Hello★Durian 〜ハロー★ドリアン〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-03-31 あなたが乗るから、わたしは走る。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

【2017.04.01 追記】

誠に勝手ながら、こちらと平行して投稿更新を行っている「アメーバブログ」への一本化を行うことにしました。

つきましては、「はてなダイアリー」での投稿更新はこの記事をもちまして終了させていただきます

お手数をおかけいたしますが、下記リンクからのご移動をお願いします。

http://ameblo.jp/iwasan1go/

==========

『日に日に暖かくなって、このまま春まっしぐらかなー?』


…なんて余裕で構えていたら、一瞬真冬に逆戻りしたかのような光景になったり…(´ヘ`;)

やっぱりこの時期は油断できないですねー。


週末以降はだいぶ春めいてくるらしいので、この機会にタイヤ交換してしまおうなんて人も多いのでは?

このまま雪解けが進んで、すんなり春を迎えてくれたら嬉しいですねー(笑)

==========

"出会い"があれば、"別れ"もある。


雪解けも進んで春の足音がようやく近づいてきた今日この頃…。

鉄道においても、この時期になるとそれを実感する出来事が多くなります


今年はJR東日本新幹線がさまざまな節目を迎えるということで話題となっています

そんなメモリアルイヤー真っ只中の25日(土)、久しぶりに乗客を乗せて秋田の地を駆け抜けた懐かしい列車がお目見えー(´▽`)

----------

秋田上野間を1往復した団体専用の臨時列車秋田新幹線開業20周年記念号」。

https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20170120-2.pdf

f:id:iwasan1go:20170325071201j:image

今回は、E3系秋田上野間を往復し、東京都内ではバスでの観光または自由行動が選べるツアー旅行という内容となっています

発売開始からあっという間に定員の280人に達したほどの人気ぶりで、当日も幅広い年齢層が懐かしのE3系での旅を楽しみました。


1997年3月22日秋田新幹線盛岡秋田間の開業とともに新たに開発されたE3系こまち」。

f:id:iwasan1go:20120214141209j:image

2013年3月から後継車両となるE6系への置換えが進められ、2014年3月をもって秋田新幹線での営業運転を終了。

ほとんどの編成は廃車されましたが、比較製造年が新しい一部の編成は東北新幹線やまびこ「なすの」として運行を続けています

また、山形新幹線「つばさ」転用されたり、「とれいゆつばさ」「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」に改造されたりした編成もあります

f:id:iwasan1go:20160925143445j:image


『なんだー、もう秋田では見られないのかぁ…』

…と少し寂しい思いをした皆さん、実はこまちカラーE3系は毎月1回以上秋田へ戻ってきているのをご存知ですか?


新幹線車両は、機器動作確認などを行う「交番検査」を概ね1か月程度を目安に実施することが義務づけられています

この検査基本的所属している車両基地で行うため、E3系はこの検査のためにわざわざ秋田へ"里帰り"しているのです。

活躍の場こそ東北新幹線内に限られていますが、運が良ければ秋田の地を走るE3系の姿を見ることができるかもしれませんねー♪

----------

20年となった22日(水)には、秋田駅9時12分発のこまち14号の発車にあわせて記念の出発式が行われました!

http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20170316-2.pdf

f:id:iwasan1go:20170322091214j:image

毎年7月に行われる土崎神明社祭の曳山行事で奏でられる「港ばやし」の演奏や、関係者によるくす玉割りなどで節目を祝いました。

f:id:iwasan1go:20170322090857j:image

1997年3月開業から20年。ビジネス観光などさまざまなシーンで利用され、延べ4,400万人を運んできた「こまち」。

最高速度開業当初の275km/hから320km/hに引き上げられ、秋田東京間の平均到達時間は4時間21分から3時間47分になりました。


さらに、秋田駅発車メロディー横手市出身シンガーソングライター高橋優楽曲明日はきっといい日になる」に変更。

D

てっきり新幹線ホームだけかと思っていましたが、在来線ホームも同じメロディーが流れるようです♪

----------

また、秋田大曲角館田沢湖雫石盛岡の各駅では「秋田新幹線開業20周年記念入場券」も発売されました♪

f:id:iwasan1go:20170329161912j:image

こまち歴史などが載った専用台紙に秋田駅盛岡駅間の6つの停車駅の入場券各1枚がセットになっています

合計1,800セット限定発売なので既に完売となっている可能性もありますが、もし残っていればぜひお求めくださいませー(*´∀`)


