ナンダロウアヤシゲな日々

◎この日記は、ライター・編集者の南陀楼綾繁が書いています。
◎新刊『町を歩いて本のなかへ』(原書房)発売中です。
◎著書『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)、『谷根千ちいさなお店散歩』(WAVE出版)、『小説検定』(新潮文庫)、『ほんほん本の旅あるき』(産業編集センター)、『路上派遊書日記』(右文書院)、『ナンダロウアヤシゲな日々』(無明舎出版)、『老舗の流儀 戦後六十年あの本の新聞広告』(とうこう・あい監修、幻冬舎メディアコンサルティング)、編著『チェコのマッチラベル』(ピエ・ブックス)、共著『ミニコミ魂』(晶文社)。
◎ご感想・ご連絡は南陀楼綾繁 まで。
◎「不忍ブックストリートの一箱古本市」は毎年春に開催します。
詳細は不忍ブックストリート公式ホームページもしくは、しのばずくん便りをご覧ください。
2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2015 | 11 |
2017 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2384134

2011-08-26 明日からあいおい!&子ども一箱古本市店主紹介

いよいよ明日から第2回「あいおい古本まつり」開催です。気鋭の古書店14店による古本日に加えて、トーク、ワークショップ展覧会ライブなど盛りだくさんのイベントを用意して皆様をお待ちします。前日でも予約いただくほうがありがたいですが、当日参加もできます。ぜひ足を運んでください。


で、遅くなりました! 28日(日)13:00〜16:00にあいおい文庫で開催される「子ども一箱古本市」の店主さんを紹介しますあいおいサイトにも掲載します。どれも楽しそうな本屋さんですね。当日は、たくさんのお客さんのお越しをお待ちします。ぜひ、かわいい店長さんに話しかけてくださいね。


★アッキ文庫

六年前、「ぽこん」と地球に生まれてきた「明紀」(アッキ)です。ママやパパのお話何となく分かり始めてから、夢中で読んできた「僕の本たち」を集めてみました!ちっちゃなお友達に読んでもらえたら嬉しいな!


つぐみこぶんこ

絵本子どもの本(岩波少年文庫など)を売ります手作りポストカードも売る予定です。遊びに来て下さい。

http://twitter.com/#!/bunbun_thrush


★ほんのみせ しろくま

パパしろくまが読んだ本と、読んだふりをしている本を持っていきます。中公・ちくま・福武とかの文庫が多いみたいです。店長しろくまガール(5歳)の処理能力の都合で、ぜんぶ100円です。おつり間違えません。


★本の扉

本屋さんでなかなか売ってない本もあります美容師さん、ヘアデザイナーになりたい人、すでになってる人も必見!

http://gorgonzolapenne.blog10.fc2.com/


★BOOKSきょうだい(兄妹)

兄(9歳)が店長、妹(5歳)が副店長古本市デビュー絵本児童書、横溝ジュヴナイルなど絶版文庫雑貨、そして兄妹の手づくり看板も箱に彩りを添え、安価で販売します。兄妹、現在接客特訓中。乞うご期待!


★かかさんbooks

赤ちゃん子育て関係の本をメインに。あとは趣味の本を気の向くままに。絵本ファミリア古着も用意します


★ほんのほんや

憧れてたお店やさんをはじめてするので、僕はずっとワクワクしてます。本が売れたら僕はお金持ちになるので、それがうれしいです。絵本ママの本、パパの本を売ります。本いがいもお楽しみを売ります。買いにきてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20110826

2011-08-24 2011年9〜12月のブックイベント一覧(暫定版)

気が付けば今年も、全国各地で一箱古本市などのブックイベントが行なわれています。そのいくつかには自分でも参加していますが、フォローしきれてないものも多いです。ブログでの紹介もつい怠ってしまっています。そこで、8月末以降に開催されるイベントの日時、場所だけの簡単な情報を下記にまとめておきます。雨天順延などの情報などは書いてないので、詳しくはリンク先のサイトブログツイッターをご参照ください。


自分パソコンの動作が極端に遅いため、関係者から情報提供していただきました。感謝ます。それでもまだ抜けは多いと思います。開催することは聞いていても、情報が確定してないものもあります


主宰者の方にお願い。情報に間違いがあれば、コメントあるいはメールでご教示ください。ツイッター(@kawasusu)でのご教示も歓迎します。また、この一覧に漏れているイベントも同様にお知らせください。なるべく書式を合わせてもらえると助かります。随時訂正していきます。よろしくお願いします


