スマートフォン用の表示で見る

うるう秒

サイエンス

うるう秒

うるうびょう

協定世界時において、原子時計による時刻系「原子時(TAI)」と、地球の自転に基づく時刻系「世界時(UT1)」の誤差を調整するために、追加(あるいは削除)される1秒のこと。地球の自転速度が一定でないために必要とされる。以下の説明では、特に説明が無い限り協定世界時で記述する(日本標準時ではないので注意)。

TAIとUT1の誤差が0.9秒以上開くことが予想された場合に、原子時計の時刻に1秒を挿入して調整する。1972年6月30日に第1回の調整(1秒追加)が行われた。2012年1月現在、過去に24回追加されており、削除された実績はない。

追加する場合は、本来存在しない「23時59分60秒」を追加する。

次回の実施予定

  • 調整が行われる半年前に発表予定

直近の実施歴

  • 2012年6月30日/+1秒(25回目)

調整方法

12月か6月の末日の最後の秒、もしくは、3月か9月の末日の最後の秒の追加、または削除を行う。

地球の自転が遅い(1回転にかかる時間が長い)場合には、59分59秒のあとに59分60秒として1秒を挿入し、その次の秒が0分0秒になります。反対に、地球の自転が速い(1回転にかかる時間が短い)場合には、59分58秒の次の59秒をとばして、0分0秒にすることにより、1秒減らすことになります。

ただし、世界時と日本時間では、日本時間のほうが9時間進んでいますので、日本では午前8時59分の最後の秒で調整がおこなわれることになります。

質問4-3)「うるう秒」ってなに? | 国立天文台(NAOJ)

うるう年とうるう秒

うるう年の2月29日は、地球の自転周期と公転周期の比が整数でないことが原因で発生する誤差を、周期的にうるう年で調節している。対して、うるう秒地球の自転速度が様々で24時間0分0秒からずれ、その累積誤差が0.9秒を越えないようにするために適宜導入される。うるう年うるう秒に因果関係はない。

存続をめぐる論議

1972年の導入以来、世界的な情報化が進むにつれて、「うるう秒は必要ない」とする廃止派の声が高まっている。1999年以降、国連に属する担当機関「国際電気通信連合ITU)」が廃止の是非に関して審議を行ってきたが、未だ解決策には至っておらず、結論が先延ばしにされている。

なお、「廃止」がされた場合の誤差は、50年間の累積で30秒、100年間の累積で100秒程度と試算されている。

廃止派の意見

存続賛成派の意見

関連記事