安曇野

安曇野

(地理)
あづみの

あづみ野(「あずみ野」とも)。長野県旧南安曇郡、現安曇野市(あづみのし・Azumino City)一帯の平地田園をいう。
道祖神の里として知られている。道祖神は平安時代に旅を守る神、道を守る神として日本に根付いたという。なかでも、安曇野市穂高には二人の神様が仲良く肩を並べた双体道祖神(像)が多い。他に美術館が多いことでも知られる。わさびが特産で、大王わさび農場で一日中遊べる。
安曇野市三郷では、朝晩の寒暖差が大きいこと、扇状地の地形を生かしてりんご栽培が盛んである。

ネットの話題: 安曇野

人気

新着

新着ブログ: 安曇野