それにしても4カ月間で18カ所とは、不忍の一箱が始まった2005年の頃を思うと、ものすごい増え方です。何だか感慨深いです。【9月12日追記・30か所を超えました】


東京8月27日(土)、28日(日) あいおい古本まつりあいおいブックラボ) 相生の里(中央区佃)

http://aioibooklabo.com/   @booklabo


長野】9月〜10月の週末  高遠・週末本の町(高遠ブックフェスティバル) 長野県伊那市

http://takatobookfestival.org/  @takatobookfes


北海道9月3日(土)〜11日(日) 札幌ブックフェス  札幌市内各所

http://sapporobookfes.web.fc2.com/  @sapporobookfes


栃木9月3日(土)、4日(日) とちぎ一箱古本市 例幣使街道沿い(栃木市

http://ameblo.jp/tochigi-hitohako/  @FuruhonTochigi


新潟9月4日(日)、10月9日(日)  BarBookBoxの本箱ツアー  hickory03travelers(新潟古町商店街

http://ameblo.jp/barbookbo  @barbookbox


奈良9月11日(日) 大門玉手箱 初宮神社奈良市鍋屋町)

http://tamatehako.exblog.jp/


【京都】9月16日(金)〜25日(日)  古本フェス@トリペル  古本マンガカフェ・トリペル(京都市上京区

http://tripel.blog2.fc2.com/  @tripel_kyoto


北海道9月17日(土)、18日(日) 一箱古本市in大谷地 くすみ書房大谷地店前(札幌市厚別区

http://www.kusumishobou.jp/


神奈川9月17日(土) ドッキリヤミ市一箱古本市 六角橋商店街 

http://www.rokkakubashi.jp/  @rokkakubashi1


東京9月18日(日) 鬼子母神通りみちくさ市わめぞ) 雑司が谷鬼子母神通り

http://kmstreet.exblog.jp/  @team_wamezo


新潟9月19日(月・祝) 一箱古本市@堀出神社  堀出神社境内(新津本町

http://eishindo.blog88.fc2.com/  @eishindo


神奈川9月23日(金・祝)、24日(土) かまくらブックフェスタ  

KAYA gallery+studio鎌倉市大町

http://d.hatena.ne.jp/kamakura_bf/


長野9月23日(金・祝)  長野門前古本市  KANEMATSUほか(長野市) 

http://www.yureki-shobo.com


愛知9月24日(土)、25日(日) FURUHONストリート in 犬山 一箱古本市  下本町アーケード犬山市

http://ameblo.jp/itutubabunko/entry-11006265567.html


青森10月8日(土)、9日(日)  一箱古本市  王余魚沢〔かれいざわ〕倶楽部(青森市・旧王余魚沢小学校

http://www.kareizawa-club.com/?p=658


東京10月8日(土)  秋も一箱古本市不忍ブックストリート) 谷中・根津・千駄木の数カ所

http://d.hatena.ne.jp/seishubu/  @hitohako


長野10月9日(日)、10日(月祝)  信濃追分ホンモノ市(追分コロニー)  「油や」ギャラリー軽井沢

http://www11.plala.or.jp/colony/index.html  @ow_colony


【京都】10月9日(日)、10日(月祝)  メリーゴーランドKYOTO小さな古本市   子どもの本専門店メリーゴーランドKYOTO京都市下京区

http://junzizi.exblog.jp/ @mgr_kyoto


福島10月9日(日)、10日(月祝)  本の路地裏  うつわと雑貨うさぎや福島市

http://fuwariusagi.jugem.jp/  @honno_rojiura


山形10月9日(日) 一箱古本市山形  山形市民会館屋外広場

http://bookyamagata.jugem.jp/


群馬10月15日(土)、16日(日) Book-nick in the Forest 2011 本とコーヒー麦小舎(北軽井沢

http://book-nick.mugikoya.com/ @mugikoya


新潟10月16日(日)  一箱古本市inオギノ通り祭(ニイガタブックライト)  オギノ通り新潟市中央区

http://niigatabooklight.com  @ngt_booklight


宮城10月22日(土)、23日(日)  一箱本送り隊 塩竈ブックエイド  ふれあいエスプ塩竃ほか(塩竃市)

http://honokuri.exblog.jp/  @honokuritai


長野10月22日(土)、23日(日)  まちとしょテラ一箱古本市  かんてんぱぱショップ小布施店(小布施町

http://machitoshoterrasow.com/hitohako.html  @OBUSERHYTHM


佐賀10月22日(土)、23日(日) BOOKマルシェ佐賀2011 わいわい!!コンテナほか(佐賀市内)  book-marche.com @BOOKMARCHE_SAGA


