なだいなだ

読書

なだいなだ

なだいなだ

日本の精神科医、文筆家、作家。本名は堀内秀。ペンネームなだいなだ」は、スペイン語で「何もなくて何もない」(nada y nada)という意味。

1929年東京生まれ。1953年慶応大学医学部卒業後、フランス政府給費留学生として渡仏し、神経学を学ぶ。

1955年より慶応医学部神経科入局。1962年より、国立久里浜病院で、アルコール中毒(現在のアルコール依存症)の治療にあたり、アルコール依存症研究の先駆けとなった。

2013年6月6日、死去。