ちなみにこの入場券を買うために列に並んでいたらマスコミの餌食になることもあるようで…(笑)

美人記者さんに呼び止められて応じたら「テレビ東京ですけどー」だって秋田県民はまずリアルタイムで見れないわな←

f:id:iwasan1go:20170330222438p:image

一応テレ東サイトをのぞいてみたらインタビューの様子がバッチリ映されていましたw

それにしても、前日やった散髪が思いのほか不自然な仕上がりで"某国最高指導者"みたいな感じに…Σ(´Д`;)

----------

こまちとともに20周年の節目を迎えるのが五能線を走るジョイフルトレインリゾートしらかみ」。

http://www.jreast.co.jp/akita/gonosen/

f:id:iwasan1go:20160528124421j:image

日本海岩木山津軽平野の田園やリンゴ畑など風光明媚景色を楽しめるとあって、年間を通じて多くの観光客で賑わいます

運行開始時は1編成のみでしたが、のちに橅(ブナ)・くまげらの2編成も導入され、観光シーズンなどは最大3往復体制運行されます

f:id:iwasan1go:20160611132517j:image

青池とブナは、ディーゼルエンジン発電機蓄電池を併用し、燃料の消費量騒音排気ガスなどを低減させるシステム採用されています

いずれはすべての編成がハイブリット車両に切り替わるものと思われ、五能線の旅がよい快適なものになることが期待されます

----------

そして、久々のE3系登場で盛り上がった秋田ですが、来月にはたった1編成しかないあの名車が引退を迎えます…。

http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20170217-2.pdf

f:id:iwasan1go:20160807132228j:image

1968(昭和43)年に登場して以来、座席と寝台両方を兼ね備えた内装で全国各地で活躍した583系

いよいよ4月2日(日)に秋田湯沢間、8日に秋田弘前間を往復する臨時団体ツアー列車最後運転となります

半世紀にわたり日本鉄道網を支えてきた名列車最後の雄姿を沿線や駅で見届けてみませんか?

==========

3月もあっという間に過ぎて、どんどん春の足音も近づきつつあります

この春から進学、就職転職など新たな門出を迎える皆さんは心の準備できてますかね?(笑)


桜が開花したという話題も徐々に東日本の方でも聞こえてくるようになりました♪

来月は花見を楽しみつつ鉄道の旅を楽しめたらいいなぁーと思う今日この頃です( ̄∇ ̄*)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/iwasan1go/20170331

2017-03-21 夢を見るから、人生は輝く。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

3月もあっという間に半分が過ぎてしまった訳で…(笑)


何もなければあちこちで歩いて写真の1枚や2枚と行きたかったもののそうもいかず…。

何を隠そう、先月末あたりから14日連続勤務というなかなかブラックな状況だったものですから


そんなハード環境を乗り越えた久々の休日は、いつも通りのーんびり撮り鉄行脚へ(笑)

==========

まずは、1960年代から約1,400両以上が製造され、"特急代名詞"として全国各地で活躍した485系話題から…。


かつて特急北越」や「いなほ」などで活躍したJR新潟支社所属485系「R編成」。

新潟支社所属485系は、リニューアル工事で淡い青色基調の塗装に変更され、前面の構造も原型とは大きく異なります

最後まで定期列車として運行された新潟糸魚川間の快速列車も今月4日のダイヤ改正廃止され、このほど引退を迎えました。

http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/20170213485lastrun.pdf

ラストランはびゅう旅行商品団体列車として運行され、18日が新潟酒田間、19日が新潟直江津間で各日1往復。


…ということで、今回は羽越線運行されたラストランを追いかけてみました♪


485系3000番台(R28編成) 「ありがとう485系羽越の旅」号 (羽越本線 今川〜越後寒川間)

f:id:iwasan1go:20170318104034j:image

下りは雄大な日本海を望む高台から撮影。やはりいなほといえば日本海を眺めながらの旅が醍醐味ですからねー♪

有名な撮影ポイントだと数十人が集うほどの人気ぶりだったようですが、ここはかなり穴場で3人ほどでのんびり撮影できました(笑)


せっかくなので同じ地点で撮影した他の列車もまとめて…


羽越線北海道東北方面首都圏西日本方面を結ぶ貨物輸送重要路線。後ろが見えないほど長ーい編成でやってきます(笑)

E653系「いなほ」号 (羽越本線 今川〜越後寒川間)

f:id:iwasan1go:20170318095938j:image

485系の後継として活躍するE653系日本海と夕日をイメージした外観はすっかり羽越線代表する車両となりましたねー(´▽`)