東京10月22日(土) ふるほん日和  鳩の街通り商店街墨田区向島

http://furuhonbiyori.seesaa.net/  @furuhonbiyori


広島10月22日(土)  宮島ブックトレイル  宮島町家通り(廿日市市宮島町

http://booktrail.tumblr.com/


秋田10月23日(日)  美郷古本市  清水の里ふれあいいきいきサロンまめだ屋(美郷町六郷)

http://ichi.bricolab.net/


愛知10月29日(土)、30日(日) プチ一箱古本市 in 覚王山参道ミュージアム(ブックマークナゴヤ) 覚王山商店街名古屋市千種区

http://www.bookmark-ngy.com/  @BOOKMARK_NAGOYA


山梨10月29日(土)、30日(日) 本町本ずらウォーク   本町月江寺ミリオン通り界隈(富士吉田市下吉田


千葉10月29日(土)  一箱古本市(本toちば) 船橋市本町通り商店街

http://www.bookchiba.com/


広島10月30日(日) くれBookStreet2011・一箱古本市  中央公園こもれび広場」(広島県呉市中央) 

http://www.kurebook.blog111.fc2.com  @kureBookStreet


東京10月30日(日) 東京野球ブックフェア  相生の里(中央区月島

http://yakyubookfair.com/  @yakyubookfair


福岡11月3日(木・祝)けやき通り一箱古本市ブックオカ) けやき通り福岡市中央区

http://www.bookuoka.com/  @bookuoka

ブックオカ10月20日(木)〜11月20日(日)開催


岐阜11月3日(木・祝) 本の街かがみはら・秋のブックフェスティバル  各務原市中央図書館周辺(各務原市

http://www.city.kakamigahara.lg.jp/honnomachi/index.html


鳥取11月3日(木・祝)  米子・まちなか一箱古本市  今井書店錦町店(米子市

http://yhitohako.exblog.jp/


広島11月5日(土)、6日(日) ブックスひろしま2011 広島市まちづくり市民交流プラザほか(広島市中区袋町) 

http://blog.livedoor.jp/okonomibonh/   @bookshiroshima


栃木11月5日(土)、6日(日)  オリオン一箱古本市  オリオン通り曲師町商店街宇都宮市

http://orionbook.exblog.jp/


福岡11月6日(日) 一箱古本市春日市図書館) 春日市ふれあい文化センター前庭

http://www.library.city.kasuga.fukuoka.jp/hp/


北海道11月6日(日) ゆるやかブックフェスタ  道の駅しゃり斜里町

http://sir-etok-note.jugem.jp/  @siretoknote


新潟11月6日(日) 秋葉一箱古本市  堀出神社境内(新津本町

http://eishindo.blog88.fc2.com/  @eishindo


東京11月12日(土)、13日(日) 本の楽市  庚申文化会館ほか(杉並区高円寺

http://rakuichi.collabonet-project.com/


神奈川11月19日(土)  はやま一箱古本市  一色会館(葉山町一色)

http://blogs.yahoo.co.jp/coro20_01


長崎11月20日(日)  一箱古本市大村で  長崎街道松原宿(大村市松原本町

http://omurabook.exblog.jp/


石川11月23日(水、祝) 珠洲2011秋の一箱古本市  永禅寺(珠洲市


大分11月23日(水・祝)〜27日(日)  ブック・フェスタ・ベップ  別府市内各所

http://bookfestabeppu.blogspot.com/  @BOOK_FESTA2011

一箱古本市は27日(日)


【京都】11月26日(土)  天神さんで一箱古本市  長岡天満宮境内(長岡京市

http://suirenndou.exblog.jp/


東京12月16日(金)〜18日(日)  第2回冬の店内ミニ古本市 古本 石英書房北区田端http://d.hatena.ne.jp/cloudy23/

tundowtundow 2011/08/27 06:31 つん堂です。ブログにも書きましたが、長野の追分コロニーさんが運営する油屋で10月9日、10日と古本市をやるようです。本以外のものも多いようですが、前回1回目は、けっこう本も売れたそうです。不忍の翌日なので、日程的にはきついのですが、ちょっと見に行ってこようかと考えています。

