アジュバント

薬物の作用を修飾(増強)するために加えられる試薬のこと。

転じて、春の花粉シーズンにおいてオナモミ種子のような形状のスギ・ヒノキ花粉に、大気汚染物質や、震災後であれば放射性物質を含む微粒子などが、次々に付着し、有害性を強めることもアジュバントとされる。実際に震災年4月頃にそれに注意喚起を促す民放局報道が散見された。

参考:

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20101221/1033996/

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20090406/p1