スマートフォン用の表示で見る

オーディン

一般

オーディン

おーでぃん

(オージン)Odin

北欧神話の主神。アース神族の王。父は原初の神ブーリの息子ボル。母は霜の巨人族の女ベストラ。

最も古い戦いの神、または嵐の神だったというヴォーダン(wodan)から、時代の移り変わりと共に様々な神格を持つようになった。戦いの神であり、詩の神、智慧、魔術の神でもある。名前の原義は「怒り」、「猛々しさ」、「凶暴さ」の意だったという。

兄弟のヴィリとヴェーと共に原初の巨人ユミルを倒し、その身体で世界を創造した。また、この3兄弟は海岸に流れ着いた2本の流木から最初の人間を創った。トネリコの大樹(ユグドラシル)から創られた男はアスク、ニレの木から創られた女はエンブラと名づけられた。その後、世界の中心に神々の住処アスガルドを築き、大広間フリズスキャルヴに玉座を構えた。

その性格は複雑で、それぞれの性向に対応した数多くの変名を持つ。さらに変身能力に優れ、性別を問わず様々な動物に変身できる。

オーディンは知識を得る代償として片目をミーミルに差し出したために隻眼となった。

人間の世界を旅する時は老人の姿をとる事が多く、魔法の槍グングニルを杖代わりに携え、つばの深い帽子で片目を隠し青い外套を羽織っている。指、または腕には黄金の輪ドラウプニルをつけている。また世界の出気事を伝える大ガラスのフギンとムニン、またヴァルハラ宮で自分の代わりに食事をとらせる狼、ゲリとフレキを従えている。

オーディンルーン文字を発見した魔術の神でもあり、詩人守護神でもあった。

またオーディンはヴァルファルズ(戦死者の父)と呼ばれるように、地上の戦いに女神ヴァルキューレを遣わし、優れた戦士の生死を決定させ、名誉の死を遂げた優れた戦士をオーディンの館グラズヘイムの広間ヴァルハラへと導かせる。世界の終焉の戦いの時には、ヴァルハラの540の各扉から800人ずつの戦士達が飛び出すという。

8本足の怪馬スレイプニルに乗って冥界に赴く事により死者の魂とも会話が出来たので、畏怖すべき死の神とも見なされていた。

巨人族とロキの率いる魔物の軍勢との最後の戦いで、オーディンフェンリルに呑まれて死ぬ。

名作RPGファイルファンタジーに登場する有名な召喚獣のひとつ。