キハ48形・キハ47形 825D普通列車 (羽越本線 今川〜越後寒川間)

f:id:iwasan1go:20170318105738j:image

電流方式が異なる関係気動車での運行となるこの区間。カラフルな車両に乗り込んでのんびり各駅停車の旅もいいですねー♪

485系きらきらうえつ」号 (羽越本線 今川〜越後寒川間)

f:id:iwasan1go:20170318113335j:image

一見新型車両に見えるものの実はこれも485系なんですよー。前面も側面も大きく改造されて原型が分からないほどです…(笑)

----------

485系3000番台(R28編成) 「ありがとう485系羽越の旅」号 (羽越本線 北余目砂越間)

f:id:iwasan1go:20170318142444j:image

下り日本海をバックにしたので上り鳥海山を…という計画でしたが、分厚い雲に隠れてしまいあえなく断念…(ノД`;)

酒田駅で折り返してきた上り列車は、6両編成がきれいに収まる北余目駅周辺のストレート区間撮影しました。


せっかくなので同じ地点で撮影した他の列車もまとめて…


キハ48系 228D普通列車 (羽越本線 北余目砂越間)

f:id:iwasan1go:20170318135822j:image

キハ110系 快速最上川」号 (羽越本線 北余目砂越間)

f:id:iwasan1go:20170318141112j:image

E653系「いなほ」号 (羽越本線 北余目砂越間)

f:id:iwasan1go:20170318143250j:image


ちなみに、『これで485系が姿を消す』という表現を使っているのを見かけますが…、実はまだ全廃された訳ではありません。

きらきらうえつ」をはじめ、盛岡地区の「ジパング」、高崎地区の「リゾートやまどり」などのジョイフルトレインも実は485系が原型。

f:id:iwasan1go:20160903100213j:image

デビューから半世紀経っても姿を変え未だ現役の車両が多数活躍! ただ耐用年数を考えるといずれは消えてしま運命なんですよね…(つД`)

----------

しまつつ去りゆくものがあれば、新たに生み出されるものもある訳で…。


男鹿線 EV-E801系ACCUM(アキュム) (天王船越間)

f:id:iwasan1go:20170308104327j:image

今月4日のダイヤ改正から運行開始となった男鹿線の新型車両EV-E801系 ACCUM(アキュム)」。

下り秋田駅8:43発と13:39発、上り男鹿10:24発と15:38発の1日2往復の運転となっています

秋田追分間は通常の電車と同じように架線から電気を取り入れ、架線のない追分男鹿間では蓄電池の力で走ります

車両の先頭部には「なまはげ」をデザインしたヘッドマークが取り付けられています。(当分の間取り付けとのこと)


車内はここ最近JR東日本近郊型電車のような印象。

f:id:iwasan1go:20170317085724j:image

LED照明が採用されており、シートは茶色基調とした落ち着いたデザインとなっています

優先席付近座席やつり革の色が異なり、床面には優先席であることが一目で分かる大きな表示が掲出されています

f:id:iwasan1go:20170317083546j:image

車両中央部トイレ付近の壁には液晶ディスプレイがあり、走行中の電気の流れなどの情報を表示しています


今のところ新型車両はこの1編成のみですが、今後順次現行のキハ40形・48形気動車から切り替わっていくことでしょう。

----------

さて、この春に大規模なリニューアル工事完了するJR秋田駅

http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20170221-1.pdf


中央改札口付近自由通路は、木材がふんだんに使われた壁面に変えられて落ち着いた雰囲気です(*´∀`)

f:id:iwasan1go:20170317083242j:image

通路を挟んで向かい合っていたみどりの窓口びゅうプラザがワンフロアに集約され利便性が向上。

びゅうプラザが抜けたスペースには、待合室、お土産店、観光案内所、コンビニなどが設置されました。


特に注目を集めていたのが駅そば「しらかみ庵」ですねー!