2011-08-19 あいおい古本まつりまであと1週間

第2回「あいおい古本まつり」の各イベントは、絶賛予約受付中です。……と云いたいところですが、もっともっと予約がほしいところです。当日にならないと予定の立たない方もいらっしゃるとは思うのですが、ドタキャンされても(あまり嬉しくはないのですが)予約で埋まっている状況を見て安心したい、というのがイベント主催者の本音であります毎日、予約メールを確認して一喜一憂しております。すでに1つご予約くださってるかたも、別の企画の予約をして下されば嬉しいです。なるべくたくさんの方に会場に来ていていただくことが、イベント部門の使命です。今後、あいおい古本まつりを長く続けていくために、ぜひご協力をお願いします


子ども一箱古本市の店主さんもまだ受付中です。前回は吹きさらしの野外でご迷惑おかけしましたが、今回はあいおい文庫の中です。また、お子さんの集中力考慮して、1時間開催時間を短くしています。ご近所の方でも、遠方からでも結構です(荷物は郵送でもお預かりします)。夏休み最後の日曜を、家族で楽しみませんか。


イベントの詳細は下記サイトにあります。よろしくよろしくお願いしますhttp://aioibooklabo.com/


なお、24日(水)22時〜 の「不忍ブックストリーム」は、あいおい古本まつりのチラシのイラストを描かれた牧野伊三夫さん、デザインしてくれた林舞さん(ぱんとたまねぎ)をゲストに迎えて、あいおい古本まつり直前特集をお送りします。お楽しみに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20110819

2011-08-11 秋も一箱古本市とかまくらブックフェスフェスタ

告知遅れてしまいましたが、不忍ブックストリートの「秋も一箱古本市」、今年も開催します

秋も一箱古本市2011

2011年10月8日(土) 11:00〜16:00(終了時刻は予定)

雨天の場合は9日(日)に順延

詳細は青秋部のブログhttp://d.hatena.ne.jp/seishubu/)で発表されます。春とは違う、若いメンバーによる秋ならではの一箱古本市、楽しみです。


次に「かまくらブックフェスタ」のお知らせ。

http://d.hatena.ne.jp/kamakura_bf/

第1回のテーマ鎌倉、ことば、活版印刷」。ユニークな活動をしている出版社出版ユニットなどが出展します。平出さんのトークイベントもあります

★本の展示販売

【出展者】

 via wwalnuts社

 四月と十月

 書肆くさびら堂(古本ユニットricca)

 たらば書房

 ナナロク社

 real arenaリアルアリーナ

 編集グループSURE

 サウダージ・ブックス

 港の人


特別展

 ヒロイヨミ社 presents「活版とことば」展


お茶軽食の販売

 cooking eating studio(*本の販売も行います


★トークイベント

 ◎9月23日(16時〜18時)

 「短歌写真活版印刷

  対談 石川美南(短歌)×橋目侑季写真活版印刷

 ◎9月24日(15時半〜17時半)

 「本と出版のこれから via wwalnuts叢書の試み」

  講演 平出隆詩人

*定員 30 名。要予約。入場料は 800 円です。 カフェでの開催につき、お一人様ワンドリンクご注文ください。


日時 9月23日(金曜・祝日10時〜19時

   9月24日(土曜)   10時〜18時


会場 KAYA gallery+studio(カヤ ギャラリー・スタジオ)

神奈川県鎌倉市大町1-16-19

鎌倉から徒歩5分。妙本寺の山門の中です。駐車場はありません。

このイベントは港の人が中心となって、しばらく前から準備していたものです。会場は妙本寺の山門の中にある、イイ感じのギャラリーだそうです。以前から注目していたり、付き合いのある人たちが関わっています。ヒロイヨミ社の山元伸子さんは草森紳一写真展でもお世話になりました(面識あるのにどこかで会ったときに無視されたと云われてしまいました。すいません、いつものことでどなたか判らなかったのでしょう)。


港の人といえば、8月16日(火)12:10〜 文化放送「くにまるジャパン」の「本屋さんへ行こう!」で、南陀楼牧野伊三夫さんが、四月と十月文庫えび書店店主の記』を紹介することになりました。牧野さんはなんとラジオ初体験だそうです。よかったら、聴いてください。


