スマートフォン用の表示で見る

エリック・サティ

音楽

エリック・サティ

えりっくさてぃ

Erik Alfred Leslie Satie。

作曲家(1866年-1925年)。

フランスノルマンディ地方の港町、オンフルール生まれ。

13歳の時にパリ音楽院に入学する(1879年

18歳(1884年)、処女作と思われる「アレグロ」を作曲

1886年の頃「神秘主義の時代」の幕開けを飾る「オジーヴ」が作られる。

1887年「サラバンド 」、

1888年 「ジムノペディ

小説家ジョセファン・ペラダンが教祖のバラ十字団に加わる

1892年 同教団の公認作家として「バラ十字団の鐘」を書く。しかし同年、バラ十字団と決別。

1913年、「自動記述」

その後、舞台用の音楽を手掛けるようになる。

1917年「パラード」(1917年初演)、詩人ジャン・コクトー:台本、緞帳と衣装:パブロ・ピカソ

さらにクネール監督の映画「幕間」*1で音楽担当、そして、マルセル・デュシャンマン・レイたちと出演。しかしこの初演の直後に肝硬変で倒れる。

1925年7月1日、死去。

神秘的なピアノ曲で知られる。ドビュッシーピカソなど、各界の芸術家と影響し合い、個性的作曲活動を果たした。「家具の音楽」を提唱した、ヒーリング・ミュージックの元祖ともいえる。フランスと日本(だけ?)で有名。

回顧録では自らを「音響計測者」と呼んだ。また黒服に山高帽子という独特の装いが有名。



追記お願いします。

*1バレエ「本日休演」の舞台のために作られた作品