2009年6月新幹線ホームにあった店舗が閉店して以来約8年ぶりの"復活"となりました♪

f:id:iwasan1go:20170317115508j:image

「白神ネギ」や「白神豚」をトッピングしたメニュー稲庭うどんなど"ご当地色"を取り入れたメニューも揃います

20席ほどの店舗で昼時には店の外にまで行列ができるほどの混雑ぶり。しばらくは賑わいが続きそうですねー(*´ω`)


4月1日には西口建設中の立体駐車場スターバックスコーヒーオープン予定で、県都玄関口は大きく変わります

==========

ちょっと話題を変えてみて…((((o_ _)o


秋田アイドルグループpramoからまた一人夢に向かって旅立ちました…。

f:id:iwasan1go:20161119180737j:image

創設メンバーとして約6年間活動してきた「KOMUGI」がこのほど卒業を迎えました。

http://ameblo.jp/welcom-smile/


今月12日、にぎわい交流AU(あう)で開催された卒業ライブ『Departure』には県内から多くのファンが詰め掛けました♪

有終の美を飾ろうと全力投球なパフォーマンス。それに応えるようにファンも大いに盛り上がっていました(´∀`)


ライブの模様は公式ホームページにて掲載しております

http://pramo-akita.com/news1/11031/

http://pramo-akita.com/news1/11045/


KOMUGIの卒業で創設時のメンバーがいなくなり、YUUKA・AYAKA・CHIKAKO・AOBAの4人体制となる"新生"pramo

YUUKA体調不良で急きょパート割などが変更されたものの、すぐさま対応できる彼女たちのポテンシャルには驚くばかり。

特に受験休みから復帰したばかりのAYAKAとCHIKAKOは、約半年というブランクを感じさせないぐらいの仕上がりでしたねー!


pramoという"ブランド"を守っていく意志が後輩たちへ確実に受け継がれていることを実感したライブでもありました♪

----------

応援してくれるファンを分け隔て無く、かつ誰にでもとびきりの笑顔で接する。

本当にpramo応援してくれるすべてのファンを大切にする姿勢がひしひしと伝わってくるんですよねー♪


最年長メンバーとして、常に最高のパフォーマンスを届けるため努力を惜しまなかったこむたん。

今回の卒業ライブも、積み重ねてきた頑張りがじわじわと伝わってくるパフォーマンスでした(´∀`)


こむたんを初めて見たのは、デビューから半年ぐらい経ったあたりのイベントだったかと…。

はじめの頃は「お疲れさまー」とか「頑張ってねー」とかぐらいで、お互いに会話がぎこちなかったですわ…(´Д`;)←

でも段々と話のネタ(?)も増えて、久々にイベントへお邪魔すると自分の忙しさを気にかけてくれることもありました。


「小さい頃からの夢だった歌手を目指す」と壇上で力強く宣言したKOMUGI。

今回のライブでもソロ歌唱する場面がありましたが、透明感のある歌声にすっかり魅了されてしまいました。

からは新しい道を進むことになりますが、pramo活動で培った経験を糧に頑張って欲しいですねー♪


6年間本当にお疲れ様でした!

そしてさらなる活躍を"pramonista"のみんなが応援してますよーヽ(*´∀`)ノ

==========

3月もあっという間に過ぎて、どんどん春の足音も近づきつつあります

就職や進学、転職、異動などで新しいスタートを切る人も多いことでしょうねー!


だいぶ雪解けも進んで運転するには助かるんですけど、撮り鉄的にはちょっと寂しいですかねー?

日中と朝晩の寒暖差で体調を崩しやすい時期が続きますが、穏やかな春の訪れを期待して過ごしましょう!


今月も穏やかに過ごしたいけどつい愚痴がこぼれそうな気がするなぁ…(*´Д`)=3

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/iwasan1go/20170321

2017-02-22 冬が魅せる、至福のひととき。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

あっという間に2月も過ぎてゆく…。

何かやり残したことあるような無いような…(´・ω・)←


明日休みかぁ…?

よしっ! 日帰りだけど秋葉原暇つぶしてくるかぁーw』


今考えてみると、なんて無謀な休日を過ごしてたんだと思う今日この頃(笑)

あの頃は『日帰りで秋田東京を往復するぐらい余裕ー♪』と言えるぐらい疲れ知らずだったのに←


今月後半は休日出勤ばかりでいつ休んだのか忘れそうなぐらいの忙しさ。

…ということで、最近連休でもない限り遠出しなくなったズボラ野郎モードでお送りします

==========

しばらく雨や雪が続いた秋田ですが、久々に落ち着いた天候だったのでぶらっと田沢湖線沿線へ…。


秋田新幹線 E6系こまち」 (田沢湖線 鑓見内羽後四ツ屋間)

f:id:iwasan1go:20170222154341j:image

秋田新幹線 E6系こまち」 (田沢湖線 羽後長野鑓見内間)