8月27、28日のあいおい古本まつり、各イベントの予約を絶賛受付中です! なるべくたくさんの方に来てほしいです。8月14日出版ワークショップゲスト 羽鳥書店・糸日谷智さん)のオブザーバーも受付中。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20110811

2011-08-09 出版者ワークショップ、次回ゲストは羽鳥書店・糸日谷さん

昨夜の森岡書店での矢崎泰久さんとのトーク、爆笑に次ぐ爆笑という感じで終わりました。20分オーバーしても、まだまだ聴き足りなかったです。ぼく自身も草森さんについてもう少し話したいことあったんですが、いずれどこかで書きたいと思います。


出版ワークショップ、次回のゲスト羽鳥書店で営業を担当されている糸日谷智さんです。「新興出版社の営業術」と題して、美術法律・人文という複数のジャンルの本を刊行している羽鳥書店で、どのように読者に本を届けるかを具体的にお聞きします。東大生協での書店員体験もある方なので、書店出版社との関係について、詳しく聴けると思います。


今回も若干名のオブザーバー参加を募集します。希望者はこのブログ上部のメールアドレスからお申し込み下さい。お名前、人数、電話番号をお書きください。参加費1000円は当日お支払いいただきます


日時 8月14日(日)15:00〜18:00

場所 あいおい文庫中央区佃・相生の里内)

http://www.aioinosato.jp/


また、出版ワークショップでは正規メンバーの参加も受け付けています。個人や少人数のグループによる本づくりや流通に興味をお持ちの方を歓迎します。まずは一度、見学にいらしてください。連絡先は同じです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20110809

2011-08-07 第2回「あいおい古本まつり」、やりますよ!

8月27日(土)、28日(日)の二日間、中央区佃の相生の里で第2回「あいおい古本まつり」を開催します。若手・気鋭の古本屋14店(3店が新規参加)による古本市をメインに、トーク、ワークショップ展覧会ライブなどのイベントが盛りだくさんです。二日間、どの時間帯に足を運んでも楽しめるように、プログラムを組んだつもりです。ぜひお出かけください。


イベントの紹介です。時間や参加費はそれぞれのリンクでご確認ください。

【27日(土)】

★nakaban展覧会 ベトナムで描いて来た絵  http://aioibooklabo.com/event_nakaban.html

絵本イラストレーション音楽などで活躍中のnakabanさんの新作展覧会。直前にベトナムに旅して描いた作品を展示します28日も)。27日にはライブペイント「南方スケッチ帖」もあります


出版ワークショップ公開版  http://aioibooklabo.com/event_enokido.html

ミニコミ発、マスコミ行き〜『中大パンチ』の頃

えのきどいちろうコラムニスト) 聞き手・南陀楼綾繁ライター編集者

出版ワークショップは、個人による本づくりを考える場所です。今回は、名前だけは知っているけど現物は見たことのなかった伝説ミニコミ『中大パンチ』について、えのきどさんにお聞きします


★トークイベント 理想の低い古本屋入門  http://aioibooklabo.com/event_mukai.html

向井透史古書現世) 聞き手・南陀楼綾繁

古本屋をやってみたい。でも資金が少なくて不安。センスや知識も自信がない。そんなあなたに「今風」じゃない古本屋の生き残り方を教えます。前回の「古本屋はじめちゃいました」トークと対になる内容です。


28日(日)】

子ども一箱古本市 http://aioibooklabo.com/event.html

お子さんが「店主」になって、親子で本屋さんごっこを愉しんでいただくもの

前回は6組ほど参加してくださったのですが、野外で風がつよかったため、今回は「あいおい文庫」内で開催することにしました。夏休み最後の日曜日家族でご参加ください。


原武史講演「東北鉄道」 http://aioibooklabo.com/event_hara.html

三陸鉄道の復旧を支援されている原さんに、その現状や東北についてお話ししていただきます鉄道ファン必見の講演です。


酒井順子×木村由花 トーク「旅を書く」 http://aioibooklabo.com/event_sakai.html

鉄道好き・旅好きで知られるエッセイスト酒井さんと、何度も旅に同行している『yom yom』編集長木村さんのトーク。原さんとともに、意図せずに「旅」がテーマになりました。


松倉如子 ライブ  http://aioibooklabo.com/event_matsukura.html

松倉如子(歌) 渡辺勝ギター

のびやかな声と圧倒的なパフォーマンスで知られる松倉さんが、新しいのに懐かしい歌をうたいます。二日間をしめくくるライブです。


それぞれの企画は、基本的に要予約です。満席になってない場合、当日でも入れますが、なるべく予約していただけると助かります。どの企画も面白さには自信があるので、たくさんの方に参加してほしいのです。


