スマートフォン用の表示で見る

ニンテンドー3DS

ゲーム

ニンテンドー3DS

にんてんどーすりーでぃーえす

任天堂2011年2月26日に発売した携帯ゲーム機ニンテンドーDSシリーズの後継機。

概要

上画面に3.53インチのワイド液晶を搭載し、裸眼で3D立体映像のゲームが楽しめるのが特徴。

操作系では従来からのタッチスクリーン(下画面のみ)やマイク入力に加え、アナログ入力に対応したスライドパッド、モーションセンサー、ジャイロセンサー、立体画像が撮影できるカメラなどが搭載されている。

通信機能も強化され、スリープモード中にニンテンドーゾーンなどのWi-Fiアクセスポイントに近づくだけで、各種情報・ゲームのデータ・無料ソフトなどを自動的に受信してくれる「いつの間に通信」という機能が搭載されている。また、同時に複数のソフトで「すれちがい通信」を行えるようになった。

2012年2月16日以降に発売された、インターネット対応またはいつの間に通信対応ソフトには、パッケージに「NINTENDO NETWORK」のロゴが記載されている。


2012年7月28日には、画面サイズが1.9倍大きくなった新機種「ニンテンドー3DS LL」が発売された。

2014年10月11日には、CPUの性能向上や新たな機能を追加した「Newニンテンドー3DS」「Newニンテンドー3DS LL」が発売。

2013年10月12日に北米欧州などで、本体が折り畳みではなくなり、3D立体視機能をオミットした廉価版「ニンテンドー2DS」が発売。日本では2016年2月27日に限定パックが一部店舗限定で発売され、その後2016年9月15日に単品の通常版が発売された。

2017年7月13日、「Newニンテンドー2DS LL」が発売。折りたたむことができ、3D立体視機能のオミット以外はNewニンテンドー3DS/Newニンテンドー3DS LLと同等の機能を持つ。

スペック

本体サイズ横約134mm、縦約74mm、厚さ約21mm(閉じた状態)
重量約230g
上画面3.53インチ
裸眼立体視機能つきワイド液晶
800×240ピクセル(横800ピクセルを左目用・右目用交互にそれぞれ 400ピクセル割り当てることで、立体表現が可能)
下画面3.02インチ
タッチ入力可能
320×240ピクセル
カメラ内カメラ1個/外カメラ2個
解像度はいずれも640×480ピクセル(0.3メガピクセル
無線通信IEEE 802.11b/g 2.4GHz帯
無線LANアクセスポイント経由でインターネットに接続可能(WPA/WPA2による暗号化に対応)
ニンテンドー3DS同士の対戦プレイが可能
スリープ時に自動でニンテンドー3DS同士でデータを交換したり、インターネットからデータを受信する機能をシステムでサポート
入力(操作系)A/B/X/Yボタン、十字ボタン、L/Rボタン、スタート/セレクトボタン
スライドパッド(360度のアナログ入力可能)
タッチスクリーン
内蔵マイク
カメラ
3軸加速度センサ
ジャイロセンサー
その他入力 3Dボリューム…3D表示の立体深度をスムーズに変更可能
HOMEボタン…本体に内蔵される機能を呼び出す
無線スイッチ…ゲーム中でも無線をオフする事が可能
電源ボタン
コネクタゲームカードスロット
SDメモリーカードスロット
ACアダプタ接続端子
充電端子
ヘッドホン接続端子
サウンド上画面左右のステレオスピーカー
タッチペン伸縮可能(伸ばした状態で約10cm)
バッテリーリチウムイオンバッテリー(充電時間約3時間半)
3DSソフトで約3時間〜5時間/DSソフトで約5時間〜8時間
ゲームカードニンテンドー3DS専用のゲームカード
サイズはDSカードと同等
容量は発売時点では最大2ギガバイト→2012年には4ギガバイトも

カラーバリエーション

  • アクアブルー(2011年2月26日発売) ※生産終了
  • コスモブラック(2011年2月26日発売)※生産終了
  • フレアレッド(2011年7月14日発売) ※生産終了
  • ミスティピンク(2011年10月20日発売) ※生産終了
  • アイスホワイト(2011年11月3日発売)※生産終了
  • コバルトブルー(2012年3月22日発売) ※生産終了
  • グロスピンク(2013年3月20日発売)
  • ライトブルー(2013年3月20日発売)
  • メタリックレッド(2013年6月13日発売)
  • クリアブラック(2013年10月10日発売)
  • ピュアホワイト(2013年10月10日発売)

ソフトウェア

店頭で販売されるニンテンドー3DSカードソフトの他に、ニンテンドーeショップからニンテンドー3DS専用の新作ダウンロードソフトやバーチャルコンソールの懐かしのソフトを購入、ダウンロードしてプレイできる。

2012年7月28日より、カードソフトのダウンロード版の販売が始まっている。店頭でダウンロードカードを購入して記載されているダウンロード番号をニンテンドーeショップで入力する、オンラインショップでダウンロード番号を直接購入してニンテンドーeショップで入力する、ニンテンドーeショップで直接ダウンロード購入する、以上3つの方法でダウンロード版を購入できるようになっている。

ニンテンドーDSシリーズとの後方互換性を持ち、ニンテンドーDSiを含むニンテンドーDSシリーズ用ソフトも使用できる。ニンテンドーDSiウェアニンテンドーDSi/ニンテンドーDSi LLからニンテンドー3DS/ニンテンドー3DS LLへと引っ越し可能。但しセーブデータは引き継がれない。