f:id:iwasan1go:20170222153047j:image


ほんとはもう少し山の方に行った方が雪深さを演出できるんですが、怖気づいて平野部でやり過ごすズボラぶり←

比較的雪が多い県南部ですが、この冬は気温が高い日もあったせいか雪解けが進み心なしか少ない印象ですねー。

----------

さて、去就が注目されていたあの"大ベテラン"の列車がいよいよ最後の時を迎えることになりました…。


JR東日本に1編成のみ所属する特急電車583系」が、4月8日(土)の運転最後引退することを同社が発表しました。

http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20170217-2.pdf

f:id:iwasan1go:20160807132228j:image

1968(昭和43)年に登場した583系は、座席と寝台両方を兼ね備えた内装で、直流交流電流わず走行できるため全国各地で活躍

かつては九州北陸地方上野駅を発着する東北方面への寝台特急や昼行特急など、多くの路線で昼夜を問わず使用されました。

車両老朽化が進んだことで徐々に数を減らし、今では秋田支社に残る1編成が臨時列車などで運転されるのみとなっていました。


4月2日(日)に秋田湯沢間、8日に秋田弘前間を臨時団体ツアー列車として運行するのが最後です。(※当日のツアーは全行程完売)

なお、最終運転日となる8日には「『ありがとう583系ラストラン記念入場券」が秋田駅弘前駅で各駅1,000セット限定で発売されます

さらに"ラストラン"後の翌9日(日)には、秋田駅2番線で583系車両展示会が行われます


半世紀にわたり日本鉄道網を支えてきた名列車最後の雄姿を沿線や駅で見届けてみませんか?

==========

さてさて、せっかく冬真っ盛りなんで秋田が誇る"冬の風物詩"を堪能した話題でも…。


今月に入ってから県内各地で冬祭りが開催されていますが、合間を縫って横手市の「かまくら」へお邪魔してみました♪

http://www.yokotekamakura.com/


約450年の歴史を誇る横手代表するお祭りで、その名は国内はもちろん海外まで知られるほどになりました。

この冬は例年より雪が少なく気温の高い状態が続きましたが、ここ最近の降雪で持ち直して無事に開催されました!


最終日かつ平日でしたが、朝から穏やかな天候に恵まれたこともあってたくさんの観光客で賑わっていました(*´∀`)

人々の言葉に耳を傾けると、明らかに日本語とは違う言葉も飛び交うほど外国から観光客が非常に多かったです(笑)


高さ約3m、直径約3.5〜4mもあるかまくら

今でこそ観光要素の多いかまくらは、もともとは水神様に家内安全や五穀豊穣を祈願する小正月行事です。

f:id:iwasan1go:20170216190258j:image

横手市観光協会が認定した「かまくら職人」を中心に、地元町内会企業などが手掛けた約100基のかまくらが各所に並んでいます

真っ白な雪景色に立つかまくらから漏れる明かりが、何とも温かみのある幻想的な雰囲気を醸し出していますね♪

----------

まずは市民の憩いの場「横手公園」へ。

f:id:iwasan1go:20170216192621j:image

横手シンボル横手城」のお膝元に立派なかまくらがいくつも作られていました♪

特にお城をバックにかまくらが並ぶ光景は、歴史情緒が漂う独特な雰囲気を楽しめます

市内に点在する各会場の中でも大変人気な撮影スポットで、日没から場所取りする人もいるそうです。

----------

続いて二葉町会場へ。

f:id:iwasan1go:20170216190612j:image

今や市内各地で見られるかまくらはこの地区から始まったとされる、いわば【かまくら発祥の地】です。

他の会場に比べると大きな混雑がない穴場なスポットで、ゆっくり散策することができます

----------

横手川にかかる蛇の崎橋のたもとには数えきれないぐらいの「ミニかまくら」がお目見え!

f:id:iwasan1go:20170216185150j:image

散策がてらに橋の上から見るのもいいですが、河川敷下りて間近で見るのもおすすめです♪

時折吹く風で揺らめくろうろくの火がとても温かく感じられました(*´Д`*)

