スマートフォン用の表示で見る

オリエンタリズム

一般

オリエンタリズム

おりえんたりずむ

「東洋的な」という意味や、文芸上では東洋趣味といった意味であったが、サイードの一連の研究を通して、西洋の東洋に対する歪んだまなざしを指すようになった。

西洋(ヨーロッパ)の東洋への関心が、真摯に東洋を理解しようというものではなく、東洋をエキゾティックな対象として西洋の憧れを投影したものに過ぎなかった。サイードは、西洋がこうした歪んだ視線によって東洋を見ていた歴史的事実を『オリエンタリズム』(1978)によって指摘した。以後、オリエンタリズムという概念は、様々な研究分野で大きな影響をもたらす。

サイードオリエンタリズム

オリエンタリズムとは、オリエントを支配し再構成し威圧するための西洋の様式(スタイル)なのである

この場合、文明的に劣った東洋人を西洋人が導くのだという立場にもなった。