前回は3月末に開催しました。初めての場所なのに加えて、3月11日の大震災を経ての開催でした。震災後の不安定な状況でも、相生の里が開催を決断してくれたことや、多くのお客さんが来てくれたことが嬉しかったです。しかし同時に、新しいイベントを始めること、場所を認知してもらうことの難しさを痛感しました。なかなか胸算用通りにはいかないものです。


「本を媒介地域に溶け込む施設にしたい」というあいおい文庫の砂金さんの思い、「プロ古本屋が食べていくために新しい古本市を定着させる」という古書現世向井さんの狙い、「既視感のないブックイベントをやりたい」というぼくの願望、というそれぞれの動機で結成された「あいおいブックラボ」ですが、まだまだこれからだと思っています。今回から、参加店舗が共同で古書目録を発行していますが、これを見ると各店のカラーが判って面白いです。


今後、3回、4回と継続し、幅広い層のお客さんに来てもらうために、まずは今回を盛り上げたいと思っています。そのためには、このイベント相生の里の存在をもっと多くの人たちに知ってほしいです。告知にご協力いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします


チラシ(牧野伊三夫さんの絵が涼しげで素敵)も配布中ですが、「ウチでも配布します」というお店の方、ぜひご連絡ください(公式サイト内のアドレスか、このブログ上部のアドレスまで)。直接持っていくか、郵送します


なお、今回からサイトになりました。アーキペラゴ・ブックスの原田さんがつくってくれたもので、すっきり見やすいデザインになったと思います

http://aioibooklabo.com/index.html

ツイッターはいままで通り、@booklabo です。フォローをよろしく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20110807

2011-08-05 こんな日を待っていたんだ

副都心線東新宿駅でビレッジプレス五十嵐さんと待ち合わせて、〈レッドクロス〉というライブハウスへ。小さめのフロアにはすでにかなりの客が入っている。立ち見はつらいが、マガズロのライブ椅子が出ていたことはない。端っこのテーブルのある辺りに位置を占める。


今日ライブは特別なものだということは聞いていた。ボーカル平井正也さんが首都圏から住まいを(とりあえず)熊本に移すことになり、バンドでの活動がしばらくできなくなるからだ。配られたチラシには「マーガレットズロース結成十五周年記念ワンマンとある。ぼくがこのバンドライブを始めて見たのは2006年9月秋葉原グッドマン〉で、このとき五十嵐さんが一緒だった。たかだか5年ほどのファン歴でしかないが、その間に7、8回ライブを見ている。そして、マーガレットズロース自分にとって最も大切なバンドの一つになっていた。


8時過ぎにライブスタート。MCも少なめに、何曲か続けてやる。「今日はこれまで出してきた全部のアルバムからやります」ということで、『雲遊天下』最新号の平井さんのエッセイ引用されていた「おやじ」という曲など、ライブでは初めて聴く曲もあった。途中、東京を離れて地方に住むこと、バンドをやめるわけではないことなどが話される。休憩なしに突っ走り、二度のアンコールを経て終演。2時間以上やったのではないか。これまでの集大成に立ち会ったような、熱のこもったじつにいいライブだった。立ちっぱなしなので、途中横腹が痛くなったが。


ギタリストが加わった4人編成でのライブは、昨年も一度見ている。鋭角になってガンガン攻めまくるのが心地いいが、3人でやるときにかもしだしていた、ひとつの円が転がっていくような感じを愛していたので、少しなじめなかった。今回はもうこなれて、一体になっているように思えたが、それでも、昔につくった曲をやるときは、ひとつ音が余計に感じてしまうのは偏見だろうか。


今日も多くの名曲が歌われたが、ぼくにとってのザ・ベスト・オブ・マーガレットズロースである斜陽」は絶唱とでも書きたくなる素晴らしさだった。「こんな日を待っていたんだ」というフレーズには、さまざまな意味を汲み取ってしまい、涙が出た。この一曲を聴けただけでも出かけていった甲斐があった。


今後も平井さんはソロでの活動を全国的に展開するようだし、タイミングが合えば、マーガレットズロースとしてのライブも再開するかもしれない。次に会うときまで、今日ライブの音を身体のどこかに引っかけておきたい。

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/20110805