----------

横手小学校グラウンドでもミニかまくらがずらーっと並ぶ光景が楽しめます

f:id:iwasan1go:20170216184048j:image

雪で覆われたグラウンド一面に、生徒さんが作った多数のミニかまくらがあります

中をよーく見ると、作った生徒さんの名前が書かれたプレートが一つ一つにつけられていました。


ミニかまくらが広まった背景には、自動車など交通量の増加が大きく影響しています

それまで道路脇にたくさん作られていたかまくらの多くは、交通量の増加で減少していきました。

そこで昭和40年代頃から場所を取らないミニかまくらが徐々に増えて、今では本家かまくらと並んで人気を集めています

----------

最後羽黒町武家屋敷通りです。

f:id:iwasan1go:20170216174825j:image

よく新聞記事などで紹介される写真はここの通りで撮影されたものが多いかもしれませんねー。


子供たちが「はいってたんせ」(入ってください)と訪れた観光客を招き入れる光景があちこちで見られます

かまくらにまつられている"水神様"にお賽銭を納めると、子供たちが甘酒やおもちを振舞ってくれます(*´ー`*)

f:id:iwasan1go:20170216174551j:image

この日も日が暮れると冷え込んできましたが、かまくらの中には心温まる光景が広がっていました♪

==========

暦の上では春に入った訳ですが、雪国にとってはまだまだ気が抜けない日が続きます

雪が降ったり雨が降ったり、暖かくなったり寒くなったり、そろそろ固定してくれませんかね?←


とりあえず、もう少しホット話題をお届けできるよう頑張りますわ…(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/iwasan1go/20170222

2017-02-11 ぽかぽかの、冬にする。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

まだ知らないことがあった、という幸福

ふるさと以外に、帰りたい風景を持っていますか?

f:id:iwasan1go:20170204150907j:image

----------

ほんと最近出歩く機会がめっきり減ってしまって。

計画かつ行き当たりばったりな旅ばかりしてきたのが嘘のよう…(*´Д`)=3←


それもあって、今月に入っても秋田市内かその周辺でしか行動してないんですよねー。

徐々にインドア派への転身が進んでいるかもしれないです←

==========

ちょっと塞ぎがちな気持ちを少しでも晴らすには、やっぱり趣味に走るしかないですわ←


…ということで、近場でひたすら撮り鉄して時間つぶししてましたw、

自分休みのときに限ってどんよりとした空模様。今年もあまり運を味方にできそうにないです…(汗)


由利高原鉄道鳥海山ろく線 YR-3001形+YR-3003形+YR-3002形 (曲沢前郷)

f:id:iwasan1go:20170211160930j:image

この日は終点矢島駅周辺で開催されたイベントに合わせて無料で乗車できる列車を2往復運行しました。

【上】YR-3001形+YR-3003形+YR-3002形

【下】YR-2001形+YR-2002形

f:id:iwasan1go:20170211160935j:image

f:id:iwasan1go:20170211161340j:image

山ろく線にとって一年で最も乗車率が高いとあって、同社が所有する5両すべてを投入したようです。

羽後本荘駅で折り返してきた列車の窓ガラスが曇ったままだったので相当混雑していたことが伺えます(笑)


秋田内陸縦貫鉄道 AN-8809形 (角館羽後太田)

f:id:iwasan1go:20170206110524j:image

ネット雑誌などで見かける機会の多い内陸線と茅葺き屋根コラボ

実は今までどこにあるのか分からずにいたのですが、意外と角館駅の近くだったことに驚きました…(^^;)

雪が降りしきる中ギリギリハクチョウの群れがいるポイントを見つけて撮影することができました。


やっぱり雪が積もってしまうと夏場に比べて撮影できる場所が限られてきてしまます…。

ただ、有名なスポットだと雪を踏み固めた跡や三脚を立てた跡が残ってるので案外助かりますけど(笑)

----------

ふと、テレ朝アメトーーク放送されていた"鉄道芸人"の回で出た【架空鉄】というジャンルに触発され…

自分も思いっきり地元鉄道が欲しいというわがままだけで作ってみましたw


十文字駅とみなせ菅生(すごう)駅を結ぶ【いなかわ田園鉄道(愛称皆瀬川みのりライン)】。

f:id:iwasan1go:20170211213534p:image

かつて宮城にあったローカル線連想させるネーミングですがその辺はお許しくださいませ(笑)

湯沢市東部稲川・皆瀬地区を走るにもかかわらず、起点は湯沢ではなく十文字へ抜けるという思わせぶり←


一応時刻表も作ってみましたが、需要が見込める朝夕は1時間おき、日中は2時間おきという無難な設定。

気持ちとしては稲庭折り返しの便があってもいいかなーとは思いましたが、車両酷使しない優しさも忘れずに←

f:id:iwasan1go:20170211213529p:image

まぁー沿線人口を考えても"万年赤字路線"という汚名を払拭することは極めて難しいとは思いますが…(爆)

