中央)まで運転しており、九州特急のエース的存在だったが、1992年7月から西鹿児島発着の列車は「つばめ」(のち「リレーつばめ」)として愛称が分離された。また、門司港小倉博多間のみで運転される列車は「きらめき」と呼ばれるようになっている。九州新幹線新八代鹿児島中央間が開業した2004年3月の改正で小倉博多熊本武蔵塚間(のち、武蔵塚発着の一部は光の森駅開業に伴い光の森発着に変更)の運転が基本となったが、九州新幹線鹿児島ルートが全通した2011年3月のダイヤ改正博多〜長洲・熊本間に圧縮され、運転本数も3.5往復になった。

車両

列車新設当時は485系であった。JR化後、783系「ハイパー有明」が運用されていた時期があり、やがて787系に統一されたが、2011年ダイヤ改正783系が復帰している。2011年3月改正時点では787系(1.5往復)は6両で、783系(2往復)は4両または8両(各1往復ずつ)で運行されている。

地理

有明

ありあけ

東京ビッグサイト

有明に「東京ビッグサイト」があることから、「有明」という言葉だけで、東京ビッグサイトやそこで行われるイベント(特にコミックマーケット)を表すことがある。


○ リスト:駅キーワード

地理

有明

ありあけ

地理

有明

ありあけ

地理

有明

ありあけ

地理

有明

ありあけ