スマートフォン用の表示で見る

クレパス

アート

クレパス

くれぱす

画材の一つ。

クレヨンパステルとの両方の特色を持った棒状の絵の具。

クレヨンのように色が画用紙に固定し、パステルのように軟らかく、色を混ぜたり、重ね塗りしたりすることができる。

1925年(大正14)年、櫻商會(現在のサクラクレパス)が開発・発売した。

サクラクレパスの商標名。NHKでは商標名を出すことができないので、かぐや姫の「神田川」の歌詞の「二十四色のクレパス」という部分は「二十四色のクレヨン」と言い替えられた。