==========

ちょっと話題を変えてみて…((((o_ _)o


秋田アイドルグループpramoからまた一人夢に向かって旅立ちました…。

f:id:iwasan1go:20170129142306j:image

創設メンバーとして約6年間活動してきた「MAYU」がこのほど卒業を迎えました。


今月5日に秋田県児童会館で開催された卒業ライブ『exist -MAYU LAST LIVE-』。

最後パフォーマンスを目に焼き付けようと県内から多くのファンが詰め掛けました♪

有終の美を飾ろうと全力投球なパフォーマンス。それに応えるようにファンも大いに盛り上がっていました(´∀`)

f:id:iwasan1go:20170205142942j:image

ライブの模様は公式ホームページにて掲載しております

http://pramo-akita.com/news1/10591/


『見えないところで、人一倍努力している。』

応援してくれるファンを分け隔て無く、かつ誰にでもとびきりの笑顔で接する。

本当にpramo応援してくれるすべてのファンを大切にする姿勢がひしひしと伝わってくるんですよねー♪

最年長としてメンバーをしっかりまとめ、常に最高のパフォーマンスを届けるため努力を惜しまなかったまーちゃん

今回の卒業ライブも、積み重ねてきた頑張りがじわじわと伝わってくるパフォーマンスでした(´∀`)


まーちゃんを初めて見たのは、デビューから半年ぐらい経ったあたりのイベントだったかと…。

あの頃はまだ駆け出しという雰囲気が抜けず、pramoファンちょっとぎこちない感じでしたかね?(笑)

それが今や、イベントともなればたくさんのファン家族連れなどが集まるほど成長しましたねー。


4月からは新しい道を進むことになりますが、pramo活動で培った経験を糧に頑張って欲しいですねー♪

6年間本当にお疲れ様でした! そしてさらなる活躍を"pramonista"のみんなが応援してますよーヽ(*´∀`)ノ

f:id:iwasan1go:20170205144540j:image

----------

なお、同じく1期生で今年度卒業となるKOMUGIの卒業ライブ3月12日(日)に開催されることになりました!

詳しい日時や会場、イベント内容などは公式ホームページ掲載される予定です。


http://pramo-akita.com/

==========

2月に入ってからも目まぐるしく天候が変わる日々が続いてますねー。

比較的雪が少ない秋田市内も、ここ最近ドカッとまとめて降ることが多いので体が追い付きません…


そんな寒さ厳しい秋田ですが、各地で冬まつりが行われたくさんの観光客で賑わっています

美しい光景に癒されていると少しは寒さを忘れて気も紛れるかもしれませんねー♪

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/iwasan1go/20170211

2017-01-31 駆け抜ける喜びを胸に… このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

冬だからといって閉じこもってばかりで退屈じゃないですか?

この季節にしか味わえない感動を見つけに一歩踏み出してみましょう♪


…と言っておきながら、自分は部屋でゴロゴロしてることも多かった訳で←

----------

比較的穏やかな月の前半とは一転して後半はこの時期らしい天候になりましたねー。


東京オートサロン】という今月最大の目的が終わって一気に外出する気持ちがすっ飛んだ今日この頃…。

楽しみにしていた目的が終わってしまうと、出かけたくなるきっかけが恐ろしいほど見つからないんですよね←

==========

休みでもなかなか天気に恵まれずにいましたが、貴重な晴れ間はちゃっかり撮り鉄に出かける訳で…(笑)


やってきたのは羽後境駅近くの船岡踏切。何故ここなのかは後程…。

f:id:iwasan1go:20170120132148j:image

"お目当ての列車"が来る前におなじみのE6系こまちがやってきたので練習がてらパチリ。

やっぱり冬場は雪が反射するせいか、横の灰色ラインがよりくっきり見える気がしますねー(*´Д`)


そうこうしているうちに狙っていた列車が通過ー。

f:id:iwasan1go:20170120133239j:image

お目当ての列車は、今年春から男鹿線運行を開始する予定の新型蓄電池車両EV-E801系」です!

