スマートフォン用の表示で見る

ガソリン税

一般

ガソリン税

がそりんぜい

ガソリン税とは、道路整備のための税金


通常、税金は病院・公園・消防署などの活動に使われる。しかし、ガソリン税は性格が違う。道路整備のためにだけ使われる税金なのだ。ゆえに、道路特定財源と呼ばれる。

ガソリン税は50年前にはじまった。しかし自動車が増え、道路整備が追いつかなくなった。そこで、1974年から とりあえず税 を追加したのだ。当初、5年で終わるはずだったが、5年おきに延ばし延ばして、30年以上立った今も続いているのです。



ところで、たとえば、ガソリン 1リットル 153円 の内。

ガソリン税 29円

とりあえず税 25円

といった感じで、結構割合が高い。その とりあえず税 ですが、2008年3月31日で期限が切れます。だから、現在の国会の最大の論点になっているのです。


いる? いらない?

いらない派の意見

  • 道路はもう要らない
  • ガソリンを安くしよう

いる派

  • 都会では整備されているが、地方ではまだ整備されていない。
  • ガソリンを高くすることで、ガソリンを買う人と量が減り、環境保護につながる。

その他

  • 道路以外の用途に使いたい。