スマートフォン用の表示で見る

どうぶつの森

ゲーム

どうぶつの森

どうぶつのもり

任天堂より2001年4月14日に発売されたニンテンドウ64ゲームソフト略称に「ぶつ森」「どう森」などがある。

どうぶつの森シリーズの第1作目。公称ジャンルは"コミュニケーションゲーム"。

任天堂が最後に発売したニンテンドウ64用ソフトでもある。

内容紹介

プレイヤーは、現実世界と同じ時間が流れるどうぶつの森の住民となり、村の住人(どうぶつ)達と一緒に気ままにスローライフを送っていく。

村のどうぶつ達との交流、家具集めやレイアウト、服の着替え、魚釣り、昆虫採集、ガーデニング化石掘り…などと自由気ままに暮らす事ができ、ゲームクリアという概念は存在しない。

村のフィールドマップは、いくつもの地形のパーツをランダムに組み合わせて作られるため、他のプレイヤーと同じマップになることはない。「ゼルダの伝説」のような、エリアの端に触れるとスクロールして別のエリアへと切り替わるスクロール方式を採用している。それぞれのエリアは「○丁目×番地」というような住所で表現される。

ひとつの村(カセット)にプレイヤーを4人まで登録でき(同時プレイ不可)、それぞれに持ち家が用意される。また、コントローラパックを使って、他のプレイヤーの村にお出かけすることができる。

ゲーム中には「ファミコン」の家具が登場し、「ドンキーコング」「ドンキーコングJR.の算数遊び」「バルーンファイト」「クルクルランド」「テニス」「ゴルフ」「ピンボール」といったファミコンゲームを遊ぶことができる。


主婦を中心に口コミでヒットし、初回生産分の20万本は完売となった。

しかし、ただでさえロムカセットはリピート生産に時間がかかるというのに、本作がセーブ用に大容量のフラッシュロムを積んでいる上に時計機能搭載の特殊ROMであることと、同年9月に新ハードであるニンテンドーゲームキューブの発売を控えていたため、大規模な増産は行われなかった。そのためプレミア化し、オークションでは高値で売買されていた。

そして2001年12月14日、ゲームキューブバージョンアップ版となる「どうぶつの森+」が発売された。セーブデータを引き継げる「データお引越しサービス」が行われた(現在サービスは終了)。


海外ではN64版は発売されておらず、GC版「どうぶつの森+」を海外向けにローカライズし、「Animal Crossing」のタイトルで発売された。「どうぶつの森e+」は、その「Animal Crossing」を逆輸入する形で新要素を追加した作品である。

関連商品

どうぶつの森

どうぶつの森

マリオカート8とのコラボ

WiiUのゲーム「マリオカート8」のDLC第2弾に、このゲームをモチーフとしたコース、およびドライバーとしてむらびと(男・女)・しずえが登場。 コースはレース毎に季節が変化するのが特徴。*1果物を取って加速したり、風船につりさげられたアイテムを取ったり、リセットさん*2がチョロプーの代わりに出てきたり…といった仕掛けがある。
コース名どうぶつの森
英語表記Animal Crossing
オリジナルWiiU
リスト::マリオカートシリーズのコース

*1タイムアタックでは季節が固定されている

*2:他の住民は観客として観戦している