走行性能などを検証する試運転奥羽線を中心に行われていたので、ちょっと沿線に繰り出してみました。

http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20161202-1.pdf


秋田駅を出発した試運転列車羽後境駅で折り返すとのことで、停車中の様子を撮影

f:id:iwasan1go:20170116134236j:image

2両編成で、下り側の車両は赤い塗装、上り側の車両は青い塗装で男鹿なまはげイメージしたデザインとなっています

昨年10月JR九州運行を開始した蓄電池列車「BEC819系(愛称DENCHA)」がベース構造寒冷地対応仕様を施しています


車を走らせて次なる撮影スポット四ツ小屋駅近くの小阿地(こあじ)踏切へ移動してきました。

緩やかなカーブを描いて走ってくる列車を狙える隠れた撮影スポットです。

f:id:iwasan1go:20170120120940j:image

E6系の登場時は『ほんと真っ赤だなぁー』なんて印象でしたが、こちらの蓄電池列車の方がより赤が強いですよねー(笑)

----------

さて、今年はJR東日本新幹線がさまざまな節目を迎えるということで話題となっています

身近なものだと、秋田新幹線こまち」が今年3月開業20周年を迎えます


それを記念して、3月25日に【秋田新幹線開業20周年記念号】と銘打ったイベント列車が一日限定運行されます

http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20170120-2.pdf

f:id:iwasan1go:20131121122234j:image

2014年3月をもってその役目をE6系に譲って秋田から姿を消したE3系が、久々に秋田の地を駆け抜けることになります

E3系秋田東京間を往復し、東京都内ではバスでの観光または自由行動が選べるツアー旅行という内容だそうです。

ちなみにこのツアー、発売開始からあっという間に募集定員の280人に到達したそうで"完売御礼"とのこと…Σヾ(゚Д゚)ノ


残念ながら申し込みに間に合わなかった方も、当日はぜひ沿線で懐かしさを味わってみてはいかがですか?

----------

明るい話題の一方で、"引退説"がささやかれているのが国鉄時代から活躍する古参583系」。

かつて日本各地で走っていた寝台も座席も備わった万能列車も、今や活躍の場も少なくなり秋田に1編成が残るのみ…。


先週は団体専用列車として秋田から太平洋側をひた走り関西方面へ往復しましたが、どうもこれがラストランではないかというのです。

そんな噂を聞きつけたのか、秋田へ戻ってくる際の沿線には夜にも関わらずたくさんの撮り鉄スタンバイ。なお自分もその一人←

f:id:iwasan1go:20170129200945j:image

確かに、舞浜伊豆へ向かうツアーには決まって583系使用されていたのに、今年から別の車両になるという怪しい動きがあるのも事実…。

しかし、長年活躍してきた"功労者"に対して何のお別れイベントもなく廃車になるというのも考えにくいんですよねー。


混乱を避けるためにあえてお別れの機会を設けなかったということも考えられますが、確たる情報も無いのでどうにもこうにも…(´-ω-`;)

==========

ずーっと鉄な話題ばっかりなんで、最後ぐらいはご無沙汰だったご当地アイドル話題でも…(笑)


29日にエリアかいちのにぎわい交流館にて開催された「pramo」のライブイベントにお邪魔してみました。

http://pramo-akita.com/

f:id:iwasan1go:20170129143527j:image

今年に入ってからあちこちでイベントはやっていたみたいですが、なかなか行けずじまいでようやく今年初参戦←

メンバーからすっかり"レアキャラ扱い"されるかと思いきやそんなこともなく…(笑)

アイドルイベントにいようが、野球観戦の場にいようが、自分職業で覚えられている特殊人間みたいですw


結成時から約6年間にわたり活動を続けてきたMAYUは、この日を含めステージはあと2回となりました。

f:id:iwasan1go:20170129142306j:image

なお、2月5日(日)に秋田県児童会館で開催される卒業ライブ「exist -MAYU LAST LIVE-」がMAYU最後ステージとなります

pramoを支え続け、より大きく成長させようと駆け抜けてきたまーちゃんが全力で挑むラストステージに乞うご期待♪

http://pramo-akita.com/news1/10341/


自分最後の勇姿を間近で見届けたい気持ちもありますが、当日仕事になるかどうか微妙なところなんですよね…(´・ω・)

f:id:iwasan1go:20170129142439j:image

同い年のKOMUGIも3月卒業して1期生がいなくなる今年はpramoにとって大きな節目となりそうですねー。

==========

…ということで、つかみどころもなく淡々とお送りしてまいりました(笑)


1月も穏やかに終わりそうだなぁ〜』…なんて考えもここまで…。

暖かくなったかと思えば急に冷え込んだりと、めまぐるしく天候が変わって体がついていかないことが多いですね…。

この先しばらくはずら〜っと天気予報に雪マークが並んで、厳しい冬はまだまだ続くようです…(*´Д`)=3

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/iwasan1go/20170131