スマートフォン用の表示で見る

お食い初め

お食い初め

おくいぞめ

一生食べ物に困らないよう願って、赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をする儀式。赤ちゃんが生まれて百日目にするのが一般的だが、百十日、百二十日、の場合もある。「百日(ももか)の祝い」「箸揃え」「箸祝い」など、いろいろな呼び名がある。